過払い金請求がクレジットカードに与える影響は?

過払い金請求がクレジットカードに与える影響は?

過払い金請求がクレジットカードに与える影響は?

消費者金融に対する過払い金請求はよく知られていますが、クレジットカード会社に対しても過払い金請求を行える場合があるのをご存知でしょうか。

法律が改正となった平成22年以前には、クレジットカード会社も利息制限法の上限利率を超える「グレーゾーン金利」でキャッシング貸付を行っている時期がありました。

そのため、この時期にクレジットカードでキャッシングを行った履歴のある方は、過払い金が発生している可能性があります。

ここではクレジットカードに関して過払い金請求を行う場合の注意点を確認しておきましょう。

今すぐ無料相談する!

クレジットカードには「キャッシング」と「ショッピング」の2つの枠がある

キャッシングには過払い金が発生している可能性がある

クレジットカードを使うときには現金を引き出すことのできるキャッシングと、買い物を使うときにカードを提示して決済するショッピングの両方の使い方があります。

過払い金が発生している可能性があるのはこのうちキャッシングのみです。
ショッピング枠については過払い金請求の対象とはならないので注意してください。
これは、ショッピング枠の性質的に、「現金の借り入れ」とは言えない(あくまで立替え払い)ため、利息制限法の定める借り入れの範囲に含まれたないためです。

過払い金は利息制限法の上限利率を超える貸付を行っている場合に発生するため、そもそも利息制限法の範囲に含まれないショッピング枠では、過払い金が発生することはないというわけです。

過払い金が発生している可能性のあるクレジットカード会社

次に、ブラックリストに載らないケースを考えましょう。
上記の通り、法律が改正になる平成22年以前は、オリコやイオンといった有名クレジットカード会社でも利息制限法の上限利率を超えるキャッシング金利をとっていました。

実際に、過払い金請求を受け付けたことのあるクレジットカード会社としては、クレディセゾン、セディナ、クオーク、オリコ、丸井、JCBなど、
「クレジットカードといえばこの会社」といわれるような超大手も例外ではありません。

平成22年以前の利用がある方の場合、大手のクレジットカード会社を含むすべてのキャッシングに関して過払い金の発生を疑ってみる必要があります。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

ショッピング枠の負担を減らしたいのなら任意整理を選択しよう

クレジットカードに関してはショッピング枠については過払い金請求の対象にはならないというお話をしました。

ですが、現在クレジットカードを使いすぎて返済に困っているという方も少なからずおられるかもしれません。
リボ払いなどの支払い方法には金利がつくので、その負担の大きさは実質的にキャッシングとほぼ変わりがないためです。

もしかしたらショッピング枠では過払い金請求ができないことを知ってがっかりされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方も落胆する必要はありません。
クレジットカードのショッピング枠に関しては任意整理の方法で減額してもらうことも可能です。

任意整理というのはいわゆる利息カットの方法で、過去に発生しているリボ金利をカットして将来的に発生する見込みの利息に関しても免除してもらうことが可能です。

将来的に発生する利息を免除してもらえるということは、毎月の支払額のすべてを元本の返済に充てられるということです。

任意整理を行うことで返済スケジュールの大幅な短縮を行うことが可能ですよ。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

クレジットカードの過払い金請求で裁判になる?

クレジットカード会社や消費者金融などの場合は過払い金返還請求を行うと裁判になるまで本格的に争うことが多いのと対象的ですね。

もちろん、これは全体の傾向として言えることにすぎません。

過払い金請求は弁護士や司法書士のなどの専門家のアドバイスを受けることでスムーズに完了することができますよ。

過払い金請求をした後、再度クレジットカードを作れる間

クレジットカードのキャッシングについて過払い金請求を行った場合、新規にクレジットカードを作ることは可能でしょうか。

結論から言うと、過払い金請求をした後に借入残高が残っているかどうかによって扱いが異なります。

もし過払い金返還に成功して残りの借入残高から過払い金額を差し引いたとしても、まだ残高が残っているという場合にはブラックリスト扱いとなっていしまいます。

そのため、新規にクレジットカードを作るのは難しくなってしまうのです。なお、この残高にはキャッシング枠の残高だけではなく、ショッピング枠の残高も含むので注意してください。

つまり、過払い金として返ってくる金額が、キャッシング枠とショッピング枠の合計額よりも小さい場合はブラックリスト扱いになる可能性があるということです。

これを避けるためには、過払い金の金額がいくらになるのかを正確に把握した上で、その金額を借金残高(ショッピング枠とキャッシング枠の合計額)がうわまってしまわない状態にしておく必要があります。

過払い金の正確な金額は司法書士や弁護士などの専門家に依頼することで計算してもらうことができますよ。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報