借金を相続したが完済!過払い金請求で350万を得る

借金を相続したが完済!過払い金請求で350万を得る

当時、まだ自己破産という方法を知らなかった私にとっては、とにかく父親が借りてしまった借金だったということもあり、その息子である自分に返済の義務があると思い、それまで持っていた貯蓄を全て借金に返済の充てたのですが、貯蓄自体がそれほど多くなかったことも有り、結果として未だ2000万円という借金の返済が残ってしまいました。

父から譲り受けた借金の返済の為にアコム、アイフルから借金

現在、私は妻と2人で生活をしている既婚者です。自宅の1階部分を店舗として改装し、薬局を営んでいます。お店自体の収益はそれほど悪くなく、妻と私二人で生活していればそれなりに貯蓄も少しずつ増やしていけるだけの余裕があったのですが、80歳になった私の父親が他界したことをきっかけに生活が一気に変化してしまったんです。

というのは、父親は以前から身体があまり丈夫ではなく入退院を繰り返していたんですが、結局、80才を迎えた年に亡くなってしまいました。つつがなく葬儀などを済ませた後で私を待っていたのが、父が持つ財産の相続だったんです。

ただ、財産だけならまだ良かったのですが、その中には借金が結構な量含まれていて、その総額はおよそ2500万円ほどでした。

当時、まだ自己破産という方法を知らなかった私にとっては、とにかく父親が借りてしまった借金だったということもあり、その息子である自分に返済の義務があると思い、それまで持っていた貯蓄を全て借金に返済の充てたのですが、貯蓄自体がそれほど多くなかったことも有り、結果として未だ2000万円という借金の返済が残ってしまいました。

父親から譲り受けた株券や土地、建物や自動車など財産に当たる物を全て処分しても、それでも1300万円という金額が残ってしまったので、結果的に金利が少しでも安い場所からとりあえず借りた上で一括返済した上で、改めて借りた所から返済していくというスタイルで借金をすることに決めました。もちろん、妻の了承も受けた上での行為です。

まず最初に利用したのが、取引などで日頃から使っている銀行でした。
銀行のローンによると、300万円までなら融資して貰えると言う事で、年利5%という金利の元で分割返済するローン契約を結び、300万円を用立てました。

その後、残りの100万円の部分については、私が以前利用した事のあるアコムとアイフルの2つの消費者金融のローン契約を結んで何とか用立てました。

借金自体は、金利ばかり発生してしまうのであまり利用したくないという思いで一杯だったのですが、今回ばかりはそうはいってられなかったので、むしろ、借金のおかげで負債を一時的にでも返済する事ができるという意味では、ありがたい存在に感じてしまいました。

ただ、イメージが直接借金の行為に対して何か影響を与えたのか?と言われるとそういうわけではなかったのですが、ただ、限度額よりも少し控えめな金額で借入額を抑えたのは、おそらく借金に対するマイナスイメージからの無意識の行為だったのかもしれませんね。

今すぐ無料相談する!

借金後、生活は途端に困窮状態になり食事もままならないほど

借金をするまでは、月額35万円程度の収入で妻と私二人の生活を補いながら、少しばかりの貯蓄をしていくというスタイルで生活を送っていました。ところが、借金をしてからは生活にも一気に変化が起こってしまいました。最も大きな変化といってもいいのが、私生活の面です。

例えば、食事が、借金前と比べると本当にお粗末なものにならざるを得なくなってしまったり、外食なんてとんでもないです。それまでは、スーパーなどでの食材の買い出しも、時間帯や値段をそれほど気にすること無く購入したりできたんですが、借金後は、いわゆるおつとめ品と言われる値引き商品ばかり狙って購入するようになってしまったほどです。

おかず自体も、ご飯と味噌汁とおかず1品だけという生活はむしろ良い方で、大抵は味噌汁とご飯だけという生活にもなってしまいました。それに、携帯電話のような嗜好品についても、仕事用に1台と私と妻それぞれ1台ずつ持ち計3台の携帯電話を契約していたんですが、これを、仕事用と私の携帯電話を兼用にして2台に減らしました。

最初は、妻も減らそうと言ってくれたんですが、彼女にもプライベートがあるのでなんとかそこは抑えさせましたが、妻にも本当に苦しい思いをさせてしまったのが、借金で体感した一番辛い場面でした。それ以外にも、持っていた自動車を処分して店の営業用の軽バン一台にしたりと、生活は本当に苦しかったです。

食事面でのレベルが落ちてしまっただけでなく、交友関係にも大きな変化が訪れました。例えば、ストレス発散のために、妻と私それぞれ、仕事の合間を見つけて友人と飲みに行ったり食事や遊びに行くこともそれまではあったんですが、それが急激に減ってしまいました。

特に、妻は、それまで楽しんでいたランチを使った友人との交流も全て無くしてくれましたし、私自身も、週に1回程度などよく友人と飲みに行くことがあったんですが、それを年に数回程度に減らしたほどです。結局、交友関係の面でも劇的に生活が変わってしまいました。

高すぎる金利額に愕然としたのが、借金を解決しようと思ったきっかけに

1000万円という借金を抱えた状態で、特に高い金利の所から借りてしまっているので、毎月の金利額だけでも十万円以上にのぼってしまう現状を目の当たりにしたのが、私が借金問題をなるだけ迅速に解決しようと決意した瞬間でした。

毎月の返済額は、金利分を含めて当初は20万円程度に抑えていたんですが、それを、一気に30万円にまで増加させました。

正直なところ、妻と私の月収を合わせても35万円、多くても40万円にたどり着くのがやっとの金額だったので、残り10万円前後の金額でやりくりしなければ行けない状態になったのですが、それでも、金利を支払い続ける事に対するいらだちにはさすがに勝つことができず、結局、金利額の高さに直面したことで、一気に借金解決へのスピードを上げることに決意しました。

無駄を一切省き、わずかな小銭でもしっかりと貯めて返済に回しました

その後、借金に関しては毎月の返済額30万円という金額と、仕事によっては臨時収入的な場面もあったので、そういった収入があった時には、繰り上げ返済する形で少しでも借金額を減らしていくという努力をしていました。そのおかげもあってか、返済を始めてから2年と10ヶ月ほど経った頃には、父から譲り受けた借金額をほぼ全て返済する事ができました。

そして、奇しくもこの返済が終わった時に知ったのが、当時、テレビなどで盛んに話題として取り上げられていた過払い金請求についての問題だったんです。消費者金融で借りたことがある人なら誰でも対象になり得るという言葉を聞いたので、私自身、インターネットなどを使ってこの問題を調べていました。

過払い金の請求問題については、主にテレビで取り上げられていたNEWSや特集番組などを通じて情報を仕入れていたんですが、インターネットでもこうした問題について盛んに議論や情報の提供が行われていたのを知ったので、こういったツールを使ってもいろいろと自分なりに下調べを行っていました。

正直、そこに記載されていた、返済される可能性のある金利の過払い分などの数字を見てあまり実感は無かったんですが、私自身が支払ってきた金利分を簡単に計算してみても結構な金額が算出できたので、もし、請求を行って少しでも返還して貰えるのならこれほど有り難い事は無い、と実感しましたね。

友人に民事専門の弁護士の方を紹介して貰ったのが、過払い金請求のきっかけ

私の友人の一人に、ある企業の法務部に勤めている人がいました。
彼も、私の借金についての顛末をちゃんと知ってくれていた1人で、今回の過払い金請求問題のヒートアップを機に、友人の方から私がそれに該当するのでは無いか?という連絡をわざわざ送って来てくれたんです。彼によると、もし過払い金の請求を行うつもりがあるのなら、彼の知り合いの弁護士を紹介してくれるんだそうです。

私もこの段階で過払い金請求について本格的に実行しようかと思っていたので、まさに渡りに船といった形でした。もちろん、彼からの提案を受けたのは言うまでも有りません。ただ、弁護士さんを利用するのは今までにも何度か経験があったのですが、本当に請求できるのかどうか?という不安もあってか、最初は少しだけ依頼に躊躇してしまったのは、私だけが知る秘密ですね。

友人の紹介で実際に弁護士の方にお会いしてみると、こちらの想像以上にとても親身になって私の話を聞いて下さる、心の熱い方でした。私が、父親の借金を返済しきったことについては特に感心して下さったようで、是非、過払い金の請求に尽力したいとまで仰って戴いたほどです。こういった彼の真面目で情熱的な言葉に絆されたのも、この弁護士さんに依頼した大きな理由の一つになりました。

基本的には全ての手続きを任せたまま作業を進めることができました

当初、弁護士という方に対しては非常に堅いというイメージが合ったんですが、実は、このイメージも間違っていることに気づきました。実際に依頼を行う際やその後の経過報告などで接してみると、本当に真面目に自分の問題に取り組んでくれる強力なパートナーといってもいいほど、心強い味方でした。

法律的な知識も抜群で、こちらの疑問にも法律的、或いは感情的どちらの要素でもしっかりと応えてくれて安心感を与えてくれるので、弁護士という専門家に対してのイメージが一気に変化したほどです。

弁護士の方によると、本来は過払い金の請求を行う段階である程度の準備日数が掛かる上、実際に請求を行ってからも相手方から返還の了承が降りるまでにそれなりの期間が掛かると言われていたんですが。

ただ、幸いな事に、私が借りていた時期が、過払い金請求問題が飛び出る直前だったことや、書類があらかたすぐに用意できたことなどもあり、比較的迅速な形で請求ができるというお墨付きをもらう事ができました。

