茨城県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

茨城県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

茨城県で債務整理をした方の口コミ・評判

夫の借金が発覚しました。仕事のストレスからパチンコにハマって多額の借金を作ってしまったとのこと。勝手に私名義のカードまで使用していて腹が立ちましたが、このままではどうにもならないのでうなだれる夫を連れて弁護士事務所へ。夫名義の借金のみ任意整理することになりました。夫任せだった家計管理を私が担当することになり、これからしっかり返済していくつもりです。
茨城県水戸市 40代女性

借りたお金を返済しきれずに自己破産することは債務先には迷惑を掛けて申し訳ないことだと思いますが、生活を立て直すきっかけを作ってくれる前向きな制度であるとも思います。今回、弁護士と相談し自己破産することを決めましたが、これから家族みんなで生活を考え直していくつもりです。
茨城県日立市50代男性

社会人になってクレカを作ってから金使いが荒くなってしまいました。欲しい洋服があればリボ払いやキャッシングをしてすぐに購入してしまい、あっという間に限度額一杯に。何枚かカードを作って全て天井張り付きになってしまい、事態の深刻さに気が付きました。弁護士を立て、自己破産しようと考えています。魔法のカードのように思って使いまくっていたことを反省中です。
茨城県石岡市 20代女性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

借金返済でうつ病に・・・
◆重くのしかかるストレスとプレッシャー
別に借金を侮った事はありませんが、ドンドン借金が増えていきます。これには困ったものですね。自制心が弱いと直ぐに借金をしてしまいます。所謂、借金依存症の状態ですね。自分ではそんな事はないと思っていても行動が全てを示しています。

結局踏みとどまる事が出来ず借金で楽な想いをまたしたいと思ってしまうのです。借金をすると、非常に気持ちが大きくなってしまいます。これが厄介です。気持ちが大きくなってしまうので、借金なのにお金を惜しげもなく使い切ってしまいます。ここが1番の問題です。

借りたお金は返す義務があります。借りる時は特にプレッシャーを感じる事はないでしょう。しかし、いざ返済となった時に大きなプレッシャーとストレスが大きくなってきます。借りる時にプレッシャーがあったとしても、せいぜい、審査の時くらいです。

別にやましい事をしていないので、特に緊張感でパニックになる事は先ずないでしょう。しかし、プレッシャーや、ストレスを感じる度合いは、人によって違います。深刻に考えてしまう人や全く気にしない人などがいます。全員がプレッシャーを感じる訳ではありませんが、結構痺れてしまいます。

しかし、人間は強いようで弱い部分もあります。借金をしたら、ノー天気な人でない限り、支払いが気になるものです。どうしたら順調に返済出来るかなど色々考えます。そういったタイプの人の方が成功する確率は高いです。物事に対して計画を立てようとする努力は報われます。

問題は色々考えて、頭の中が大パニックになってしまう人です。当然返済を計画する時、完済を目指して計算をします。この時、殆どの人が逆算から入ります。

逆算から入れば、何月は〇万円と決めて効率よく返済していく事が重要になってきます。収入が多いボーナス月は多めに返済するなど、工夫して返済していく事が非常に重要になってきます。

しかし、こうやって書くのは簡単ですが実際に返済する人に取ってみれば既に借金の返済に対して、プレッシャーを強く感じてしまう人もいます。そしてそれと同時にストレスを多く感じるようになってしまいます。

人間は物凄く芯の強い人もいますが、ごく少数です。殆どの方はプレッシャーやストレスを感じる様になっています。この状態を何とか解消したいと思ってもそう簡単には解決できる問題ではありません。

ストレスやプレッシャーは出来れば感じたくないものです。毎日借金の事を考えていたら胃が痛くなってしまいます。この問題は永遠のテーマですね。
◆返済の事を考えていたらうつ病に・・・。
返済の事ばかり考えるとうつ病になってしまう人もいます。うつ病は精神療法と薬物療法で治す事ができます。心療内科か精神科のどちらかを受診する事になりますが、どちらも診察する医師は精神科の医師です。通いやすい病院を選べばいいと思います。

精神科が嫌なら心療内科を探して通院すればいいのです。とにかく返済の事は考えない事です。毎日考えていたら、キリがありません。しかし、全く考えるなと言っても無理があるでしょうから、返済日前の1週間位にしておいた方が良いと思います。

そうしないと、うつ病の症状は抗うつ薬を服用しているのに症状が改善どころか、更にうつ病が悪化します。これでは本末転倒です。誰でもそうなのですが、お金の事は物凄く気になってしまいます。まして、借金ともなれば更に深刻に受け止める人もいます。

心療内科に行っても借金は減りませんが専門医の的確な薬物療法で次第にうつ病は改善の兆しを見せます。しかし、不眠などが併発していると厄介です。睡眠障害になってしまうと寝たと思ったら1時間で起きてしまい。夜は眠れず、会社で眠たくなります。

余り気にするなと言うのが無理な問題です。頭の片隅に入れておくのがベストと言えるでしょう。徐々にそうすれば、毎月の返済日前は何ともなくなります。返済はしっかりできていますから、そこまで神経質になる必要はありません。

◆借金問題でうつ病にならない為に
当たり前の事ですが、毎月返済期日までに返済していれば全く問題はありません。ここをしっかりしていれば、うつ病には先ずなりません。なってしまう人は何回か延滞がある人が殆どです。こうなってくると返済に関しては非常にシビアになってきます。

そうならない為に毎月必ず返済日に返済し、不要なお金を借りない。これが 非常に重要になってきます。余計な借金はしない事。これは大原則です。こういう余計な借金が原因で返済が何度か遅れ借金に対して過度のプレッシャーを浴びる事になってしまいます。自業自得です。

そうならない為にはどうしたら良いのか?答えは既に出ています。不要な借金は絶対にしない事です。人間、欲が出て来てしまうので、甘い汁を吸ってばかりいると、苦い薬を飲む事になります。このギャップが激しいのです。

なんだかんだ言って借金は最小限にしておけばそんなに頭を悩ませる事もないと思います。本来なら借金をしないで貯金をしてそこから切り崩すのが理想と言えます。しかし、理想と現実のギャップは相当大きく、お金を上手くコントロール出来ない人が増えています。

債務整理の手続きが多い茨城県の特徴

茨城県といえば、あまり馴染みのない人からすると、どう読めば良いのか悩んでしまうことがありますよね。いばら「ぎ」なのか、いばら「き」なのか、分からなくなってしまいますが、正しくは後者が正解です。間違っていばら「ぎ」と読み間違ってしまう人も多いです。茨城県民からすると、「そこは読み間違ってほしくない!」なんてこだわりもあるみたいです。

さて、茨城県といえばやはり水戸の納豆を思い浮かべますよね。関西では苦手な人も多い納豆ですが、茨城では毎日の食卓の定番中の定番となっています。納豆生産量は常に国内上位を占めており、納豆王国であるといえるでしょう。

茨城県は、他にもあんこう鍋が有名です。「東のアンコウ西のフグ」とまで言われる名物料理ですね。淡泊な味わいですが、脂肪が少なくコラーゲンが多いことから女性にも大人気のアンコウ鍋は茨城の冬には欠かせません。おいしいあんこう鍋の料理屋さんもたくさんあるので、冬場に茨城を訪れる際にはぜひ味わってみてください。

茨城県には美しい自然がたくさんありますが、中でも観光スポットとして人気があるのは筑波山でしょう。「西の富士、東の筑波」といわれるほど、知名度の高い、茨城県のシンボル的な存在といえるのが筑波山です。その標高は877メートルと他の名山と比べ低いため、初心者の人でも気軽に山登りが楽しめます。山頂まではローブウェイやケーブルカーでも登ことができるので、自分の体力にあわせて無理のない山登りを楽しむことができます。

子どもからお年寄りまで、ファミリーでも一緒に登れる山であるといえるでしょう。もちろん、安心して登れる山であるといえども油断は禁物です。事前にしっかりと準備して、体調も整えて登山するようにしましょう。筑波山の山上から見る景色は絶景です。山上まで上がった達成感に浸りながら、美しい景色を眺めてみてはいかがでしょうか。

茨城県には他にもひたち海浜公園、大洗水族館、鹿島神宮など、数々の観光スポットがあります。実は、茨城県は都道府県の魅力ランキングで最下位付近に位置している県なのですが、実際はそんなことありません。楽しめるスポットがたくさんあるので、興味を持ってみてくださいね。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報