過払い金請求・債務整理・借金返済の体験談①

過払い金請求・債務整理・借金返済の体験談①

過払い金請求・債務整理・借金返済の体験談①

信用情報だけは傷をつけない事。
カードローンを思う存分使っても良いですが、その分返済は大変になりますがそれでも返済がキチンと行えるなら自由に使って良いでしょう。1番困るのはお金を使うだけ使って、返済不能になる事です。返済不能に陥ると言うことはいかにお金を借りすぎていたかと言うことがわかります。これをやってはいけません。

今すぐ無料相談する!

信用情報に傷がついてしまいます。信用情報に傷がつくと、その後一定期間カードは作れなくなります。信用情報に傷がつくと言うことは最低でも長期延滞をした事になります。今後のカードローンが極めて不利になるので、そういう無謀ともいえるお金の使い方は絶対に避けるべきです。

自分の首を自分で絞めているようなものです。自分に取って何の得にもならず、損するだけです。自己破産したいのなら構いませんが、最初から自己破産したい人などどこにもいないでしょう。いたらおかしいです。自己破産なんてするものではありません。そこらへんは良く分かるはずです。

要するに分かり切った事はしなければいいだけの話です。但し、カードは使い勝手がいいので気が付いた時にはたくさんお金を使っていたと言うことがあります。ここがカードの怖いところです。見ているようで見えていない。非常に危険ですね。見えているようで実は全く見えていないと言うことがあります。

上記のケースは不可抗力とは言いませんが、本人が思っていたより実際は多く使っていたという現象です。現金では絶対に起こらない現象です。現金であれば財布の中に3万円しか入っていなければそれ以上使う事はできません。しかし、カードの場合は残り残高まで使えてしまうので非常に厄介です。

兎にも角にもお金は計画的に使わないといけません。無計画に使って成功する確率は0ではありませんが、計画的にお金を使って成功する確率がどちらが高いかは一目瞭然だと思います。計画をして使った方が明らかにお金は残りますし、無駄な出費を抑える効果も出ます。ここが意外に大きいです。

カードを使うのも良いですが、程よく使う程度にしておきましょう。カードも有効的に使う分には構いません。危ない使い方をしなければいいことです。危ない使い方とは無計画的に使う事です。最終的にその様な使い方をして損をしるのは自分自身ですからね。他人は一切関係ありません。全ては自分の責任です。

それで、信用情報に傷がつくのは馬鹿らしいと思いませんか?普通の使い方をしていれば信用情報に傷がつくことはまずありません。常軌を逸した使い方をすると直ぐに信用情報に傷がつく事になりかねません。普通に使うというのがカードの場合意外と難しく感じる人がいます。それには原因があるのです。

カードで使ったものは当然翌月以降に返済しなければいけません。返済すればいいという問題でもないのです。確かに使った金額は返済しなければいけません。返済したら、生活が成り立たないのでは意味がありません。これを防ぐのは何度も登場している計画性をもってカードを使用する事です。これに勝るものはありません。

いかに計画的に使う事が出来るかによってその後の生活にも大きな差が出てきます。出来れば、カードは最終兵器的な考えをした方が無難でしょうね。カードを現金感覚で使う事だけは避けなければいけません。今回のテーマは如何にカードを上手く使い、信用情報に傷をつけないで生活をするかです。

信用情報に傷がついても良いと思う人は誰もいません。何故なら、信用情報に傷がつくと、その後カードローンを作るのに大きな制約が出来てしまい当分は新規カード取得は無理です。厳しいではなく無理です。その為、カード中心の生活をしていた人も、半ば強制的に現金生活を送る事になります。

現金生活を最初から送っている人は信用情報は非常にいい状態なので簡単にカードを作ろうと思えば作れます。しかし、現金生活の方は作らないでそのまま現金生活を続けて方が無難です。あくまでカードは保険的な位置付けにとどめておくべきです。その方が確実性が増します。この位置付けならまず、信用情報は問題ないでしょう。

問題はカードをメインに使っている人です。完全に計画性が求められます。ここで計画的にカードを使う事が出来れば問題はないでしょう。逆に計画性がないと脆さが同居している状態なので危険性が高いです。信用情報に傷をつけない為にも絶対に計画性は求められます。無計画のカード使いは危険度が大きすぎます。

無計画でカードを使うとかなりの確率で信用情報に傷がつく可能性があります。カードは実際に財布の中の現金と違いますからね。財布に入っている現金ならあと、残り幾らかは明確に分かりますが、カードの場合はわかりませんからね。無計画の場合。計画的に使っている場合は利用明細などをキチンと保管していますから安心度は高いです。

現金と、カードでこんなにも違います。普通に現金生活をした方が良いです。カードも要所で使う事があるでしょうから、一概に否定はできませんが、絶対に無計画で使わない事ですね。無計画と計画性がある人の、信用情報に傷がつく確率は書くまでもありません。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報