過払い金請求は自分でやるか弁護士、司法書士に依頼するべきか

過払い金請求は自分でやるか弁護士、司法書士に依頼するべきか

最近CMで話題の過払い金請求。過去に貸金業者や信販会社(クレジットカード会社)から借り入れをしていた人は過払い金が発生している可能性があり、払い過ぎた利息が返還されるかもしれません。
さて、その過払い金請求手続きですが【自分でやるか】【司法書士に依頼するか】【弁護士に依頼するか】で内容が変わってきます。
果たしてどれをおこなうのが一番いいのでしょうか。

自分でやる過払い金請求

まず過払い金請求を自分でやる場合です。最大のメリットは費用がかからないことでしょう。専門家に依頼し過払い金請求をすると必ず費用が発生します。それを押させることができる、もし仮に裁判になった際も最低費用で手続きができるといったところが大きいですね。折角返還される過払い金を少しでも多く手元に残したいかた、使い方にはおすすめです。
しかし、デメリットもあります。専門的な知識が必要になってくるのである程度自分で調べて対応しないといけなくなります。なお、今ではネット上で自分でやる方法を公開してくれているものもありますので、そういうものを参考すると良いでしょう。
注意点としては、時間が専門家に依頼した場合よりかかる、自分の時間をさくことがあるのと返還金額を交渉する時にいくらまでとれるのかわからない、または少ない金額で話を持ちかけられたりするので、どうしても満額・最大金額で回収したい場合は専門家に依頼した場合のほうが結果的に手元に残る金額が多いことがあります。

今すぐ無料相談する!

>

司法書士に依頼する過払い金請求

次に司法書士に依頼した過払い金請求の場合です。
まず、依頼した段階で依頼者が何か手続きをすることがなくなります。自分でやる場合、取引履歴を取り寄せたり
ですので、途中経過等の連絡をたまに受ける程度で、過払い金が返還されます。また、交渉の際、業者の対応が自分でやる場合と違うことがあります。取引履歴を送付してくる速さや、過払い金の返還金額を決定する際の交渉も金額が高くなる。(厳密には自分でやる場合は満額回収までいきつかないことが多いので金額が低い)
これらのメリットはありますが、やはり費用はかかります。相談料・着手金をうたっている事務所が多いので、自分でやるか悩んでる方は相談だけでもしてみるのもいいでしょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

弁護士に依頼する過払い金請求

最後に弁護士に過払い金請求を依頼した場合ですが、基本的なメリットは司法書士と変わりませんが、過払い金が高額になった場合(140万以上)は弁護士しか対応ができません。過去の借り入れ額が多かったり、返済期間が長かった方は結果的に弁護士に依頼することになるでしょう。
費用に関しては司法書士に依頼するより高くなっていることが多いです。回収できる金額が多いため費用もその分たかく設定されているのでしょう。
最近、一部の事務所で過払い金請求手続きで不祥事がありました。大手事務所なだけに不信感をもっている相談所も少なくないようです。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

結論、過払い金請求を自分でやるのか、専門家に依頼するのか

ここまで過払い金請求を自分でやる場合と、司法書士・弁護士に依頼する場合の違いを説明しました。それぞれの場合でメリット・デメリットがあるので、費用をあまり払いたくない、時間がかかっていいというかたは自分でやる。自分でやるのは面倒、でも過払い金の金額少なさそう…という方は司法書士へ相談。借り入れ金額が多かったり、返済期間がながかったりした人は弁護士に依頼するのがよいでしょう。
自分の状況と合わせて選ぶことをお勧めします。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報