モビットの過払い金請求をするための事務所の選び方

モビットの過払い金請求をするための事務所の選び方

モビットの過払い金請求をするための事務所の選び方

モビットの借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

モビットの過払い金請求について

テレビのCMや新聞などでも取り上げられていた過払い金請求ですが、この過払い金請求が流行った時に、弁護士にお願いをしたという人もとても多いのではないかと思われます。
返ってこないと思っていた利息が返ってくるかもしれないということで、弁護士や司法書士への相談も止むことがありませんでした。

・借り入れを長期間にわたって行っていた人は要チェック

借り入れを行っていた額に応じて、過剰に返済をしていた場合には過払い金請求の対象となります。
お金を借りた時に、利息を付けて返すというのは分かっていて借りているはずなのに、どうして過払い金が返ってくるのでしょうか?
短期間でお金を借入していた場合、利息もかなり小規模な額ですぐに返せることが多いでしょう。

しかし、かなり大きな額の借り入れをしてしまった場合、長期間にわたって利息を払い続けていかなければなりません。
長期間にわたって借り入れの返済をしていたという人は、借り入れを行った額よりも高い額の利息を払っていた可能性もあります。

金利を決めるのは、実質年率と借入期間によって計算されています。
借り入れ金額が高額になってしまう場合は、実質年率が低くなる傾向があるのです。
しかし、実質年率が低くても利用期間を長く設定してしまうことで、短期間で実質年率が高い場合よりも金利分を多く支払っているケースがあります。

・過払い金が発生しな場合ってどんなケース?

平成22年6月からは、新規契約で借り入れを行う場合、すべての金融会社から借り入れに過払金が発生しなくなりました。
それはある一定の金利の%を設けることで、法律上、過剰な金利を取ることができなくなったからです。

これはモビットに限らず全ての金融機関に共通していて、これを違反している場合は法律で罰せられるようになっています。
よって、過払い金が発生するのは平成18年よりも前に、借り入れを行ったものに対してということになります。
平成22年以降に借り入れを行っている場合は、過払い金が発生しないと覚えておきましょう。

・ブラックリストに載らないか心配

モビットは大手の消費者金融となっているため、銀行の審査に似たようなところがあります。
一般の消費者金融での審査に比べると、若干モビットの審査は厳しくなっています。
基本的には借り入れを行っていても、完済している状態で過払い金請求を行う場合は、ブラックリストには載りません。
借り入れをしていて、完済していないのに過払い金請求を行うというのは信用問題に関わってしまうこととなりますので、モビットでなくても借り入れができなくなってしまうのです。

ブラックリストに載ってしまうという場合は事故や延期、自己破産などが考えられます。
モビットだけでなく消費者金融では、借入を完済していない段階で過払い金を求めてしまうとブラックリストに載ってしまう対象ということになる可能性があります。
過払い金請求でブラックリストに載ってしまった場合は5年以上が経過しないと、どこの金融機関であってもお金を借り入れることは難しいでしょう。
5年以上経っていてもブラックリストに載ってしまった場合は、モビットでの申し込みができなくなります。

・モビットでの過払い金請求は可能?

貸し付けを行っている会社や業者は、会社が存在していて悪徳業者でない限りは、過払い金請求ができるようになっています。
なので、もちろんモビットでも過払い金請求を行えるということになります。
モビットでは当時、出資法で定められていた金利の上限である、20~29%の金利が取られていました。

しかし、これに疑問を感じなかった人が多く、金利が高い状態であっても払い続けていたのは事実です。
法律が改正されたことにより、異常な金利を支払っていた市民が声を上げるようになっていきました。
なので、法律が改正される前の金利20~29%を払っていた人が、モビットに過払い金請求を行う対象となります。

・返済トラブルで訴訟を起こされるケース

モビットは、返済事故が発生した場合には訴訟を起こす、という社内ルールがあるそうです。
大手の消費者金融であるモビットは審査も厳しいといわれていて、任意整理中の訴訟や賃金請求の訴訟を起こすこともあります。
任意整理中であっても、自宅に裁判所からの特別送達が届くこともあるのです。
この裁判所からの通達を無視しないようにしましょう。

裁判所から通建が届いていたのを無視してしまうと、法的な方法で罰則を受けることになってしまいます。
この通達が怖くて過払い金請求ができないという人もいますが、これが届いた時点で弁護士の元を訪れ、相談をするようにしましょう。

モビットと過払い金訴訟をした場合は、その後モビットの利用がとても難しくなると思っておきましょう。
過払い金請求で訴訟を起こした会社側は、その人の記録が残っているため、再度借り入れを行うのは難しいのです。

過払い金請求を行ってもモビットにお世話になりたいと考えている人であれば、完済している段階で過払い金請求を行うという方が良いでしょう。

テレビCM等も行っているので、いまだに高い知名度を持っている株式会社モビット。
果たしてこのモビットから貸付を受けて完済したり、現在返済中の物のなかにも過払い金が発生している場合があるのでしょうか。

そこで今回はこのモビットの概要と過払い金請求への対応やその特徴、そして過払い金請求にかかる時間と回収率などについて説明しましょう。

今すぐ無料相談する!

モビットとは

株式会社モビットは、2000年5月に現、三菱東京UFJ銀行が中心になって同じく消費者金融会社プロミス、信用保証会社アプラスの出資を受けて設立した、「銀行系消費者金融会社」の先駆け的存在です。

冒頭でも触れましたが、設立当初から俳優の竹中直人さんや女優の桃井かおりさんなど、そうそうたるメンバーでCMを流し多くのテレビ番組のスポンサーになるなど広報活動に力をいれた結果、多くの顧客を抱える大手消費者金融会社として現在も運営されています。

モビットの直近の経営状況

設立当初はMUFG(三菱UFJファイナンシャルグループ)の一員としてスタートしましたが、2012年頃から段階的に株式譲渡や事業分割を繰り返し、現在は完全にSFMG(三井住友ファイナンシャルグループ)の傘下になっています。

その事業は現在も好調で、公式サイト上で申し込むと30分程度で審査が完了し、利用できるようになる「Web完結型サービス」や「すぐモビ」という無人契約機を都市部の駅構内や繁華街、商業施設などに多数展開その勢力はいまだに衰えることはありません。

モビットの過払い金請求の対象期間と当時の金利は?

本来は2000年に設立された消費者金融会社、2006年に法律が改正される前に契約したなら、普通過払い金が出ていると考える方が多いはずです。しかしこのモビットは、まだ他の消費者金融が法廷金利を越える高利率での貸付をしているなか「4,8~18,0%」という金利の範囲でしか契約していません。

つまり、いわゆるグレー金利が2010年に完全に廃止される前から、2016年現在の法律上の最高金利である「18,0%」下回っているので過払い金が発生する可能性は全くありません。

モビットへの借金返済で困ったときは

過払い金の発生している可能性がゼロならば、既に完済しているか他のとる行動は全くありません。しかし、いまだ返済中で他の債務への返済が重なる「多重債務」等で苦しんでいる場合は、弁護士や司法書士の事務所の門を叩き、「債務整理」をするというのが解決法となります。

モビットに対する債務整理とは

債務整理には大きく4つありそれぞれ「任意整理」「特定調停」「個人再生」そして「自己破産」になっています。詳しくそれぞれを説明するのはここではいたしませんが、モビットの場合金利が低く設定されているので引き戻し計算による借金の減額は難しく、まだ個人でする事も可能な過払い金請求を含む「任意整理」という言わば借金の整理整頓では、借金の減額はまずできないので、「特定調停」以上の法的処置をしないとたいした効果は見込めません。

その為個人で、モビットからの借金を債務整理することは非常に困難なので、早めに専門家へ相談することをおすすめします。司法書士や弁護士など専門家に依頼して貸金業者に債務整理の通知が届いた時点で、借金の取り立てがまず止まり、じっくりと交渉に挑むことができるようになります。

その後の交渉で、返済期間の延長による毎月の返済額を少なく押さえたり、借金自体の減額、場合によっては自己破産をして全てをやり直すことも可能です。

今すぐ無料相談する!

モビットに対して債務整理する時の注意点

他社からの借り入れについて

これはモビットへの債務整理に限ったことではありませんが、債務整理を始めた瞬間から「事故案件」という信用情報が付加されます。その為他社で契約している借り入れに対しても、その情報は反映されるので、既に契約済みの他社からの追加融資やそれ以外の新たな借り入れは、数年に渡ってできなくなる可能性が高くなります。

特にモビットの上部組織「三井住友系」の銀行のローンは、今後一切組めないと考えておいた方がいいでしょう。しかしながら、債務整理を進める以上それは仕方ないことと覚悟をして、他社の借り入れ案件と合わせて整理をしていくことになります。

モビットが保証会社になっている銀行からの借り入れを完済する必要は?

以前は多くの地方銀行などに対して保証業務を行っていましたが、現在はMUFGがその業務を受け継ぎ2014年にアコムと共に新設した「エムユー信用保証」という新会社がその業務を行っているので、モビットが現在保証をしている銀行は存在しません。

モビットへの債務整理を専門家に依頼するメリット

債務整理については、専門家の手を借りないと多くの場合挫折してより複雑で厄介な状況に陥ることが多いので、専門家に依頼するメリットとはなにか?いうより個人でするデメリットが大きすぎると考えます。

モビットの会社概要

株式会社モビット
本社 〒163-0810 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
開業 2000年9月18日
資本金 200億円
株主 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報