福島県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

福島県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

福島県で債務整理をした方の口コミ・評判

なんとか毎月、返済を続けてきましたが、遅れがちになってしまい、催促の電話がくるようになってしまいました。自分が悪いとはいえ、催促の電話を受けると心臓が縮み上がる気持ちになります。「もう無理だ!」と弁護士事務所に駆け込みました。自己破産の手続きに入ると、催促の電話がピタリとなくなりました。もっと早くに手続きしておけば良かったです。
福島県いわき市 50代男性

無計画にキャッシングをしてしまい、支払額が給料に迫る勢いになってしまいました。子どももまだ小さいし、これからお金はかかるばかり。今のままでは生活できないと夫に打ち明け、債務整理を行うことにしました。家計をかえりみず外食や趣味お金をつかっていた夫も反省してくれ、家族みんなでやり直したいと思います。
福島県福島市 30代女性

法律事務所に債務整理の相談に行きましたが、自己破産だけでなく色々な方法があることを初めて知りました。マイホームを残しつつ借金額を圧縮できる個人再生、元金のみを返済していく任意整理。どの方法が自分にとって最善の道か、弁護士と相談しながらしっかりと決めていきたいと思います。
福島県郡山市 30代女性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

増枠の案内は慎重に
◆増枠の基準
1度も返済が遅れた事がないのに一体なんのようだろう・・・。もしかして手違いで入金がされていないのか?その様に思う人も多いです。実はこの電話は優良顧客にだけ電話をかける。増枠営業の電話です。

消費者金融は新規のお客さんは幾ら社会的地位が高くても最初は半信半疑です。しかし、会員になってしまえば、その人の行動が直ぐにわかります。特に増枠の営業の対象になるのは、先ず。返済遅れがない人これは第一条件。そして次に契約期間6カ月以上で対象になる事が多いです。

後は他社借入とのバランス。この3点が揃っている事が増枠営業の対象者になります。金貸しは基本的に石橋を叩いて渡ります。危ない橋は渡りません。安全な選択を選びます。その為、増枠営業の対象になるのは優良顧客の人達です。優良顧客になるには上記の3点はしっかりクリアしないといけません。

クリアすると、営業の電話がかかってきます。金貸しは本当にシビアです。この人はお金を貸したら、危ないと思えば一切追加の融資はしません。優良顧客の人以外に営業はかかってきません。営業リストから除外されてしまいます。

増枠はまだかなと思っていても、消費者金融の営業リストに入っていなければこちらから仕掛けても撃沈するのがオチです。しっかり返済している人は優遇されますが、返済が遅れたりしている人は、優遇は当然されません。

当然、返済実績が優秀な人と返済実績があまり良くない人では当然前者でなければ、増枠の対象にすらなりません。大体、半分くらいの人は、増枠を期待しています。その中から更にふるいをかけて、優良会員だけが増枠の案内が行くのです。

毎月しっかりお金を返している人はもし、消費者金融から電話がかかってきた場合は恐れる事は何もありません。ほぼ間違いなく増枠案内の営業の電話です。増枠に興味が無ければ電話をかける必要がありません。興味がある人は電話をすれば良いのです。

◆増枠後気をつける事。
今まで50万円の枠だったのが80万円に増枠されると天井は80万円になります。こうなると、借金の総額が増えますから、返済する金額が毎月増える事になりますから、お金を借りるのは慎重に借りる必要があります。

増枠になったら嬉しくない人は殆どいないと思います。ここがポイントですね。ここで浮かれていると強烈なしっぺ返しを受ける事になります。余り、見通しを甘くみない事が重要です。不要なお金を借りない事です。

良く増枠の営業をした際に快諾してもらう事がありますが、50万円が80万円に天井が上がっても30万円を直ぐに引き出す必要はありませんからね。ここを履き違わない事が重要になってきます。

借金の大原則である不要なお金は一切借りない。

ここが非常に重要になってきます。ついつい、借入枠に余裕があるとお金を安易な気持ちで借りてしまいがちです。借金なのですが、多めにお金を借りる事が出来るので、気持ちが大きくなってしまいます。

とにかく増枠後気を付けなければいけないのが、不要なお金を借りない事です。増枠と言うのは優良顧客中心ですがそこに落とし穴があります。それは慢心ですね。自分は増枠を勝ち取ったのだから借金で失敗は絶対しないと言う自惚れ状態には絶対にならない事です。

人間、明日何が起こるか分かりません。余裕のあるお金の使い方をしておかないと、痛い目に遭います。そこで学習すればまだいいですが、暴走モードに入ってしまう人がいます。そうならない様に気をつけて下さい。

◆増枠が必要ない時はきっぱり断る。
増枠の案内の電話がかかってきたときにもうこれ以上のお金を借りたくないと言う時はキッパリ断る事です。いらないものはいらないとはっきりと意思表示をする事です。これは意外に重要な事です。消費者金融のペースに合す事はありません。

今回は必要ないで大抵は諦めますが、ノルマがかかっている時は、なんだかんだ理由をつけて、今借りておけばかなり有利など、消費者金融の営業トークに惑わされない事が非常に重要になってきます。お金は必要ないのですから、今は必要ないまた今度でOKです。ここまできっぱり断れば流石に諦めるでしょう。

◆増枠を希望すると・・・
皆さん色々な事情があるとおもうので増枠は直ぐにしてもらいお金を直ぐに借りたいと言う人もいると思います。そういう人はお金が必要でしょうからお金を借りても問題はありませんが、毎月の返済額が多くなると言う事を忘れてはいけません。

お金は借りれば借りる程、ドンドン返済する金額が多くなって行きます。普通にやりくりできる人は特に問題ないでしょう。生活に支障をきたす人は増枠を受けるべきではないですね。結局借りたお金は返さなければいけません。

借金を全くするなとは言いませんが余裕を持ってお金を借りる事が非常に重要になってきます。ギリギリのラインの攻防をしていては仕方がありません常に余裕を持って行動する事が重要です。返済してもまだまだ余裕がある。この状態を維持しなければいけません。この状態をキープ出来ないなら借金はしないべきです。

債務整理の手続きが多い福島県の特徴

2011年3月11日、未曽有の大惨事となった東日本大震災が発生しました。東北地方太平洋沖地震による地震と津波の両方の影響を受け、福島県も大きな被害と損害を受けました。特に、福島第一原子力発電所事故は、福島県産の農産業、畜産業に大きな打撃を与え、深刻な風評被害も受けることになりました。多くの人的被害ももたらし、今なお悲しみは癒えませんが、時を経て復興の道を進んでいる福島県に県外、国外からも多くのエールが送られています。

福島県では畜産業が盛んですが、福島ブランドの福島牛は上質な霜降り肉でとろけるような触感で、まろやかに味わえると人気です。福島の豊かな自然の中で飼育された福島牛のおいしさを一度は味わってみたいものです。

福島県で収穫量の多い果物には、桃やジョナゴールドがあります。福島桃である「あかつき」は特に人気の高くなっています。甘味があってジューシーな「あかつき」は食べる人を魅了してやみません。特産品なだけあって、福島県では桃の菓子類も品数が多いです。福島桃を使用したおいしいクッキーやタルトはお土産にも喜ばれますね。

福島県といえば、有名なお菓子があります。それが三万石のままどおるです。ミルク味のあんをバター生地の中に包み込んだ、昔から変わらぬ味を維持している福島県では定番の焼菓子です。ままどおるとはスペイン語で「お乳を飲む子」をいう意味を持っているそうです。バター味の優しい焼き菓子にぴったりのネーミングですね。

福島県の観光名所として有名な場所はやはり会津若松でしょう。幕末の白虎隊の悲劇は今も語り継がれていますね。NHK大河ドラマ「八重の桜」でも白虎隊の様子が描かれ話題になりました。そんな歴史的な地である会津若松には多数の観光スポットがあります。まず赤瓦で有名なのが鶴ヶ城(若松城)です。会津の歴史を「学び、遊び、体験」できるお城ミュージアムも注目を集めています。会津の歴史に触れたければ、鶴ヶ城を訪れてみてください。きっと、いろいろな発見があるはずです。また鶴ヶ城の外側は公園になっています。

広々とした公園で、鶴ヶ城を見上げながらゆったりと過ごすのも良いでしょう。鶴ヶ城の近くには福島県立博物館があります。規模の大きな博物館で、展示物が充実していますし、福島県の歴史について様々な角度から学ぶことができます。ぜひ一度は足を運んでおきたい場所です。他にも白露庭や会津葵シルクロード文明館など、鶴ヶ城周辺は観光スポットが多数存在しています。一日かけて、鶴ヶ城周辺を巡り、会津の歴史に浸ってみてはいかがでしょうか。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報