FX失敗!結婚後の新居費用を借金し、債務整理で不安解消

FX失敗!結婚後の新居費用を借金し、債務整理で不安解消

私は元々結婚後、新しく賃貸で揃える初期費用を50万円分クレジットカードキャッシングのリボ払いで借りたのが全ての切っ掛けでした。
リボ払いの恐怖は知っていましたが、こんな簡単に振り込まれるのだという安堵感のほうが強かったことを覚えています。

結婚後の新しい賃貸契約料が用意できなかった

私は元々結婚後、新しく賃貸で揃える初期費用を50万円分クレジットカードキャッシングのリボ払いで借りたのが全ての切っ掛けでした。
リボ払いの恐怖は知っていましたが、こんな簡単に振り込まれるのだという安堵感のほうが強かったことを覚えています。

ほとんど限度額まで借りたので、アイフルやアコムなどのキャッシングカードも作るようになりました。こちらは利率も低く、何よりポイント還元システムなどが充実しており、お得に感じたからです。

クレジットカードにはもう頼れませんが、給料も微々たるもので生活費がカツカツ、家賃もそこそこの賃貸でしたので、お金を回すのに精一杯でした。とりあえずアイフルやアコムのキャッシュカードでちょっとずつ補填しながら、クレジットカードの支払いに当てる…という生活が当面続きました。

その過程でも、家具を揃えたり、友人の結婚式に行ったり、妻への親族の出費など様々な予定外の経費が重なり、また既に借りるという行為自体に慣れてしまっていたので、このまま自転車操業してもなんとかなるのかな、くらいにしか感じていませんでした。

しかし元金が全然減らないのをみて、このままではヤバイ、なんとかしようと思い、目に飛び込んできたのがFXでした。FXは知り合いが政府の介入で200万稼いだとか、1日に10万稼いだなど、景気のいい話ばかりが飛び込んできており、リスクが有るのも分かっていましたがせめて数万稼げるのなら…という思いで、やってみました。しかし結果は惨敗。初期投資の20万までパーになってしまいました。

最初はセゾン系のクレジットカードで限度額ギリギリの50万でした。リボ払いもヤバいのは分かっていましたが生活費が給料アップなどで好転すればなんとかなるだろうと思っていたのが事実です。

しかしその後も家具を揃えたりと色々カツカツになってしまい、仕方なくアイフルカード、アコムカードを作り、そこからチョクチョク摘まんでいくことにしました。やはり罪悪感はありましたが、低利率などで生き延びられるという思いの方が強かったです。

借金は誰しも何らかの形で背負うものなので仕方がないという感覚はありましたが、リボ払いになることには物凄いためらいを感じていました。ハマってしまったら元本が減らないまま金利地獄です。ですから相当ためらいが有り、親に借りようとしましたが申し訳なくて出来ませんました。しかし何よりも生き延びられたという安堵感のほうが強かったです。

今すぐ無料相談する!

何もかも切り詰め人生が暗転していきました

とにかく当面は毎月の支払と生活費を確保することが先決だったので、得た収入のほとんどを返済と家賃に回し、残りのお金で生活費を捻出するという毎日でした。しかし生活には色々な例外的出費が付き物ですから、洗濯機が壊れたり、掃除機が壊れたりすると、また余分な出品がかさみます。

そこで、枠のかなりあるアイフルカードやアコムカード、楽天カードからバランスよく詰まむというクセが完全についてしまいました。

日常的なデート交際費、飲み会代、そういうものまでキャッシングカードで支払うようになりました。つまり完全に自身の生活にレバレッジをあけてしまった結果、キャッシュサイクルが崩壊してしまったというわけです。

また年齢の加減もあり、結婚式ラッシュというのもキツかったです。まさかお金が足りないなど親にも相談することが出来ず、後輩からもつまみ、完全に金策で日常がおかされていきました。もちろん副業ができたらよかったのですが、私の会社では認められていませんでした。

食事は明らかに粗末になりました。会社の昼ごはんも同僚と行けず、一人で昼ごはん抜きのままブラブラ街を散歩する。交友関係も金がないので、断り続けて疎遠になるなどの悪循環に陥ってしまいました。

しかし今思えば本当に後悔しているのですが、不思議と買い物は変わらなかったです。食費や交友関係をこれだけストイックに切り詰めているのだから許されるだろ…という思いの方が上回っていたのです。全体像を把握出来ていれば本当に良かったです。

妻から届いた離縁状がきっかけ

やはり長年仲良く結婚していた妻が出て行って自分郵送で離縁状をたたきつけられた時、全てが終わってしまったという実感からでした。今もう失うものは何もなく、どん底まで落ちてしまったのだな、という実感がフツフツと湧いてきました。

ああ自分はなりふりかまってる場合じゃないんだな、今動かなければ更にどん底まで落ちてしまうんだなということを心から悟りました。

子どもはいませんでしたが、今までの過去を些細な借金によって全部メチャクチャにしてしまったという悔悟の念でいっぱいでした。しかしここでめげてても何も始まらない、という思いが湧き上がり、早速電車にのってつり革で一番最初に見掛けた弁護士事務所に相談に行きました。

電車に貼ってある広告に電話

電車の広告で過払い請求以外にも債務整理も担当しているという文面を見つけ、これしかないと思い、わらにもすがる思いで弁護士事務所さんのところに行きました。

もちろん他の手段もネットで調べてみましたが、やはり大手にやってもらわないと大きく減らすことが出来るかどうか不安だから、と思ったので、広告を出している事務所さんなら資金的余裕やバックボーンもあり安心だと感じたからです。

本当に一刻を争う事態だったので、当日に電話をかけ、2日後にアポイントメントを取り付けて、見積もり相談に行きました。
過払い請求のことについては考えていませんでした。

もともとはCMや電車の広告などでどちらも文句もよく見かけていました。でもそういう人に自分は絶対なるはずがないという強い自信がありましたし、何よりこれだけ宣伝しているということは余程金になるんだろうな、という胡散臭い目でみていたのも事実です。借金らしい借金もありませんでしたから。

しかしいざ自分がその立場にたってみると、もうこれしかないと事務所に駆け込む人のことがよくわかりますし、事務所が無かったら本当にどうしたらいいのかわからなかったと思います。そういう意味では、借金前と借金後でイメージは180度変わりました。

自分では何も出来ず藁にもすがる思いで

債務整理をしようと思ったのは離婚とつり革広告でみた事務所の名前がきっかけですが、依頼を躊躇した点はやはりどれだけぼったくられるのかというおそれでした。彼等ももちろんビジネスでやっているのですから貧困ビジネスの一種であることには変わりがないと思います。俺はここにいってもむしり取られてしまうのかもしれない、と怯えていました。

更に債務整理をする過程で、ただえさえ悪いクレヒスにとんでもない傷がついて、俺は一生ローンも組めないのかと思ってしました。しかしいざやってみると、躊躇する必要は全くなかったです。もともと自分一人では絶対に出来ないことだったんですから。

代々的に地下鉄の広告を掲載していましたし、CMでも芸能人を起用するなどしていました。何より自分が唯一知っている専門家だったかもしれません。電話してみてもすごく愛想のよい感触を受け、これだけ企業イメージに気を使っているならば、とりあえず大手で安心だろうと思い、藁にもすがる思いで依頼を決断することにしました。

すごく親身に接してくれた

当初は絶対ぼったくってくる、冷たく突き放される、などのネガティブイメージばかりがついてまわっていたので、壁を感じてしまっていました。しかし実際の専門家はとても物腰が柔らかく、こちらのことを真剣に救ってくれようと考えてくださっている気持ちが良くわかりました。まず「安心してください」と言われ心のつかえがとれた気分になりました。

まず書類が揃っているから大丈夫、何かあったらいつでも連絡してください、と優しい言葉をひたすら掛けてくださいました。そして私がどうしてドツボにはまりこんだのか、ココをこうしたら良かった、などの反省点も色々と指摘されました。

面談は週に1度、その後は2度が数回ありました。進捗連絡はこまめにしてして頂けていたので本当に良かったです。具体的な対応としては、自分にはよくわかりませんでしたが、必要書類をこちらが何枚か書いた上で、債権者達に電話と郵送で色々やりとりをしているみたいでした。

その後弁護士さんから再び呼び出され、まとめた結果こういう金額になりそうだけど、どうします?ということを言われました。とりあえずもう一刻もはやく開放されたい気分でいっぱいだったので、はい、全面的に弁護士さんにお任せします、と答えるのがやっとでした。

大体1ヶ月半くらいたって、正式な書類が出来たので、一度宜しければご確認も兼ねていらっしゃってくださいと言われ、事務所に伺ってサインをしました。決意してから債務整理が解決するまでだいたい2ヶ月半くらいです。

20万円の費用、減額できたもしくは過払い返還は合計1万5千円くらい

250万円に対して15万から20万弱の費用がとられました。減額できた借金額は金利面でみればありますが実質的な借金額は代わっていません。FXが原因であることはかなりマイナスだったようです。

本当なら債務もある程度減額できるかも知れない、とまで言われていただけにショックでした。しかし毎月の支払いが金利だけで元本が全く減っていない今までの状況を考えれば、利率が一定期間0で抑えられたのは本当にありがたいです。

親とも話をつけていただき、100万円の無担保肩代わりし、150万円以下に返済額を抑えることで、月4万くらいの無理ない返済でおよそ2年で全てが完済出来ると言われたときは安堵感でいっぱいでした。このまま続けていては金利が雪だるま式に増えていきパンクしてしまうことは明白だったんですから。

ですから費用は正直な話、もっとボッタクられるかと思っていたのですが、いざ体験してみると全然そんなことは無かったです。むしろ金利のことを考えれば、20万は破格の値段だとすら思いました。半年あれば20万だって十分返せますもんね。何も悩む必要はありませんでした。

周囲にどんどんバレてしまうこと

周囲に不用意な形でバレることは一番恐れていたことでした。特に同僚などにバレたら会社を最悪辞めなければならず、そうすると返済も不能になってしまうからです。

しかし在籍確認などはうまい形でやってくれましたし、事務所やローン会社の手紙が不用意に会社に向けて送りつけられることもありませんでした。もちろん親と妻、妻の実家には完全にバレてしまいましたが、ココらへんはもうどうしようもないことだと思っています。また何度も言っていますが投げやりな対応をされることや、更にぼったくられてしまう恐怖が一番の不安でした。

しかし想像以上に我々弱者に対して親切であったし、救ってあげたいという相手の強い気持ちが伝わってきました。ぼったくられる件についても何の心配もありませんでした。ネットで相談したところ、あなたの規模であれば相場程度か相場以下という返答をいただいて安心しました。とにかく弁護士さんへの信頼感の増幅が一番の不安の解消でした。

身の丈にあった生活が出来るようになった

まずクレジットカードは使えませんが、クレジットカードを複数持って使いまわすような方策は金輪際一切やめようと思いました。基本は現金に立ち返ろうと思います。それに50万円の初期費用を払うことが出来ないのなら、もともと身の丈にあってない家だったということです。なんでそんなことに気付かなかったのかと公開することしきりでした。

とにかく債務整理後は、身の丈にあった生活を現金で営むことを心がけています。リボ払いには絶対手を出しません。

家庭や家族関係はぎくしゃくしたままかもしれませんが、残りの人生まだまだ長いです。ゼロになればこれから新しい出会いでまたやりなおすことが出来るんじゃないかと前向きな気持になれました。

今すぐ無料相談する!

肩の荷が下りました

肩の荷が下りたこと、それが一番良かったことです。本当に今まで朝起きるのが辛いようなうつ病にかかっていたのは何だったんだという思いです。

もっとはやく専門家に訪ねていれば…という忸怩たる思いは消えませんが、それでも自分なりのペースで毎日を堅実に生きています。会社もクビにならず一刻も早く残った借金を返そうという気概に満ちあふれて仕事をバリバリしています(笑)。

悪かったなと思うことは、クレジットカードが使えず、振込手数料や代引料を細かく取られてしまうことです。面倒くさいといえば面倒くさいですが、これも自分の支払うべきツケなんですから仕方はありませんね。

あとは親と微妙な関係になってしまったことです。これも自己責任ですが、円満な形で自分だけで押さえ込めたら…という気持ちがまだ残っています。

カードが使えなくなることも不安でしたが、今の世の中ほとんど現金決済できますよ。しかもクレジットカードは3年以上なにもしなければクレヒスは消えます。3年間後はちょうど借金も完全返済し、新たな人生を歩んでいる頃だと思います。前向きに考えることにしました。

専門家から無知につけこんでボったくってくるんじゃないかというのをとにかく一番心配していました。しかしよくよく考えれば多重債務者から絞り上げても全く得にはならないんですよね。予想より大幅に安い報酬で本当に安心しました。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報