三重で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

三重で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

三重で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

三重で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

三重県での過払い金請求について

もし、過去のキャッシング利用で過払い金が考えれるは、消費者金融やクレジットカード会社などの業から請求ができます。その時、大抵の場合では、素人ではわからないので弁護士に相談、依頼します。ですが、弁護士に依頼すると無駄な契約料などがかかる可能性が高いです。
実は、請求に必要なポイントを押さえば、個人でも請求ができます。
今回は、そんな個人で過払い金請求する時の流れとポイントをご紹介します。

過払い金請求と聞くと、専門家である弁護士や司法書士などに依頼して、業者のやりとりや交渉を行なうイメージがあると思います。
ですが、依頼する場合は、全く法律の知識や交渉スキルがない方や自分で手続き、交渉やる時間がない方が利用されるだけで、個人で書類を揃えて、どのようにやりとりするかなどの準備と心構えがあれば、直接交渉が可能です。

まず、個人で請求する時は、弁護士に依頼する場合でも以下のことを確認しましょう。

●過去10年以内で不自然なキャッシングの返済済み記録があったか
●現在、返済期間中やローンなどなく、安全に過払い金請求を行えるか
少なくともこの2点を確認の必要があります。
10年以上経過した過去の取引が請求ができないのと、返済期間中の場合では過去の過払い金を取り戻せても、信用情報へのブラックリスト登録などのリスクがあるためです。

上記の点を確認できたら、次に過去の過払い金の可能性がある業者から取引内容を請求します。ここでの注意点として、業者が情報開示に中々応じない場合があるので、粘り強くしつこく請求することが大切です。また、過去のクレジットカードや返済の履歴がわかる書類やデータがあっても、覚えてない期間があれば、過払い金があるか確認する時や請求する時に、不確実な部分があると、業者に突っ込まれる可能性があります。
ですので、しっかりと情報として業者から請求します。

業者から過去の取引情報を届いたら、その情報から現在の利用制限に基づいた利率(15〜18%)と過去の業者の利率の利息金額を共に引き出し計算します。
計算する時は、色々なサイトが提供している過払い金計算用のスプレッドシートや専用の計算無料計算サービスを活用すると計算ミスもなく、確実な数値を出せます。
引き出し計算により、過払い金が発覚した場合は、業者へ請求します。
いきなり直接行っても対応されないので、電話での交渉となります。
過払い金が明らかなデータと請求書類を業者へ郵送などして、その後業者からの問い合わせがあるか、何も連絡ない場合ではこちらから電話、窓口などで交渉しましょう。
この時に常に強気の態度で行かないと業者が舐めた態度をとったり、下手に出る可能性があります。何を言われても、全額返還に応じるまで粘り強くいきましょう。

この電話などの交渉で業者との和解が成立すれば、指定口座への返還、書面が届いた時点
終わります。しかし、和解に応じない場合は、裁判で争うことになります。
もし、裁判で過払い金請求での訴訟を起こす場合は、裁判所に提出する訴状、証拠証明書
必要になります。それに加えて、業者から開示された取引情報、引き出し計算、登記簿謄本などを万が一のコピーを合わせて用意しなければいけないです。
過去の取引情報か契約書に記載されいる裁判所へ各書類の提出、和解に向けた交渉などに発展します。
納得いく金額が返還されない場合は、最後まで裁判で争うことになり、業者サイドと違い弁護士などの協力者がいないので、圧倒的に不利な状況での交渉となるでしょう。
訴訟後の和解での交渉の段階でこちらの提示した金額や納得いく金額が返還されるなら、その場で和解成立して、終える手もあります。

過払い金請求を個人でする場合は、一連の流れで上手く和解成立すれば、弁護士等に依頼した場合の報酬や手数料などがないので、全額自分の手元にきます。
しかし、個人では、業者が真摯に対応する可能性が極めて少ないです。
請求金額が少額の場合では、スムーズに和解までいく可能性もありますが、大抵の場合では、こちらが弱い立場にあるので、電話での交渉時に低い返環金額を提示されたり、逆上したり、脅しのような口調で対応され場合もあります。
それだけでも精神的にきつく、その上、過払い金の計算や書類の用意などにかなり時間を費やすので体力的にもきついです。もし、裁判での訴訟まで発展した場合に弁護士なしに最後まで正当性を主張して、勝てるかもわからないです。
そういった沢山のリスクがある中でも、全額手元に取り戻した方はしっかりと準備して、確固たる決意で過払い金請求しましょう。

もし、過払い金請求のポイントを理解して、準備もできたけど、不安でできないいう方は、過去に過払い金請求をされた方の体験談を参考にしましょう。
インターネットで検索するといくつか出てきたサイトやブログなどをいくつか参考にすると不安も減って、ポイントが掴めると思います。

個人での過払い金請求は、基本的な部分を流れやポイントを押さえれば、返還される可能性があります。しかし、その分、様々なリスクなど全て理解した上で請求することが大切になります。一つの手段として、過払い金請の参考にしましょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

自己破産をしたら周囲にばれる?
◆ばれるか心配
自己破産に限らず、債務整理をすると周囲にばれるのではないか?その様な心配をする人もいます。私も自己破産した時は物凄く心配していました。ガセネタが債務整理に関しては多く、選挙権がなくなるとか?会社にばれるとか、色々あるのですが、どれも何の根拠もない話です。自己破産して周囲にばれる心配はまずありません。ばれようがありません。自分から言わない限りのレベルの話です。

自己破産しましたと自分から話す人はまずいません。そんな事を他人に言う必要もないですし、言いたくもない話です。完全に自分の中で留めておけばばれる事もまずありません。選挙権も当然あります。いきなり選挙権が自己破産をした事によって剥奪される事はありません。普通に選挙の投票用紙は送られてきます。全てはガセネタです。誰がこんなでたらめの話を流し始めたのかはわかりませんが、真に受けない事が一番です。所詮ガセネタですからね。

ただ、自己破産した人は私も含めて体験した事があると思うので分かると思いますが、やはり何か不安な気持ちにはなります。何とも言えない不安な気持ちが、心の中を支配します。この気持ちだけは仕方がないのかも知れません。どうにかなるなら構いません。しかし、どうにもならないのでここは放っておけばいいのですが、なかなかそこまでは割り切って考えられません。私もそこまで頭がまわりませんでした。案外心に余裕がないものです。

◆動揺しないこと。
自己破産の手続きをして、免責が確定するまでは、気持ちが落ち着かないものですが、その気持ちを180度真正面から受けていたら、精神的に持ちません。動揺するなと言うのが無理な話かも知れませんが、24時間緊張状態にあると、睡眠も取れません。ある程度楽観視しておかないと、焦りが生じてきます。この状態になると仕事で凡ミスを連発します。

通常なら絶対にしない凡ミスを1度のみならず連発します。上司から見れば、大丈夫か?と思います。しかし、そこで自己破産の裁判の話をする必要はありません。どんなに理解を示す上司であっても自己破産に関しては絶対に黙っていなければいけません。人間は他人の不幸の話は大好きですから、信頼できる人間でも話してはいけません。私の場合は最初は緊張していましたが、その内慣れてきました。凡ミスをすることもなかったですね。

ただ、これだけはその人の性格なども関連してきますから、全く気にならない人もいれば、物凄く気になる人に分かれるのは仕方がない事だと思います。私はどっちかと言うと、前者の方だったと感じています。自己破産の手続きをして全く緊張をしない人などいないと思います。

自己破産と言うのは人生の中でかなり大きな選択をする事になります。先ずこの結論に達した時に緊張しますよね。そして弁護士さんに依頼して免責決定が出るまでは複雑な心境です。これをしれーっとしてなければいけないのですから、普通に考えればかなりのストレスです。私も最初は毎朝、会社に行くのが嫌な時期が1カ月位ありました。ただ仕事をしないと収入が入ってきませんからね。その辺りは不思議と割り切れました。

◆余計な事は口にしない。
人間は心に思っている事をつい口に出してしまう事があります。これは言うつもりがないのに言葉が口を出てしまいます。本当に全く言うつもりのない言葉が不意に出てしまうのでここはかなり神経を使った方がいいです。自分に不利益になる事は一切口にしない事です。ここが非常に重要です。

私の場合はもう最初だけ不安で仕方がありませんでしたが、1カ月過ぎた頃からは落ち着いて、もうなるようにしかならないと割り切る事が出来ました。その為余計な事も口にする心配もありませんでした。ここが非常に重要なのです。精神的に楽になるのと追い詰められるのでは全く違います。余計な事を言ってしまう人は大抵、自分で自分を追い詰めてしまうタイプの人が多いです。

これだけは性格などもありますから仕方がありません。後は、相手が疑問に思って聞き直してきたときに上手く切り返す事が出来れば問題はないのですが、これがなかなか簡単そうで難しいです。瞬時に言葉を探さなければいけませんからね。一瞬の閃きが吉と出れば良いのですが、全てが吉に出るとは限りません。時には凶となってしまうケースもあります。私は敢えて意識をしないようにしていました。自然と心の中に置き去りにして、仕事に集中していると意外と楽になれるものです。最初はダメでしたが上手く気持ちを切り替える事ができました。

よく考えたら周りにばれようがないですからね。あまり気にしても仕方がないだけです。苦労しても意味のない事ですからもう周りには絶体バレないくらいの気持ちで仕事をした方がいいですね。

◆最後に
自己破産と聞くと非常に重たく感じます。実際に重たいのですが、それを額面通り受け取ってしまうとかなり辛い状況になってしまいます。額面通り受け取る必要はありません。結局、債務者である私たち出来る事は限られていますからね。全ては弁護士さんに任せて審尋まで辿りつけば後は免責は確定的な物になりますから、仕事に集中する事ですね。

三重県で過払い金請求の相談が多い地域

津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、名張市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、いなべ市、志摩市、伊賀市、桑名郡、木曽岬町、員弁郡、東員町、三重郡、菰野町、朝日町、川越町、多気郡、多気町、明和町、大台町、度会郡、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、北牟婁郡、紀北町、南牟婁郡、御浜町、紀宝町

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報