岐阜県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

岐阜県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

岐阜県で債務整理をした方の口コミ・評判

私は岐阜市内に住む者です。子供の病気の手術費用にお金が必要になり、消費者金融から200万円程かりました。子供の出術はうまくいき、これから返済していこうと思っていた矢先、次は大阪の私の母が病気で倒れました。面倒を見るための交通費など、結構な費用がかかってしまい、借りた消費者金融へのお金の返済が滞り、岐阜駅法律事務所に相談。まだ借りている額が少なかったので、任意整理をしました。今は月々無理のない返済を行いながら生活しています。債務整理をしてよかったです。

(42歳 男性)

今すぐ無料相談する!

個人再生体験者です。ギャンブルに嵌り、気づけば消費者金融から350万円の借金。首が回らなくなってしまい、各務原法律事務所へ相談しました。個人再生の手続きは、家計簿をつけるなど、少し面倒な面はありますが、親切に相談に乗ってもらいながら、無事個人再生をする事ができました。まだまだ返済中ですが、ギャンブルはもうこりごりです。
(36歳 男性)

今から10年以上も前に複数の消費者金融から180万円を借り、すべて返済出来たのが3年前。それから過払い金請求の事を知り、自分にも戻ってくるのではないかと思い、アディーレ法律事務所に相談した。すると、結構返金がありました。アディーレの担当者も相談しやすい人で、手続きも難しくなかったです。過払い金請求はやって損はありません。
(49歳 男性)

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

◆1度もATMに行かず取引終了
本当に便利な時代ですね。消費者金融にお世話になった時期がありました。融資も返済も全て振込です。1度もATMに行った事がありません。カードは当然書留で郵送されてきたので持ってはいました。

最初の頃にいつかは出番が来るだろうと思っていましたが、結局最後まで出番なし。今の時代カードがなくてもお金を自由に借りる事がデキ返済する事も出来ます。別に私は特に多忙ではありませんが、非常に便利でしたね。便利なものだと人間楽したくなります。

楽したくなると言ってもきちんと返済は遅れず行っていますからね。ここが1番重要な部分です。返済はパーフェクトにする。これが出来ない人はダメですね。何をやってもダメだと思いますよ。お金を返すのは基本中の基本ですからね。

借りた物を返すのはお金に限った事ではありません。友人から車を借りて、返さない人はいませんよね?それと同じ事なのです。車がお金に変わっただけ。確かにお金は稼ぐ事をしないと収入は得られません。

仕事に関しても真面目に向き合うようになります。お金に関してルーズな人以外は。元々仕事はしていたわけです。そこに借金と言う要素が負荷をかけてきます。そうなってくると、仕事にも熱が入ってきます。ここで心が折れてしまう人はダメですね。ここで尻に火がついた位の気持にならないとダメですね。

実際はそういう感覚にはならないと思いますが、借金の返済が万が一滞ってしまった場合の事を考えると怖いですよね。最悪、給与差し押さえになりますからね。振込でお金を借りるのは非常に便利です。必ずその際、残債務を確認しておかなければいけません。自分の債務がどれ位あるかは把握しておかなければいけない事です。

余りに振込が便利なのでついつい借りすぎてしまう人もいると思います。実際にATMに行っていませんから、あの独特の雰囲気を感じていませんから、ついつい多めに借りる人もいるようです。どんぶり勘定は一番良くないですからね。どれ位、現在自分が借りているかは常に気にするようにしないといけません。

◆これからの時代はますます振込需要が増える。
夏の暑い日や冬の寒い日は余り外にはいかなくて良いのなら外に出たくないですよね。コンビニまで行くのも嫌になる物凄い暑い日とかは言えのエアコンの効いた空間で楽をしたいですよね。そんな時に振込でお金を借りるのは助かります。振込の場合は1部の銀行を除き14時59分までに振込が完了しないと翌日扱いになります。

昼間にお金を振り込んでもらって気温が下がる夕方以降にお金を借りる。これが理想的ですね。銀行振込は時間との戦いがあるのがネックです。24時間振込対応している、ネットバンクに口座を持っていれば問題はありません。今後ネットバンクも顧客数をどんどん伸ばしていく事でしょう。それに伴い消費者金融の振込需要は大きく伸びる事が予想されます。便利な物には皆さん弱いですからね。

便利な物はそのまま使い不便な物は使わない。このスタイルで良いと思います。結局物の良し悪しを決めるのは使う人です。自分が便利と思っていても他の人に取っては不便なものもある訳です。そこら辺の兼ね合いは、皆さん価値観が違いますから、自分にあっているものだけを選択すればいいだけの話なのです。無理やり合わせる必要はありません。

◆本当に便利だった振込
他の人はどのように感じるのかは私には分かりませんが、とにかく私に取って振込サービスは本当に便利でした。コンビニのATMでお金を借りる事も出来ますが、後ろに人が並んでいたら嫌ですからね。勿論、後ろの人が覗き込んでこない限り、消費者金融からのお金を下しているとは分かりませんけど、なんか後ろに人がいると嫌な感じがします。

不思議なもので、給料を引き出すのは別に後ろに人がいても特に気にならないのです。人間の心理って面白いですよね。借金に関しては非常に敏感になっている自分がここにいます。完全に借金は振込でATMからは自分の口座から引き出せるのでコンビニの提携ATMは便利ですね。ATMで1度も借りずと言うのは、消費者金融の専用ATMと言う意味です。コンビニのATMは流石に使います。

それにしても便利な時代です。振込を希望すればあっという間に自分の口座にお金が振り込まれてきます。本当に便利ですよね。このお金を使って通販のサイトで商品は購入をすれば外に出ないで商品を購入する事が出来ます。外出しないで物品の購入まで出来てしまいます。その分返済もキチンとしなければいけません。しっかりと返済しないとお金が自由に借りる事が出来なくなってしまいますからね。

ここの部分が非常に重要な事です。お金を振り込んでくれると言う事は貴方の信用力は高いと言う事です。この状態を維持しないといけません。なかなかキープするのが難しいと言う人がいますが、バランスの悪い借り方をするとそうなります。しっかり余裕のあるバランスの良い借り方をしていれば、返済遅れもありませんし、信用力は高い次元でキープされます。

今すぐ無料相談する!

債務整理の手続きが多い岐阜県の特徴

岐阜県は全国の中でも弁護士の数が非常に少ない県です。秋田県、岩手県、茨城県、山形県、岐阜県と、全国の中でも5番目に少ない県となっています。そのため、債務整理を実施しにくいという点が挙げられ、司法書士に依頼される方も多くいるといった状況です。岐阜県での債務整理の相場は、

過払金返金の場合:
(交渉業者1件当たり)20,000円、(報奨金)返金額の18%~20%

任意整理の場合:
(交渉業者1件当たり)20,000円、(報奨金)返金額の18%~20%

個人再生の場合:
 250,000円 ~ 400,000 円程度
自己破産の場合:
 180,000円 ~ 250,000円程度

となっています。全国的に見て平均的ではありますが、弁護士、司法書士事務所が少ない分、自宅から遠方の法律(司法書士)事務所に行く必要があったり、弁護士が裁判所へ手続きに行く費用(※実費精算)などといった、純粋な債務整理費用以外にも交通費等といった諸経費が増えてしまう傾向にあります。また、岐阜県で債務整理をする場合、岐阜県の弁護士、司法書士に相談する必要は必ずしもありません。他県からでも対応可能である法律事務所もあるため、費用面なども見ながら広い範囲で弁護士や司法書士事務所を探してみるのも手段の一つです。

今すぐ無料相談する!

岐阜県で債務整理・任意整理をするなら?司法書士に依頼するべき理由とは

債務整理を行うとき、「自力でできないか」と考える人がいます。債務整理の手続き自体は、誰かに頼まなければいけないと決まっているわけではありません。しかし、実際問題として知識のともなわない一般人が間違いなく債務整理を完了するのは難しいといえるでしょう。司法書士・弁護士に依頼して正式な手続きを踏むと、債務整理は成功しやすくなります。この記事では、岐阜県で債務整理・任意整理を目指す人向けに注意点をまとめていきます。

今すぐ無料相談する!

司法書士か弁護士か?岐阜県で債務整理を頼むべき法律事務所

自力で債務整理をしない方がいい理由

自力で債務整理を行えば、司法書士・弁護士にかかる費用を削減できます。しかし、それ以外ではむしろデメリットが大きいといえるでしょう。まず、一般人は債務整理に必要な手続きを一から勉強しなければならず、それだけでも時間がかかります。債務整理には時効をともなう手続きもあるため、手配が遅れて得する要素はないのです。次に、債務者本人の負担が大きすぎることが挙げられます。費用が浮く代わりに、仕事や家事の時間を削って債務整理の手続きを行わなくてはいけません。不自然な行動を繰り返していると、職場や家族に債務問題が発覚してしまう可能性もあります。また、手続きを誤ると債務整理が却下される恐れも出てくるのです。

司法書士と弁護士はどちらが優れているか

債務整理を依頼するなら、司法書士・弁護士のいずれかに頼むのが得策です。このうち、より多額の債務問題を担当できるのは弁護士です。しかし、債務問題に特化している事務所が多いのは司法書士でしょう。結論を書けば、司法書士と弁護士で対応に大きな差が見られるとはいえません。重要なのは事務所の方針、理念と依頼人の希望が一致するかどうかです。気になる事務所には積極的に連絡し、無料相談をセッティングしてもらいましょう。直接、事務所で話をすれば相手の態度を見極められます。インターネットや口コミだけでは分からなかった誠実さが伝わるので、理想的なパートナーと出会いやすくなります。可能な限り比較検討をして、信頼できる専門家を見つけましょう。

岐阜県で司法書士に依頼した人の口コミ

岐阜県で債務整理に成功したケースでは、司法書士に依頼した人がたくさん見られます。「費用がかかると思っていたが、成功報酬制度だったので依頼時にはお金がかからなかった。債務整理で経済的に余裕ができてから、減額した借金の一部を支払っただけだった」「債務整理には不安が大きかったが、無料相談で丁寧に答えてくれる司法書士がいて救われた。そのまま、同じ人に依頼をしたら債務整理がスムーズに進んでいった」「貸金業者から、返済が遅れれば家族や保証人に連絡すると脅迫されていた。しかし、司法書士が間に入ってくれて督促は止んだ」司法書士に債務整理を任せると、作業の精度が高まるのはもちろん、精神的にも楽になるといえるでしょう。

今すぐ無料相談する!

債務整理をもっと詳しく!どんな方法を選べばいい?

「過払い金請求」と「任意整理」は違う

債務整理は、借金返済が行き詰った人のために国が定めた減額制度です。有名な方法として「過払い金請求」と「任意整理」が挙げられます。この2つを混同している人もいますが、実際には「任意整理を行う過程で過払い金請求を行うこともある」のだと認識しておきましょう。「過払い金請求」とは、不当な利息を払い続けていた債務者が、貸金業者に過払い分の返還を求める手続きです。「任意整理」は貸金業者との話し合いで、返済可能な状態にまで貸付条件をゆるめてもらう手段です。任意整理では過払い金が発生していなくても「これほど金利を減らしてくれたら元金は全額返済します」といった交渉を行うことが可能です。

「特定調停」と「個人再生」は多額の借金に有効

返済能力が残されていたり、借金の総額自体が少なかったりするなら任意整理は効果的です。しかし、多重債務などでより多額の借金を背負ってしまったら「特定調停」が必要になってくるでしょう。特定調停では簡易裁判所に仲裁してもらって、貸付業者と債務者が交渉を行います。その結果、当初よりも大幅に減額した借金を債務者は長期にわたって返済していくことになります。ただし、特定調停は必ずしも債務者に有利な決定がなされるとは限らないので気をつけましょう。裁判所の仲裁で貸付条件を見直すのが「個人再生」です。個人再生を行うと債務者は社会生活に大きな影響を招きますが、なんとか私有財産は守りぬけます。

「自己破産」はデメリットも考慮しよう

返済能力がなくなったうえ、借金もあまりに大きくなりすぎているなら「自己破産」を迫られるケースもあります。自己破産を行うと、借金は全額免除されます。貸金業者も督促を続けることができません。そのかわり、少なからずデメリットもあるので、安易に選択しないように気をつけましょう。自己破産をすると信用情報に大きく傷がつきます。10年間は新たに借入を行ったり、クレジットカードを作ったりできません。また、私有財産のうち、20万円以上の価値がある物品は差し押さえの対象となります。職業によっては就業制限がかかるうえ、「官報」に名前も掲載されます。誰もが見る資料ではないものの、調べれば分かるものなので、ネガティブなイメージにつながるでしょう。

今すぐ無料相談する!

岐阜県で任意整理はなぜ人気?ブラックリストの心配は

任意整理に貸金業者は応じてくれる?

任意整理は貸金業者との話し合いで、返済条件をゆるめてもらう手続きです。しかし、業者には任意整理に応じる義務はありません。債務者からの申し入れを断り、あくまでも元の条件に固執することも可能なのです。それでも、司法書士・弁護士を介せば、少なくない数の業者が任意整理の交渉を受け入れてくれます。理由としてはまず、他の債務整理を選ばれるよりも任意整理で手を打ったほうが、回収額は大きいからです。また、任意整理を行う時点で、貸金業者側に不正があると強くは出られません。債務者側の司法書士が提示してきた条件で妥協せざるをえなくなってしまいます。特別な理由がない限り、任意整理を却下する業者はむしろ少数派です。

任意整理ができないこともあるの?

任意整理を行うと「信用情報機関の履歴が損なわれない可能性もある」「財産が守れる」「家族に債務問題が発覚するリスクを減らせる」などのメリットが得られます。一方で、任意整理は必ず成功する方法とも言い切れません。たとえば、債務整理後、債務者は3年から5年の間に完済を目指します。しかし、借金が大きすぎてとても5年以内に完済できない場合、貸金業者は任意整理の交渉には応じてくれません。また、債務者側から提示された条件があまりにも一方的だったときも交渉は決裂します。任意整理を確実に行うためには、司法書士や弁護士からのアドバイスを聞き流さず、貸金業者との妥協点を探るようにしましょう。

任意整理は司法書士に任せよう

任意整理を行うにはまず、返済状況を正確に調べます。取引履歴や銀行口座などを振り返り、「利息上限法に準じた返済額」と「実際に支払われた返済額」を割り出します。ここで差が生じていれば、同時に過払い金請求も可能です。しかし、返済状況の確認は一般人の知識だと非常に時間がかかるため、最初から司法書士に任せておくのが無難です。過払い金算出、必要書類の作成代行だけを請け負ってくれる司法書士もいるものの、「貸金業者との交渉」まで一貫して依頼した方が安心です。貸金業者も法律事務所相手だと強気にはなれませんし、とりあえず返済の義務がストップするメリットもあります。岐阜県で債務整理を考えているなら司法書士に頼みましょう。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME