【徹底比較】大阪で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

【徹底比較】大阪で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

大阪で過払い金請求を依頼すべきオススメ司法書士・弁護士

大阪府で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。

その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

大阪府で時効期限が迫っている人過払い金請求の口コミ

キャバクラに嵌ったアホな一サラリーマンです。

佐々木望風でかわいいキャバ嬢に嵌ってしまいまして、たくさん貢がされました。

自分では多分騙されてるんだろうなという意識はあるにも関わらず、あの笑顔が見たくて、やはり貢いでしまいます。

その結果、いくらでしょうね。

かれこれ300万円くらいの借金をしました。

そして、ある日突然、そのキャバ嬢は店からいなくなりました。

一身上の都合だそうです。

残ったのは、虚しさと借金です。

こんな借金を無くそうと、債務整理をしました。

個人再生をして、借金総額は100万円まで落とす事が出来ました。

担当してくれた弁護士先生、ありがとうござしました。

大阪府大阪市 35歳 男性

大阪府で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

クレジットカードのキャッシングで気軽な気持ちでお金を借りました。

返済には時間がかかったけれど、若気の至りと思ってました。

それが過払い金請求できるなんてびっくりポン。

海外旅行に行くつもりです。

 大阪府堺市 40代女性

大阪府の過払い金請求の口コミ・評判

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

大阪で過払い金請求をする人におすすめ司法書士・弁護士

アヴァンス法務事務所

大阪府大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F

年中無休で、土曜日・日曜日・祝日でも相談できる事務所です。

メールや電話で相談でき、全国どこからでも利用できます。

相談料や初期費用が0円なので、気軽に依頼できることが魅力です。

減額報酬がなく、成功報酬が債権者1社につき5万円と過払い報酬が回収額の20%(訴訟なら25%)かかります。

債権者1~2社の比較的小規模な案件でも快く対応してくれます。

「くりっく整理確認くん」というサービスを使えば、担当者と連絡をしなくても進捗状況を確認することが可能です。

東大阪法律事務所

事務所詳細
住所:大阪府東大阪市足代2丁目2-1 大西ビル4F
電話:0120-115-466
営業時間:平日10:00~19:00

債務整理料金
任意整理:1社当たり32,400円
過払い金請求:返還を受けた過払金の21.6%
自己破産:30.4万円~
個人再生:367,200~410,400円

東大阪法律事務所は、日曜日と祝日が休みで、それ以外は10~19時で営業しています。

地域密着型の事務所なので、電話や面談など依頼者の声を直接聞ける相談方法にこだわっています。

大阪在住の人なら事務所に訪問しやすく、余分な費用がかかりません。

また、担当者に直接会って契約を結べるため、依頼前に不安要素を取り除くことができます。

バリエーション豊富な案件に対応しているので、借金以外の悩みを相談する方法もアリです。

ちなみに、借金問題に関しては年間200件以上の実績があり、過払い金請求以外に任意整理・個人再生・自己破産の手続きを行ってくれます。

豊富な実績を生かして、賃金業者に合わせて臨機応変に対応してくれることが東大阪法律事務所の特徴です。

着手金は1社につき32400円、過払い報酬は回収額の21.6%を提示しています。

訴訟の場合は過払い報酬が27%、成功報酬が1社につき21600円かかります。

随時無料相談会を実施しているので、借金に関する悩みがあれば利用してみてください。

ひまわり法律事務所

事務所詳細
住所:大阪市北区芝田1-1-26 松本ビル8階
電話:06-6359-5222
営業時間:平日9:00~18:00/土、日、祝9:00~17:00
HP:http://www.himawari-law.net/

債務整理料金
任意整理:20,000円/1社
過払い金請求:返還金額の20%
自己破産:300,000円~
個人再生:400,000円~

ひまわり法律事務所は平日は9~18時、土曜日・日曜日・祝日は9~17時で営業しています。

月曜日・水曜日・金曜日には17~20時の時間帯に平日夜間相談を実施しています。

アコムやアイフルの過払い金請求実績が豊富で、アコム回収単価は業界トップクラスです。

ホームページには弁護士の学歴や人柄を紹介するページがあるため、事前に担当者の雰囲気を把握できることが特徴と言えます。

相談料・着手金・出張料が無料で、事務所に訪問する時は交通費を15000円まで負担してくれます。

過払い金請求の費用に関してはケースによって金額が変動するため、見積もりを依頼するのが得策です。

例えば借金を完済した状態で過払い金請求を行う場合は過払い報酬が20%、訴訟の場合は回収額の25%と債権者1社につき2~5万円の実費を支払います。

借金返済中で過払い金によって借金が減額したら、債権者1社につき2万円と減額報酬10%が必要です。

示談交渉で借金を完済した時は、1社につき2万円・約定残元金の10%・過払い報酬20%を支払うシステムになっています。

アディーレ法律事務所

事務所詳細
住所:大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー133F
電話:0120-316-742
営業時間:10:00~10:00(年末年始は除く)
HP:http://www.adire.jp/

債務整理料金
任意整理:43,200円/1社
過払い金請求:返還金額の21.6%
自己破産:291,600円~
個人再生:518,400円~

今すぐ無料相談する!

大阪府での過払い金請求について

ここ数年で消費者金融や銀行などのカードローンサービスや各クレジットカード会社の提供しているキャッシングサービスがより身近に、手軽にお金を借りることができるようになりました。

また、お金を借りることに対するイメージが以前よりもクリーンで安全なイメージへと変わり、主婦や学生、単身者など数多く方が利用していると思います。

そんな借りやすい環境が多くの借入金を抱えてしまい、返済する流れの中で過払い金請求の問題も増えています。

そこで今回は、過払い金請求の概要、メリット・デメリットなどをご説明します。

まず、過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社の提供するキャッシング、カードローンサービスの利用による返済で借入額と支払い利息を超えた超過金額、不正請求を指します。

通常のキャッシングやカードローンでは、借入額と返済期間に応じて決められた利息と借入額を返済で終了するはずなのに、隠れた多額の過払い金が出てくる問題が多発しています。

その大きな原因として、カードローンなどの貸付における出資法、利息制限法などの法律の規制が緩く、常識ではありえない高い金利でサービスが提供されていた実態にあります。

あまりにも高い金利や長期返済によろり問題となった裁判による最高裁の判決でグレーな金利の設定を認めないとされました。

その裁判での判決以降、2010年に利息制限法によって金利が一定となる結果となり、過払い金の実態が明らかになり、過払い金請求問題が浮上しました。

現在の利息制限法では、
・借入額10万未満…金利(年利)20%まで
・借入額10万円?100万円未満…金利(年利)18%まで
・借入額100万円以上…金利(年利)5%まで
となっています。

しかし、利息制限法が定められる以前は、年利20%以上での貸付などが当たり前に行われていたので、2006年以前、2006?2010年に返済をすでに終えた方は、特に過払い金の可能性があり、場合によっては、取り戻すことができるでしょう。

過払い金の概要や原因を理解した上で、次に実際に過払い金請求をするメリットとデメリットについてお話しします。

まず、得するポイントは、過去に返済した金額に過払い金が含まれる場合は、請求することで回収することができます。

過去の無法地帯状態のキャッシングで高すぎる金利によって、常識では考えられない返済金額を要求されていました。

借入額が高額で返済期間が長いほど、それに比例して返済額も跳ね上がっていました。

返済完了してから過去10年までの取引についての過払い金請求ができるので、心当たりのある方は、最寄りの弁護士事務所などに相談するといいです。

また、過払い金請求によって、返済を命じされた場合に貸付サイドに不利益が生じます。

もし、逆恨みのように金融期間などの取引に影響出る信用情報に傷がついたり、ブラックリストに登録されるなどの心配をされる場合があります。

その点に関しては、返済完了している請求については対象外となるので安心できます。

おかしな返済金額に疑問持ちながら返済完了した方にとっては、長年疑問や後悔を抱きながら精神的にもツライです。

ですが過払い金請求によって過払い分が返ってくることで精神的にも楽になり、消費者金融などの借入がいかにリスクのあるものです。

過払い金額や金利の高さに驚いて、利用すべきでないと認識するきっかけにもなります。

また、戻ってきた過払い金で自分のやりたいことや貯金するなど活用できます。

大抵のケースで過払い金が戻ってきてハッピーですが、いいことばかりではないです。

過払い金請求した消費者金融や他の貸付業者から請求後に再びキャッシングサービスの利用が難しくなります。

業者とっては、正当な手続きでの過払い金請求でもいい気分はしないです。

また、同じようなケースで請求されるリスクを避けるためにも対象者へサービス利用を断る可能性が高いです。

過払い金請求は、返済完了した取引での請求では、何もダメージがないです。

しかし、過払い金の可能性があっても、今も返済期間中の場合は、ブラックリストに登録される可能性がありまうす。

また、いかに多額な過払い金であっても、返済完了後10年以上経過した取引については請求できないので注意したいです。

過払い金請求の概要やメリット・デメリットについてお話ししました。

過払い金の心当たりのある方は、10年以上経過していなければ取り戻せる可能性があります。

過去のことだからと諦める前に専用の相談窓口や弁護士に相談するといいです。

請求することで取り戻せるケースが多いです。

業者の悪質な罠によって、取られた金額を取り戻して、自分の未来のために役立てましょう。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

大阪で利用者の債務整理について

債務整理の種類

債務整理と一言に言っても実際にどの様なものがあるかわからないと言う人が多いと思います。

本来はそれでいいのです。

何故なら、債務整理に興味を持つと言う事は、お金の問題を少なからず抱えている状態にあると推察されます。

その為、債務整理はどんな種類があるのですか?と尋ねて来る人はお金の問題でかなり切迫している状況にあると言えます。

お金に窮してなければ、債務整理と言う言葉は出ないはずです。

この言葉は余り聞きたくない言葉ですが、これから債務整理別の特徴などを書いていきます。

自己破産

1番債務整理の中でも、重たい物。

全く返済のメドが立たない若しくは現在の収入と債務額がどう考えても返済する事は難しい時に弁護士さんが選択します。

私も自己破産を経験しています。

実際に弁護士事務所に行って、弁護士さんと会って話すまでは物凄い緊張しましたね。

流石にそこは雰囲気を察知したのか、弁護士さんが緊張しなくても大丈夫ですよと声をかけてくれました。

こう言ったさり気ない一言で依頼者は随分と楽になるものです。

弁護士さんは直ぐに結論を言いませんでした。

しっかりと、借りた金額と現在の収入を聞いた後に、今回は『自己破産』でいきましょうとなりました。

私が一つ気になっていたのが、借金を重ねてしまった原因が競馬にあると言う事です。

競馬は浪費に該当します。

私が救われたのは、馬券を全て競馬場で買っていた点です。

これが記録の残る在宅投票システムだった場合、通帳にお金の出し入れが全て載ってしまいますから一発でアウトです。

この競馬で使った部分のお金に関して弁護士さんは上手い事話をすり変えてくれました。

旧盆で九州に家族で行き60万円を仕方なく借りたと話が変わるのです。

本当は競馬に使っているのですが、証拠が私の場合はありませんでしたので、この旧盆で仕方なくとか、その他、よくこんな話考えるなと言った話が次々に登場し、競馬のけの字も出て来ません。

これが記録の残る在宅投票システムであったら、管財人裁判になったのは間違いないですね。

管財人裁判になると、管財人役の弁護士がお金の出どころをトコトン調べた上に、郵便物は当該裁判が終わるまで、管財人の弁護士の元に届きます。

そこでパチンコ屋さんからの新装開店の手紙や、競馬関係の物が送られてくるとかなり厳しくなってしまいます。

管財人裁判は通常裁判の倍は日数がかかります。

そして免責が下りる可能性が低くなります。

任意整理

任意整理は弁護士さんなどの専門家が、直接債権者(消費者金融)と話し合いを行い、減額交渉を行ってくれます。

件数が多いほど、弁護士費用が高くつきますが、弁護士費用で済むなら安い物です。

弁護士費用は分割払いを導入している事務所が多いので、柔軟に対応してくれます。

弁護士さんはしっかりと交渉してくれるので、債務がコンパクトになります。

コンパクトになると言うのは減額されると言う事です。

個人再生

自己破産の次に重たいのがこの個人再生です。

話が纏まれば債務は1/5になります。

400万円債務があった人は80万円になります。

自己破産したくない人はこの個人再生を選択する人もいます。

1/5はかなり強烈です。

そして相当楽になります。

1/5ですから、非常にカット幅が大きく個人再生の名の通り再生目指して返済をしていく事になります。

このケースの場合はここまでの大恩恵を受けたのですから、しっかり今後の人生も考えて真剣に返済していかなければいけません。

なかなかお金を借りるのは簡単ですが返済するのは非常にパワーが入ります。

最終的に個人再生で落ち着いたのですから、1/5という大恩恵に感謝しなければいけません。

弁護士さまさまです。

特定調停

弁護士さんが立ち会わない唯一の債務整理の方法です。

裁判所に特定調停を開くように求めるのは債務者です。

私が、消費者金融に勤務していた時に一番多く裁判所で債務者の方と金額調整を行ってきたものです。

ある程度の額を債務者は支払う意思を見せていますから、消費者金融としても落としどころを考えるだけです。

どこの消費者金融も相場は決まっていますから如何に、有利な条件で、金額を決めるかが勝負のポイントになってきます。

但し、せっかく、債務者から特定調停を起こしてもらっているので、調停不成立は避けたい所です。

ある程度、消費者金融側もそこの部分に関してはある程度妥協はしますから、そんなに重苦しい雰囲気の中では行われません。

債務整理まとめ

1番強烈なのは書くまでもなく自己破産です。

ここで免責が取れないと意味がありません。

破産宣告は誰でも受ける事が出来ます。

また免責が決定してから7年間は再び自己破産をする事が出来ません。

次に個人再生。

これもかなり強烈ですね。

1/5まで債務が圧縮されますからね。

これは 非常に大きいです。

そして任意整理。

個人再生程カットはされませんが、利息をカットしたり。

減額交渉を弁護士さんが貴方に変わってしてくれます。

最後に特定調停。

これは債務者が起こすので、支払いの意思がありますから、落としどころを探ればいいだけです。

余り消費者金融側も欲張れません。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

大阪で利用者の多い過払い金とは

「過払い金」とは簡単に言えば本来支払う必要がないにも関わらず、賃金業者に支払った余分な利息のことです。

賃金業者からお金を借りる際、金額に応じて利子がつきます。

利子は賃金業者が自由に決められますが、「利息制限法」と「出資法」によって上限金利が定められています。

利息制限法では元金が10万円未満なら上限金利が20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%になります。

一方の出資法では元金が10万円未満でも、100万円以上でも上限金利は一律29.2%です。

例えば賃金業者から100万円を借りたとしましょう。

この時、利息制限法に基づくと上限金利は15%になります。

しかし、出資法に従うと上限金利が29.2%まで上がり、14.2%の差が生じます。

この14.2%こそ、本来支払う必要のない過払い金です。

元金10万円未満は最大9.2%、10万円以上100万円未満は11.2%の差が生じています。

つまり、多額の借金をしている人ほど、より多くの過払い金を回収できる可能性が高いということです。

ちなみに、利息制限法以上出資法未満の上限金利を「グレーゾーン金利」と呼びます。

上限金利は国が定めた数値だったので、グレーゾーン金利で取り引きしていても賃金業者が罰せられることはありませんでした。

しかし、先程の例を見れば分かるように、明らかに債務者にとって不利ですよね。

そこで、2007年に法律が改正され、グレーゾーン金利が廃止されました。

2007年以降に借金した人はグレーゾーン金利に引っ掛かりませんが、それ以前に借金をしていた人は損をしたままです。

そのため賃金業者に対して払い過ぎた利息の返還を求める、「過払い金請求」が活発化しました。

過払い金請求を行えば出資法と利息制限法の差額、つまり過払い金を返還して貰うことができます。

過払い金請求は賃金業者から取引履歴を取り寄せるところから始まります。

司法書士や弁護士に手続きを代行して貰う場合は受任通知を送付し、取り立てをストップさせることも可能です。

取引履歴には借入残高や返済額が記載されているので、その情報に基づいて引き直し計算を行います。

例えば100万円を年利29%で借りていた場合、利子がついて1年後には借金総額が129万円となります。

しかし、本当は元金100万円なら、年利は15%で良いのです。

年利15%の場合、1年後の借金総額は115万円と計算できます。

過払い金が発生した状態の129万円から、正しい借金総額の115万円を引くと過払い金の14万円が算出されます。

これが引き直し計算の仕組みです。

引き直し計算によって算出された過払い金に基づいて、賃金業者との交渉を行っていきます。

交渉が成立すれば過払い金が支払われ、不成立の場合は訴訟に移ります。

過払い金請求はケースによって期間や金額に違いがあるものの、流れはほぼ同じなので事前に確認しておきましょう。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求の発生条件とは

先述したようにグレーゾーン金利は2007年に廃止されたので、それ以前に賃金業者からお金を借りていることが過払い金の発生条件です。

賃金業者によって金利を改定したタイミングが若干違うため、2007年に借りた人も対象となる場合があります。

つまり、2007年以前、または2007年前後にお金を借りた人は過払い金を受け取れる可能性があるのです。

ちなみに、2007年までに借金を完済している人も対象と成り得ます。

過払い金には「最終取引から10年」という時効があるため、時効内であれば過払い金請求を行うことが可能です。

例えば2007年に完済した人は時効が2017年となります。

最終取引は完済だけではなく、返済も含まれています。

2007年以前に借りたお金を返済中で、2017年に一部返済した場合は時効が2027年ということです。

2017年以降も返済が続くなら、消滅時効も延びていきます。

過払い金が発生しているか分からない人は、年利をチェックしてみてください。

利息制限法では上限金利が15~20%になっているので、20%以上で取り引きしていた人は過払い金が発生していると判断できます。

特に長年に渡って借金を返済している人は高額な利息によって、返済が思うように進んでいない可能性があります。

司法書士や弁護士に依頼すれば過払い金の有無を確認してくれるので、適宜利用すると良いでしょう。

ちなみに、自己破産を行った人も過払い金請求の対象者となるかもしれません。

自己破産前に返済中の借金があり、2007年以前に借りたものであれば過払い金請求を行うことが可能です。

一般的な過払い金請求より複雑な手続きとなるため、司法書士や弁護士に依頼する人が多く見られます。

返還された過払い金は生活費に充てることができるので、時効に注意して過払い金の有無を確認するのが得策です。

賃金業者からお金を直接借りるだけではなく、クレジットカードでキャッシングした人も過払い金が発生しています。

ただし、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いは、過払い金の対象とならないので注意が必要です。

これまで過払い金請求の対象者を述べて来ましたが、対象外の条件も併せてチェックしておきましょう。

2007年以降の改正された金利で最初からお金を借りている人は過払い金請求の対象外となります。

なぜなら不当な金利で取り引きを行っていないからです。

その他に時効が過ぎている・取り引きしていた賃金業者が倒産した時も対象外と成り得ます。

賃金業者の経営状況を確認して、不安定な場合は速やかに手続きを行うのが得策です。

利用していた賃金業者の名前が分からないと手続きができないので、くれぐれも忘れないようにしてください。

口座引き落としや個人信用情報を確認すれば賃金業者の名前を把握できるケースがあるため、分からない時は司法書士や弁護士に依頼するのが賢明です。

過払い金請求の時効期限が迫っている人が多い大阪府

大阪府は大阪市、堺市、能勢町、豊能町、池田市、箕面市、豊中市、茨木市、高槻市、島本市、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡市、岸和田市、貝塚市、熊取市、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大子町、河南市、千早赤坂村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市があり消滅時効が迫っている方が多くいます。

大阪府は,最古の商都としての歴史をもっています。

大阪府には、通天閣・ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)、海遊館をはじめ観光スポットが多く存在しています。

豊臣秀吉が築城した大阪城があり大阪城の周りには大阪城公園があります。

休日には観光客や家族連れの地元のファミリーが訪れ府内の癒しの場所となっています。

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。

政令指定都市に指定されている。

大阪市は、大阪府、近畿地方および西日本の行政・経済・文化・交通の中心都市であり、市域を中心として、大阪都市圏および京阪神大都市圏が形成されている。

大阪市の2014年度の市内総生産は約22兆円で、政令指定都市中最大であり2倍から3倍の人口を擁する北海道や千葉県、兵庫県など1つの道府県の県内総生産を上回る。

京阪神大都市圏の圏内総生産は、国内では首都圏に次ぎ、世界的にも上位にある。

また市内の従業者数、事業所数、上場企業本社数は共に東京都区部に次いで国内2位である。

夜間人口は横浜市に次いで全国2位の約270万人、人口密度は全国の市で5位(政令指定都市中で1位)、昼間人口は市外から多くの通勤・通学者が流入するため東京23区に次ぐ約356万人となる。

面積は全国に20市ある政令指定都市の中でも川崎市、堺市、さいたま市に次ぎ4番目に小さく東京都区部のおよそ3分の1、横浜市のおよそ半分、名古屋市のおよそ3分の2程度であるが政令指定都市の中では行政区が24区と最大であるため面積が10km2に満たない行政区がほとんどである。

近年では都心回帰が顕著で、大阪都心9区(北区、中央区、西区、天王寺区、浪速区、福島区、都島区、淀川区、阿倍野区)を中心に増加傾向にある。

また、都心9区ではマンションやホテル用地、商業地の需要が高いため地価が高騰している。

古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港である住吉津や難波津などのある外交に関連した港湾都市として栄え、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営された。

中世には、浄土真宗の本山であった石山本願寺が置かれ、寺内町として発展した。

近世初期には豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町が整備された。

江戸時代には天領となり、江戸をしのぐ経済・交通・金融・商業の中心地として発展。

天下の台所と称され、豊かな町人文化を育んだ。

明治時代に入ると、繊維工業(船場の繊維街なども有名)を中心とした工業都市となり、「東洋のマンチェスター」、「煙の都」と称された。

戦後も長らく経済に関しては東京をリードする立場が続いた。

第二次世界大戦後には、重化学工業の比重が高まり、今日も阪神工業地帯の中核を担う。

他方で、卸売業を中心に商業活動も活発で、道修町(薬種)、松屋町(玩具)、本町(繊維)など市内各所に問屋街が発達している。

また中之島や北浜界隈には、金融街が形成されている。

市役所の所在する中之島から大阪城にかけては、官公庁や公的機関が数多く立地している。

日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界22位と評価された[4]。

また、アメリカのシンクタンクが発表した世界都市ランキングにおいて、世界52位と評価されており[5]、日本では東京に次いで2位である。

イギリスのシンクタンクが発表した2016年の報告書によると、世界17位の金融センターと評価されている。

大阪市は、淀川の河口に開けた古くからの港湾都市で、瀬戸内海と京を繋ぐ水運の要を担い、西日本の物流の中心として栄えてきた。

市内の地形は全体的に平地であるが一部標高が20メートル以上になる地点もある。

また、近畿地方最大の都市として、近隣の神戸市・京都市とあわせて三都、京阪神と称する。

市域の西部は大阪湾に面し、沿岸北西部にかけて阪神工業地帯が広がる。

市内経済総生産は約22兆円に達し、近畿経済圏の中心地である。

大阪市を含め府内全域が瀬戸内海式気候に属し、年間を通して温暖である。

夏は非常に蒸し暑く、全国有数の酷暑地帯である。

特に夜が寝苦しく、年平均熱帯夜日数は本土の官署では鹿児島市(51.6日)・神戸市(43.1日)に次いで3番目に多い37.4日で、7月から8月にかけての一か月以上は平年値でも熱帯夜である。

8月の平均気温は28.8℃であり、那覇市を含め全国の都道府県庁所在地の中では一番高い平均気温となっている。

近年は都市化によるヒートアイランド現象の影響で、郊外に比べ夜間の気温が低下しにくく、熱帯夜の増加、冬日の減少が顕著である。

織田信長によって破壊された石山本願寺の跡地に、豊臣秀吉が大坂城を築いて再び政治の中心となり、同時に大規模な城普請で人と物資が集まって再び経済の中心地(本格的に日本経済の中心になったのは江戸時代になり100年程経過してからである)となった。

しかし、1615年の大坂夏の陣で大坂城は落城し、豊臣氏も滅ぼされた。

1619年、大坂城下は江戸幕府の天領となり復興、幕府の派遣した大坂町奉行が支配するところとなる。

江戸はまだ出来たばかりで商品生産力がない上、参勤交代で大名・家来などによって大消費地となったため、当時の工業都市である京などから大坂を経由して菱垣廻船・樽廻船で江戸へ物資が運ばれた。

さらに各藩の蔵屋敷が集積し、北前船も入港して、大坂は「天下の台所」として経済・商業の中心的役割を担った。

付随して、裕福になった町人により、文楽を始めとした様々な文化が生み出された。

また河川・運河とそれに架かる橋の多さから、江戸の「八百八町」や京都の「八百八寺」に対して「八百八橋」と称された。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求をお考えの大阪在住の方

大阪は首都である東京に次いで発展している地域です。

約1905平方キロメートルという小さな面積であるにも関わらず約883万人(2017年10月1日時点)が暮らしています。

面積が小さく人口が多いことも、東京と似ている部分ですね。

人口密度は約4640人/平方キロメートルを記録し、地域住民や観光客で常に賑わっています。

観光スポットとしては、大阪城・USJ・海遊館などが挙げられます。

大阪人のノリの良さや下町感を味わえる、天王寺の新世界も人気です。

遊べる場所が豊富な観光スポットだけではなく、街全体を観光する人が多いのも大阪の特徴と言えるでしょう。

歴史の面から見ると、大阪は昔から商業や戦争の要として重視されていました。

特に有名なのは大阪城を築城した豊臣秀吉でしょう。

豊臣秀吉は織田信長から土地を継承して、大阪城を建てました。

大阪冬の陣と夏の陣で豊臣秀吉の勢力が弱まったものの、江戸時代以降は「天下の台所」と呼ばれて発展しました。

天下の台所と呼ばれたのは大阪に豊富な航路があり、さまざまな物資が集まったからです。

近年は阪神工業地帯の発展や日本万博博覧会の開催など、さまざまな分野で活躍しています。

1995年には阪神・淡路大震災が発生したものの、大阪は神戸ほど被害を受けませんでした。

復興を進めると同時に大きなビルの建設を促し、現在のオフィス街が誕生しました。

2017年11月時点で大阪には33市9町1村の自治体があり、特に大阪市が著しく発展しています。

大阪市周辺にはビジネス街や住宅街が広がり、大阪市のある北部が発展している傾向にあります。

南部には自然豊かな環境が残っている地域も多く、北部とは違った印象です。

日本の中心地として東京と同じように大阪の行政が注目されることが多く、特に大阪の借金問題が頻繁に取り上げられています。

どのように大阪の借金を減らす、最終的にはなくすかが今後の行政の課題です。

ビジネス街には司法書士・弁護士事務所や賃金業者が多く、気軽にお金を借りる・借金問題を相談することができます。

司法書士は2016年時点(日本司法書士連合会の資料参照)で2364人、人口10万人当たり26.75人です。

ちなみに、1位は4020人で東京、3位は1285人で愛知となっています。

大阪は3位以降の都道府県と大きな差があるため、比較的司法書士が多い地域と言えるでしょう。

司法書士は140万円を超えない任意整理や過払い金請求であれば依頼することができます。

過払い金請求は複数の業者に対して申し立てを行うケースが多く、総額が140万円を超えることも少なくありません。

多額の借金をしていた人は過払い金が高い傾向にあるため、十分検討した上で司法書士に依頼するのが得策です。

大阪司法書士会には92の法人会員が在籍し、バリエーション豊富な司法書士事務所から選ぶことができます。

認定司法書士は司法書士以上にスキルがある証拠なので、事務所を選ぶ時は参考にすると良いでしょう。

弁護士は2016年3月31日時点(日本弁護士連合会の資料参照)で4333人、その中で女性は745人を記録しています。

女性の割合は17.2%で、関東地方や大阪以外の近畿地方と比較すると女性が少ないです。

女性弁護士が少ない点に着目して女性スタッフだけが在籍している事務所が増えているので、相談しやすい環境が整っています。

細かい部分まで配慮して手続きを行ってくれるため、女性弁護士は人気が高いです。

弁護士事務所は1841社あり、東京に次いで多くなっています。

司法書士事務所と同じように弁護士事務所も豊富なので、相性や費用を確認して最適の事務所を見つけることが可能です。

特に大阪では、コミュニケーションを重視している事務所が多く見られます。

大阪は観光スポットだけではなく、地域住民の人柄も高く評価されています。

人と人の繋がりが深い、「人情の街」と呼べるかもしれませんね。

そんな大阪の特性を生かして、丁寧な対応や気軽に相談できる雰囲気作りにこだわっています。

担当者の対応をチェックすれば素人でも良質な事務所を見つけられるので、是非試してみてください。

また、大阪にはアイフルやアコムなど、大手賃金業者の過払い金請求を得意とする事務所が豊富です。

実際に先述したひまわり法律事務所も、アイフルやアコムを得意としていますよね。

大手賃金業者は債務者が多いので、過払い金請求の対象者が多くなっています。

つまり、司法書士・弁護士事務所は大手賃金業者の案件を担当することが多いということです。

大阪は人口が多いため、これまでに数々の過払い金請求を行って来た司法書士と弁護士が数多く存在します。

賃金業者の交渉の仕方を理解した上で過払い金請求を行ってくれるので、トラブルが生じにくいです。

スムーズに交渉成立するケースも多いため、メリットが豊富と言えるでしょう。

事務所のホームページを確認すると、これまでの実績や得意な貸金業者名を確認することができます。

このように事務所の詳細情報を確認してから依頼する所を決めれば、失敗する可能性が低いです。

ちなみに、大阪府が公開している情報によると、『株式会社アーバンライズ』(大阪府大阪市平野区長吉川辺2丁目1番22号 2階)、『ワコール』(大阪府大阪市港区三先2丁目20ファミリプラザ朝潮橋B棟709号)といった賃金業者が存在します。

勿論、この他にも数々の賃金業者が大阪に設けられています。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME