【徹底比較】神奈川で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

【徹底比較】神奈川で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

神奈川県で時効期限が迫っている人におすすめ司法書士・弁護士

神奈川県で過払い金の請求を考えているけれど、実際どこに相談してよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。ここでは、神奈川県で過払い金請求に実績のあるおすすめの事務所をご紹介します。

今すぐ無料相談する!

神奈川で過払い金請求を依頼すべき司法書士・弁護士事務所

泉総合法律事務所

事務所詳細
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-20-2 共栄ビル6階
電話 045-312-1488
営業時間 平日10:00~21:00/土日祝10:00~18:00
HP http://www.springs-law-yokohama.com/

債務整理料金
任意整理 30,000円/1社 ※減額報酬0円
過払い金請求 過払成功報酬の20% ※減額成功報酬0円
自己破産 同時廃止200,000万円 少額管財280,000万円 実費一律25,000円
個人再生 280,000円

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2 共栄ビル6階にある弁護士事務所です。営業時間は、平日が10:00~21:00・土日祝が10:00~18:00になっており、仕事をしていても利用しやすいです。泉総合法律事務所は、首都圏に24の拠点を持つ地元密着型の事務所で、トップレベルの私選弁護をより身近なものにするために、安心で明瞭な費用設定がされています。さらに、相談は何度でも無料で、夜間や土日も秘密厳守で実践中です。過払い金請求の費用の目安は、成功報酬の20%です。債務整理は10年以上の実績があり、弁護士だけでなくスタッフ一同借金問題に関する知識を持っているので、安心して任せることができます。どうしても費用の支払いが難しい場合は、分割払いも行われているので、比較的利用しやすい事務所と言えるでしょう。2014年時点での相談件数は9,300件を超えており、経験豊富な弁護士たちが親身になって解決の方法を提案してくれます。

川崎シティ法律事務所

事務所詳細
住所 川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル11階
電話 044-233-0885
営業時間 平日10:00~17:00
HP http://www.kawasaki-city.jp/

債務整理料金
自己破産 210,000円~
個人再生 300,000円~

神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル11階にある弁護士事務所です。営業時間は平日の10:00~17:00で、駅から徒歩1分の至近距離にありとても利用しやすい立地です。横浜家庭裁判所家事調停委員や横浜弁護士会川崎支部幹事を経験した精悦弁護士が揃っているのが特徴で、たくさんの経験からそれぞれの借金問題にベストな解決方法を提案してくれます。法律相談は45分まで5,000円で、時間も比較的長く設けてあります。メールでの相談にも対応しているので弁護士事務所は行きにくいという方も利用しやすくなっています。過払金請求の費用は、事務所へお問い合わせになっています。

藤沢総合法律事務所

神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル7Fにある弁護士事務所です。営業時間は平日10:00~18:00で、予約をしていれば一番遅くで22:00からの相談も可能です。アットホームな雰囲気の事務所で、ベテラン弁護士が専門用語を使わずに分かりやすい言葉で説明をしてくれるので、納得しながら話を進めることができます。また、完全予約制で個別の部屋が設けられるなど、プライバシーの確保がしっかりとしています。過払金請求の費用も明確・リーズナブルで、返還を受けた過払金の21.6%です。

弁護士法人アディーレ法律事務所 横須賀支店

事務所詳細
住所 神奈川県県横須賀市若松町1-21-10 いちご横須賀ビル5F
電話 0120-316-742
営業時間 平日10:00~22:00

債務整理料金
任意整理 1社当たり43,200円
過払い金請求 1社当たり43,200円
自己破産 29.16~47.52万円
個人再生 41.04~51.84万円

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

知っておくべき過払い金請求の情報

過払い金請求のデメリット・メリット

過払い金請求をする大きなメリットは、これまでに払い過ぎた利息を取り戻すことができることです。ただ、過払い金請求を始めてからお金が戻ってくるまでの期間や還元率はそれぞれの貸金業者で違い、対応も業者ごとでさまざまです。特に、初めて過払い金を請求する場合、どのような対応をしてよいか分からない時は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することが大切です。過払い金請求をするデメリットは、請求を行った貸金業者から新たな借り入れができなくなることですが、請求をしていない他の貸金業者からは借り入れができるので心配する必要はありません。

借金をすでに完済している方が過払い金請求をする場合、払い過ぎたお金を取り戻すことができます。さらに、弁護士に依頼をした場合、戻ってきたお金から弁護士費用を支払うことができます。注意点として、過払い金請求は一番最後に借入をした日から10年以内と期限が設けられているので、それを過ぎてしまったら返還請求ができなくなるので気を付けなければいけません。その他にも、期限は過ぎていないけれど肝心の貸金業者が倒産してしまうこともあります。このような場合も過払い金の請求をすることが難しくなるので、できるだけ早急に取りかかることが重要です。

借金返済中でも過払い金の請求をすることができ、メリットとして借金を減らせたり新たな借り入れをしなくて済みます。デメリットとして、戻ってきたお金よりも借り入れの金額の方が多く、少しでも借金が残るようであれば信用情報機関に登録されることになります。登録された事故情報は共有されるので、過払い金請求を行った貸金業者だけでなくあらゆる貸金業者から借入ができなくなり、クレジットカードの審査にも通るのが難しくなります。

過払金請求を自分でした場合のメリットは、弁護士などの専門家に依頼する費用が要らないという点です。デメリットは、手続きにはある程度の時間がかかることです。事務処理がスムーズに進んでも、貸金業者と交渉しなければならないので、本来戻ってくるはずのお金が減額されたり、話し合いが上手くいかなければ裁判で争うことになります。また、弁護士や司法書士に依頼をすれば、借金返済中の方は返済をストップすることができますが、自分で過払金を請求をする場合は止めることはできないので督促状などが送られてきます。過払金請求に実績がある信頼できる専門家に依頼をすると、このようなリスクを避けることが可能です。

過払い金請求はブラックリストにのらない

過払い金請求をすると、ブラックリストに登録されるかもしれないと怖がってなかなか請求に踏み出せない方も少なくありません。過払い金は本来払わなくて良かった利息を取り戻すことなので、怖がらずに正しい知識をつけることが大切です。前述したように、借金をすべて完済したのであれば、過払い金請求をしてブラックリストに登録されることはありません。また、借金を返済中に過払い金請求を行ったとしても、戻ってきたお金の方が多い場合や、そのお金で借金をゼロにすることができればブラックリストに登録されることはありません。

ブラックリストに登録されるのは、借金の返済中に過払い金請求を行った時、借金の残高が残った場合です。登録された事故情報は金融機関や貸金業者の中で共有されるので、過払い金請求を行った貸金業者だけでなくあらゆる業者から借入ができなくなり、クレジットカードの審査にも通るのが難しくなります。ただ、新たにローンを組んだり借入をすることは制限されますが、ブラックリストの情報は5年ほどで削除されるので、その後はローンを組んだりクレジットカードを作ることが可能になります。デメリットとして捉えられがちですが、見方を変えると借金を抱えたまま返済で悩むよりも借金を減らせるというメリットがあり、それ以上借金が増えないので生活を立て直す良い機会になります。自分のブラックリストが削除されているかどうかは、日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)・全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)の3か所で情報を開示することができます。

ただ、ブラックリストという壁はリスクと考える方も多く、実際に過払い金を請求して借金をゼロにできるかどうかは、過払金がどれくらい戻ってくるかにもよります。利息制限法に基づいて引き直し計算をして過払い金の金額を出しますが、貸金業者から返済と完済を繰り返していたり、いくつかの貸金業者から借り入れをしているような時は、ただでさえ難しい計算がより複雑になってきます。どうしてもブラックリストに載りたくないと考えている方は、自分で計算するよりも弁護士などの専門家に相談する方が確実と言えます。過払い金請求を専門にしている法律事務所の中には、過払い金の計算を無料で行っている事務所もあるので、どれくらいのお金が過払い金として戻ってくるのか、シュミレーションをしてもらうのも一つの方法です。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

借りては返して
◆完済のメド立たず。
現在、消費者金融2社と借金80万円の付き合いがあります。この借金が、一向に減りません。理由は借りたら返済をしますが、また直ぐに借りてしまうからです。当然そのお金には利息が発生していますので、徐々に借金が増えつつあります。

何とか改善したいのですが、なかなか、直ぐに借りるのが当たり前の様になっているの、借金体質から抜け出せません。何とかこの借りたら、返す。これを繰り返して生活が成り立っているような状況です。実際はこのお金がなくても十分生活はやっていけると思います。

しかし、なかなか現実は厳しいですね。借金体質と言うのは困ったものですね。しかし、自分でこの体質は治さなければいけません。軽度の借金依存症なのかもしれません。ここまでは自己分析が出来ています。しかし、そこから先が中々進みません。そんなに簡単な問題ではないと言う事ですね。

1回染みついてしまった借金癖はなかなか治りません。借金は癖になると言いますが本当に癖になりますね。性格にもよると思います。私の場合は考え方が甘い部分があるのでしょう。

心のどこかに甘えている自分がいます。そうでなければ、とっくに完済していてもおかしくありません。完済と言う出口が全く現状では見えません。完済を目指すと非常に遠くに感じるので、今は敢えて完済を考えないようにします。少しずつお金に対する考え方を変えていかないといけませんね。

完済をしたいのですが、どうしてもお金を借りたい欲求に負けてしまいます。僅かなお金です1万・2万の世界です。このお金を返済したら直ぐに借りているのです。どうしてもこのお金に執着があると言うか・・・。ちゃんと返済して完済をしたいですが現状では完済のメドが全く立っていません。

◆我慢してみる。
今月はお金を返済したら我慢してみたいと思います。どこまで我慢出来るかわかりませんが、別にこのお金がなくても、やっていけるわけですから、まずは我慢ですね。ここまであっさりお金を借りていましたから、どこまで辛抱出来るかがわかりませんが、先ずは我慢しない事には分かりません。

何とか悪魔の囁きに勝つ事が出来るかも知れませんし、あっさり負けるかも知れません。正直自身はありません。今まで毎月同じサイクルで生活してきたわけです。そのサイクルが大きく変わる訳です。しかも自分に取ってはかなりの辛抱が必要です。

そう簡単な戦いではありません。かなり厳しい戦いです。しかし、この戦いに勝たない事には完済なんて夢のまた夢です。今のままだと宝くじでも当たらない限り完済は難しいのが現状です。難しいというか先ず完済は現状では無理でしょう。

それ位借金体質になりきっています。これをしっかり治さないといけませんが、自信がないですね・・・。正直、また直ぐにお金を借りてしまうのではないかと言う不安が頭の中で先行しています。借金癖を治すと言うのは簡単な事ではないのは分かっていましたが、ここまで大変とは思いませんでした。

かなりお金に対してルーズになっていたが為にこの様な状況になってしまっています。1日も早く借金癖から抜け出したい気持ちがありますが、本当に自信がないのです・・・。今月の目標は我慢をする事です。先ずはやってみないとどんなものかはわかりません。

自信がなくても辛抱しなければいけません。お金を借りたくなった時にどうやって耐えるのかが問題ですが、とにかく出来る限り我慢したいと思います。今月を通過すれば、借金癖から抜け出せるチャンスです。何とか抜け出したいですね。

◆特効薬は実はある
借金を辛抱する特効薬がありません。しかし、とんでもない荒療治はあります。それはカードでお金を借りられないように設定してしまう事です。そうすれば、返済専用にそのカードはなります。つまりお金を借りたくても借りる事が出来ない状況を作る事が出来るのです。

このカードを切れば、借金癖は嫌でも治ります。借りたくても借りる事が出来ない訳ですから。どんなに借りたくても借りる事が出来ません。そうすれば、我慢とかのレベルではありません。諦めるしかありません。もう借りる事が出来ないと思えば、諦めが流石につくでしょう。

新規のカードも当然作れない設定上になっていますから、嫌でも返済専用になってきます。こうやって荒療治をすれば嫌でも完済するメドが立ってきます。完済した後も借金生活を送らない様に出来るのがこの荒療治です。

諦めると言うのが一番良い事ですね。辛抱ではダメな人には諦めさせる事が一番手っ取り早いです。我慢・辛抱がどうしても出来ない人はこの世の中にいます。そういった方には諦めさせてしまえばいいのです。少しの期待感も与えない完璧な物を求めるのであれば諦めさせる事が重要です。

諦めると言う事はその先に希望はありません。つまりこれを借金に置き換えると、借金を我慢できないので、諦めさせてしまいます。諦めるしかなくなったら、嫌でもお金を借りる事が出来ません。ここまで落とし込めば完済のメドが十分立つでしょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

神奈川県で時効期限が迫っている人過払い金請求の口コミ

借金が膨らみ、催促の電話に怯えていましたが、債務整理の手続きをし、受任通知が出されると催促がストップすることを知りました。さっそく弁護士事務所へ行き、債務整理の手続きをしました。本当に催促の電話が鳴らなくなったので、精神的に楽になりました。借金返済に限界を感じている人は早めに債務整理の相談をした方が良いと思います。

神奈川県相模原市 40代女性

神奈川県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

マイホーム、クレカのリボ、キャッシングの支払いで家計は火の車状態でした。思い切って夫婦で弁護士事務所に出向きました。自己破産を考えていましたが、マイホームを手放すことなく債務整理ができる個人再生という方法があることを知りました。マイホームを手放さずにすみそうで、ホッとしています。

神奈川県戸田市 30代女性

神奈川県の過払い金請求の口コミ・評判

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求の時効期限が迫っている人が多い神奈川県

神奈川県は横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町で構成されており消滅時効が迫っている方が多くいます。

神奈川県といえば横浜のイメージが強くあります。出身を神奈川とこたえるより横浜とこたえる人が多いほどです。神奈川と言われてもピンときませんが、横浜と言われると確かにわかりやすいですね。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求をお考えの神奈川在住の方

神奈川県は、日本のほぼ中央・関東平野の南西部に位置する都市です。北は東京都、西は山梨・静岡に隣接し、東は東京湾、南は相模湾にそれぞれ面します。2017年の調査では、総人口は9,164,373人で、東京都に次いで全国第2位となっており、日本の総人口の約7%を占めます。1940年の人口は2,188,974人で2,000,000人を突破し、1945年には戦争のため人口は一時的に減少しましたが、1960年には人口3,443,176人と3,000,000人を超え、1970年以降は10年ごとに1,000,000人ずつ増加し現在に至ります。傾向としては県内の市町村から横浜や川崎・相模原などの主要都市へ転入が多い一方で、東京通勤圏から比較的遠い場所にある横須賀や小田原・三浦などの街では人口の減少が目立ちます。このように、都市部への人口集中が進み、2012年には神奈川県の人口の約60%以上が横浜や川崎・相模原に集中し、中でも横浜が約40%と最も大きな値になっています。
県庁所在地は横浜市で、中核市として横須賀市、特例市は小田原市・茅ヶ崎市・厚木市・大和市・平塚市の5市になっています。神奈川県は個性豊かな33の市町村が集まっており、川崎・横浜地域、三浦半島地域、県央地域、湘南地域、県西地域の5つのエリアに区分されます。

工業化が進んで経済成長が著しい地域は県東部の横浜市や川崎市です。横浜市は、1859年の開港以来日本の窓口として発展してきた都市で、ガス灯や新聞などを全国でもいち早く取り入れてきました。川崎市は東海道の宿場町や川崎大師の門前町として栄えた歴史があり、京浜工業地帯の中心として日本の高度経済成長を支えてきました。現在は最先端の技術開発に臨む研究所が数多く集まります。三浦半島地域は、海に囲まれた自然豊かな場所です。半島のほぼ中央にある横須賀市は、江戸時代にペリーが来航して以来、海軍関係の工場がたくさん造られ栄えました。現在は、機械や自動車などの工場や情報通信産業などの施設が多くあります。鎌倉市は、源頼朝が今から約820年前に武士中心の政治を始めた場所で、日本の政治の中心として約140年間繫栄した街です。たくさんのお寺や史跡が残り、観光スポットとしても有名です。県央地域の北部にある相模原市は、古くは蚕をかうことが盛んでしたが、現在は金属・電気製品・機械などの内陸工業地域として開けてきました。水や緑に恵まれ、相模川や相模湖・陣馬山などの自然が残ります。海沿いの県南東部は、マリンスポーツのメッカとして全国的に有名な茅ヶ崎市や藤沢市が位置します。特に藤沢市はかつては東海道の宿場町として栄え、今では東海道本線や小田急線などが走り人口が増加中です。観光スポットとして江の島は有名で、海水浴のシーズンには多くの人が訪れます。県西地域にある小田原市は、昔小田原城の城下町として栄え、現在は東海道本線や新幹線・小田急線などの鉄道や幹線道路が通り、県西地域の中心都市として発展しています。

神奈川県は、30,000年ほど前から相模野台地に人間が住み始めたと言われています。かつては武蔵国と呼ばれ、古東海道沿いから東京湾沿岸にかけて小さな農漁村が作られていったのが始まりとされます。平安時代に武士の活動が活発になり、1192年に征夷大将軍・源頼朝が鎌倉幕府を設置して鎌倉時代が始まります。この時代、鶴岡八幡宮などの神社仏閣がたくさん建てられ武士の都として栄華を極めます。その後、室町時代には足利尊氏が執権を取りますが、政権争いで鎌倉の街並みも破壊され武家社会は終わります。戦国時代に入ると1516年に北条早雲が日本初の戦国大名となり、小田原はその後5代に渡り隆盛を極めます。この時代には、日本初の上水道も造られ、小田原の城下町は著しく発展をします。1590年に羽柴秀吉に滅ぼされ、北条氏の領土は徳川家康に壌渡されます。江戸時代に入ると、幕府が置かれた江戸への交通路として東海道の整備が進められ、東京湾沿岸部は発展をしていきます。明治に入ると横浜港が開港され、戦後には都心のベッドタウンとして日本有数の都市へと成長していきます。

神奈川県にはJRを始めとする多くの路線が乗り入れ、東京湾アクアラインおよび東京湾フェリーで千葉県への往来もできます。県内には中華街で有名な横浜や大仏がある鎌倉・温泉がある箱根など、全国的に知名度の高い観光スポットがたくさんあることで知られており、一年を通じてたくさんの観光客で賑わいを見せます。

貸金業者の数は、昭和60年をピークに減少の傾向にあります。ただ、人口が全国でトップクラスの神奈川県では、貸金業者に借金をする方の数も全国と比較して多い傾向にあります。2017年の神奈川県における貸金業者の数は47件です。貸金業者名は、株式会社エイワやナイスコミュニティー株式会社・ライフカード株式会社などがあります。これらの貸金業者は、神奈川県知事の登録を受けているので、債務整理や過払い金の整理をする際に司法書士・弁護士に依頼をして解決をすることが可能です。ただ、登録をされていない貸金業者も多く、神奈川県ではそのような業者からはお金を借りないようにホームページで呼びかけています。県内の弁護士会に登録をしている弁護士は約1,600人で、神奈川県司法書士会に在籍する司法書士は233名です。また、県内の弁護士事務所は339ヵ所・司法書士事務所は367ヵ所で、ともに横浜市中区が最も多いエリアになっています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME