過払い金請求のメリットとデメリットを理解して手続きをする

過払い金請求のメリットとデメリットを理解して手続きをする

過払い金があるかもしれないと考えたものの、「お金だけがもらえるなんて、果たしてそんなうまい話が本当にあるんだろうか。何かデメリットがあるんじゃないか」と不安になる方もいるかもしれません。安心してください。そんなうまい話は本当にあります。過払い金請求にはデメリットはありません。

過払い金は本来、自分のお金です

そもそも、過払い金とは、お金を借りる際に貸金業者とした利息の約束が利息制限法に違反して無効になったことから、利息として支払ったお金が自動的に元本に充当されたことで発生したものです。

つまり、過払い金とは、本来であれば払わなくてもよかったはずの自分のお金にほかなりません。したがって、自分のお金を返せと言って不利益になるはずがないというのがそもそもの前提です。

今すぐ無料相談する!

請求先の貸金業者からの新しい借金はできなくなります

過払い金は借りた人のお金であることは間違いありませんが、お金を取られる貸金業者の側からすれば面白いはずがありません。しかも、貸金業者は、「過払い金請求をする顧客にこれからお金を貸したとしても、また過払い金請求をされることになるだけだ」と考えるでしょう。

誰にお金を貸すか貸さないかは貸金業者が自由に決めることができます。そのため、貸金業者が「この顧客は金を貸しても過払い金請求をしてくるだろうから貸すのは嫌だ」という理由でお金を貸さないことも完全に合法です。したがって、過払い金請求をした貸金業者からは、以後、新たな借金ができなくなると思った方がよいでしょう。

完済した後はブラックリストには載りません

ブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことです。信用情報機関は日本に3か所(消費者金融系2か所、銀行系1か所。相互に情報共有をしています)あります。貸金業者が借金の申込みを受けると、まずは自社が加盟している信用情報機関に対してその顧客のこれまで借金に関するデータを確認し、その顧客がこれからきちんと支払いをしてくれる人かどうかを判断します。

ところが、2010年までは、ある貸金業者に過払い金請求をすると、信用情報機関に「契約見直し」という事故情報が登録されてしまいました。これを見た別の貸金業者は「こいつに金を貸しても、あとから過払い金請求されるだけだ」と判断し、お金を貸してくれなくなります。最初に説明したとおり、過払い金請求は自分のお金を返せと言っているだけですから、正当な権利であり、事故情報として掲載すべき事項ではありません。そこで、2010年以降は、過払い金請求をしても、信用情報機関には何も情報が掲載されない運用になりました。

したがって、完済した後に過払い金請求をしても、信用情報機関には何も情報が行かないことから、ブラックリストに載ることはありません。

今すぐ無料相談する!

返済途中だと一時的にブラックリストに載ってしまいます

完済した後ではなく、返済している途中に過払い金請求をすると、一時的にブラックリストに載ってしまいます。すなわち、弁護士・司法書士が依頼を受けた旨を貸金業者に通知した時点で、信用情報機関に「債務整理」という事故情報が登録されます。

もっとも、債務はなく、過払い金があるだけだということが確定した時点で、信用情報機関の登録情報は「債務整理」から「完済」に変更されますので、事故情報ではなくなります。したがって、弁護士・司法書士に依頼して過払い金を回収してもらうまでの間は一時的にブラックリストに載る可能性が高いことから、クレジットカードの申込みをしたいのであれば、過払い金請求をしている最中は避け、過払い金を回収し終わってからにした方がよいでしょう。

また、再計算の結果、過払いではなく借金が残ってしまったときは、少なくとも5年間は「債務整理」の事故情報が掲載されたままになりますので、注意してください。

予想外に借金が残ってしまったら?

まだ返済途中のときに弁護士・司法書士に依頼し、残念ながら過払いではなく借金が残ってしまうと、「債務整理」という事故情報が登録されたままになってしまいます。\しかし、過払いになりそうな貸金業者はその1社だけではなく、大抵は数社あるはずです。ある貸金業者に借金が残ってしまったとしても、別の貸金業者から回収した過払い金を利用して借金を整理することもできますので、まずは弁護士・司法書士によく相談すべきです。

ただし、正確な資料がないと、弁護士・司法書士であっても過払いなのかどうなのかという判断はできません。そこで、本当に心配な人は、事前に自分で貸金業者に連絡し、取引履歴を入手し、再計算してみるといいかもしれません(ネットで検索すれば無料の計算ソフトを入手することができます。正確さに難があっても、過払いかどうかの事前判断をする程度の役には立つでしょう)。それを持参した上で弁護士・司法書士に相談すれば、かなり正確なアドバイスを受けられます。

【完済・返済中】過払い金請求のデメリット徹底解説、自分でやるか専門家に依頼するか

「過払い金請求ってお金が戻ってくるっていうけど、そんなうまい話に落とし穴はないの?」過払い金請求をしようと思っている人なら誰もが気になる点だと思います。

過払い金請求する人の状況によって、それぞれ違うメリット・デメリットが発生します。ここでは状況別に過払い金請求のデメリットを徹底解説しますので、自分の状況と照らし合わせてみてください。不安を解消したうえで、安心して過払い金請求しましょう。

借金を払い終わった後に過払い金請求するデメリットとメリット

借金を払い終わった後に過払い金請求するデメリット

  • 請求先の貸金業者からは今後借入れができない
  • 請求先のクレジットカード会社のクレジットカードは使えなくなる

過払い金請求した貸金業者からは新たにお金を借りることができなくなります。延滞もなく優良な顧客だった場合、クレジットカード会社(信販会社)によってはカードを再発行できる場合もあるので例外もありますが、基本的に請求先のクレジットカード会社のクレジットカードは使えなくなると思ってください。

ただし、過払い金請求した以外の貸金業者やクレジットカードであれば通常通り利用できるので、さほど問題にはならないはずです。完済している借金であれば躊躇せず過払い金請求しましょう。

借金を払い終わった後に過払い金請求するメリット

  • お金が戻ってくる
  • 完済後の過払い金請求は、ブラックリストにのらない

過払い金請求の一番のメリットはお金(払い過ぎた利息)が戻ってくることです。すでに完済している借金の過払い金請求をする場合、信用情報に影響することはありません。いわゆるブラックリストにはのらないので安心して過払い金請求しましょう。

今すぐ無料相談する!

借金を完済前に過払い金請求するデメリットとメリット

借金を完済前に過払い金請求するデメリット

  • 借金が残ってしまった場合「債務整理」となりブラックリストにのる
    ※ただし、過払い金で完済できた場合はブラックリストにはのらない

返済中に過払い金請求した場合、発生していた過払い金は残りの借金に充当されます。過払い金で残りの借金が相殺され、ゼロにできた場合は、完済の場合と同様、ブラックリストにはのりません。

一方、過払い金請求後に借金が残った場合は「債務整理」という手続きになります。貸金業者に対し、一旦支払いがストップする手続きになるので、債務整理は信用情報に影響します。いわゆる「ブラックリスト」の状態になるので、手続きのあと5年ほどの期間はどの貸金業者からも新たに借入れをすることはできません。クレジットカードの審査も通らなくなります。住宅ローンや車のローンなどの審査にもマイナスに影響します。

過払い金で借金がなくなる場合でも、貸金業者によっては手続きの最初に一旦「債務整理」というコードを信用情報機関に登録する業者もありますが、手続き完了後に借金がなくなれば削除されるので大丈夫です。ただし、過払い金請求する時期と他のクレジットカード会社のカードの更新時期が重なった場合、更新ができない可能性もあるので念のため注意しましょう。

借金を完済前に過払い金請求するメリット

  • 借金が減る
  • 借金がなくなる場合もある
  • 新たな借入れをしなくてすむ場合もある

借金を返済中に過払い金請求するメリットは、何といっても借金の元本が減ることです。毎月の返済額が減って生活が楽になるでしょう。完済のめどが立つので、先の見えない不安から解放されます。

戻ってきた過払い金が残りの借金額よりも多かった場合、借金はなくなります。完済したことと同じなので、ブラックリストにのることはありません。

完済したと思ったら違った…!こんなケースに注意

クレジットカードのショッピングの支払いが残っていないかどうか

クレジットカードの過払い金請求をする場合、キャッシングの支払いが完済していても、ショッピングの支払いが残っていないかどうか確認しましょう。ショッピングの支払いが残っていた場合、過払い金と相殺になります。過払い金よりもショッピングの支払い残高のほうが多かった場合、ブラックリストにのってしまう可能性もあるので注意しましょう。

例えばアコムの場合、マスターカードというショッピング併用型のクレジットカードも発行されています。買い物に使った分の支払いを完済していないと、キャッシング分の過払い金は、まずお買い物分の残高に充てられます。

関連業者に借金が残っていると完済扱いにならない

請求先の貸金業者が銀行ローンの保証会社となっている場合や、関連会社にも注意しましょう。貸金業者同士の吸収合併にも注意が必要です。例えばアコムの場合、DCキャッシュワン(現在はじぶん銀行の「じぶんローン」)に借金が残っているとアコムの過払い金と相殺されます。

これ以上借金が増やせないこともメリットと考えよう

ブラックリストにのることを恐れて過払い金請求を躊躇している人も多いと思います。確かに、毎月の返済を遅れずに払っていける見込みのある人は完済してから過払い金請求をしたほうがブラックリストのリスクを避けられます。

しかし、月々の返済が遅れがちな人は、無理をするより少しでも早く過払い金請求の手続きしたほうがいいでしょう。返済を延滞しているとそれだけでブラックリストにのってしまうからです。別の貸金業者から新たに借金をしてまで返済をしているような状況であればなおさらです。ブラックリストにのると借入れができなくなりますが、これ以上借金を増やすことができなくなることをメリットととらえ、収支のバランスを見直し、生活を立て直しましょう。

クレジットカードが使えなくなったら不便?

  • どうしてもカードが必要ならVisaデビットカード
  • 家族カードというものがある
  • ETCはETCパーソナルカードを申し込む

とりあえず過払い金がいくら発生しているか調べてみよう

過払い金でどのくらい借金が減るのか、あるいは完済できるかどうかは調べてみないとわかりません。過払い金がいくら発生しているのか、無料で調査してくれる弁護士・司法書士事務所もあるので利用してみるのもいいでしょう。

過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

過払い金請求を自分でやるデメリット

  • 時間と手間がかかる
  • 本来発生している過払い金の額よりも少ない金額での和解を要求される
  • 同居している家族や恋人に知られてしまう可能性がある
  • 返済中に過払い金請求した場合、督促はストップしない

過払い金請求を自分でやるデメリットは、時間と手間がかかることです。過払い金請求にはそれなりの手順をふむ必要があります。一般的に裁判をしたほうが多く過払い金を取り戻せますが、自分で裁判を起こすとなると書類作成もありますし、平日に裁判所に出廷しなければなりません。

貸金業者は少しでも払う金額を減らしたいのが本音なので、最初からスムーズに全額返還してくれるような貸金業者はありません。強気で粘り強く交渉を続ける必要があります。自分で過払い金請求すると、専門家に依頼した時よりも取り戻せる過払い金の額が少なくなってしまう可能性が高いこともデメリットです。

また、貸金業者と直接やり取りをしなければならないので、自宅に書類が届くこともあります。同居している家族に借金のことや過払い金請求の手続きを秘密にしたい人にとってはバレるリスクが大きいでしょう。

借金を返済中に個人で過払い金請求をしようとした場合、返済自体はストップしないので注意しましょう。当然ですが督促もストップしません。専門家に依頼すれば返済が一旦ストップするので、借金を返済中に過払い金請求する場合は弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

過払い金請求を自分でやるメリット

  • 弁護士や司法書士費用がかからない

過払い金請求を自分でやる一番のメリットは弁護士報酬や司法書士報酬などの専門家に払う費用がかからないことです。時間と気持ちに余裕がある人には自分で過払い金請求するのがおすすめです。ひとまず貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算(引き直し計算)をしてみて、過払い金の額と手続き全体にかかる時間と手間、貸金業者の難易度を総合的に判断して自分でやるか専門家に依頼するか決めましょう。

このサイトでは貸金業者ごとに過払い金請求する流れと手順・難易度(貸金業者の対応)を説明していますので参考にしてください。

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリット・メリット

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリット

  • 弁護士や司法書士費用がかかる
  • 事務所の知識不足や経験不足によって、未然に防ぐことができたはずの不利益をこうむることがある

過払い金請求を専門家に依頼した場合、弁護士や司法書士に払う報酬が発生します。今は相談・着手金は無料にしている事務所が多く、取り戻した過払い金の中から15%~25%を成功報酬としてとるのが通常です。

依頼する事務所を失敗してしまった場合、不利益をこうむるリスクもないとは言い切れません。すべての弁護士や司法書士が過払い金請求を得意とするわけではないからです。

過払い金請求を専門家に依頼する場合、事務所を選ぶときは過払い金請求の実績、無料相談での対応をみて信用できる事務所かどうか判断しましょう。中には悪徳弁護士や悪徳司法書士もいるので注意が必要です。「テレビCMなどの広告をやっている有名事務所だから」「費用が安いから」といってそれだけに惑わされることも危険です。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するメリット

  • 時間・手間がかからない
  • 多くの過払い金が取り戻せる可能性が高い
  • 周囲にバレずに過払い金請求の手続きができる
  • 返済中に過払い金請求した場合、督促がストップする

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼すると費用はかかりますが、手続きのほとんどすべてを代理でおこなってくれるので、待っているだけで簡単に過払い金が戻ってきます。

過払い金請求の経験と実績が豊富な事務所は貸金業者の情報もたくさん握っています。貸金業者側も交渉力のある弁護士や司法書士には弱く、その道のプロに任せれば、より多くの過払い金を取り戻せる可能性は高いです。

また、本人は貸金業者とやり取りをする必要がないため、周囲に過払い金請求したことがバレることはありません。弁護士や司法書士には守秘義務があり、家族にも内緒にしたいといえば連絡手段や書類の送付にも配慮してくれます。

借金を返済中の場合、弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると督促がストップします。毎月の返済に追われている人にとっては、精神的にかなり楽になるでしょう。一旦返済が止まるので、その間に返済計画がたてられ、生活を立て直すことができます。

過払い金請求のデメリット・メリットまとめ

いかがでしたか?過払い金請求のデメリットは状況によって変化します。完済している人は過払い金請求のデメリットはほとんどありませんが、返済中の人はブラックリストにのる場合があるので注意しましょう。といっても、ブラックリストにのるデメリットよりも借金が減るメリットのほうが大きい人もいるので、ご自身の状況と照らし合わせて判断しましょう。

また、過払い金請求を自分でやる場合と弁護士や司法書士などの専門家に依頼する場合でもデメリットは違います。専門家に頼まなくても自分でできそうだと感じればチャレンジしてみてもいいと思います。途中でむずかしいと感じたら、やはりその道の専門家に頼るのが早いかもしれません。無料で相談できる事務所もあるので利用してみてはいかがでしょうか。過払い金請求のメリットを最大限に活かして、これからの生活をよりよくしてください。

そもそも、過払い金ってもらえるの?

現在借り入れがある方もすでに返済されている方も関係してくる「過払い金返還請求」ですが、実際に自分がそれに当てはまるのか、もし当てはまった場合は請求をした方が良いのか、判断がつきにくいですよね。過払い金とは、利息制限法で決められた年金利を超えて返済していた場合に発生する“払いすぎた利息”のことです。まずは、過払い金が発生しているのかを調べてみましょう。

取引履歴を取り寄せる

まずは、貸金業者へ過去の取引履歴の開示要求をしましょう。電話で簡単にできる場合もありますが、正式な文書を必要とすることがほとんどのようです。貸金業者は、利用者からの情報開示の要求に応える義務があるのでご自身で取り寄せることができますが、中にはすぐに対応してくれなかったり、すべての取引内容を開示してくれなかったりする業者もいます。そういった場合には、弁護士や司法書士のような専門家へ依頼することで、素早い解決が期待できるでしょう。

制限利息で計算する

取引履歴が手に入ったら、利息制限法の制限利息で引き直し計算を行います。多少、専門知識が必要となりますので、専門家へ相談したほうが確実です。また、過払い金が発生しているかどうかの簡易診断や無料相談を行っている事務所もあるので利用してみるのも手です。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求ってした方が良いの?

過払い金が発生していた、ということが発覚した場合、必ず返還請求を行った方が良いのでしょうか?
テレビCMや広告などでは「専門家へ依頼すれば、過払い金は必ず戻ってくる」とありますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

過払い金の発生額は、借入元金や返済期間によって人それぞれ異なります。そのため、100万円を超える方もいれば、数万円、数千円といった少額の方もいらっしゃいます。高額の融資を受けていた、長期間にわたって返済をしていた、という場合には、その分過払い金も高額になっている可能性があります。

過払い金請求は、貸金業者へ請求書を送っただけでは支払われないことが多く、交渉が必要です。個人で交渉する場合、安い金額で和解を迫られることもありますので、専門家に依頼したほうが得策です。時間がかかっても多く取り戻したい方は、裁判所へ提訴した方がより多くの過払い金を取り戻せる可能性が高くなります。

そうなってくると、個人で過払い金請求をする場合、返還請求のために印紙代、郵便切手、裁判所までの交通費などが必要になり、労力もかかります。

過払い金請求のメリット・デメリット

「払いすぎた利息が返ってくる」と、一見メリットばかりのように思える過払い金請求ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?メリット・デメリットをしっかり把握した上で、返還請求をするかしないかを判断するようにしましょう。

過払い金請求のメリット

払いすぎた利息が返ってくる、もしくは現在の借金額に充てることができる

過払い金が発生している場合にはそれがすべて返還されます。また、現在返済中の借金がある場合には、それが元金に充てられることになりますので、借金の額を減らすことができます。ただし、利息制限法の範囲内での返済だった場合や完済後10年経ってしまった借金に関しては、過払い金請求の対象外となってしまいます。

また、改正貸金業法によって金利の上限が見直されたのが2010年6月なので、それ以降の借金に関してはそもそも過払い金が発生しないのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。ですが実は、2010年以前にも貸金業者を利用していて、完済後借金のない期間が続き再度最近になって借金をした、という場合は、それぞれが個別の取引と見なされる場合と一連の取引だと認められる場合とがあるのです。一連の取引だと認められた場合には、“完済日”もしくは“最後の取引日(入出金日)から10年以内”であれば過払い金請求の対象となります。

つまり、10年以内に新しく取引をしている方であれば、過去の借金との一連性を証明することで10年以上前に完済した借金についても、一緒に過払い金請求をすることができるのです。

借金完済後の過払い金請求、または返済中でも過払い金の充当によって借金が完済となる場合に関しては、信用情報へ記載されない

信用情報とは、個人の家族構成や年収、住宅情報、勤務先の情報、キャッシングや消費者金融会社からの借入れ・返済状況、ローンなどの支払い情報のことです。これらは「信用情報機関」によって管理されており、加盟している金融機関貸金業者などが自由に閲覧できるようになっています。この信用情報の中に“事故情報”という項目があります。事故情報には、自己破産や任意整理、ローン・借金の延滞情報といったネガティブ情報が記載されており、貸金業者は融資の審査の際などにこの情報をもとに融資可能かどうかを判断しています。

事故情報はいわゆるブラックリストと呼ばれているものにあたりますので、キレイな状態で保つように注意を払う必要があります。過払い金請求は、金融庁の方針によって「過払い金請求を行った状況によっては個人情報に登録されない」と明示されています。その状況というのが、“過払い金を返済した時点で借金が残っていない”ことです。返済中であっても、過払い金の充当によって借金が完済となる場合であれば、事故情報へ記載されることはありません。ただし、過払い金を充ててもまだ借金が残っている場合には「任意整理」と見なされ事故情報へ記載されてしまう可能性があります。過払い金の返還請求を行う際には、まず借金が残っていないかを確認するようにしましょう。

過払い金請求のデメリット

個人で過払い金請求をおこなった場合、手続きや交渉に手間がかかる

ただし、司法書士や弁護士に依頼すれば1度の面談だけで済み、あとは全て代理でやってくれる(貸金業者とのやり取り、裁判所に行くなど全て)ので依頼者は返還を待つだけです。

個人で過払い金請求をおこなった場合、家族に借金を知られてしまう

貸金業者や裁判所とのやり取りは、専門家を通して行わない場合、基本的にすべて自宅に届くことになります。そのため、家族に借金を知られてしまう可能性が出てきます。専門家に依頼すれば周囲に知られることもありません。

戻ってきた過払い金で借金が相殺できなかった場合、信用情報に記載される

借金が残ってしまった場合、信用情報の事故情報に記載されてしまう場合もあります。

万が一、登録されるはずがないのに信用情報へ記載されてしまった場合には「事故情報取消申立書」によって、事故情報の登録の取り消しをしてもらうことも可能です。

その後、同じ貸金業者から融資を受けることができない

一度、過払い金請求を行ってしまうと、その貸金業者から融資を受けることは難しくなるでしょう。しかし、これはデメリットであると同時に、もう借金ができない状態にすることで“二度と借金をしない”状況ができるので、メリットになるともいえます。何度も少額の取引を繰り返しているような人は借金癖がついている可能性がありますので、大きな借金をしてしまう前に、自分の生活や収支を見なおし、無駄遣いを減らすきっかけにもなるでしょう。

自分でやるのと専門家に依頼するの、どちらが良い?

過払い金請求は、難しい専門知識などを必要としますが、自分で行うこともできます。自分で行った場合と専門家に依頼した場合、何か違いがあるのでしょうか。これらについてもメリット・デメリットをそれぞれ理解した上で、どちらの方法が自分に合っているかを考えると良いでしょう。

自分で行った場合

メリット

・過払い金請求にかかる費用が少なくて済む

デメリット

・難しい手続きなどをすべて自分で行わなくてはいけない
・貸金業者から対応を後回しにされる可能性がある
・全額返金されない可能性がある
・家族に借金がばれる可能性がある

自分で過払い金請求を行うことのメリットは、なんといっても費用を最小限に抑えられることでしょう。専門家へ依頼するのにはお金がかかりますので、過払い金が少額の方や少しでも出費を抑えたいという方はご自身で返還請求をすることをおすすめします。

デメリットとしては、手間・時間がかかることが一番大きいでしょう。
まず専門知識を必要とするため、事前に勉強をするなど準備期間を取らなくてはいけません。その後、以下の手順で交渉を行います。

【1】貸金業者から、取引履歴の取り寄せ
【2】制限利息での引き直し計算
【3】貸金業者へ過払い金請求
【4】貸金業者へ和解の交渉
【5】裁判所へ過払い金請求訴訟提起
【6】裁判と並行して過払い金請求の和解交渉
【7】過払い金の返還

この流れも、自分で行うのと専門家を窓口にするのとでは、貸金業者の対応も変わってくる可能性があります。なかなか返信がこなかったり、取引履歴をすべて送ってこなかったり、返還金を少なく言ってくる、などのことが予想されますので、注意すべきでしょう。

また、上でも説明したとおり、自分で貸金業者や裁判所とすべてのやり取りを行う必要があるので、連絡先は基本的に自宅となります。家族に借金を隠している方は、その点も注意が必要でしょう。

今すぐ無料相談する!

専門家へ依頼した場合

メリット

・面倒な手続きをすべて代行してくれる
・より自分に有利な条件になるように交渉してくれる
・過払い金についた利息まで返してもらえる可能性がある
・返済中の方は督促がストップする

デメリット

・依頼金や成功報酬がかかる

専門家へ依頼することのメリットとしては、まず自分で過払い請求に伴う諸々の手続きを行わなくていい、ということがあげられます。貸金業者や裁判所とのやり取りもすべて代行してくれますので、仕事やプライベートに支障をきたさずに過払い金の返還をしてもらうことができます。貸金業者も司法書士や弁護士とのやり取りを長く続けたくはないので、早く和解が成立するように迅速に対応し、こちらの要望をのんでくれる可能性が高くなります。

デメリットをあげるのであれば、依頼するにあたって費用がかかることでしょう。
これは弁護士と司法書士でも異なりますが、着手金・基本報酬・成功報酬がかかることになります。そのため、過払い金が少額の方は、専門家へ依頼して過払い金を返還してもらったとしても、結果的に損になってしまう可能性があります。依頼をする前に費用についても相談をしておくといいでしょう。では、過払い金請求の成功報酬を16%~18%と、一般的な事務所よりお安く設定しています。

まずは自分の状況を把握!

一言で過払い金請求といっても、借金の時期、金額、借入期間によって人それぞれ状況が異なります。まずは自分がどんな状況なのかを把握するところから始めましょう。過払い金があるのかどうか、あった場合は自分で過払い金請求をすべきか、専門家に依頼すべきかどうか、過払い金請求を行うまでには様々なことを調べなくてはいけません。自分ではどうするのがいいか分からない、という人のために、メールや電話での無料相談を受け付けている事務所もあります。無料相談を利用したからといって依頼しなくてはいけないわけではありませんので、気軽な気持ちでぜひご相談ください。

過払い金請求には10年という期限がありますので、のんびりしていると時効になってしまう可能性もあります。手続きにもそれなりの時間がかかりますので、納得のいく返還をしてもらうためには、焦る必要はありませんが、なるべく早めにとりかかることをおすすめします。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報