埼玉県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

埼玉県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

埼玉県で債務整理をした方の口コミ・評判

身の丈にあわない生活を続けた結果、気が付けば借金の合計が年収に迫る勢いで増えていました。派手な彼女ができて、交際にお金を掛け過ぎたのも原因です。彼女に振られて目が覚めました。もう自力で借金完済することは不可能だと感じ、弁護士事務所へ相談。借金の額から自己破産をすすめられ、受け入れることにしました。会社や周囲に知られることなく自己破産できると分かって、ホッとしました。
埼玉県さいたま市 30代男性

今すぐ無料相談する!

一時的に失業してしまったことがあり、その時に持っているカードでキャッシングを重ねてしまいました。無事仕事が見つかりましたが、以前ほどの収入は得られず、毎月の返済が苦しく感じるようになりました。そんな時、任意整理して元金だけを返済していく方法があることを知り、即債務整理の手続きに入りました!高い利息に苦しんでいましたが、元金だけなら計画的に返済できそうです。
埼玉県羽生市 40代男性

夫の借金癖がなおりません。やっと返済が終わったと思ったのに、また新たに大きな借金が発覚。我慢の限界を感じ、離婚しようと思いました。夫が泣いて謝ってきたので離婚は踏みとどまりましたが、今回の借金は額が大きく返済しきれないと感じました。法律事務所に相談し、個人再生の手続きを進めているところです。
埼玉県戸田市 30代女性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

どうしてこうなったのか借金返済の日々
◆流石にそろそろ限界
ここ3カ月延滞を繰り返しています。延滞をするようになったのは会社の業績が大きく傾き、返済は今までは余裕で出来ていたのですが、収入が半分に減ってしまった為、大打撃を受けてしまっています。今は妻もパートに出ている状況ですがなかなか直ぐに好転はしません。

非常に厳しい現実を目の当たりにしています。丁度4カ月前に、ある消費者金融から、増枠の案内があったのですが、まさかその翌月に会社の業績がここまで悪くなる事は全く想定しておらず、今は間に合っていますと言ってしまったのも痛かったです。

あそこでじゃあ30万円借りときますと言っておけば、もう少し楽な状況を作り出せたと思います。それを考えるとなんだが切ないですね。私の家庭は私と妻。それに中学2年生と高校1年生の女の子がいます。極力子供達にはばれないようにはしています。

但し、最近気になる事があり中学から始めた陸上を、部活を休んでアルバイトを長女がするようになりました。理由はなんとなく分かっています。もう16歳ですから、家庭の異変に気が付いてもおかしくないですね。だからと言って長女のお金をあてにする訳にもいきません。

しかし、流石にそろそろ限界に近づいてきました。妻のパート収入があり生活が少しは落ち着いていますが、私の給料半減は余りも大きいです。お金を借りたら返すのが当たり前の事ですが、必ず毎月1社回らなく妻の現在はパート収入待ちと言う状況が続いており、債務整理も仕方ないかと思っています。しかし。もう少し踏ん張ってみます。

◆催促の電話が・・・
流石に毎月1社は5日程、支払いが遅れるので、催促の電話が必ずかかってきます。そして、金曜日には必ず返金しますので待って頂けませんかと伝え、最終的にそれで決着しますが、どこの消費者金融もお金を返せない人間は客ではないと言ったイラッとする事をいいます。本当に弱い立場だと何も強気な事は言えませんね。

これも借金をした私が悪いのですから・・・。そう割り切っています。返済遅れの翌日に電話がかかってきますから、必ず1回で携帯は出るようにしています。そうしないと、会社に電話をかけて来られたら困りますからね。私の働く会社のオフィスはそんなに広くありません。

その為、電話の声が普通にしゃべると筒抜けになってしまいます。そうならない為に、小さい声で話します。会社にかかって来た場合です。基本的に携帯で一発で出て少しエントランスに行って、日にちの
交渉をします。

毎月業者が違うので、説明をするのが大変なのですが、こればかりは相手には非はありませんから、私の方でしっかりと対処しなければいけません。これは非常に大きな問題ですね。この問題を軽く扱うととんでもない強烈なしっぺ返しがきます。

◆家族総出でバイトにパート
今月でこれで3社に事情は伝えたので、後は、暫く5日1社だけ待ってもらう事になります。私も流石にこのままだとヤバイと感じていたので、牛丼チェーン店で深夜のバイトに入っています。次女はまだ中学生で、バトミントンに熱中しています。

長女が夕方から22時までファーストフード店でバイト。妻は昼間にスーパーでパート。私は8時に帰宅し、お風呂に入り仮眠を2時間取って23時からコンビニでバイトです。皆時間をずらしてバイトをしています。そうしないと次女が部活から帰って来た時に誰もいない状況が起こってしまうのでそれを避けています。

流石に長女は、何も言わずいつも通りですが間違いなく勘づいていますね。次女はまだ分かってないと思います。それがいいのか悪いのかは分かりません。長女と次女は仲が良いので長女が話しているかも知れません。

◆返済は何とか出来るも生活が苦しい
この様に家族総出でパートやバイトをやっているので、私の半分になった給料分は取り戻していますが、全額使う訳にもいきません。なかなか難しい判断です。正直給料日がバラバラなので生活が完全に安定していると言うレベルではありません。

どちらかと言うと依然生活状況は苦しいです。元々子供達は贅沢な事は言わないタイプなのでその分救われている部分は大いにあります。もし次女が新しいラケットを買って欲しいと今言って来たら、買ってあげたくても買えない状況です。情けない話です。

会社の業績が傾くのは全く予想出来ませんでした。その前の日までは何の変りもなく和気藹々と仕事をしていましたから、前兆は全くありませんでした。本当に人生というのは紙一重です。今紙一重の差で苦しい生活を送っています。

いつになったら安定した生活に戻れるのかは分かりません。最悪本業は退社して、再就職先を探すのも一つの手かなと思います。大学卒業して18年。本来貰えるはずの退職金より大分少なくはなりますが、それでもまとまった額は大きいです。500万円もあれば十分でしょう。本来なら1000万円以上は貰えるのですが仕方ありません。

まだ退職して再就職先を見つけるかは未定です。ただし、退職すると、退職金で、消費者金融二全額完済しても半分は残ります。その点を考えると今の会社は潮時かなと思っています。ここでの選択も紙一重ですね。

埼玉で債務整理をするときは司法書士か弁護士に依頼する

借金に追われて生活が苦しくなってしまった場合は、債務整理が有効といわれています。債務整理は法的な手続きであるため、実際に手続きを行っているときに迷ってしまわないよう、事前にしっかりと知識をつけておくことが必要です。また、司法書士と弁護士事務所の違いや任意整理についても知っておくと、債務整理を行うときに大きく役立つでしょう。ここでは、埼玉の司法書士や弁護士事務所と債務整理・任意整理の特徴を紹介します。

今すぐ無料相談する!

埼玉で債務整理をするときは司法書士か弁護士に依頼する

債務整理・任意整理を行う際は、司法書士か弁護士に依頼すると、手続きがスムーズに進みやすいといわれています。実際に依頼する前に、それぞれの特徴を把握しておくと判断する目安となるため決めやすくなるでしょう。

司法書士と弁護士の特徴は?

司法書士は、不動産・商業登記の代行や裁判所や検察庁に提出する文書の作成、民事事件の訴訟や交渉を依頼人に代わって行える専門家です。多くの業務を行えますが、民事事件の代理業務に関しては制限が設けられています。司法書士は、140万円以下の民事事件の相談・交渉・和解をする権限に限られているのです。債務整理は民事事件に関係する可能性が高いので、依頼を検討している際は注意しましょう。
一方、依頼人に代わって相手方と交渉できるのが弁護士です。弁護士は権限に制限がなく、非常に広い範囲の業務を行えます。例えば、刑事事件・民事事件のようなトラブルに対する法的なアドバイスや、裁判所での訴訟や調停などです。幅広いジャンルのトラブルに対応してもらいたいときに適しています。

司法書士と弁護士のどちらがいい?

