【自分で?法律家に?】過払い金請求にかかる費用とは?

【自分で?法律家に?】過払い金請求にかかる費用とは?

【自分で?法律家に?】過払い金請求にかかる費用とは?は

過払い金とは借金をした際に払い過ぎた利息のことです。過払い金請求をする際にどれくらい費用がかかるか気になりますよね。ここでは実際に過払い金請求をする場合にかかる費用について説明していきます。

弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求を依頼する場合

過払い金請求は弁護士事務所へ司法書士事務所に依頼するという方は多いと思いますが、弁護士などのプロに過払い金請求を依頼すると、高額な費用がかかるのではないかと心配な方もいらっしゃるでしょう。実際、弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求を依頼した場合は、相談をした時、依頼をした時、過払い金を取り戻せた時にそれぞれ費用が必要になります。具体的にどのような費用がかかるのかを見ていきましょう。

まず、一番はじめにかかる費用が相談料です。この相談料はその名のとおり、弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求について相談した際にかかる費用です。ただ、この相談料については無料となっている事務所が多いです。

次に実際に依頼することになった場合にかかる費用として、着手金があります。
この着手金は弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求を依頼した場合、過払い金が実際に返還されるかどうかは関係なく必要な費用になります。この着手金は貸金業者1社ごとに費用がかかる場合がほとんどです。この着手金も弁護士事務所や司法書士事務所によってはかからないこともあります。

さらに、過払い金を実際に回収できた場合には成功報酬が必要になります。この成功報酬はさらに、基本報酬や過払い報酬、減額報酬に分けられます。まず基本報酬は、過払い金を回収することに成功した場合に一律で発生する費用です。また、過払い報酬は過払い金を取り戻すことができた場合、回収した金額に応じてかかる費用になります。この過払い報酬は高額な過払い金を返還してもらえるほど成功報酬は高額になります。裁判をせずに過払い金を回収した場合、回収できた金額の2割程度の場合が多く、裁判で回収した場合にはもう少し割合が多くなることがあります。減額報酬は借金の返済が終わっていない状態で過払い金請求をした場合にかかる必要で、現在支払いが残っている債務(借金)を減額した場合にかかる費用です。この減額報酬も減額した債務の1割以下となります。

このほかにも過払い金請求のために貸金業者と裁判で争うことになった場合、裁判にかかる費用が実費として請求されることがあります。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求の裁判を提訴する際の費用

では、過払い金請求の裁判をする際にかかる費用にはどのようなものがあるのかも見ておきましょう。裁判を提訴する際にかかる費用は主に3つになります。
まず、印紙代です。裁判をする際には、印紙というものが必要です。
印紙は訴状に貼り付けることになりますが、印紙代は請求額が多いほど高額になります。
一部例をあげると、50万円の過払い金を請求する場合、印紙代は5000円、200万円の過払い金請求をする場合の印紙代は15000円となっています。裁判所のHPで確認できますので一度見てみるといいでしょう。

次に、郵便切手代です。裁判所から貸金業者に訴状等を郵送するためには郵便切手が必要になってきます。この郵便切手は普通に手紙を送る場合の代金とは違うので注意が必要です。6000円程度と考えていれば問題ありませんが、金額は裁判所によって異なりますので裁判所に確認が必要です。
最後に、登記簿謄本取得費用です。過払い金返還請求の裁判をする際の必要書類のひとつに貸金業者の登記簿謄本があります。この登記謄本は法務局で取得することができます。登記簿謄本の申請には600円分の印紙代が必要となります。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

自分でする場合の費用

まず、過払い金請求書を送る際に内容証明郵便を利用することが一般的ですので切手代が数千円かかります。取引履歴開示を請求する書類を内容証明郵便で送付した場合も切手代がかかります。他に、和解交渉の際には電話や手紙でやりとりすることになりますので通信費がかかります。裁判になった場合は先ほど説明した過払い金請求の裁判を提訴する際の費用が追加で必要となってきます。ほとんどの場合が数万円以内で収まります。
ただ、自分で過払い金請求をした場合は手続きが難しいことや、過払い金請求されることに慣れている貸金業者相手との交渉のため、プロに交渉してもらうより回収できる金額が少なくなってしまう可能性があります。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求をするには一度法律事務所に相談

このように、過払い金請求をする場合には必ず費用がかかります。
弁護士事務所や司法書士事務所に依頼すると別途費用がかかりますが、その費用は実際に回収できた過払い金や減額できた借金の一部などがほとんどのため、過払い金から支払いが可能なことがほとんどです。取り戻せた過払い金より高い金額はいただきませんとはっきり書いてある弁護士事務所もありますので、実際に返ってきた過払い金より弁護士費用の方が高かったという事例は少ないと考えて問題ありません。相談料もかからない事務所は多いので、プロに相談して、過払い金が返ってくる見込みがあるのか、返ってくるとしたらいくら返ってくるのかについて、一度相談することをおすすめします。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報