フレンド田の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

フレンド田の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

フレンド田の過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

フレンド田の借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

フレンド田の過払い金請求をする方が依頼すべき事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所は月3000件以上、過払い金返還月5億円の実績がある司法書士事務所!

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり、無料相談・着手金無料の初期費用がかからず、費用が気になる方にも柔軟に対応してくれる事務所です。
また、「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれており、数多くの過払い金請求の相談者に満足する結果を提供しています。

【過払い金請求費用】
着手金 無料
払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の20%~(税抜)

アヴァンス法務事務所

女性が安心して依頼できる司法書士事務所!

アヴァンス法務事務所には女性専用窓口があり、借金で悩んでいる女性が相談しやすい環境が作られており、初期対応をしてくれるかたも女性、司法書士の先生も女性となっています。女性の相談者からだけでなく、費用が安いため費用を安くあげたい男性からの相談もかなり多いです。

【過払い金請求費用】
着手金 無料
成功報酬16%~
完済口座事務手数料 30,000円(1債権者につき)

弁護士法人イストワール法律事務所

弁護士事務所なのに費用が格安な法律事務所!

弁護士事務所は着手金をとるところが多い中、この弁護士法人イストワール法律事務所では着手金をとりません。債務者に寄り添った対応を考えており、相談は何度でも無料で受けてもらえてあなたにあった解決方法がみつかるまで責任をもって対応してくれます。 日本全国の過払い金請求に対応しており


債務整理のことなら弁護士法人イストワール法律事務所

【過払い金請求費用】
相談 無料

おすすめ事務所以外でフレンド田の過払い金請求をしたい方へ

過払い金請求はしたいけどおすすめ以外の事務所を探したいそんな方はあなたの過払い金がスグ分かる!を利用してください。
街角相談所-法律-は特定の事務所ではなく、必要な情報を任意で入力し自分にあった司法書士や弁護士事務所を探す利用無料のシュミレーターです。
全国にある事務所を紹介してくれるので、あなたの状況にあった事務所を探せるはずです。


フレンド田について

商号 フレンド田株式会社
URL http://www.gakusei-cashing.com/
本社所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-2-1 大和ビル2F

フレンド田での過払い金請求について

過払い金請求を考えている人は、お金に困っている人が少なくありません。 弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼する方法もあり、手間もかからずにスムーズにいくのが大きなメリットです。 しかし、返還された過払い金から報酬を支払わなければならないのがデメリットといえます。

弁護士や司法書士の報酬は、返還された過払い金の2割といわれていますので、結構高いですよね。 それならば「過払い金請求を個人でやることができるのか」と考えもしますが、結論から申し上げますと、過払い金請求を個人でやることは可能です。 ただし、弁護士や司法書士に依頼するのとは異なるポイントがいくつかありますので、それも踏まえながら個人でやる方法を見ていきましょう。

過払い金請求を個人でやる方法、まずは取引履歴を取得することから始めます。 「取引履歴」とは、借入日や借入した金額、それに対する利息の金額など、借金に関する情報が事細かに書かれている紙です。 これがなければ、そのあとの手続きもできなくなってしまいますので、しっかりと行なっておきましょう。 取引履歴の請求方法は、電話でもいいでしょう。 貸金業者に対して「取引履歴を送ってください」と言うだけです。 もっと確実に事を進めるのであれば、「取引履歴請求書」を作成して送付すればいいでしょう。

ちなみに、弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると、この前に「受任通知」の送付があります。 受任通知を貸金業者に送ることによって、返済や取立てがストップしますので、これは個人でやる場合にはできないメリットといえますね。

請求をしてから2週間~1か月程度で、業者から取引履歴が送られてきます。 そうしたら次はいよいよ、引き直し計算です。 計算自体は単純計算で済むのですが、追加で借入をしていたり返済が長期間にわたっていたりすると、計算が非常に複雑になります。 しかも、過払い金請求をする業者が複数の場合、業者ごとに計算をしなければならないので、さらに面倒になります。 過払い金請求を個人でやる際には、引き直し計算が最大のハードルとなるのではないでしょうか。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すれば、面倒な引き直し計算もやってくれるのですが、個人でやることも不可能ではありません。 取引履歴に加えて、表計算ソフトの「エクセル」が使えるパソコンをお持ちでしたら、「過払い金の計算ソフト」を利用する方法がおススメです。 最近では、無料の過払い金計算ソフトを公開しているサイトもありますので、余計なお金をかけたくない個人の強い味方です。 パソコンソフト会社はもちろん、NPO法人や司法書士法人でも無料ソフトを公開しています。

計算書が見やすい、作業がしやすい、説明書が分かりやすいなどそれぞれにメリットが異なりますので、お好みの過払い金計算ソフトをダウンロードしましょう。 どのソフトも、紙の取引履歴からソフトへの数字入力は自分で行わなければなりませんが。

どうにかして過払い金の計算が終わったら、次は貸金業者への過払い金請求です。 過払い金請求は、電話を使って個人でやる方法もありますが、あまりおすすめできません。 弁護士に依頼をする際にも、過払い金請求書を作成する方法が一般的です。 「過払い金請求書なんて、書き方が分からない」という方は、雛形をダウンロードできるサイトもありますので、利用するといいでしょう。 作成したら送付するのですが、ファックスや普通郵便を使うのもあまりおススメできません。

おススメの方法は、内容証明郵便に配達証明をつけて業者に送る方法です。 「内容証明だけでもいいんじゃないの」とも考えますが、内容証明郵便はあくまでも中身を証明する方法であり、相手が「そんなものは受け取っていない」と言えばそれ以上追及できません。 こうした言い逃れを防ぐため、配達証明をつけて相手に書類が届いたことを証明する必要があるのです。 ちなみに費用ですが、内容証明郵便は文字数で料金が変わるため、安くても1200円程度、高いと3000円程度かかります。 ただし、同じものを弁護士に依頼すると3万円はくだらないので、費用面における個人でやるメリットはありそうですね。

過払い金請求を個人でやる際、鍵となるのが和解交渉です。 相手が満額の返還に応じてくれればベストですが、業者も資金繰りが苦しいため減額要求をするところもあります。 ここでどう対応するかは、債権者次第です。 早期に解決をしたいのであれば、減額された過払い金で折り合いをつけることもいいでしょうが、減額の割合があまりに大きいとこれまでの労力の割に合わなくなってしまいます。 減額自体はOKとしても、減額の割合については交渉した方がいいでしょう。 満額返還を希望するのであれば、法的措置の可能性も出てきます。 法的措置の場合、弁護士に依頼をすれば代わりに出廷してくれるのですが、個人でやるとなると自分が出廷しなければなりません。 ただし、過払い金請求の裁判で債権者が負けることはまずありませんので、断固たる決意で臨むのもいいでしょう。