その際の説明も本当にわかりやすくて、法律的な要素も交えた説明だったんですが、法律に無知な私でも一回聴けばすぐに理解出来るほど、わかりやすい説明で開設して貰えましたし、こちらが疑問に思った事をすぐに尋ねてくれたり説明をしてくれたりと、その対応の親切さにも脱帽したほどです。

その後の経過連絡も、週1の間隔できっちり全て報告してくれる上、交渉を行っている間のお互いの微妙な空気さえもきちんと伝えて貰えるので、請求がどの程度進捗しているのかを、まるで物語を読んでいるかのようにワクワクしながら聴くことができたほど、依頼した弁護士の方の対応は素晴らしかったです。

最終的な弁護士の方への支払額は、50万円で返還された過払い金は350万円

1000万円に渡る借金は、その全てを消費者金融で借りてしまったことも有り、完済までに支払った金利額は500万円近い金額にのぼっていました。その後、弁護士の方に過払い金の請求を代行して行って貰うよう依頼し、半年後には無事に過払い金に相当する金額を返済してもらう事ができました。

その総額は、約350万円という金額でした。借入金利が28%に設定されていたので、正当な金利との差額分がその金額になるのだとか。3年弱の返済だったので、結果的にこれだけの過払い金を返還してもらう事ができました。

ただ、弁護士の方については、報酬額としてはその1割に当たる30万円という金額を支払い、また、経費なども掛かったので、その費用として20万円を追加で支払うという形で全ての支払いを終えました。

正直なところ、もう少し弁護士の方に報酬額を支払おうと思っていたんですが、とても誠意のある方で、規定通り1割の報酬で構わないというありがたい言葉を戴けたので、本当にこの点でも安心したほどでした。

本当に返還して貰えるのかという不安は、依頼後には全て霧散しました

弁護士の方に依頼する直前は、よく妻とも「本当に私たちの支払いが、過払い金の請求に該当するのか不安」という話をしていたんです。実際、過払い金請求をされたことのある方なら一度は感じた不安の一つでは無いでしょうか。

自分の支払いがそれに該当するのかどうかという不安もですし、たとえ返還の対象となったとしても、その金額全てがきちんと支払われるのかどうかは、実際にその立場になってみないと分からない結果なんです。

ただ、弁護士の方が優秀だったおかげもあるのかもしれませんが、実際に請求を行った後、全ての交渉が終わって350万円という金額がきちんと提示されたのを見た瞬間、この不安は嬉しいほど一気に霧散してしまいました。

現金なもので、目の前に、自分が支払った自分のお金とはいえ、纏まった現金が存在している姿を見ることで、それまで抱えていた不安が一気に解消したんです。このときばかりは、大声を上げて喜びたかったほど感激した瞬間でした。もちろん、この現金は、少しだけ、頑張ってくれた妻へのご褒美にあて、残りは全て貯金に回しました。

生活は、以前ほど贅沢はしていませんが通常に戻りました

過払い金の請求も無事に終え、全ての借金も返済できた気持ちの変化は、本当に大きなものでした。

結果だけ見れば、最初の段階で全ての財産を放棄したり、或いは債務整理という手段も執れたんですが、やはり、ちゃんと借りた物は返しておきたいという気持ちもあったので、数年ほどかかってしまいましたが、無事に完済できたことについて、そして、過払い金をなんとか返還してもらう事ができたという安心感も含めて、気持ちが一気に楽になりました。

もちろん、物理的な面でも大きな変化があって、生活も、以前ほど贅沢ができているという訳では無いんですが、食事面でもきちんとしたものを3食ありがたく食べる事ができていますし、ストレス発散をかねて飲みに行くこともできるようになりました。それに、妻と2人で旅行に行くこともできるようになったのが、やはり一番大きな生活の変化ですね。

今すぐ無料相談する!

自分の正当なお金を取り戻せて良かったです

父親の死去に伴う突然の借金問題に、当初は我を忘れてしまうほど悩んだ時期もありました。それでも、返済しておきたいという気持ちで何とか妻と一緒に努力しながら返済する事ができ、その上、支払いすぎていた、本当は戻らないはずだったお金もなんとか返還してもらう事ができたという嬉しさは、本当に嬉しい物でした。

それに、過払い金請求まできっちりと行った事で、以前と比べ、お金に対するイメージも大きく変わりました。以前までは、ただ稼いで使うだけの存在というイメージだったんですが、今では本当に大事に使うようになりました。

本当に使うべき時だけ使って、それ以外はできるだけ貯蓄するというスタイルで、今は生活を行っています。今回の請求の顛末で唯一悪かった点と言えば、やはり、時間が取られてしまったという面でしょうか。仕事面でも多少の影響があったので、その点だけが、唯一の悪かったことといえるかもしれません。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報