借金返済中の方が過払い金請求をした方がいいワケ【メリット・デメリット】

借金返済中の方が過払い金請求をした方がいいワケ【メリット・デメリット】

返済中に過払い金請求をすることで借金がなくなる!

払い過ぎた利息を貸金業者から取り戻す過払い金請求ですが、借金を払い終わらないと手続きできないと思っていませんか?

そんなことはありません!

返済中でも過払い金請求をすることで返ってきた過払い金によって、支払中の借金を完済させることができます。また、返ってくる過払い金が返済中の借金より多ければ手元にお金がもどってくることもあります。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求をしても借金が0円にならなかった場合は?

過払い金請求をすることで借金が0にすることができれば、返済する必要もなくなり過払い金が多ければ手元にお金が戻ってくる事はわかりました。
では、過払い金請求をしても借金がなくならなかった場合はどうなるのでしょうか?

過払い金請求をしても借金がなくならなかった場合、手続きの内容が任意整理という借金を減額するというものに変わります。

任意整理は現在支払っている借金の利息をカットして月々の返済を楽にできます。
過払い金請求をして元金を減らし、任意整理によって利息をカットするとなれば月々の返済はかなり楽になり、完済することもたやすくなります。

ただし、注意点があります。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

借金が0円にならなかった場合の過払い金請求の注意点

任意整理の手続きをすると約3年~5年の間ブラックリストにのってしまいます。

ブラックリストにのってしまうとスマホの機種代を分割で支払う審査が通らなかったり、住宅ローンや自動車ローン・クレジットカードの作成等の審査に通りにくくなってしまいます。

当然、ブラックリストにのることを嫌がる人は多いです。

しかし、ブラックリストには複数回支払いの遅延をしたり、数ヶ月滞納するだけでのってしまします。借金で苦しんでいる状況の方は、ブラックリストを恐れて手続きしないでいたのに、どのみちのってしまうっといった結果になりがちです。

どうせのってしまうのなら返済を軽くして早く返済を終えることができればブラックリストから名前が消えるのも早くなります。

もっといえば、借金を背負っている最中だとどのみちローンの審査は通りにくいことには変わらないので、恐れている時間があるならさっさと手続きした方が良いのかもしれません。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

返済中の過払い金請求はご自身の状況と相談

月々の返済額が多く生活が苦しい!といった方は、返済の遅延や滞納をするくらいなら過払い金請求または任意整理をしてしまいましょう。そのほうが、生活が楽になりますし、支払う金額も少なくてすみます。

しかし、借金の残り金額がわずかでもうすぐ払い終わるといった方は完済してから過払い金請求をすることをおすすめします。
借金を完済したあとの過払い金請求であれば、返還される過払い金が全て手元に戻ってきます。
ご自身の借金の状況にあわせて手続きするか決めましょう。自分で判断するのが難しい!わからない事が多すぎるから話を聞いてほしい!といった方は司法書士や弁護士事務所へ相談してみましょう。

相談料無料でフリーダイヤルやメールで相談を受け付けてくれる事務所も多くありますので、気軽に相談してみましょう。

借金返済中の方でも過払い金請求は可能!というのは過払い金請求は借金を返済中でも手続きできます!で解説しました。

でも、返済中の場合は過払い金が借金より少なかった場合はブラックリストにのってしまうので注意してください。というこでしたね。

しかし、ブラックリストにのるリスクがあったとしても過払い金請求をおすすめする理由があります。
ここでは返済中の過払い金請求による【メリット・デメリット】を説明いたします。

返済中の過払い金請求の最大のメリット【借金が減る】

借金の返済中の方は、なぜ過払い金請求を調べるのでしょうか?

返済が苦しいから楽になれば…
過払い金請求したら借金がなくなるかも…

などの理由が多いです。

借金を払いたくないのです。減らしたいのです。もっといえば現在の返済が苦しいのです。

過払い金請求はコレを解決できるわけです!楽になるならするべきです。払わなくていいお金は払わない。
ただし【デメリット】さえなければ…となるわけです。

最大の【デメリット】であるブラックリストにのることは本当に困るのか?

過払い金が借金より少なかった場合、ブラックリストにのってしまいます。

ブラックリストにのってしまうと…

・住宅ローンが組みにくくなる
・新たなクレジットカードの審査が通りにくい
・自動車ローンの審査に落ちてしまう

などがよくデメリットとしてあげられています。

しかし、これらは本当にデメリットなのでしょうか?

毎月の返済が苦しい状況の人が、新しく住宅ローンや自動車ローンを組むでしょうか?
そもそもすでに限度額いっぱいまで使っている状況だとして新たなクレジットカードが通るのでしょうか?また、新たにカードを作って借金をこれ以上増やすでしょうか?

普通に考えると、ブラックリストにのっても現状返済が苦しい方にとってデメリットはほとんど意味がないものばかりです。返済が上手く言っているならば完済してから過払い金請求すればいいのです。ブラックリストも永遠にのるわけではありません。大体3年~5年を目安に削除されます。

しかも、ブラックリストにのっていて借金0の人と、収入に対して多くの借金を背負っているがブラックリストにのっていない人の場合だと前者の方のほうがローンの審査が通ったりすることもあるようなので、借金完済後にローンを考えている方でも一日でも返済を終わらせるため過払い金請求をした方が良いのではないのでしょうか?

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報