債務整理は弁護士・司法書士に依頼すべき

債務整理は弁護士・司法書士に依頼すべき

債務整理は弁護士・司法書士に依頼すべき

借金を少しでも少なくするためには、債務整理を活用することが重要です。借金が膨れ上がってしまうと、返済することが難しくなります。借金が多くなることによって、生活が破綻してしまう人もいますので、計画的な利用が重要です。計画的に借金を利用していたとしても、仕事がクビになってしまうなど、返済が急に難しくなってしまうことがあります。

返済することができないと、借金の金額も増えることになってしまいます。借金のことで悩んでいるときは、少しでも借金を減らすようにする必要があります。仕事の量を増やすなど様々な方法がありますが、債務整理を利用することで借金の減額や帳消しを行うことができます。

今すぐ無料相談する!

債務整理について

債務整理とは、債権者との話し合いや裁判所を利用することによって、借金の減額や帳消しを行うことです。債務整理を行うことによって、まずは督促を止めることができます。督促は郵送や電話などがありますが、督促を受けることによってプレッシャーを感じてしまい、日常生活に支障が出てしまうことがあります。債務整理の手続に入ると、督促は止まりますので平穏な日常を手に入れることができます。

債務整理を利用することによって、借金の減額や帳消しを行うことができますが、決して良いことばかりではありません。すでに完済している過払い金返還請求以外の債務整理は、信用情報機関に氏名が載ることになってしまい、クレジットカードの作成やキャッシングの利用が極めて難しくなってしまいます。さらには、個人再生や自己破産は官報に氏名が記載されてしまいます。良いことばかりではありませんが、借金の減額や帳消しは代えがたいメリットです。

自身で行う債務整理

債務整理は、法律や手続きも必要になってしまうので、知識が必要になります。債務整理の中でも債権者との話し合いで和解を目指す任意整理は裁判所を利用しないのですが、自身で行うとしっかりとした交渉を行うことができません。債権者も債務者本人との話し合いだと、上から目線になってしまいますので、自身が目指す和解を勝ち取ることができないことが多々あります。個人再生や自己破産に至っては、手続きも煩雑で書類を提出する必要があるので、専門的な知識が必要になります。

自身でも債務整理を行うことは可能ですが、手間や時間がかかってしまいます。一から手続きに関しての知識を身に付ける必要もあります。したがって、債務整理を依頼するときは専門家に依頼するようにしたいところです。

債務整理の依頼先

債務整理を依頼する先は、法律の知識を有していることと、手続きの経験を重視しなければなりません。債務整理を専門的に扱っている専門家は、司法書士と弁護士です。どちらも法律の専門家ですので、安心して依頼することができます。

司法書士や弁護士に依頼する際には、専門性に注目するようにしましょう。司法書士や弁護士は法律を取り扱いますので、得手不得手があります。依頼する際には、債務整理の経験が豊富な司法書士や弁護士に依頼するようにしましょう。また、依頼するときの費用に関しても、司法書士事務所や弁護士事務所によって違います。中には、初回に限り無料で相談することができるところもありますので、有効活用しましょう。

司法書士に債務整理を依頼するメリットとデメリット

司法書士の本来の仕事は、書類の作成代行です。したがって、弁護士のように代理人になることはできません。司法書士を利用して個人再生や自己破産を行うときは、書類作成の代理人ということになります。

ただし、唯一任意整理のみは司法書士でも代理人になることができます。しかし、司法書士が代理人になることができるのは1社140万円までとなっています。この金額を超えると、司法書士に依頼することができませんので、弁護士に依頼しなければなりません。

司法書士は、弁護士に依頼するのに比べて費用が安くなる傾向があります。1社あたりの金額が少ないときなどは、司法書士に依頼することによって、債務整理に必要な費用を抑えることができます。

弁護士に債務整理を依頼するメリットとデメリット

司法書士に依頼すると140万円までの任意整理しか依頼することができませんが、弁護士なら金額に関係なく依頼することができます。任意整理の金額が大きいときは、必然的に弁護士への依頼となります。

個人再生や自己破産を行う際には、面談が必要になる場合があります。面談は審尋と呼ばれていますが、必ずしも行われる訳ではありません。以前では司法書士は同席することができませんでしたが、現在では同席することができる場合が多くなっています。この審尋ですが、司法書士は代理人ではありませんので、本人の代わりに質問に答えることができません。弁護士は正式な代理人ですので、審尋の際にも質問に答えることができます。

弁護士はメリットが大きいですが、司法書士に依頼するときに比べて、費用は高くなってしまいます。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報