では、実際に債務整理を依頼する際は司法書士と弁護士のどちらに依頼するのがよいでしょうか。一般的に、債務整理を依頼する場合は、どちらに依頼しても大きな違いはないといわれています。しかし、司法書士は業務の範囲が限られるため、140万円よりも高額な民事事件に関係するのか確認しておくのが大切です。適切な人に依頼をするためにも、あらかじめしっかりとチェックしておきましょう。
細かい特徴を挙げるならば、司法書士の場合は扱っている事件の種類が絞り込まれるので、債務整理や過払い金請求に特化している可能性が高いです。また、着手金がかからない場合や、全体的な費用が抑えられるケースもあります。一方、弁護士では全ての事案を代理してくれる点が大きな魅力となります。そのため、どんなケースでも安心して手続きを任せられるでしょう。

信頼できる事務所に依頼するのが大切

埼玉県内には、多くの司法書士と弁護士の事務所が存在します。どの事務所に依頼すればいいのか迷ってしまいがちですが、口コミ・評判の確認や、実績を目安にして選ぶのが大切です。口コミのなかには、生活が苦しくなるほどの借金があっても、専門家のおかげで債務整理を順調に進められたので安心したという声もあります。初回の相談は無料で行っている事務所も多いので、積極的に相談してみましょう。まずは、さまざまな司法書士と弁護士に相談してから事務所ごとの特徴を見極めます。そのなかで、自分が信頼できる事務所に依頼するのが最もよい方法です。債務整理は交渉ごとであるため、誤解のないように司法書士や弁護士と意思の疎通をしながら手続きを進めるのが重要になります。手続きへの不安を解消してくれるようなサポートを行っている事務所を選ぶとよいでしょう。

今すぐ無料相談する!

借金を解決するための債務整理とは?

債務整理の特徴

そもそも債務整理とは、国が認めた借金の減額制度を指します。借金である債務を減額したり、なくしたりして、国民が新しい生活を送れるようにするための制度です。主に、借金を滞納・延滞してしまった人や返済不可能になってしまった人に適用されます。借金を返すために他の金融機関から借金をしている人も債務整理の対象に含まれます。債務整理を行うタイミングは借金の金額や期間に規定がないため、深刻な状態になる前に、早めに専門家へ相談するのがよいでしょう。

債務整理を行うと、信用情報に事故情報として記録が残ります。そのため、新たにローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりする可能性が高いです。事故情報の記録は手続きの種類によって、約5~10年以内の間残ります。完済後、規定の期間が過ぎれば事故情報は消えるので安心です。

債務整理にはさまざまな種類がある

債務整理は、借金額・期間・手続きを行う人の経済状況によって4種類の手続きに分けられます。任意整理・自己破産・個人再生・特定調停です。手続きによって特徴は大きく異なるので、どの債務整理が自分に適しているのか、よく確認しなければなりません。
任意整理は、裁判所などの公的機関を通さず、貸金業者に借金の減額を直接交渉する手続きになります。自分だけでは交渉が難しいため、司法書士や弁護士に依頼する場合がほとんどです。

多重債務に苦しむ人のために、国が作った救済制度が自己破産になります。裁判所から借金の支払い義務を免除してもらえるので、借金の金額がゼロになるのが特徴です。自己破産は債務整理のなかでも最後の手段に位置する方法で、裁判所での手続きも厳格に行われます。借金をなくせるメリットは非常に魅力的に思えますが、多くのデメリットが存在するのも理解しておく必要があるでしょう。
個人再生は、裁判所に申し立てを行い、借金を減額して生活を立て直すための手続きです。個人民事再生・民事再生とも呼ばれています。手続きを行う際の制限が少なく、車や家を所持したまま借金の減額ができるのが特徴です。

裁判所に仲裁してもらい、3~5年で支払いを終えられるように借金を交渉する方法が特定調停になります。貸金業者と金利の引き直しや返済額の減額を交渉して、和解計画を立てる方法です。司法書士や弁護士ではなく、裁判所の調停委員が自分の代わりに交渉してくれます。手続きに必要な資料は自分でそろえる必要がありますが、調停委員が丁寧にサポートしてくれるため、スムーズに手続きを進められるでしょう。

今すぐ無料相談する!

任意整理は埼玉でもよく利用されている制度

任意整理の特徴と手続きする方法

貸金業者と直接できる手続きのため、埼玉県内をはじめ全国的に利用される場合が多いのが任意整理です。手続きを行うためのハードルが低く、比較的制限も少ないのが特徴です。借金の利息や毎月の支払額を減額してもらうように交渉するので、自己破産までしなくても借金を減らせます。また、過払い金で借金を返済する場合は、借金が残ると任意整理の扱いとなるため注意しましょう。
任意整理を行うには、専門家に依頼して貸金業者に受任通知を送ってもらいます。そして、専門家が貸金業者に取引履歴開示を請求し、利息制限法に基づいた残高を算出して交渉を行う流れです。

メリットとデメリットはある?

任意整理の主なメリットは、督促がストップする・返済の負担が減る・制限がない・財産を維持できる点です。任意整理を弁護士などに依頼すると貸金業者に受任通知が送られるため、取り立てや催促の電話がいったんストップします。実際に手続きが行われたあとは、今後発生する利息を支払わずにすみ、毎月の返済額も支払い可能な金額に減額されるので返済の負担が大きく減るでしょう。また、任意整理には職業制限や資格制限は設けられていないので、誰でも手続きを行えます。住宅や車を保持したまま借金を整理することも可能です。そして、任意整理の場合は自己破産や個人再生と異なり、手続きを行っても官報に掲載されません。そのため、債務整理を行った事実を周囲の人に知られない点も、大きなメリットです。

任意整理のデメリットとしては、借金の減額には限界がある・収入がないと手続きを行えない・和解が成立しないケースもある点が挙げられます。任意整理によって借金の金額をなくしたり、大幅に減額したりする可能性はあまり期待できません。借金の元本額は支払う必要がある場合が多いです。手続きを行ったあとに残った借金は返済をしていかなければならないため、任意整理を行える人は返済額に充てるための収入がある人に限られます。そして、弁護士と貸金業者間の交渉がうまくいかなかったときは、減額に応じる貸金業者の同意が得られないため、別の債務整理を検討しなければなりません。別の弁護士に依頼する場合もあるでしょう。
債務整理は複雑な仕組みのため、司法書士や弁護士といった専門家の力を借りるのが適しています。さまざまな専門家に相談し、自分に合った事務所を見つけてから手続きを進めましょう。

債務整理の手続きが多い埼玉県の特徴

埼玉県と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?「う~ん。埼玉県・・・って、何か特徴があったっけ?」と思わず考え込んでしまう人が多いかもしれませんね。関東地区の人でもそう感じる人が多いので、関東以外に住んでいる人にとってはなおさら埼玉県の印象は薄いといえます。「特徴がないこと。それが特徴!」なんて、揶揄されてしまうこともあります。埼玉県に住みながら、通勤や通学は東京都まで通う埼玉都民が多数存在していることからも、隣接する主要都市である東京都に興味が持っていかれがちになっている感じは否めません。そんな埼玉県ですが、実はすばらしい名所や楽しめるスポット、名産物など魅力ある地域です。埼玉県の魅力について、みていきましょう。

埼玉県は国内有数の野菜の産地です。特に小松菜、かぶ、ねぎの出荷量は全国上位を占めています。農産業が盛んで、新鮮な野菜をいつでも食べることができるのは埼玉県の魅力の1つですね。フルーツは日本梨を筆頭に多種多様なフルーツが栽培されています。埼玉県では観光農園が盛んです。梨狩りやブドウ狩り、いちご狩りなど、季節に応じた味覚狩りができる農園がたくさんあるので、楽しみながら季節のフルーツを味わうことができます。

埼玉県の名産として真っ先に思い浮かぶのは草加せんべいではないでしょうか。草加せんべいはうるち米を原料とした、硬くてパリッと歯ごたえのある香ばしいおせんべいで人気があります。お土産としてもらうと、嬉しいですよね。草加せんべい以外にも、狭山茶が有名です。「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と唄われるくらい、狭山茶はおいしいことで有名です。お茶といえば、静岡や宇治のイメージが強いですが、狭山茶も同じくらいすばらしいお茶なので、もっと有名になってもらいたいものです。

最後に、埼玉県内でアウトドアを楽しめる観光スポットを紹介します。水しぶきを浴びながら美しい景観の中でスリルを味わえる長瀞舟下りはアウトドア好きには外せない観光スポットです。夏場はもちろんですが、春や秋も花々や紅葉が美しく、癒される場所でもあります。

他にも橋立鍾乳洞は、中を見学できる鍾乳洞なのでおススメです。ひんやりとした空気の中、別世界を訪れたような静けさを味わうことができます。日常の喧騒をしばし忘れられる癒しのスポットであるといえるでしょう。子連れのレジャーにももってこいの場所です。

埼玉県にあまり関心がなかった人にもぜひ埼玉の魅力を知ってもらい、足を運んでもらえればと思います。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME