中野殖産の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

中野殖産の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

中野殖産の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

中野殖産の借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

中野殖産の過払い金請求をする方が依頼すべき事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所は月3000件以上、過払い金返還月5億円の実績がある司法書士事務所!

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり、無料相談・着手金無料の初期費用がかからず、費用が気になる方にも柔軟に対応してくれる事務所です。
また、「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれており、数多くの過払い金請求の相談者に満足する結果を提供しています。

【過払い金請求費用】
着手金 無料
払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の20%~(税抜)

アヴァンス法務事務所

女性が安心して依頼できる司法書士事務所!

アヴァンス法務事務所には女性専用窓口があり、借金で悩んでいる女性が相談しやすい環境が作られており、初期対応をしてくれるかたも女性、司法書士の先生も女性となっています。女性の相談者からだけでなく、費用が安いため費用を安くあげたい男性からの相談もかなり多いです。

【過払い金請求費用】
着手金 無料
成功報酬16%~
完済口座事務手数料 30,000円(1債権者につき)

弁護士法人イストワール法律事務所

弁護士事務所なのに費用が格安な法律事務所!

弁護士事務所は着手金をとるところが多い中、この弁護士法人イストワール法律事務所では着手金をとりません。債務者に寄り添った対応を考えており、相談は何度でも無料で受けてもらえてあなたにあった解決方法がみつかるまで責任をもって対応してくれます。
日本全国の過払い金請求に対応しており

債務整理のことなら弁護士法人イストワール法律事務所

【過払い金請求費用】
相談 無料

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

おすすめ事務所以外で中野殖産の過払い金請求をしたい方へ

過払い金請求はしたいけどおすすめ以外の事務所を探したいそんな方はあなたの過払い金がスグ分かる!を利用してください。
街角相談所-法律-は特定の事務所ではなく、必要な情報を任意で入力し自分にあった司法書士や弁護士事務所を探す利用無料のシュミレーターです。
全国にある事務所を紹介してくれるので、あなたの状況にあった事務所を探せるはずです。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

中野殖産について

商号 中野殖産株式会社
URL http://nsc2051.jp/
本社所在地 兵庫県尼崎市昭和通一丁目4番1号
資本金 80,000,000円
本社所在地 登録番号 近畿(個)第8号-1

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

中野殖産での過払い金請求について

「収入が減って借金の返済が苦しい」「多く返済しているような気がするけど」、そのような悩みを抱えているのならば、過払い金が発生している可能性があります。
過払い金の請求は個人で行うこともできますが、手間をかけずに確実に取り戻すためには、司法書士や弁護士などの専門家にお願いするのが効果的です。
しかし、過払い金請求はおろか司法書士や弁護士などの専門家に相談すらしたことのない人がほとんどでしょう。
そこでここでは、過払い金請求の流れについて簡単に紹介していきます。

心の中で悩んでいても何の解決にもなりませんので、まずは司法書士や弁護士などの専門家に相談をしてみましょう。
大手司法書士や弁護士などの専門家事務所ではフリーダイヤルを開設しており、通話料無料で相談することができます。
朝7時~夜0時まで、土日祝日も電話相談を承っている司法書士や弁護士などの専門家事務所もありますので、平日昼間は仕事で忙しい人も、これなら相談できますね。
「電話で話をすると緊張しちゃって、聞きたいことが相談できない」なんて人もいるでしょう。
そんな方にはメールをおススメします。
メールでしたら24時間365日送信できますし、何よりも心を落ち着かせて入力することができますので、聞きたいことを余すところなく相談できます。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼をする際には、最低1回は事務所に訪れて直接お話をしなければなりません。
他に相談に来ている人がいると、その人に会話が筒抜けになるのではと心配になりますが、多くの司法書士や弁護士などの専門家事務所では相談ブースは仕切りが設けられていますので、気兼ねなく相談してください。
できればその際に、ローンカードや利用明細、契約書があればスムーズですが、なくても大丈夫ですので心配はいりません。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼することを決めたら、さっそく司法書士や弁護士などの専門家が「受任通知」を貸金業者に対して送付します。
受任通知には、過払い金返還請求手続きを司法書士や弁護士などの専門家が引き受けた旨が記載されています。
該当する貸金業者に対して借金が残っている場合には、この時点で取り立てや返済がストップします。
ちなみに、自分で受任通知を送ったとしても、取り立てや返済を法的に止めることはできません。
あくまでも司法書士や弁護士などの専門家や司法書士に依頼した場合のみのメリットですので、ぜひ活用しましょう。

過払い金請求を行なうためには、本当に過払い金が発生しているかどうかを確認しなければなりません。
その際に必要となるのが利用者の利用履歴ですが、利用者の手元にそれがない場合には、司法書士や弁護士などの専門家が貸金業者やカード会社から履歴を取り寄せます。
一般的な目安として、受任してから取引履歴の開示がなされるまで、1~3か月程度は見ておいた方がいいでしょう。
ちなみに、個人で過払い金請求を行なうと業者はなかなか利用履歴を出してくれませんので、これも司法書士や弁護士などの専門家に依頼するメリットですね。
業者から利用履歴を取り寄せたら、法定金利で計算をし直す「引き直し計算」を行ないます。
これによって、いくら過払い金が発生しているかを確認するのです。

過払い金の発生が確定したら、いよいよ業者との返還交渉が始まります。
司法書士や弁護士などの専門家から「過払い金返還請求書」を業者に発送して、返金金額や返金する日取りについて交渉をしていきます。
これで交渉がまとまればいいのですが、相手が返還に応じないようであれば裁判で決着をつけるしかありません。

司法書士や弁護士などの専門家が訴状や証拠などを作成して、これらを裁判所へ提出します。

訴状を受け取った裁判所は、貸金業者に訴状を郵送して、第1回口頭弁論の日時が決まります。
その前に、業者の首長や反論が記載された「答弁書」が届きます。
第1回の口頭弁論は、訴状を提出してから1か月後をめどに行われます。
司法書士や弁護士などの専門家と業者が、裁判所で首長や反論を繰り返していきますが、そこに利用者が立ち会う必要はありません。
これも司法書士や弁護士などの専門家に依頼するメリットですね。

ある程度議論が尽くされると、裁判所が和解を提案してきて、司法書士や弁護士などの専門家や貸金業者から和解案が提示されます。
それに基づき交渉が始まり、うまいことまとまれば訴訟内や訴訟外で和解が決まりますが、まとまらなかった場合は裁判所が判決を言い渡します。

和解で過払い金返還が決まった場合には、和解で決められた日までにきちんと過払い金が返還されるか、司法書士や弁護士などの専門家が監視を行なってくれます。
裁判所の判決が言い渡された場合には、司法書士や弁護士などの専門家が貸金業者に対して判決に基づいた金額を入金するように催促してくれます。
それでも貸金業者が過払い金返還に応じない場合には、強制執行の手続きをとることもあります。
これらの手続きを経て、司法書士や弁護士などの専門家事務所から利用者の指定口座に過払い金が返金されますので、そこから司法書士や弁護士などの専門家に報酬を支払ってください。

過払い金請求は、司法書士や弁護士などの専門家に行うと面倒な手続きをすべて行ってくれます。
悩んでいても解決にはなりませんので、相談だけでも早めに司法書士や弁護士などの専門家にするといいでしょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報