完済した借金の過払い金請求は急いでやるべき!【デメリット・メリット】

完済した借金の過払い金請求は急いでやるべき!【デメリット・メリット】

完済した借金の過払い金請求なんていつでもできるからいいや~とか思っていませんか?!

そんな方は考えを改めて今スグ行動にうつしてください。

過払い金請求には時効があるという話は過払い金請求には消滅時効がある!早急に手続きをしよう!で解説しました。この該当するのが借金を完済しているケースなのです。

心当たりがある方は急いで手続きをしましょう。

完済してから10年で消滅時効が成立してしまう

過払い金請求の消滅時効は成立するのは10年です。
借金を完済した日から時効のカウントがスタートします。

消費者金融やクレジットカード会社は高かった金利を2007年に現在の法律できまっている金利まで引き下げをおこないました。2007年より以前に利用していた方は過払い金請求の対象となる可能性が高いです。

金利が変更されてから10年経過が近づいているので、時効がせまっている方が多くいるので急ぐ必要があるのです。

今すぐ無料相談する!

貸金業者が倒産していると過払い金請求はできない

借金を完済してから10年も経過していると貸金業者が倒産している可能性があります。

金利の改定後、所得から一人あたりの借入額が定められている総量規制などがあらたに定められたので消費者金融や信販会社のキャッシングの利用者が減り、多くの貸金業者が経営不振に追い詰められています。

銀行がバックについたり、合併や吸収などをして存続している貸金業者もありますが、中には倒産してしまった業者もあります。武富士などが有名ですね。あれくらいの大手消費者金融でも倒産してしまっているのです。

当然、請求先が倒産すると過払い金請求はできません。不景気はまだまだ続いています。倒産する前に過払い金請求はしっかりおこなうべきです。

完済している場合の過払い金請求の注意点

借金を完済している過払い金請求は払いすぎたお金がかえってくる最大のメリットがあり、デメリットもほぼありません。

ただし、注意点が一つあります。消費者金融からではなく、クレジットカード会社から過払い金請求をする場合です。
クレジットカード会社から過払い金請求をすると、そのクレジットカードを使用できなくなります。消費者金融の場合も同様に使えなくなりますが、完済している場合だと今後使う予定はありませんから問題はありません。

クレジットカードの場合、キャッシングではなくショッピングの利用やETCカードの利用が絡んでくるので注意が必要なのです。クレジットカード使えなくなるということは当然、ショッピングもETCカードも使えなくなります。

普段から支払いでショッピングを利用していたり、ETCカードの利用をしている場合は過払い金請求をする前に、別のクレジットカード会社に切り替えをおこなっておきましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報