レイクの過払い金請求の返還目安とポイント

レイクの過払い金請求の返還目安とポイント

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の対応状況

レイクは29.2%という高い金利を2007年12月2日以前までとっていました。ですので、それより以前に利用していた方は過払い金請求の対象となります。

レイクは大手消費者金融のなかでは過払い金請求に対する対応がよく、回収率は母体が銀行ということもあり9割~概ね満額といった結果になることが多いようです。回収期間も早ければ2~3ヶ月とスムーズに和解がすすむケースが多くあります。

ただしこれはあくまで、司法書士や弁護士事務所などの専門家に依頼した場合になります。専門家に依頼せず自分で過払い金請求をしようとすると、回収率は低くなることが考えられますし、返還されるまでの期間も半年以上かかるケースがありますので注意してください。

また、レイクは平成5年10月より以前の取引履歴を開示してくれないという注意点があります。これは、現在の母体である新生位銀行やそれ以前の米国GEなども関与していない時代であり、取引履歴を破棄していることからきています。過払い金請求の時効が10年で成立することもありますので、平成5年の取引履歴を必要とする場合はほとんどないとは思いますが、必要となる場合は【推定計算】というものをおこない過払い金を回収することもできますので、詳しくは司法書士や弁護士に相談するのが良いでしょう。

今すぐ無料相談する!

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求で裁判をした場合の解決までの目安

全体の平均回収期間 7.5ヶ月
第1審終了事案の平均回収期間 6.8か月
控訴された事案の平均回収期間 11.6か月
控訴される割合 12.7%
回収期間が1年を超えた事案の割合 4.8%
第1審平均審理回数 2.8回
控訴審平均審理回数 1.07回

レイク(新生フィナンシャル)で過払い金請求をした人の口コミ・評判

Gさん(横浜市在住・47歳)は、35歳頃から入院の際の生活費を補うためにレイクカードの利用を始めるようになりました。月々15,000円ずつ支払いを続けていたものの、ほとんどが利息の返済にあたってしまい、「15,000円じゃ全然減らないんですよ」とおっしゃっていました。

結局、借りては返してを繰り返し46歳の頃にレイクの支払いが終わりました。

Gさんは、「今よりも20万円以上戻ってくるものが多くなるなら裁判をしても…」という回答だったので、裁判を行いました。

結果、2度目の裁判前に訴外和解が成立し、レイクから120万円の返還を受けることができました。

引用:http://www.soudan-kabarai.jp/533182807

合計6社取り引きが7年~20年続きました。過払い金返還のことを知り、計算してみたところ、

レイクの117万円を筆頭に、合計800万円超の現金が戻ることになりました。

もちろん依頼した専門家が尽力してくれたおかげです。このまとまった現金を、あらたな事業資金とすることができ、大変助かりました。

引用:http://www.soudan-kabarai.jp/533182807

過払い金請求は面倒と思っていましたが、たまたま見かけたこちらの事務所に相談してみると、実にあっけなく事が運びました。これまでの債務が完済できた上に、しっかりお金も戻ってきて、本当に感謝しています。

引用:http://www.kabarai-helpguide.com/office/profecto.html

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

レイクで過払い金をする際のポイント

貸金業法改正を受け、金利の見直しをおこなったのが2007年でそれ以降は18%以下の法定金利で貸付をおこなっています。2007年以前にレイクと取引がある方が過払い金が発生している可能性は高いです。
個人差はございますが、和解で90%~概ね満額の回収率が相場とされております。また解決までの期間も早い傾向がございます。争点といたしましては、1993年10月以前の取引履歴が開示されない問題があります。
レイクは消費者金融のなかでも比較的過払い金請求への対応が良いとされていて、過払い金の返還率も90%~満額・期間に関してもスムーズに行けば2~3ヶ月で和解から振り込みにいたる場合も多いです。あくまで目安となりますので個人差はございますので、お近くの専門家へご相談することをおすすめします。

個人でおこなう場合や、専門家に依頼する場合とでことなってきますが一般的に専門家に依頼した場合和解交渉として90%~概ね満額での回収率が見込めるでしょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

レイクの会社概要について

2008年に買収したGEコンシューマー・ファイナンス株式会社(2009年に新生フィナンシャルへ変更)が行っている消費者金融「レイク」について、2011年10月1日から「レイク」の商標や店舗網(自動契約機・ATM)・人員を譲受し、新生銀行のカードローン商品として新規展開することを2011年6月22日に発表した。新生フィナンシャルの「レイク」では貸金業者として貸金業法の規制(総量規制など)を受けるが、銀行カードローンでは銀行法での貸付となるため総量規制の対象外となる。
レイク Wikipedia

レイクは、新生銀行グループに属するカードローンサービスですが、2008年以前までは外資系の消費者金融でした。当時29%超という利息制限法を超える金利で貸付をおこなっていましたので、2007年以前にレイクから借り入れがある場合は過払い金請求ができる可能性が高いです

レイクに過払い金請求をお考えの方、レイクに過払い金請求するときにデメリットはないか、あるとすればどう回避したらいいか、気になっていませんか?レイクに過払い金請求する基本的な流れと共に、気を付けなければいけない注意点やリスクもまとめました。レイクから過払い金を取り戻したいと思っている人は必見です。レイクに過払い金請求するときの参考にしてください。

レイクの過払い金請求の特徴

  • 新生銀行グループで経営状況は安定している
  • 過払い金請求への対応はスムーズ
  • 過払い金の返還期間は比較的早い

「レイク」は現在までの間にブランド名を残したまま何度か社名が変わり、今は新生銀行グループに属する「新生フィナンシャル」という会社名で、銀行カードローンのサービスとなっています。古くは「ほのぼのレイク」の愛称で親しまれたレイクですが、現在は新生銀行カードローンのレイクに生まれ変わりました。

旧コーエークレジット →合併の影響で請求先はレイク
旧GEコンシューマーファイナンス →請求先はレイク
新生銀行カードローン →最近の新規カードローンには過払い金は発生しません

旧コーエークレジット(レイクと合併)の契約がある場合、旧コーエークレジット過払い金はレイクへ請求できます。また純粋なレイク過払い金と旧コーエークレジット過払い金が発生した場合は、2口分を合算してレイクに請求します。

レイクは2007年12月2日まで、グレーゾーン金利という利息制限法を超える利率で取引をおこなっていました。過去にレイクを利用したことがある方は過払い金が発生している可能性があります。逆にいうと2007年12月2日以降に新規で借入れを開始している場合には過払い金が発生する可能性は低くなります。

新生銀行グループで経営状況は安定しているため、資金面での懸念は少ないレイク。レイクの過払い金請求への対応は、以前は消費者金融業者の中でも一番スムーズでした。しかし2014年に日本GEとの損失補償契約が終了したことにより状況は悪化しています。話し合いのみの交渉では満額回収はむずかしくなりました。レイクから過払い金を満額回収したいと思ったら裁判所を通したほうが確実です。

今すぐ無料相談する!

レイクに過払い金請求してから過払い金が返還されるまでの期間と回収率の目安

レイクの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼した場合

話し合いによる交渉(任意交渉)の場合

回収率の目安

80~90%

返還されるまでの期間

2か月

裁判した場合

回収率の目安

100%+過払い利息5%

返還されるまでの期間

3~5ヶ月

自分でレイクに過払い金請求した場合

個人で請求すると5割から7割程度の和解案になり、利息分も無視されてしまうので、弁護士や司法書士など専門家に相談したほうが回収率は高くなるといえます。

レイクに過払い金請求するデメリットとメリット

レイクに完済していて過払い金請求する場合のデメリットとメリット

レイクに完済していて過払い金請求する場合のデメリット

  • レイクから借りられなくなる

レイクに過払い金請求をすると、レイクのカードが「解約」となり利用できなくなります。つまりレイクから新たに借入れができなくなります。ただし、完済後の過払い金請求であれば信用情報(いわゆるブラックリスト)に影響はないので、レイク以外の貸金業者からは借入れができ、クレジットカードも持つことができますのでご安心ください。

レイクに完済していて過払い金請求する場合のメリット

  • レイクからお金が戻ってくる

完済後、レイクに過払い金請求する一番のメリットは、レイクからお金が戻ってくるということです。完済後であれば信用情報(いわゆるブラックリスト)に影響はないので、完済したあとレイクに過払い金請求するデメリットはほぼないといえます。レイクに完済している人は安心して過払い金請求しましょう。

レイクに返済中で過払い金請求するデメリットとメリット

レイクに返済中で過払い金請求するデメリット

  • レイクに借金が残った場合、ブラックリストにのる

返済中に過払い金請求した場合で借金が残ると「債務整理(任意整理)」という扱いになるので信用情報(ブラックリスト)にのることになります。ブラックリストにのるとその後一定期間は新たな借入れができません。クレジットカードの審査やローンの審査にも影響があります。

この場合、ブラックリストにのる期間は5年程度といわれています。5年間は現金払いの生活をしましょう。

レイクに返済中の状態で過払い金請求したとしても、過払い金で残りの借金が完済できればブラックリストにのることはありません。

過払い金がいくら発生しているか、事前に調べることもできます。レイクから取引履歴を取り寄せて、利息の引き直し計算をすれば過払い金の金額が出るので、自分で計算することもできます。または、無料で過払い金の調査をしてくれる司法書士や弁護士事務所もあるので探して相談しましょう。

レイクに返済中で過払い金請求するメリット

  • レイクの借金が減り、完済に近づく
  • 過払い金が多かった場合、レイクの借金が完済して余った分は手元に戻ってくる

レイクに返済中で過払い金請求する一番のメリットは、借金が減ることです。過払い金が残りの借金額より多かった場合、借金はゼロになり、余った分は手元に戻ってきます。

レイクに返済中で毎月の返済がきびしい状況の方は、返済中でも過払い金請求を検討しましょう。

レイクの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼する場合のデメリットとメリット

レイクの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼する場合のデメリット

  • 弁護士・司法書士に払う費用がかかる
  • 悪徳な弁護士や司法書士もいるので注意

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼した場合、当然のことながら費用が発生します。通常、過払い金請求の専門家費用は「成功報酬」というもので、取り戻した過払い金の20~25%を成功報酬として払うのが相場となっています。

また、気を付けなければならないのが、事務所選びを間違えないことです。なかには依頼者の過払い金を着服してしまうような悪徳な弁護士や司法書士がいることも事実です。最近の事例では、相談者が正式に依頼しなかったにも関わらずそのあと本人に黙って勝手に過払い金請求をし、過払い金を着服していた事務所がありました。

また、弁護士や司法書士の業務は多岐にわたるので、すべての弁護士・司法書士が過払い金請求を得意とするわけではありません。過払い金請求に慣れていない弁護士や司法書士に依頼してしまうと過払い金の額に差が出ます。取り戻せる過払い金の額が少なくなってしまうというデメリットがあります。

CMをガンガンやっているような大手の事務所がいいかというとそうではありません。実は他よりも料金が高いというデメリットに気づかないで依頼してしまったり、大量に案件を受けているため依頼者をほったらかしで連絡を怠ったり、少額だと対応が悪いなどのデメリットも考えられます。

悪徳事務所に引っかかってしまうデメリットを避けるためには、無料相談の時点で疑問に思ったことはすべて質問しましょう。過払い金請求のデメリットも含めてすべてを話してくれる事務所がいい事務所です。

レイクの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼する場合のメリット

  • 面倒な手続きをすべて代理でやってもらえるので時間や手間がかからない
  • より多くの過払い金を取り戻せる可能性が高い
  • 家族に内緒で手続きできる
  • レイクに返済中の場合、督促がストップする

レイクの過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼するメリットは、まず、手続きのすべてを代理でやってもらえるので苦労しなくても過払い金が取り戻せることです。法律の専門家なので、自分でレイクに交渉するよりもより多くの過払い金を取り戻せる確率も高くなります。過払い金請求の経験が豊富でレイクの出方を知っている弁護士や司法書士が交渉するほうが有利です。

自分で過払い金請求をするとなると直接レイクから自宅に書類が届きますし、裁判ともなれば裁判所からの書類も自宅に届くことになります。同居している家族に借金していたことを内緒にしている人は、過払い金請求の手続きがバレることで借金がバレてしまうというデメリットがありますが、専門家に依頼すればこれを防げます。

また、レイクに返済中の人は、弁護士や司法書士に介入してもらうことでレイクからの督促が一旦ストップします。毎月の返済に困っている人にとっては大きなメリットです。

自分でレイクに過払い金請求するデメリットとメリット

自分でレイクに過払い金請求するデメリット

  • 時間と手間がかかる
  • 不当に低い額で和解を迫られる可能性がある
  • 家族にバレる可能性がある
  • 返済中の人は借金の督促がストップしない

レイクの過払い金請求を自分でやるデメリットは、すべての手続きを一人でやらなければならないので時間と手間がかかることです。その上、交渉に慣れていない個人が相手だと、かなり低い金額を提示され和解を迫られることがあります。「5割ならすぐ返還できますがどうですか?」といった感じです。いちど和解してしまうと後で後悔しても覆せないので、慎重に交渉する必要があります。また、自分で過払い金請求して失敗しないためにはレイクの過払い金請求の対応もよく知っておく必要があります。

