債務整理するうえで知っておくべき手続きの流れ

債務整理するうえで知っておくべき手続きの流れ

債務整理するうえで知っておくべき手続きの流れ

債務整理を行うときは、流れを把握しておくことでスムーズに進めることができます。借金で苦しんでいる方が思うことは、少しでも早くこの苦しみから開放されたいということです。借金があるだけで、催促を含めて毎日が不安になってしまいます。返済することができるならそれほど問題はありませんが、返済することが難しくなってからは、不安な毎日を送ることになります。

債務整理は、そのような不安を解消することができる手段です。ただし、債務整理には専門的な知識が必要になります。また、債務整理と一言で言っても任意整理や個人再生、自己破産など種類があります。状況に応じたい債務整理を行い、流れを知っておくことが重要です。

まずは弁護士や司法書士に相談するところから始まります。現在では、初回に限り無料で相談に乗ってくれる事務所も増えています。弁護士や司法書士に依頼するときに気になるのが、債務整理に必要な費用についてです。債務整理を行う方に共通するのはお金がないということなので、現在では一括ではなく分割で費用を支払うことができる事務所も増えています。依頼に関しても、手続きは弁護士や司法書士が行ってくれるので、必要事項の記入のみで大丈夫です。

今すぐ無料相談する!

正式に依頼することができれば、債権者に受任通知というものが送られます。これは弁護士や司法書士が代理人になったという通知なので、このときから催促が止まります。催促がプレッシャーになっている方は非常に多く、この瞬間から精神的に楽になります。

続いては、本格的な交渉に入ります。弁護士や司法書士は、しっかりと負債の総額を把握するために、金融機関に借り入れなどの開示請求を行います。その後、負債の総額が分かり次第、利息制限法に基づいて計算を行います。

計算が終了すると、各種金融機関との交渉が開始されます。現在では、将来利息や一括返済を迫る金融機関も増えており、ここで弁護士や司法書士の腕が試されます。したがって、債務整理に強い専門家に依頼することが重要です。

交渉が終了すれば、和解契約書を作成します。ここまで全て弁護士や司法書士が代理人として全て行ってくれるので、自身で行うことは確認のみです。その後は和解契約書に基づいた金額を、弁護士事務所や司法書士事務所に月々支払います。通常は事務所に支払いますが、そうではないところもありますので、確認するようにしましょう。ここで支払いを怠ってしまうと、弁護士から辞任されてしまうので、しっかりと返済することが大切です。

個人再生の流れ

個人再生は、裁判所に手続きをする債務整理なので、時間がかかってしまうことが多いです。特に東京地方裁判所など案件が多いところは、時間がかかってしまいがちです。まずは弁護士に相談をして、依頼するところから始まります。金融機関から開示された情報を元に、計算をし直すのは任意整理と同じです。

その後は、代理人となった弁護士が書類を作成して裁判所へ提出します。全て弁護士が行ってくれるので、基本的には待っているだけで大丈夫です。その後は個人再生委員による面接が行われるので、弁護士と一緒に出席します。その後、個人再生委員に話しを聞いた裁判所が、再生手続の開始を決定します。

その後、弁護士から債権認否一覧表の提出を行い、さらには再生計画案の提出も行います。もちろん、この書類に関しても弁護士が行ってくれます。最終的には、裁判所が返済計画案の通りに返済することができると判断されれば、再生計画認可決定が出されることになります。

再生計画認可決定が出された後は、その次の月から返済することになります。個人再生に関しても、弁護士に一任しておけば面倒な手続きを自身で行う必要はありません。また、個人再生は官報に記載されることになります。

自己破産の流れ

自己破産に関しても、任意整理や個人再生と同じく弁護士に依頼することで、スムーズに進めることができます。ただ、自己破産に関しては自身で手続きを行う方も多少いらっしゃいます。

まずは自己破産に必要な書類をまとめて、地方裁判所に出すところから始まります。その後、裁判官からの質問を受けるために、破産の審問を受けなければなりません。このときに代理人がいれば、同席することも可能です。

破産手続きが開始された際には、財産があるときは破産管財人が専任されます。したがって、車や住宅などの財産は処分されることになります。破産の手続きが終了した後、もしくは財産がなかったときは免責許可がおります。免責許可がおりれば、借金を全て帳消しにすることができますが、官報に記載されてしまうことになります。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報