実際のところブラックリストにのるとどうなるの?

実際のところブラックリストにのるとどうなるの?

借金の悩みにつきまとってくるのがブラックリスト。
ブラックリストにのりたくないから、借金整理できない…。といった方も多くいます。ここでは、ブラックリストとは何か、ブラックリストにのってしまうとどうなるのかを詳しく説明いていきます。

ブラックリストとは何?

ブラックリストというリストは実のところ存在しません。一般的に言われているブラックリストにのるとは、信用情報機関に事故情報がされてしまうことをいいます。信用情報機関とは各貸金業者が登録している個人の信用情報を登録している機関のことで、銀行系の信用情報機関の全国銀行個人信用情報センター・クレジットカード会社などの販会社の信用情報機関である株式会社 シー・アイ・シー(CIC)・銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関の株式会社 日本信用情報機構があります。

今すぐ無料相談する!

ブラックリストにのるとどうなるのか

では、ブラックリストにのってしまうとどうなってしまうのでしょうか?

ブラックリストが実生活に及ぼす影響は、以下のものが代表的なものです。

・ショッピンローンの審査が通りにくくなる
・自動車ローンの審査に落ちてしまう
・住宅ローンの審査が難航する
・新たなクレジットカードが作成しづらくなる

あくまで、ブラックリストにのっている一定の機関ではありますが、これらの影響があります。上記のことを利用する予定がある方はブラックリストにのることを避けるべきです。

どうなるとブラックリストにのるのか

ブラックリストにのることを避けるには、どうなったらブラックリストにのるかを理解する必要があります。

信用情報機関に登録される事故情報の内容とは、

延滞…返済期日より一定の期間返済が遅れたり、3回以上滞納した場合
債務整理…個人再生・自己破産・任意整理などの手続きをした場合
代位弁済…契約した人(債権者)が返済できなくなり、連帯保証人へ返済する者が切り替わった場合

これらの内容にあてはまるとブラックリストにのってしまいます。
信用情報機関へ事故情報が登録される期間としては、下記のとおりになっています。
・延滞の場合…約5年間
・自己破産…約5~10年間
・任意整理…約5年間
・個人再生…約5~10年間

延滞するくらいなら債務整理するべき!

延滞の条件はかなり厳しく、返済日より一定期間の経過か3回以上滞納すると登録されてしまいます。一度、登録されてしまうと5年間は消えません。

支払いが苦しくなって、返済が遅れたり滞納するくらいなら債務整理をしてください。債務整理でも事故情報は登録されてしまいますが、期間は延滞と同じ約5年間です。延滞でのっても月々の支払額はかわりません。しかし、債務整理をしてブラックリストにのった場合、結果的には月々の返済額はへりますし、早く借金生活から開放されます。

滞納することがわかっている、支払いが遅れている事は本人が一番わかっていることです。払えないからと放っておいても何一つ良いことはありませんので、すぐにでも債務整理してください。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報