取引明細がない・わからない場合の過払い金請求

取引明細がない・わからない場合の過払い金請求


取引明細がない・わからない場合の過払い金請求

過払い金返還請求で時効が迫っていると話題になっています。過去に消費者金融・信販会社から借金をしていた方で自分に過払あるかないか、気になる方も多いと思います。しかし何年も前の取引だと、過去にいつ頃から取引をしたか覚えていないという方もいるでしょう。
しかし、借入先さえわかれば、細かい情報は取引履歴の開示請求をすれば業者が発行します。
取引履歴の開示請求は、個人でも出来ますしそれほど難しいものでもありませんが、貸金業者は個人が相手だと対応が遅い場合があります。
また、相手が取引内容がわからないのをいいことに取引履歴の一部しか公開しない場合がありますので、司法書士などの専門家に依頼するとスムーズに進みやすいのでおすすめします。
または司法書士などの専門家に依頼すると数日以内に「受任通知」というを貸金業者宛に送付します。そうすることによって、現在借金を返済中のかたは返済がストップします。時効が迫ってきている方はその時点で時効が一旦ストップするというメリットもあります。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報