シティカードジャパンの過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

シティカードジャパンの過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

シティカードジャパンの過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

シティカードジャパンの借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

絶対に自己破産しない立場から暗転、まさかの自己破産へ転落。
◆仕事で裁判所は100回以上行った人間が・・・。
私は大学を卒業すると同時に某大手消費者金融に就職しました。この業界のルールで、同業者からはお金を借りてはいけないと言う暗黙の了承がありました。その為、借金をする事がなく、私は自己破産とは無縁の人間だと思っていました。

よく、裁判所から書留が届き、その大半が債務整理関係の物でした。自己破産の審尋の日程が書いてあるものがあり、自己破産に異議がある場合はその日に出廷すれば良いのですが、審尋まで進んでいる状態でひっくり返すのはかなり厳しく殆どが自己破産をされたら貸し倒れです。

中には明らかに浪費が著しい事が、消費者金融側でも把握していれば審尋に出廷する事もします。しかし、なかなか逆転は難しいです。管財人裁判であれば、まだ脈はあるのですが通常の裁判だと集団審尋なので氏名などを聞かれるだけで、そこさえ通れば自己破産免責確定です。

実際に免責が確定するのは裁判所が免責決定をしてから約2週間後です。私は、消費者金融に在籍していた当時、裁判所に通う事が多かったです。特定調停で話し合いに応じる為です。裁判所には最低30分以上前には着いているようにしていました。

この人相当無理したなあ・・・。特定調停が始まる前はそんな事ばかり思っていました。その無理したなあ・・・に後に自分がなるとはその時は夢にも思いませんでした。ここは粛々と債権者(私)債務者(お客さん)調停委員(裁判所の人)の3人で話し合う事になります。

特定調停は債務者の方から、支払いの意思を示し、減額交渉を願い出る制度です。特定調停だけは弁護士さんはついてきません。だいたい相場があって50万円の債務だったら、相手の職業などを鑑みて、30万から40万円で手を打つと言った感じです。

店舗でお金を貸している方が精神的には楽です。一応特定調停もこのラインより上で押し切ってくれと支店長から指示が出るので、プレッシャーに感じます。しかし、慣れとは怖いものでそのうち、何も感じなくなります。大体、こちらの条件提示で納得する方が多かったです。

納得されない場合はあまりありませんが、全くなくはありません。この時は調停不成立となります。こんなに借金に関して反対側の仕事をしていた人間がジェットコースターのような人生を送る事になるとはこの時は夢にも思いませんでした。

◆自分のお金は大切に使う
毎月、1番の楽しみと言えば、給料日です。これは殆どの方が同じではないでしょうか?給料日が嬉しくないと言う人は先ずいないと思います。自分のお金だと大切に使うのです。しっかり逆算してお金を使います。しかし、借りたお金だと、気持ちが大きくなり自分のお金と錯覚を起こしドンドン使ってしまえとなります。

非常に恐ろしい現象ですが実際に自己破産を始めとする、債務整理を経験した事がある方は身に覚えがあるはずです。気持ちが大きくなってしまうのです。まだ50万円も使えるから大丈夫。こう思ってしまいます。普通に考えて、50万円と言うのは大金です。この金額を稼ぐのにどれだけの努力が必要な事か。お金を借りている時はその感覚が完全に麻痺してしまっているのです。

自分のお金ではないのに自分のお金と思ってしまっている時点でどうにかしていますね。裁判所で色々な債務者と話をしましたが、なんでその結論になるのか…理解が出来ませんでした。消費者金融で働いている時はそんなものだと思います。

仕事柄、延滞者の自宅を訪問する事がありましたが、在宅している人と当然居留守もしくは、本当に留守のケースがありますが、意外と在宅している人はいさぎよいです。私の鞄の中にはいつも誓約書が入っています。必要な書類は必ず鞄に入っていましたが、債務者の人が後は誓約書通り動いてくれれば問題はありません。殆どの方はチャンと次の月から返済してくれます。

◆転機は急性膵炎
ある日の夜、友人と食事をしたあと自宅に戻り、眠ると2時間位で丁度おへその後ろあたりが痛いので目を覚ましました。最初はそんなに深く考えていませんでした。しかし、いつになっても痛みが引かないどころか、ドンドン痛くなってきます。病院に行くと急性膵炎で即入院です。1カ月入院しました。入院中に色々考えた結果、1度ゆっくりしたいと思い、某大手消費者金融を退職した事にしました。

医療費は30万円以上かかりましたが、貯金もありましたし、医療保険も入っていたので、特に痛手にはなりませんでした。それよりも10キロ近く痩せたのだけが心配でした。実はもうこの時点でお金の歯車が狂っていたのかも知れません。

会社を辞めたのは結果論になりますが失敗でした。3カ月ほど、気ままに過ごし中途採用で入社したのは某スポーツ新聞社です。配属先が競馬担当になってしまいました。競馬は好きなのでその時は嬉しかったですが、この人事が大きく人生を狂わせます。

とにかく、周りがお金をバンバン使うので、つられなければいいのをつられてしまいます。貯金なんてあっという間になくなり、消費者金融のお世話になってしまったのです。まさかの転落人生です。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

シティカードジャパンについて

商号 シティカードジャパン株式会社
URL http://www.citibank.co.jp/
本社所在地 東京都品川区東品川2-3-14 シティグループセンター

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報