【時効期限間近】過払い金請求は司法書士・弁護士に依頼すべし【口コミ・評判からわかる】

【時効期限間近】過払い金請求は司法書士・弁護士に依頼すべし【口コミ・評判からわかる】

【時効期限間近】過払い金請求は司法書士・弁護士に依頼すべし!

払い過ぎた利息を返還してもらうことができる過払い金請求。消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りたことがある方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この払い過ぎた利息を返してもらうことができる過払い金請求には時効があることをご存知ですか?本当なら過払い金請求できるはずなのに、時効が過ぎてしまったせいで、帰ってくるはずのお金が返ってこなくなってしまったということもありえるのです。ここでは過払い金請求の時効について詳しく解説していきます。

時効って何?

まず時効とは何かについて軽く触れておきます。過払い金請求で時効というと、消滅時効のことを指します。消滅時効とは権利を行使しないことによりその権利を消滅させる制度になっています。そのため、消滅時効になってしまうと、過払い金の請求する権利が消滅してしまう、つまり過払い金の請求はできなくなってしまいます。

過払金の消滅時効は取引終了時から10年です。

また、過払い金の消滅時効は基本的に取引終了時から10年です。
また、取引終了とは一般的には借金を完済したことを指します。
つまり、過払い金の消滅時効は借金を借りた時期ではなく、返し終わってから10年ということになります。

今すぐ無料相談する!

複数の取引がある場合は注意が必要

「最高裁が平成18年に出した判決から来年で10年になる」ということで,その判決からちょうど10年経った、平成28年で過払金返還請求は時効になってしまうのではと考えている人も多いのではないでしょうか。CMなどでも、最高裁の判決から10年と聞く機会が多いので、心配になった人もおられることと思います。結論から言うと、平成28年になったからと言ってすべての過払い金請求が時効になってしまうわけではありませんので安心してください。あくまでも過払い金請求の消滅時効は取引終了から10年になります。

「最高裁平成18年判決」は消滅時効とは無関係

過払い金請求の消滅時効は取引終了後から10年と説明しましたが、複数の貸金業者から借りている、もしくは何度か借りているなどで複数の取引がある場合は一度取引の履歴を確認しておく必要があります。例えば同じ貸金業者から何度かお金を借りている場合、何度か借りているお金をすべての借金を返し終わった場合を取引完了とみなす場合もありますが、何度から借りた借金を分けて考えて、それぞれの借金を完済した時を取引完了とみなされる場合もあります。その場合、全ての借金を完済したのが5年前だった場合でも、一番昔に借りたお金を完済したのが12年前だった場合、一番昔に借りたお金は消滅時効になっていると貸金業者に主張されてしまう可能性があります。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

借り入れができなくなった人も注意が必要

また、返済が滞ったなどで途中から借り入れができなくなった人も注意が必要です。借り入れができなくなった後も返済を続けていた場合でも、貸付しなくなった時点を取引終了とされることがあり、貸付を停止してから10年経ったので消滅時効だと貸金業者に主張されることがあります。途中から借り入れができなくなった人は、いつから借入できなくなってしまったのかを確認しておきましょう。貸付が停止されてから10年以上経ってしまったら絶対に過払い金請求ができないというわけではなく、場合によっては過払い金の請求ができる可能性もありますのでプロに相談が必要です。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

時効は中断させることができる

もうすぐ借金を完済してから10年経ってしまうけど、請求をしようか迷っているという場合は時効を中断させる方法があります。時効を中断させると、消滅時効は中断時からさらに10年伸びることになります。時効の中断は次の2つの方法があります。
まずは裁判を起こして貸金業者を訴えることです。ただし、この方法は裁判を起こす必要がありますので準備が必要です。裁判の準備を整える時間がないという場合、催告しておいて催告から半年以内に裁判を起こすという方法もあります。催告は相手、この場合は貸金業者に過払い金の請求をすることです。この催告は一般的に内容証明郵便で行われます。また、催告だけでは時効の中断の効果はなく、半年以内に裁判を起こす必要があることに注意が必要です。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求は早めに行動するのがいい!

過払い金請求には時効があり、その消滅時効は取引終了から10年となっています。かなり前から借り入れをしているという場合でも完済が10年以内であれば、通常過払い金請求をする権利があります。また、長期の借入の場合は過払い金が高額になっている可能性が高いです。過払い金はお金を借りていた人が請求しなければ勝手に返還されることはありませんし、消滅時効になってしまうと過払い金を請求する権利はなくなってしまいます。あの時、過払い金を請求しておけばよかったと後悔しても、時効が来てしまうと過払い金の返還請求をすることはできないのです。消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りた経験がある方は一度、お金を借りたのはいつごろか、いつ完済したのかを確認してみる必要があるでしょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報