自分でレイクに過払い金請求するメリット

  • 専門家に払う費用が不要

自分でレイクに過払い金請求する一番のメリットは、弁護士や司法書士に依頼した場合の費用がカットできることです。自分でレイクと直接交渉する勇気があれば、自分で過払い金請求することもできます。まずはどこまで取り戻したいか決めましょう。満額回収しようとお考えなら、裁判を検討することも必要です。

レイク特有の過払い金請求のデメリットと注意点

レイク取引履歴の未開示問題

1993年(平成5年)以前からレイクと取引があった方が対象になりますが、1993年以前の取引履歴は開示されません。レイク側の説明によると1993年以前の取引履歴は破棄してしまったとのことです。裁判を起こしてもレイク側は「ないものはない」として開示に応じません。ただし最近は1990年~1993年に期間に関して参考情報なるものを開示してくるようになりました。

未開示部分の過払い金もきっちり請求したい場合には、推定計算と呼ばれる特殊な計算方法で対応することもありますが、基本的にレイク側はこれを認めないので、裁判所の判断に委ねることになります。古くからレイクと取引がある人は弁護士や司法書士に任せた方がよいかもしれません。

「取引の分断」を主張してくる

「取引の分断」とは、一度レイクに借りて完済したあと、次の借入れまでに空白期間がある場合をいいます。

例えば
第1取引:1998年開始~2003年全額返済
第2取引:2005年開始~2012年全額完済 (その後取引なし)

この場合、1の取引と2の取引を、ひとつの取引として考えるのか(一連計算)、別々と考えるのか(個別計算)で過払い金の計算が変わってきます。

レイクは1回目と2回目のキャッシングを別契約(取引の分断)だと主張してきます。例のように1回目の取引の完済時点から10年以上経過している場合、すでに時効が成立しているとして、返還に応じようとしません。このような場合、裁判で争う争点となります。

今すぐ無料相談する!

レイクとは

レイクは現在、新生銀行グループに所属する銀行カードローンのサービスです。2008年に新生銀行に買収されるまでは外資系大手のGE(ジェネラル・エレクトリック)の金融部門が展開する消費者金融サービスでした。

レイクの過払い金請求の対応は、以前は消費者金融業者の中でも一番よかったのですが2014年に日本GEとの損失補償契約を終了したことにより和解交渉で減額をしてくるようになりました。現在のところ、話し合いだけの交渉だけだと過払い金の満額を回収するのはむずかしい消費者金融です。

 

タレントの菜々緒さんやAKB48などを起用し遠くからでも映える緑色の看板が印象的な新生フィナンシャルカードローン(旧レイク)は、他の大手の消費者金融のように知名度も高く利用された方も多いのではないでしょうか。

社名からも分かる通り社名に新生が入っていることから現在は新生銀行の傘下で営業していますが、元々は外資系大手のGEが展開する消費者金融だったのです。消費者金融の中でもレイクだけに見られる過払い金請求に対しての傾向や特徴がありますので理解しておくことが大事です。

今すぐ無料相談する!

新生フィナンシャルカードローン(旧レイク)とは

レイクは現在新生銀行グループに所属し銀行カードローンサービスを展開していますが、新生銀行に買収されるまでは米国の外資系大手の金融部門が展開するGEコンシューマーファイナンス株式会社が運営する消費者金融業を営んでいました。

しかし貸金業法、利息制限法の改正や過払い金請求により消費者金融業から撤廃を決め2008年に新生銀行の子会社となり2009年に新生フィナンシャル株式会社に社名を変更しました。2011年にはレイクとして行っていた営業資産を親会社である新生銀行に事業譲渡し新生銀行カードローンレイクとして商品化し事業展開を計る事になったのです。

新生フィナンシャルカードローン(旧レイク)の直近の経営状況

貸金業法や利息制限法の改正により金利が引き下げられた事や過払い請求によって資産の少ない規模の小さな中小企業の消費者金融は倒産にまで追いやられましたが、レイクは新生銀行に債権譲渡ではなく事業買収された事で過払い金請求も新生銀行に対して行う事になっています。

どこの傘下にも入らず独立した消費者金融とは異なり潰れない銀行というイメージが強く、過払い金請求に対してもスピード重視、満額回答の結果が得られるなど比較的対応の良い扱いを受ける事ができます。2016年の決算状況では一時は赤字でしたが現在は黒字化しているため安定しているといえるでしょう。

 

新生フィナンシャルカードローン

の過払い金請求の対象

新生フィナンシャルカードローン(旧レイク)の特徴として資金業法、利息制限法改正以前では上限金利最大を適用しており18.0%~29.2%という高い実質年率で利息を取っていたため高確率で過払い金が発生している可能性があります。

改定後の金利は15.0%~18.0%になり現在は4.5%~18.0%となっています。過払い金の請求対象となる期間は金利が引き下げられた2007年12月2日以前に利用していた方となります。

レイク(新生フィナンシャルカードローン)から過払い金が返還されるまでの期間の目安

新生銀行に対して過払い金請求を行う事になりますので、レイクの特徴として対応の良さが挙げられます。回収期間や振り込みまでの期間も早く交渉がしやすいという特徴があります。

 

裁判(訴訟)を起こさず、話し合いにより和解した場合

レイクの和解交渉にてまず提示してくる金額は元本に対し4割~6割が相場となっていますが、1~2か月という短期で返還を受ける事が出来ます。

裁判(訴訟)を起こした場合

とにかく期間はかかっても満額回収を望む場合は訴訟判決を受ける事で高い回収率となりますが、半年以上はかかると予想しておいた方が良いです。

また新生銀行グループにはレイク以外にもシンキ、全日信販、アプラスなどの信販会社、消費者金融がありますが大きな会社からの過払い金の補填が打ち切られため過払い金を返還するためのお金が年々少なくなっているため従来ほどの返還額、返還期限が厳しくなることが予想されます。

 

レイクの過払い金請求の回収率の目安

レイクのこれまでの過払い金請求の対応で見ますと和解交渉にて解決を図るなら4割~6割が相場となっており、1~2か月という短期間で返還を受ける対応と良い例がほとんどを占めています。ただ専門家に依頼すれば訴訟判決にて9割~満額回収を得る事ができますが当然弁護士費用や期間も長くなります。

レイクに過払い金請求する時の注意点

レイクでの過払い金請求では現在の新生銀行カードローンレイクになるまで過去に2度の事業譲渡があったため平成5年10月以前の取引履歴の開示できないとい主張してくる事があります。ただ過払い金請求にて争点となるのは過去10年以内の取引期間が対象となり2016年現在1993年の平成5年は時効となっていますのでこれから過払い金請求を行う方には必要ないでしょう。

また日本GEからの損失補填の打ち切りが決定したことにより過払い金返還原資が減少する事が予想されますので早めに請求を行うようにしましょう。

別業者名からの借り入れについても完済しておくこと

貸金業者から複数の借り入れがある債権者でも過払い請求という債務整理を行う事で毎月の返済をストップし逆にお金が返ってくることもありますが、債務が残っている場合は信用個人情報へ不名誉な記録がブラックリストに登録されてしまうと5年は消えません。やはり完済後に過払い金請求をする事が望ましいでしょう。

レイクが保証会社になっている銀行からの借り入れについても完済

新生銀行カードローンレイクの保証会社は株式会社新生フィナンシャルになっています。この会社はレイクの連結子会社で元々はカードローン営業を行っていましたが、裏方に回って保証会社として支える立場をとっています。

レイクの過払い金請求で見られる3つの傾向や特徴

1.レイクでは貸金業法、利息制限法の改正以前に18.0%~29.2%という上限利率いっぱいで運用していたため2007年12月以前にレイクを利用していた方は高確率で過払い金が発生しています。

2.新生銀行カードローンレイクとういう経営が安定した銀行が運営する商品なので、過払い金請求に対しても回収率、解決に至るまでの期間もスピード解決できます。

3.レイクでは過去に2度の事業譲渡を行った事から平成5年10月以前の取引履歴は開示できないと主張する傾向があります。

今すぐ無料相談する!

レイクの過払い金請求を専門家に依頼するメリット

消費者金融の中でも過払い金請求に対して対応のいいレイクとなりますが、9割~満額の回収率を望むなら弁護士や司法書士などの専門家に依頼する事をお勧めします。

ただ1件につき140万円を超える過払い金請求では弁護士にしか依頼できませんので、140万円以下なら司法書士に依頼すると良いでしょう。

過払い金は払い過ぎた自分のお金と法律でも認められていますので実績、信頼ある専門家に依頼する事で満足いく返還を受ける事ができますので、まずは無料相談を受けてみる事をお勧めします。

レイク(新生フィナンシャルカードローン)の会社概要

事業内容:パーソナルローン(消費者金融)、信用保証
所在地:〒101-0044東京都千代田区外神田三丁目12番8号住友不動産秋葉原ビル

レイクの会社概要

商号 新生フィナンシャル株式会社
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町一丁目7番7号 スワン東京ビル
資本金 915億1,815万282円
貸金業者登録番号 関東財務局長(6)第01024号
関連 シンキ、アプラスフィナンシャル、新生カード、GEコンシューマーファイナンス(旧社名)
過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報