東京都で時効期限が迫っている人におすすめ司法書士・弁護士

東京都で時効期限が迫っている人におすすめ司法書士・弁護士

東京都で時効期限が迫っている人におすすめ司法書士・弁護士

今すぐ無料相談する!

LSC綜合法律事務所

事務所詳細
住所 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
電話 042-512-8890
営業時間 平日9:30~18:30
HP http://www.lsclaw.jp/

任意整理 着手金15,000円/1社~+報酬金15,000円/1社~+減額金額の10%
過払い金請求 報酬金10,000円/1社+返還金額の20%(訴訟時は25%+訴訟費用10,000円~30,000円)+実費
自己破産 着手金150,000円~+報酬金100,000円+返還金額の20%(訴訟時は25%+訴訟費用10,000円~30,000円)+実費
個人再生 着手金250,000円~+報酬金100,000円+返還金額の20%(訴訟時は25%+訴訟費用10,000円~30,000円)+実費

近藤司法書士事務所

《住所》東京都荒川区東日暮里5丁目22-9 加藤ビル3階

《電話》03-3806-3823

《営業時間》(掲示なし)

『司法書士法人杉山事務所』

(東京都新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル5F)
毎月3000件以上の案件に携わっている、実績豊富な事務所です。ちなみに、過払い金請求の実績は業界トップクラスを誇ります。全国各地に事務所を構えているので、東京以外の人でも利用できます。相談・出張相談・着手金が無料で、分割払いに対応可能です。返還に成功した時に必要な過払い報酬は20%~を提示しています。最初から最後まで1人の司法書士が担当する専任制度を重視し、素人でも分かるような丁寧な対応を行っていることが特徴です。過払い金請求に関する解説サイトを設けているため、依頼する前に知識を蓄えることができます。このように依頼者のことを考えてサービスを実施していることが司法書士法人杉山事務所の魅力です。

『弁護士法人天音法律事務所』

(東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階)
全国どこからでも24時間365日相談を受け付けています。ちなみに、メールや電話の相談に対応可能です。相談料と着手金が無料で、初期費用0円で依頼できます。報酬金は債権者1社につき約19800円、過払い報酬は回収金額の20%(訴訟の場合は25%)です。例えば2社に対して過払い金請求を行う場合、19800×2+過払い報酬という計算になります。最大の特徴は何度相談しても費用がかからないことです。十分納得した上で過払い金請求を依頼できるため、満足している人が多く見られます。初期費用0円・分割払い可能なので、現在の資金が少なくても依頼できることが魅力です。

『そうや法律事務所』

(東京都台東区浅草橋4-4-1 BW浅草橋ビル3F)
平日9~21時、土日は10~19時の時間帯に営業しています。夜遅くまで営業しているため、仕事で忙しい人でも利用しやすいです。相談は何度でも無料で、分割払いに対応しています。費用の相談にのってくれるので、総額を把握してから依頼できるでしょう。着手金0円・報酬金1社につき約19800円・過払い報酬は回収額の20%です。これらの費用に加えて、事務手数料が約3万円かかります。借金関係の問題に関する実績が豊富なので、弁護士はあらゆる解決策を提案してくれます。その中から依頼者の要望や費用を考えて、最善の策を実行してくれるのです。契約後は速やかに金融業者へ受任通知を送付し、受任通知が届いた時点で債務者と債権者の間に第三者が介入して返済や督促が一時的にストップします。そうや法律事務所は最短即日で返済と督促をストップできるため、取り立てに困っている人に最適です。

アディーレ法律事務所

事務所詳細
住所 東京都足立区千住2-4 オカバツインタワービル イースト4F
電話 0120-316-742
営業時間 平日/土日10:30~20:00
HP http://nagano.adire.jp/

債務整理料金
任意整理 1社当たり43,200円
過払い金請求 1社当たり43,200円
自己破産 29.16~47.52万円
個人再生 41.04~51.84万円

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

東京都で時効期限が迫っている人過払い金請求の口コミ

東京都港区 40代主婦

サラ金は絶対にいやだったのでクレジットカードのキャッシングをしたことがあります。とっくに返済も終わって忘れていました。過払いってサラ金でしょう?って思ってたのに、まさかクレジットカードのキャッシングも過払い請求ができるなんでびっくり。おもいがけないボーナスを手にして、夫に内緒でエステ通いです!

東京都の過払い金請求の口コミ・評判

今までどうしても欲しい物があるときは何も考えずに、クレジットカードのキャッシングをしました。月々返済すればいいと軽く考えていました。まさか過払い金請求の対象とは…。少しですが返金してもらえて満足しています。 東京都北区 30代女性

東京都で過払い金請求に強い法律事務所の口コミ・評判

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

知っておくべき過払い金請求の情報

過払い金請求の注意すべきリスク

過払い金請求を行う場合、ブラックリストに載るリスクを理解する必要があります。ブラックリストは個人信用情報機関が管理しているリストのことです。まず、個人信用情報はクレジットカードの発行やローンの申し込み時に使用し、家族構成や勤務先などの情報が含まれています。金融機関は個人信用情報を参考にして、その人にお金を貸した時に返済して貰えるか判断するのです。ブラックリストに載っていると「返済能力がない」と判断され、クレジットカードの発行や新たなローンの借入ができなくなります。

ただし、過払い金請求を行って、必ずしもブラックリストに載るわけではありません。過払い金請求を行って回収したお金を借金返済に充て、完済できた場合はブラックリストに載らないのがルールです。勿論、借金を完済した状態で過払い金請求を行えば、ブラックリストに掲載されずに済みます。しかし、回収金を返済に充てても残高がある場合はブラックリストに登録されます。リスクを回避したいなら、借金残高と発生している過払い金を比較するのが得策です。借金の残高などの情報が掲載されている取引履歴を金融業者から取り寄せ、引き直し計算をすれば借金残高と過払い金を比較できます。ケースによっては計算が複雑になるため、司法書士や弁護士に依頼した方が良いかもしれませんね。

また、債権者に選んだ金融業者のクレジットカードは無条件で使用できなくなるので、注意が必要です。金融業者がグループ会社の場合は、関連会社のクレジットカードも使用不可となります。例えば金融業者A社とB社があったとしましょう。あなたが債権者にA社を選んだ場合、A社のクレジットカードは使用できませんがB社は引き続き利用できます。このように過払い金請求は債務者が債権者を自由に選べるため、頻繁に使用しているクレジットカード会社を債権者から外せば問題ありません。住宅ローンの申し込みを考えているなら、銀行系の金融業者を債権者から外すのが得策です。過払い金請求を行った後のことまで考えて債権者を選べば、リスクを回避できます。

その他に事務所を利用して過払い金請求を行う場合は、悪質な業者に引っ掛かるリスクがあります。しかし、これも工夫すれば十分回避できるリスクです。事務所の実績・費用・対応の仕方など、さまざまな部分をチェックして「信頼できる」と感じた所へ依頼すれば悪質な業者に引っ掛かる可能性が低くなります。特に面談は担当者と直接会って話を聞けるので、事務所の良し悪しを判断しやすいです。面談の時点で追加料金の有無など気になる部分を確認しておけば、安心して過払い金請求を任せることができます。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求に自分でやる場合の注意点

過払い金請求は司法書士・弁護士事務所に依頼する方法もありますが、実は自分で手続きを済ませることも可能です。費用を大幅に削減できるものの、いくつか注意点があるので事前に確認してください。まず、司法書士や弁護士がいない分、専門知識を自分で理解する必要があります。過払い金請求は難しい用語や複雑な計算があるため、理解するまでには一定の時間を要します。特に何度も借金を借入・返済している場合は計算が複雑で、計算ミスが起きやすいです。先程述べたように借金残高と過払い金の計算を間違えるとブラックリストに載る危険性が出て来るため、慎重に計算することが大切です。

さらに、専門知識を覚えるだけではなく、その知識を生かして金融業者と交渉しなければなりません。金融業者ごとに対応の仕方に傾向はありますが、回収金額は人それぞれです。つまり、交渉術によって回収金額が決まることを意味します。実は金融業者によっては素人の交渉に応じてくれないケースがあるので、債権者の情報を確認することが重要です。司法書士や弁護士に依頼すると費用を支払う分、個人で請求するより多くの過払い金を回収できるケースがほとんどと言っても過言ではありません。素人は本来発生している過払い金の5割、弁護士なら9割回収できるケースもあるほどです。結果的に依頼者の利益を考えると弁護士に依頼した方が得するケースが多いので、自分で過払い金請求を行う場合は慎重に検討してください。

また、自分で過払い金請求をすると、時間がかかることも注意点として挙げられます。特に専門知識を理解する準備期間があるため、交渉成立までに半年はかかるかもしれません。過払い金は「完済から10年」という時効があり、消滅時効を気にしながら手続きを行う必要があります。ちなみに、専門家に依頼した場合は早くて1ヶ月、平均2~4ヶ月で交渉が成立します。費用を安く抑えたいなら自分で行う、スピード重視なら事務所に依頼するというように重要視する部分に合わせて過払い金請求の方法を決めることが大切です。金融業者との直接交渉で納得できなかった場合、裁判所で交渉することになります。裁判所になるとより一層時間がかかるため、注意しましょう。

その他に家族や会社の人など、知人に過払い金請求及び借金のことがばれやすい注意点があります。司法書士や弁護士に依頼すると事務所が連絡窓口となるため、電話や郵便物は基本的に事務所経由で本人に伝えられます。金融業者から自宅に電話が来る、または郵便物が自宅や会社に届いてばれる心配がありません。自分で行う場合は指定した住所や連絡先でやり取りするので、注意しながら手続きを行うのが得策です。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求をお考えの東京在住の方

東京は言うまでもありませんが日本の首都として、著しく発展している地域です。企業と住宅が立ち並び、バリエーション豊富な店舗が揃っています。テレビ局・東京スカイツリー・秋葉原といった数多くの観光地があり、浅草寺や竹下通りは外国人観光客から人気です。東京都23区や多摩地域以外に、沖ノ鳥島や南鳥島といった島々も東京に含まれています。企業が立ち並ぶビジネス街・人々が暮らす住宅街・自然豊かな島々、さまざまな面を持っているのが東京の特徴です。

終戦間近の1943年に東京都制が始まりましたが、1947年には廃止されました。現在は東京都庁が市役所と県庁の両方の役割を果たし、東京都知事を中心に行政を行っています。東京は日本の中心地であることから他の地域より行政が注目されやすく、度々話題になることも少なくありません。ちなみに、国会議事堂や最高裁判所といった重要な機関は東京に存在します。

日本司法書士連合会の資料によると2016年時点で東京には司法書士が4020人、人口10万人あたりで考えると29.75人が活動しています。第2位の大阪は司法書士が2364人、人口10万人あたり26.75人なのでその違いは歴然です。数ある都市の中でも東京は司法書士が多く、東京司法書士会には177の法人会員が在籍しています。

日本弁護士連合会の資料に基づくと、東京には2016年3月31日時点で弁護士は17565人、弁護士事務所は6037軒存在します。その中で女性は約20%で、外国人会員は359人です。女性会員の割合が比較的高く、男女問わず活躍しています。他の地域は外国人会員がほとんどいないため、外国人会員が多いことも東京の特徴と言えるでしょう。ちなみに、定められた研修を修了した認定司法書士も、東京には豊富に存在するようです。

東京はさまざまなエリアがあるため、地域によって司法書士・弁護士事務所に特徴があります。新宿・新橋などのビジネス街は多くのビジネスマンが訪れるので、事務所が多くなっています。なぜならビジネスでは多額の資金を動かす機会があり、「お金を借りたい」と考えている人が多いからです。ビジネスマンの需要に応えられるように、ビジネス街には大小異なるバリエーション豊富な事務所が並んでいます。大規模な事務所はあらゆる案件に対応できるため、さまざまなシーンで活用できます。逆に小規模な事務所は親身になって話を聞いてくれる可能性が高く、丁寧な対応が期待できるでしょう。このように事務所の規模によってメリット・デメリットが違うので、自分に合った事務所を見つける必要があります。東京のビジネス街には数多くの事務所があるため、自分に合った所を見つけやすいかもしれません。

渋谷・六本木といった若者の利用率が高い地域では、リーズナブルな価格を提示する事務所が多く見られます。経済的余裕のない若者でも利用しやすいため、利用者のことを考えたサービスと言えます。最近は事務所の多くが依頼前に見積もりを行ってくれるので、費用を知りたい人は利用してみてください。
また、東京には司法書士と弁護士、両方が多数在籍しているメリットがあります。そのためどちらに依頼した方が良いか考えて、過払い金請求を行うことが大切です。司法書士はリーズナブルな価格で依頼できる分、依頼できる案件が限定される点に注意しましょう。弁護士は法律業務に範囲がなく、全ての案件を任せることができます。司法書士と弁護士の違いを理解した上で、東京の数ある事務所から最適の業者を見つけることが失敗しないコツです。

司法書士と弁護士事務所のどちらにも言えることですが、東京はアコム・アイフル・レイクなどあらゆる金融業者の過払い金請求に対応できる所が多くなっています。東京にはさまざまな人々が暮らしているので、事務所はバリエーション豊富な案件に対応できるスキルを磨いているのです。しかし、事務所によって得意・不得意な賃金業者があるため、実績を確認する必要があります。あなたが債権者に選んでいる金融業者を得意とする事務所に依頼すれば、スムーズに満額に近い過払い金を回収してくれる可能性が高いです。ホームページに実績を掲載していない場合は電話・メール・面談で問い合わせれば、得意な貸金業者名を教えてくれます。

ちなみに、東京には賃金業者の本社や支社が集中しています。過払い金請求は金融業者と弁護士や債務者が直接話し合う、または裁判によって交渉を行うのが一般的です。例えば消費者金融系の『アコム』(東京都千代田区丸の内二丁目1番1号明治安田生命ビル)、『プロミス』(東京都中央区銀座四丁目12番15号)といった金融業者が東京に本社を構えています。アコムやプロミスと同じ消費者金融系の『アイフル』は本社が京都にありますが、東京都港区芝2丁目1番19号 バンザイビル8Fに東京支社を設けています。東京にあるクレジットカード系の金融業者なら『オリコ』(東京都千代田区麹町5丁目2番地1)や、『エポスカード』(東京都中野区中野4丁目3番2号)が有名です。

過払い金請求の時効期限が迫っている人が多い東京都

東京都は日本の中心です。政治の中枢である千代田区をはじめ、都庁のある新宿区、日本の玄関口羽田空港のある大田区などあわせて23区(千代田区、新宿区、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区)と三鷹市や八王子市などの市町村、伊豆・ 小笠原諸島で成りたち過払い金請求がに消滅時効が迫っている方が多くいます。

東京都は観光地としても日本国内をはじめ海外でも、秋葉原や浅草・京都など世界でも有数の観光地となっており多くの旅行者が訪れています。最近では東南アジアからの観光客も増加しており、東京オリンピックがあるてめ競技施設やホテルの建設なども進められており、数年後にはさらなる日本への旅行者が増えそうです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME