FX・競馬・スロットで借金450万円!自己破産する事に

FX・競馬・スロットで借金450万円!自己破産する事に

初めて借金をしたのは、数年前、会社の同僚がFXで大儲けしていたのをみて憧れたのが切っ掛けでした。貯金していた50万円をつぎ込みましたが、一時的に80万円になった後、最終的には0になってしまいました。物凄いショックを受けましたが、同時に80万円になった時の興奮が忘れられず、その後も給料を貯めてはFXにつぎ込む日々でした。

借金のきっかけはFX

初めて借金をしたのは、数年前、会社の同僚がFXで大儲けしていたのをみて憧れたのが切っ掛けでした。貯金していた50万円をつぎ込みましたが、一時的に80万円になった後、最終的には0になってしまいました。物凄いショックを受けましたが、同時に80万円になった時の興奮が忘れられず、その後も給料を貯めてはFXにつぎ込む日々でした。

毎月律儀にFXにつぎ込んでいたので完全に退場することはありませんでしたが、どんどんと円高になり、資金をほとんど証拠金にあてる日々でした。

しかし円高の進み具合が加速していくと、もはや給料だけでは足りなくなり、また他の通貨ペアで再起を図りたいという思いと自信から、結婚準備資金に手をつけることにしました。今思えば常軌を逸しているとしか思えませんが、当時はとにかく潤沢な資金さえあれば問題は全部解決できると思っていました。

結婚準備資金の200万を証拠金の補填と新たな売買資金に当て、心機一転を図りましたが、結局円高は止まらず真綿でクビを締められるように資金が減り続けていきました。またこの頃からとにかく一発逆転して、全てをやり直したいという思いが強くなり、競馬やパチスロなど様々なギャンブルに手を出すようになりました。

今すぐ無料相談する!

貯金は完全に底をつき、クレジットカードのキャッシング枠の返済もとうとう給料だけでは賄えなくなり、まさか親にギャンブルで何もかも失ったというわけにはいかず、借金がバれ会社を辞めなきゃいけなくなる前に何とかしたいという思いから、キャッシングカードに手を出すことにしました。

ネット経由でアイフルから100万を借りました。給料明細の提出と会社への在籍確認電話がありましたが、思ったよりもスムーズに大金が手に入ったことに驚きました。

しかもクレジットカードのキャッシングよりも低利率で借りることが出来たので、なんでもっと早く利用しなかったのだろうという後悔の気持ちがとても強かったです。

借りるときは一線を越えてしまったという思いが強かったです。特に消費者金融は人生に行き詰まった人間が行くところだという認識があったので、自分にとっては最終手段でした。ですから借りるときもかなり悩んだすえの選択でした。

しかし余りにも簡単に借りられたので、消費者金融に手を出す苦しみという感覚は二度目以降は消えていきました。

アイフルカードで大金を借りることが出来たのはいいですが、結局のところ焼け石に水でしかありませんでした。普通に生きていたら数百万の貯金を復活させることはもはや不可能なので、一発逆転を狙うしかない状況に追い込まれました。FXや競馬、パチスロはもちろん、情報商材などにも手を出しましたが、どれもうまく行きませんでした。

とにかく大きい山をとらなければ、という強迫観念に駆られ、次々と楽天やアコム、セゾンなどのキャッシングカードを新たに作り、色々なところからつまむクセがついてしまいました。

ここまで来るともはや利息と返済でパンクする状況です。新たにつぎ込む資金がないのでFXもポジションを強制的に解約されました。

この辺りになってくると、FXはまとまった資金がないので、上司に結婚の前準備があるからと嘘をついてまで頼み込んで給料も前借りし、競馬の情報会社の買い目で一発逆転を狙う日々でした。その会社も精神的に追い込まれて欠勤がどんどん増えました。

彼女と会っても金も無くデートも出来ません。

ウェイディングプランを検討しに行こうなどと言われても結婚準備資金が枯渇した上に、借金でクビが回らない状況になっているなど口が避けても言えません。彼女からもお金を借りるクセがつき、さすがに向こうもこちらの精神状況を心配したのか、何度かキツいことを言ってきました。しかし多額の負債を抱えているなどとも言えず、俺の苦しみがお前に分かるものか、ついつい殴ってしまいました。彼女とはそれが切っ掛けで別れる羽目になりました。

家賃や公共料金も滞納するようになり、そのためにまた金策に走る、という悪循環に陥りました。

彼女と別れた上に元金が全く減らなくなった

結婚を考えていた彼女とも別れ、元本が減らないどころか増えてしまう借金状況下で、もはやこのままではどうしようもないと思った時に、ふと自己破産して綺麗になったほうがいいのではという思いが浮かびました。

このままでは会社をクビになるぞと匂わされたのも切っ掛けです。

ネットで調べると、ギャンブルは自己破産が難しいが状況次第では可能だということが書いてあり、ここまで堕ちぶれてしまったのだから、もう前に進むしかしかないと思いました。

ネットでリサーチした上でNPO法人に電話

電車広告にある債務処理や過払い請求はギャンブルには当てはまらないのかなと思い、とりあえずネットで「FX ギャンブル 自己破産」で検索しました。するとグーグル広告で該当する事務所がたくさん出てきたので、これらの事務所を中心にリサーチすることにしました。幾つかネットでレビューを比較した上で、なりふり構わず片っ端から連絡しました。

そういう案件を専門的に手がけているNPO法人にも電話しました。

また、同じようにギャンブルが原因で自己破産した先行事例もネットで調べました。今思えば先行事例をたくさん調べることで安心を感じようとしていたのだと思います。とにかく悪質なケースでなければ自己破産出来ると知れただけでも成果でした。

債務整理や過払い請求は、もともと電車の広告やCMで芸能人などが宣伝していたのでよく知っていました。しかし自分には縁のない話だと思っていましたし、なによりどうやったらこんな状況に陥るんだという侮蔑感を持っていました。

しかも自己破産にいたっては、単純に自己責任の回避でしかなく卑怯とすら思っていました。しかし実際にお世話になる段階になると、逆にこれらの宣伝が本当に役に立ちました。普段から身近な存在としてそこら中で宣伝してくださっていたことで、いざという段階には債務整理の四文字が真っ先に頭に思い浮かんだからです。

すでに何もかも自分の限界を超えていた

自分の力で借金を返すことはもう不可能だと思ったからです。親も貯蓄がある方ではないのでもちろん頼れません。自己破産するのであれば専門家にお願いして裁判所と交渉し、手っ取り早く解決してもらうのが一番だからです。

しかし、会社や親族にバレるのではないか、自己破産したら一生マトモな生活は送れないのではないか、依頼するとボッタクリに合うのではないか、など様々な不安が依頼するまでにはありました。

言い方は悪いですがネットで調べると、借金でどうしようもなくなった債務者の弱みに付け込んで更に毟り取るような悪質な事務所もあるというレビューもあったからです。

電話で話したNPO法人の方から薦められた事務所がここでした。ネットでも悪評は書いてありませんでしたし、見積もりの価格も一番納得のいくものでした。最初の面談に行った際は専門家の人柄も優しそうでしたし、なによりまだ事務所を立ち上げたばかりらしく、これなら顧客を大事にしてやっていってくれるかなと思ったからです。

何より、なぜもっと早く連絡してくれれなかったのか、というこちらの立場を心配してくれるようなお叱りを頂いたことも決め手でした。

親身になってくれる若手の専門家

行く前は新興事務所ということでやはり不安もありましたし、若い専門家だったので役に立つのかなとは思いました。

しかし、いざ行ってみると一部の大手が如何に機械的に業務を処理しているかなどの問題点も教えてくれましたし、既に同様の案件を何度も解決しているようで安心しました。

しかも、やり直しが聞くからと何度も励ましてくれる優しい方でした。

専門的なことは全く分からなかったのですが、ギャンブルに使ってはいたものの生活費の占める要素が一定以上あるということ、ギャンブルの悪循環に陥った理由が情状酌量の余地があるということ、1回目かつ短期であること、そしてFXや競馬などがメインだったので、何をどれだけ使ったかの証明記録が比較的出しやすいことなどから、確実ではないがなんとか少額管材という形で自己破産出来るだろうというお話でした。

精神的に落ち込んでいる私を心からいたわってくれましたし、精神科の受診もアドバイスしていただきました。流れに関しては細かくは覚えていませんが、必要書類のまとめなどは全部一任していました。何回か専門家の方と実際に会って打ち合わせし、裁判所ではどういうことを注意すればいいかなどを聞かされ、審問の練習もして臨みました。数日後に無事手続きが開始されたよ、という連絡を受け、財産の処分に入りました。

債権者の方とは顔を合わせること無く、全部専門家の方が一括して対応してくれたようです。電話から約4ヶ月経った頃に、免責許可の決定が下ったとの連絡を無事いただきました。

自己破産にかかった費用は総額23万円

過払い金の返還などは自己破産という形の債務処理でしたので出来ませんでした。ですが借金は今回の一件でかかった費用を除けば、完全に0になりました。あれだけあった借金が一気に0になったことで精神的にとても落ち着きました。何より生活を一からやり直していこうという強い決意に駆られました。専門家に依頼した費用は諸経費併せて約23万円だったと思います。

450万円の借金で利子の返済に追われて苦しんでいたことを考えれば、23万円の返済で済むことは感謝してもしきれません。あの地獄の日々は一体何だったのかという思いです。

専門家の方にはかかった経費に関しては毎月少しずつでも継続的に返済していく姿勢が大切だと言われ、過去の自分と決別する手切れ金のようなものだと考えてくれればいいと言われました。

もう債務処理という形では二度とお世話になりたくはありませんし、なる気もありませんが、この先生にはもっと別の形でお会いしたかったと思いました。

会社にバレてクビになることが不安だった

何よりも家族や会社にバレてしまうことが最大の不安でした。家族にバレるだけならまだいいですが、会社にバレれば確実にクビになってしまうからです。専門家の方からは、債権者が直接会社に電話を掛けるようなことをしない限りは、会社にバレることはないと言われ安堵しました。

そして仮に債権者が申請後に会社に電話を掛けてくるのであれば脅迫であるから逆に訴えてもいいとすら言ってくださいました。自己破産出来るかどうかも不安でしたが、反省の色が大きいことと、一回目であること、明細がしっかりしているから大丈夫だろうと言われ、安心しました。

自己破産することで信用情報が完全に黒になりクレジットカードが今後一生作れないだろうということは覚悟していたのでそれほど不安ではありませんでした。

クレジットカードが無いとたしかに不便ですが、今の時代はおサイフケータイやデビッドカードなど信用力が要らない決済方法が沢山あります。それにクレジットカードとは距離を起きたいので自分にはちょうど良かったです。

ようやく安眠できた

とにかく胸のつかえが一気にとれました。

債務整理前は、不眠や無断欠勤、早退などは当たり前、債権者からの電話が一日に何度もかかってくる状態で誰からの電話も怖くてとれないという状況でしたが、債務整理することで全てにケリをつけてようやく安心して眠ることが出来るようになりました。

実家に戻り費用を返す日々がしばらく続きましたが、23万の費用の返済に苦労している自分を見つめてみて、450万という額が自分のような普通の人間にとって、如何に身に余る莫大なものだったかが痛いほどに分かりました。

ギャンブルにハマりこんで借金を繰り返していた時期は1日に数十万単位で損益が上下したので完全に金銭感覚が麻痺していたのです。二度とギャンブルには近づかないと費用を完済して数年経った今でも固く決意する毎日です。

今すぐ無料相談する!

ほんとうの意味でゼロからのスタート

債務整理をして良かったことは借金がゼロになったこと以上にあり得ません。あれほど自分を追い詰めていた借金が自己破産という形で精算できたのは奇跡だと思います。自分が欲に負けた性で、彼女を最悪な形で裏切り、周囲にも迷惑をかけ、うつ病になりかけていた中で、専門家の方がダメな自分に対してこれほど親身になってくれるとは思いませんでした。

人生のどん底で人間の優しさにも触れることが出来たのは本当に収穫でした。一方で、悪かったことはクレジットカードが使えなくなったこと、あらゆる審査に通らなくなったので今後しばらく一人暮らしもロクに出来ないということです。しかし借金にクビが回らなかったことを思い出せば本当に些細なことだと思います。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報