京都府で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

京都府で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

京都府で債務整理をした方の口コミ・評判

5年前、任意整理をしました。私の場合は、衝動買いが原因です。衝動買いにより高額な買い物をたくさんした結果、90万円という金額を消費者金融から借り入れしました。最初は少しずつ返せばいいやと思っていたましたが、90万円の借金が全然減っていきません。利息のせいですね。利息が毎月付くので、返済しても返済しても減っていかないのです。そのうち、この借金返済が嫌になり、債務整理という手段がある事を知りました。私は司法書士に相談し、この借金がどうにかならないか相談したところ、任意整理を進められました。今では、利息が付く事なく、3年間ですべて返済する計画で、順次返済しています。任意整理をすると、利息がつかなくなり元金のみを返済していくのみになりますので、楽になりました。任意整理をしてよかったです。
京都府京都市 30歳 女性

今すぐ無料相談する!

京都には京都競馬場があります。私はこの京都競馬場に嵌りました。毎週土日は、京都競馬場に行き、競馬をしました。京都で開催していない時でも、京都競馬場に居ました。一度、高額の万馬券を当て、そこから何とか万馬券で億万長者になれないかと、来る日も来る日も倍率の高い馬券に高額の投資。結果、当たる事なく、借金は増え、いつの間にか消費者金融で多額の借金が。等々返済出来ないくらいの借金になり、弁護士に相談しました。そして、個人再生をする事にしました。もともとクレジットカードなどを持っておらず、現金で生活していたので、個人再生をしても生活に大きな変化はありませんでしたが、もういいです。借金は楽じゃない。個人再生したおかげで、助かりました。
京都府八幡市 35歳 男性

バイクが大好きで、バイクを買いました。そして、そのバイクをカスタマイズするために、消費者金融からお金を借りました。お金を借りたきっかけはこんな事でした。ですが、一度お金を借りると癖になります。自由に使う事が出来るので、借りているという感覚がありません。自分のお金の様な錯覚に陥ります。結局、いろんな事にお金を使い、借金は150万円程度になりました。弁護士に相談し、任意整理を行いました。それも半年前に完済。やっと借金地獄から抜けられました。任意整理をしていなかったら、まだ返済は続いていたでしょう。してよかった。債務整理。
京都府宇治市 29歳 男性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

雪だるま式に増えていく借金
借金は一つの病気なんですね。借金依存症って名前を聞いた事があると思います。借金依存症の人は、歯止めが効かないので、借金があっと言う間に膨らみます。借りる事の出来るお金がある限り見境なく借り捲ってしまいます。借金依存症の人は殆どがギャンブル依存症です。ギャンブルと言うのは競馬などでは馬券が当たった時の快感が忘れられないのです。しかし、これは自分のお金で馬券を買った場合の話です。お金を借りてするものではありませんからね。

ギャンブルの鉄則で、借金をして勝負するな!!と言うものがあります。ただでさえ負ける確率が高いのです。それを借金をしてまでする事はお金を寄付しますと言っているようなものです。私も馬券が外れて土曜日にお金がなくなるとその日の内に日曜日分のお金を消費者金融から借りていました。

もうこの時点でどうにかしていますよね。当然ギャンブルの鉄則は知っている訳です。それを知っていながら、無駄な借金をする。こんな事をしていたら借金完済なんて無理です。こんな事を繰り返していたら借金は雪だるま式に増えていきます。そうなって来ると、借金を返す為に仕事をしているようなものです。借金に関しては考え方が皆さんそれぞれ違うと思います。上手い事借金を使える人は問題がありません。私の様な神風特攻隊みたいなタイプはダメです。

よく、十人十色といいますが10人お金を借りている人がいれば、それぞれ借りている金額も違いますし、返済が順調な人もいれば悪戦苦闘している人もいると思います。借金は少しの油断から、雪だるま式にドンドン増えていきます。そのスピードも速いです。何せ毎週借金をしていますから、返済が毎月1回借入は月4回こんなペースなら冷静に考えれば必然的に返済が厳しくなります。

とにかくバランスが悪すぎます。しかし、当時の私の思考回路は完全に狂っていました。【まだ大丈夫】こんなかんじで楽観視していました。楽観視するのは良いのですが、問題はその考え方と現実が余りにも離れていた事です。良い方向にかけ離れていれば問題はありませんが、悪い方向にかけはなれていましたから、借金依存症の度合いとしては深刻な状況です。

借金依存症の厄介な所は、本人は気が付いていない事です。その為、私みたく、月4回借りて、返済は月1回と言うとんでもない借り方をしてしまうのです。流石にこれはバランスが悪すぎます。一言で言えば常軌を逸している。こんな破天荒な借り方をして馬券がバンバン当たるなら問題ありませんが、競馬はそんなに甘いものではありません。

借金依存症にギャンブル依存症の最悪のコンビです。これを抜け出すには、ギャンブルをやめるしかありません。そうすれば他に使うお金をなくなります。そうは言っても借金依存症はそう簡単に治りません。先ず、ギャンブル以外にもお金を注ぎこんでいます。例えば普段はバスを使っていた所がタクシーとなってしまいます。バスは200円。タクシーは1000円。5倍も無駄なお金を使っています。

バスがまだ全然走っている時間帯です。終電とかでバスがないのなら分かりますが、バスは全然走っています。しかも日中ですからね。何かを買ってタクシー使わないと不便に感じる様な買い物もしていません。当然こんなことを繰り返していれば余裕で1カ月のタクシー代は2万円を超えます。こんな事を1年間繰り返していると24万円以上も1年間のタクシー代金がかかります。

24万円もあれば、美味しいご飯が10回は食べられます。10回じゃきかないですね。もっと食べれますね。10回以上ですね。これには困ったものですが、タクシーの誰にも妨害されないスペースが気にいってしまうのです。かなりタクシーは楽ですからね。借金が雪だるま式に増えるのには、ギャンブル以外で自堕落な生活をしているとあっという間に雪だるま式に借金は増えていきます。

そろそろやばいなと思った時が普通の人の感覚よりもワンテンポ遅れならまだましですが、かなり遅れる事が多いです。結局お金は、湯水の如く沸いて出て来る訳ではありません。当然お金が借りられなくなる日がやってきます。

そこから見事なまでの反転攻勢が出来るかどうか問題になってきます。ある程度給料を貰っている訳ですから頭の使いようで出来なくはありません。ここで債務整理に逃れる人もいます。これだけは権利を行使するだけなので止める事は出来ません。

私が行った借金返済方法、おまとめローンは使えなかったので自力です。先ず、1番借りているお金の多い会社にターゲットを絞ります。その会社に通常返済する金額より3万円以上多くいれます。そうすると3万円は元金が確実に減ります。その他の会社は約定金額を入れておけばいいです。これをやっていると、1社はドンドン借金が減ってきて完済が見えてきます。

これを3社なら3回同じ事を繰り返すだけです。ピンポイントで狙いを定めて先ずは1社ずつ片づけていきます。これが同時で3社に均等返済していると、なかなか元金が減らず完済のメドがいつまで経っても立たない状況になります。借金は完済してなんぼの世界です。完済して初めて契約終了です。

今すぐ無料相談する!

京都で債務整理や任意整理をするなら?メリットとデメリットを解説

京都府は観光都市として知られていますが、京都市には大企業の本店、支店が集中していて経済活動が活発化しています。また、レジャー施設も多いため、債務問題を抱えてしまう人も少なくありません。京都で債務問題を解決するには債務整理がおすすめです。しかし、債務整理の方法が分からずに迷っている債務者は多いでしょう。この記事では、京都で債務整理を行う際に依頼するべき相手や、メリット、デメリットについて解説します。

京都での債務整理や任意整理は司法書士と弁護士どちらに依頼するのが確実?

債務整理や任意整理を債務者が自力で行おうとすると、さまざまな問題に直面します。まず、一般人は法律の知識が欠けているために正しい手順が分かりません。そうやって債務整理に手間取っているうち、時効になってしまうケースもありえるのです。また、貸金業者は債務者に債務整理を行わせないため、さまざまな対策を準備しています。一般人の知識では貸金業者に太刀打ちできず、あきらめざるをえなくなりがちです。「債務整理の確実性」を考えても、一般人が自ら行うのは危険です。債務整理では取引履歴を確認し、貸金業者と粘り強く交渉しなければいけません。わずかなミスがあると、たちまち債務整理は認められなくなってしまいます。

債務整理をするとき、司法書士や弁護士に依頼するのが確かな方法です。司法書士も弁護士も、「法律の専門家」であるのは同じです。ただし、司法書士には債務の額によって扱える案件の上限が設定されています。多額の債務になれば、弁護士に依頼するようにしましょう。ただし、弁護士は法律の「総合的な専門家」なので、債務問題に特化している事務所が意外と見つかりにくい傾向があります。司法書士は債務問題を中心に取り扱っている事務所も多く、ときには弁護士以上に債務者の力になってくれます。実は、司法書士と弁護士で「大きく対応が変わる」ということはできません。信頼できる事務所を見つけられれば、司法書士でも弁護士でも安心して債務問題を任せられるでしょう。

法律事務所を選ぶ際、注目したいポイントはまず「相談したときの感触」です。ほとんどの法律事務所は初回相談を無料に設定しています。およそ30分から1時間、債務者は事務所で自分の問題を話し、専門家の意見を聞くことができます。このとき、専門家の話す内容も重要ですが、「人間的に信用できるか」も気をつけましょう。いざ依頼する段階になると、債務者は自分の人生を事務所に委ねます。人間的に合わない事務所では、不安が残ってしまうでしょう。

また、料金体系についても早い段階で説明を受けたいところです。司法書士や弁護士は債務問題で「着手金」と「成功報酬」を請求してきます。着手金は契約したらすぐに依頼人が支払わなければいけない料金です。そして、債務整理に成功したら、減額した借金の何割かを「成功報酬」として事務所に渡さなくてはいけません。着手金も成功報酬も事務所によって設定がまちまちなので、納得できるまで不明点を質問しておきましょう。

そもそも債務整理って何?本当に借金が減額されるのか

債務整理とは国が認めた借金減額制度です。借金の返済が困難になった債務者は債務整理を利用することで、今までよりも軽い条件で借金を返済できるようになります。ときには残債をすべて帳消しにしてもらうことも可能です。ただし、債務整理にはいくつかの種類があり、借金を減額してもらうかわりに債務者が代償を負うケースもありえます。それぞれの種類の特徴を踏まえて、債務整理にはあたりましょう。

たとえば、「過払い金請求」は「グレーゾーン金利」への対応策として有名になった債務整理です。利息上限法の改定により、利息の上限は大きく下がりました。しかし、いまだに過去の利率で借金を返済し続けている債務者は大勢います。正しい利率を債務にあてはめ、改めて返済状況を見直した結果、「過払い金」が発生していたら貸金業者は債務者に返還しなくてはいけません。そのために、債務者は司法書士や弁護士の協力を得て過払い金を算出し、業者に請求します。これが「過払い金請求」です。過払い金請求が成功すれば返金額を残債に充当し、借金を大幅に減らすことも可能です。

「任意整理」も比較的、ハードルの低い債務整理です。返済状況がきびしくなり、「今の条件では返済を続けられない」と判断した債務者は、貸金業者に「条件をゆるめてほしい」と交渉ができます。これが、「任意整理」です。貸金業者が一番恐れているのは債務者から残債を回収できなくなる可能性なので、多くの業者は利息を低くしたり、残債自体を減らしたりして任意整理を受け入れてくれます。しかし、任意整理を拒否されたときには、債務者は別の方法で債務整理を行わなくてはいけません。

「特定調停」や「個人再生」は司法に仲介してもらい、残債を減らす方法です。特定調停は簡易裁判所の決定にしたがって、借金を返済可能な条件にまで低くしてもらいます。個人再生は「残債の一部を3年以内に返済すること」を条件に、残債を減額する判決を裁判所に下してもらいます。しかし、すでに債務者の返済能力が残されていない場合には「自己破産」によって残債をすべて帳消しにしてもらいます。特定調停、個人再生、自己破産には法的な執行力があるため、裁判所で判決が出ると貸金業者は逆らえません。そのかわり、債務者本人にも社会的なダメージが跳ね返ってきます。

京都で利用者の多い任意整理とは?どんなメリットがあるのか

京都で債務問題に悩んでいる人の多くが、任意整理による解決を図っています。任意整理を行う際には、まず取引履歴を貸金業者から取り寄せ、返済状況を確認します。このとき、利率が利息上限法に反している場合は過払い金を請求することも可能です。ただし、過払い金の算出は債務者側で行わなければならず、複雑な計算力と法的知識が求められます。債務者本人が行おうとせず、司法書士か弁護士に依頼するのが無難でしょう。返済状況が明らかになれば、貸金業者に連絡を取って任意整理の交渉に入ります。
任意整理が上手くいくと、「残債の減額」「利率の引き下げ」「分割回数の増加」など、債務者に有利な条件を得られます。任意整理がほかの債務整理と比べてメリットの大きい手段といえるのは、「社会的なダメージが少ない」点にあるでしょう。たとえば、債務整理の過去がある人は信用情報機関のデータにマイナスな履歴が残るため、一定期間クレジットカードを作れなくなります。また、ローンを組めない人も多いでしょう。しかし、任意整理は債務者と貸金業者の合意のもとに行われる取引なので、信用情報機関に履歴が残らない可能性もあります。任意整理を行っても、問題なく社会生活を送れている人もいます。

一方、任意整理を行うデメリットとしては「あまりにも借金が多額だと任意整理では間に合わない」点です。すでに債務者の返済能力をはるかに超えてしまっている借金では、多少利息を下げたところで根本的な問題の解決にはなりません。また、債務整理は貸金業者側にメリットが少ない手続きです。業者によっては一切任意整理を受け付けてはくれません。そんなときは、他の債務整理に頼らざるをえないでしょう。なお、「信用情報機関に影響がない」のは絶対的なメリットでなく、業者によっては任意整理でも信用情報機関にマイナスな報告をします。任意整理をはじめとする債務整理をスムーズに行うには、知識と経験にかかっています。京都府にはノウハウをそなえた司法書士、弁護士がたくさんいます。まずは無料相談から、任意整理の第一歩を踏み出しましょう。

債務整理の手続きが多い京都府の特徴

京都の人口は、263万人。かつて日本の中心として栄えた京都は、今もなお、日本の歴史における重要文化財が存在します。外国人観光客も多く、年間で8,000万人もの人が訪れる観光名所。京都の景観は訪れる人を魅了する街並みにあります。

また、京都文化として残る「舞子遊び」。今でも一元さんお断りの店も多く、常連客の紹介が無ければ、店ののれんはくぐれない客が多い場所です。北に上がれば日本海に面しており、日本三景の天橋立があります。どこをとっても見どころ満載な京都。日本人なら一生に一度は行ってみたいお勧めの土地ですね。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME