【徹底比較】三重で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

【徹底比較】三重で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

三重で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

『弁護士法人心 津駅法律事務所』

(三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F)

クオリティとスピードを重視し、チーム制を採用しています。複数の弁護士が情報収集することで、クオリティアップに繋がるという考えです。弁護士をサポートするスタッフが数多く在籍しているため、スピード面も問題ありません。このようにお客様に満足して貰えるサービスの提供を目指して、工夫しながら業務を行っている事務所です。相談は何度でも無料で、過払い金無料診断サービスを実施しています。完済している場合は過払い報酬18%、返済中なら過払い報酬18%に加えて2万円と減額報酬10%が必要です。過払い金請求に成功しない限り費用が発生せず、分割払いにも応じてくれます。事務所に無駄なものを置かない・作業をIT化するといった工夫によってコストを削減し、リーズナブルな費用を実現しています。

『丸之内法務事務所』

(三重県津市丸之内33番23号)
「敷居の低い事務所」を目指していることが特徴です。分かりやすく親切な対応を重視しつつ、迅速且つ正確に手続きを進めてくれます。弁護士・税理士・土地家屋調査士など提携事務所が多数存在するため、困った時は専門家の意見を聞くことができます。既に借金を完済している人は基本報酬1社につき25000円と、過払い報酬20%が必要です。借金が残っている場合は先述した費用以外に、減額報酬5%が請求されます。減額報酬は減額した分の10%を提示している事務所が多いため、費用を抑えることが可能です。

『堀木博貴司法書士事務所』

(三重県四日市市別山1丁目703番地)
平日8時30分~19時が通常営業日で、予約をすれば土日でも対応してくれるメリットがあります。地域密着型の身近な相談所を目指し、依頼者にとってベストな手続きを行ってくれます。ホームページを見れば、依頼者のことを最優先に考えている事務所の方針がよく分かるかもしれません。趣味・司法書士を目指したきっかけ・休日の過ごし方など、代表司法書士のプロフィールを詳細に掲載しています。事前にプロフィールをチェックすれば、司法書士の人柄を知ることができます。費用に関しても具体的な例を挙げながら説明しているので、依頼者のことを考えたサービスと言えるでしょう。完済している借金なら過払い報酬15%、返済中なら着手金1社につき2万円と過払い報酬15%が提示されています。平均相場より安いので、費用を抑えたい人に最適です。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

三重県での過払い金請求について

もし、過去のキャッシング利用で過払い金が考えれるは、消費者金融やクレジットカード会社などの業から請求ができます。その時、大抵の場合では、素人ではわからないので弁護士に相談、依頼します。ですが、弁護士に依頼すると無駄な契約料などがかかる可能性が高いです。
実は、請求に必要なポイントを押さえば、個人でも請求ができます。
今回は、そんな個人で過払い金請求する時の流れとポイントをご紹介します。

過払い金請求と聞くと、専門家である弁護士や司法書士などに依頼して、業者のやりとりや交渉を行なうイメージがあると思います。
ですが、依頼する場合は、全く法律の知識や交渉スキルがない方や自分で手続き、交渉やる時間がない方が利用されるだけで、個人で書類を揃えて、どのようにやりとりするかなどの準備と心構えがあれば、直接交渉が可能です。

まず、個人で請求する時は、弁護士に依頼する場合でも以下のことを確認しましょう。

●過去10年以内で不自然なキャッシングの返済済み記録があったか
●現在、返済期間中やローンなどなく、安全に過払い金請求を行えるか
少なくともこの2点を確認の必要があります。
10年以上経過した過去の取引が請求ができないのと、返済期間中の場合では過去の過払い金を取り戻せても、信用情報へのブラックリスト登録などのリスクがあるためです。

上記の点を確認できたら、次に過去の過払い金の可能性がある業者から取引内容を請求します。ここでの注意点として、業者が情報開示に中々応じない場合があるので、粘り強くしつこく請求することが大切です。また、過去のクレジットカードや返済の履歴がわかる書類やデータがあっても、覚えてない期間があれば、過払い金があるか確認する時や請求する時に、不確実な部分があると、業者に突っ込まれる可能性があります。
ですので、しっかりと情報として業者から請求します。

業者から過去の取引情報を届いたら、その情報から現在の利用制限に基づいた利率(15〜18%)と過去の業者の利率の利息金額を共に引き出し計算します。
計算する時は、色々なサイトが提供している過払い金計算用のスプレッドシートや専用の計算無料計算サービスを活用すると計算ミスもなく、確実な数値を出せます。
引き出し計算により、過払い金が発覚した場合は、業者へ請求します。
いきなり直接行っても対応されないので、電話での交渉となります。
過払い金が明らかなデータと請求書類を業者へ郵送などして、その後業者からの問い合わせがあるか、何も連絡ない場合ではこちらから電話、窓口などで交渉しましょう。
この時に常に強気の態度で行かないと業者が舐めた態度をとったり、下手に出る可能性があります。何を言われても、全額返還に応じるまで粘り強くいきましょう。

この電話などの交渉で業者との和解が成立すれば、指定口座への返還、書面が届いた時点
終わります。しかし、和解に応じない場合は、裁判で争うことになります。
もし、裁判で過払い金請求での訴訟を起こす場合は、裁判所に提出する訴状、証拠証明書
必要になります。それに加えて、業者から開示された取引情報、引き出し計算、登記簿謄本などを万が一のコピーを合わせて用意しなければいけないです。
過去の取引情報か契約書に記載されいる裁判所へ各書類の提出、和解に向けた交渉などに発展します。
納得いく金額が返還されない場合は、最後まで裁判で争うことになり、業者サイドと違い弁護士などの協力者がいないので、圧倒的に不利な状況での交渉となるでしょう。
訴訟後の和解での交渉の段階でこちらの提示した金額や納得いく金額が返還されるなら、その場で和解成立して、終える手もあります。

過払い金請求を個人でする場合は、一連の流れで上手く和解成立すれば、弁護士等に依頼した場合の報酬や手数料などがないので、全額自分の手元にきます。
しかし、個人では、業者が真摯に対応する可能性が極めて少ないです。
請求金額が少額の場合では、スムーズに和解までいく可能性もありますが、大抵の場合では、こちらが弱い立場にあるので、電話での交渉時に低い返環金額を提示されたり、逆上したり、脅しのような口調で対応され場合もあります。
それだけでも精神的にきつく、その上、過払い金の計算や書類の用意などにかなり時間を費やすので体力的にもきついです。もし、裁判での訴訟まで発展した場合に弁護士なしに最後まで正当性を主張して、勝てるかもわからないです。
そういった沢山のリスクがある中でも、全額手元に取り戻した方はしっかりと準備して、確固たる決意で過払い金請求しましょう。

もし、過払い金請求のポイントを理解して、準備もできたけど、不安でできないいう方は、過去に過払い金請求をされた方の体験談を参考にしましょう。
インターネットで検索するといくつか出てきたサイトやブログなどをいくつか参考にすると不安も減って、ポイントが掴めると思います。

個人での過払い金請求は、基本的な部分を流れやポイントを押さえれば、返還される可能性があります。しかし、その分、様々なリスクなど全て理解した上で請求することが大切になります。一つの手段として、過払い金請の参考にしましょう。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

知っておくべき過払い金請求の情報

過払い金請求のデメリット・メリット

結論から言うと過払い金請求にはメリット・デメリットがありますが、メリットの方が圧倒的に多いです。まず、過払い金請求は「お金を支払って貰うか」ではなく、「どれくらい支払って貰うか」債務者と債権者で争う手続きと考えてください。貸金業者によって過払い金請求の対応が違うため、返還される割合はさまざまです。過払い金は払い過ぎた利息なので金額が異なるものの、手続きを行えば基本的にお金を受け取ることができます。受け取ったお金によって「借金を完済できた」「個人再生や自己破産せずに済んだ」「生活が楽になった」と満足している人が圧倒的に多いです。比較的簡単な手続きなので、早ければ2~3ヶ月で過払い金を受け取れることもメリットと言えます。

ちなみに、代理人が過払い金請求する、または相続した借金の過払い金を請求する方法もアリです。ただし、代理人請求は債務者が怪我及び病気で手続きできない・認知症によって判断能力を失っているなど、特殊な条件が設けられています。債務者本人が動けないだけなら、委任状を作成すると代理人が手続きを行えます。認知症の場合は成年後見人として裁判所に認めて貰ってから、過払い金請求することが大切です。

過払い金請求のデメリットとして、ブラックリストに載ることが挙げられます。ブラックリストに登録されると貸金業者を利用できず、多額の資金を用意するのが難しくなるので注意が必要です。しかし、借金を完済している人はブラックリストに載る心配がありません。なぜなら過払い金請求自体は債務整理と判断されないからです。ブラックリストは簡単に言えば返済能力が不足している証拠と成り得ます。お金を貸しても返済して貰えない可能性があるため、貸金業者からお金を借りられないという仕組みです。債務整理は経済的に余裕がない時に行う手続きなので、任意整理・個人再生・自己破産を行った時はブラックリストに登録されます。過払い金請求はお金に困っていない人でも手続きをする可能性があり、借金を完済した状態なら債務整理と判断されないのです。また、受け取った過払い金で借金を完済できた時も同じ扱いとなります。つまり、ブラックリストに登録されるのは、過払い金で借金を完済できなかった時だけということです。借金を完済できる状態になってから過払い金請求すれば、ブラックリストに載るリスクを回避できます。実は約5年でブラックリストが削除されるので、完済できない状態で過払い金請求する方法もアリです。少しでも借金を減らせば、将来的に生活が楽になるかもしれません。

過払い金請求にかかる費用

貸金業者とやり取りする際、スムーズに手続きを進めるために「内容証明郵便」を使うのが一般的です。送付したことが郵便局で記録されているので「届いていない」という言い訳が通用せず、貸金業者が速やかに取引履歴を送ってくれる可能性が高まります。内容証明郵便は1通430円かかります。取引履歴請求書や引き直し計算書など、複数の書類を送付する場合は1枚につき別途260円必要です。例えば2枚の書類を内容証明郵便で送付するなら基本料金の430円と書類1枚追加分の260円、合計で690円となります。しかし、過払い金請求はそれほど書類を送付しないので、数千円かかると考えておけば問題ありません。示談交渉は電話でやり取りするため、郵送代以外は通話料がかかるだけです。

裁判になれば裁判所までの交通費と、印紙代・郵券代・代表者事項証明書発行代を用意する必要があります。印紙代は裁判所に納める手数料のことです。請求額によって金額が異なり、100万円なら1万円、120万円なら11000円が印紙代として請求されます。例えば請求額が101万円の場合は100万円を超えているので、印紙代を11000円支払うという仕組みです。多額の過払い金が発生していれば数万円の印紙代が必要ですが、請求額が100~300万円であれば1~3万円程度の費用で済みます。ただし、現金ではなく印紙で支払うため、近くの法務局・郵便局で事前に印紙を購入しておきましょう。

郵券代は貸金業者に書類を送付する時に使用され、東京地方裁判所は約6400円・横浜地方裁判所は約6000円・札幌簡易裁判所は約5758円が提示されています。裁判所によって金額が違うので、自分の利用する裁判所の郵券代を確認することが大切です。約6000円を預けて、余った分は過払い金請求後に返還されます。債権者が多いほど郵送代がかかるため、債権者が少ない場合は半分以上戻ってくるケースもあります。郵券代は印紙代と違って現金か郵便切手で支払うことが可能です。

貸金業者が実在することを証明するために、債務者は「代表者事項証明書」と呼ばれる書類を法務局で発行する必要があります。その際、600円分の印紙が必要なので、印紙代を用意する時にまとめて購入しておくのが得策です。法務局で代表者事項証明書の交付申請書に必要事項を記入して、印紙を貼り付ければ職員が適宜対応してくれます。

ちなみに、過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼する時は専門家に支払う費用が必要です。これまで述べた費用はある程度相場が決まっていますが、司法書士・弁護士費用は事務所によって大きく変動します。専門家費用は依頼前に支払う「着手金」と、過払い金請求が成功した時に支払う「成功報酬」の2種類があります。着手金と成功報酬を別々に考えるのではなく、総額が相場に沿っているか確認することがコツです。司法書士は相場が30~50万円、弁護士は40~60万円かかります。費用が相場より高い場合は、実力のある専門家が在籍しているかもしれません。実力と費用、どちらを重視するか決めると自分に合った事務所を探しやすいです。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

自己破産をしたら周囲にばれる?
◆ばれるか心配
自己破産に限らず、債務整理をすると周囲にばれるのではないか?その様な心配をする人もいます。私も自己破産した時は物凄く心配していました。ガセネタが債務整理に関しては多く、選挙権がなくなるとか?会社にばれるとか、色々あるのですが、どれも何の根拠もない話です。自己破産して周囲にばれる心配はまずありません。ばれようがありません。自分から言わない限りのレベルの話です。

自己破産しましたと自分から話す人はまずいません。そんな事を他人に言う必要もないですし、言いたくもない話です。完全に自分の中で留めておけばばれる事もまずありません。選挙権も当然あります。いきなり選挙権が自己破産をした事によって剥奪される事はありません。普通に選挙の投票用紙は送られてきます。全てはガセネタです。誰がこんなでたらめの話を流し始めたのかはわかりませんが、真に受けない事が一番です。所詮ガセネタですからね。

ただ、自己破産した人は私も含めて体験した事があると思うので分かると思いますが、やはり何か不安な気持ちにはなります。何とも言えない不安な気持ちが、心の中を支配します。この気持ちだけは仕方がないのかも知れません。どうにかなるなら構いません。しかし、どうにもならないのでここは放っておけばいいのですが、なかなかそこまでは割り切って考えられません。私もそこまで頭がまわりませんでした。案外心に余裕がないものです。

◆動揺しないこと。
自己破産の手続きをして、免責が確定するまでは、気持ちが落ち着かないものですが、その気持ちを180度真正面から受けていたら、精神的に持ちません。動揺するなと言うのが無理な話かも知れませんが、24時間緊張状態にあると、睡眠も取れません。ある程度楽観視しておかないと、焦りが生じてきます。この状態になると仕事で凡ミスを連発します。

通常なら絶対にしない凡ミスを1度のみならず連発します。上司から見れば、大丈夫か?と思います。しかし、そこで自己破産の裁判の話をする必要はありません。どんなに理解を示す上司であっても自己破産に関しては絶対に黙っていなければいけません。人間は他人の不幸の話は大好きですから、信頼できる人間でも話してはいけません。私の場合は最初は緊張していましたが、その内慣れてきました。凡ミスをすることもなかったですね。

ただ、これだけはその人の性格なども関連してきますから、全く気にならない人もいれば、物凄く気になる人に分かれるのは仕方がない事だと思います。私はどっちかと言うと、前者の方だったと感じています。自己破産の手続きをして全く緊張をしない人などいないと思います。

自己破産と言うのは人生の中でかなり大きな選択をする事になります。先ずこの結論に達した時に緊張しますよね。そして弁護士さんに依頼して免責決定が出るまでは複雑な心境です。これをしれーっとしてなければいけないのですから、普通に考えればかなりのストレスです。私も最初は毎朝、会社に行くのが嫌な時期が1カ月位ありました。ただ仕事をしないと収入が入ってきませんからね。その辺りは不思議と割り切れました。

◆余計な事は口にしない。
人間は心に思っている事をつい口に出してしまう事があります。これは言うつもりがないのに言葉が口を出てしまいます。本当に全く言うつもりのない言葉が不意に出てしまうのでここはかなり神経を使った方がいいです。自分に不利益になる事は一切口にしない事です。ここが非常に重要です。

私の場合はもう最初だけ不安で仕方がありませんでしたが、1カ月過ぎた頃からは落ち着いて、もうなるようにしかならないと割り切る事が出来ました。その為余計な事も口にする心配もありませんでした。ここが非常に重要なのです。精神的に楽になるのと追い詰められるのでは全く違います。余計な事を言ってしまう人は大抵、自分で自分を追い詰めてしまうタイプの人が多いです。

これだけは性格などもありますから仕方がありません。後は、相手が疑問に思って聞き直してきたときに上手く切り返す事が出来れば問題はないのですが、これがなかなか簡単そうで難しいです。瞬時に言葉を探さなければいけませんからね。一瞬の閃きが吉と出れば良いのですが、全てが吉に出るとは限りません。時には凶となってしまうケースもあります。私は敢えて意識をしないようにしていました。自然と心の中に置き去りにして、仕事に集中していると意外と楽になれるものです。最初はダメでしたが上手く気持ちを切り替える事ができました。

よく考えたら周りにばれようがないですからね。あまり気にしても仕方がないだけです。苦労しても意味のない事ですからもう周りには絶体バレないくらいの気持ちで仕事をした方がいいですね。

◆最後に
自己破産と聞くと非常に重たく感じます。実際に重たいのですが、それを額面通り受け取ってしまうとかなり辛い状況になってしまいます。額面通り受け取る必要はありません。結局、債務者である私たち出来る事は限られていますからね。全ては弁護士さんに任せて審尋まで辿りつけば後は免責は確定的な物になりますから、仕事に集中する事ですね。

三重県で過払い金請求の相談が多い地域

津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、名張市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、いなべ市、志摩市、伊賀市、桑名郡、木曽岬町、員弁郡、東員町、三重郡、菰野町、朝日町、川越町、多気郡、多気町、明和町、大台町、度会郡、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、北牟婁郡、紀北町、南牟婁郡、御浜町、紀宝町

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求をお考えの三重在住の方

三重は面積が約5774.41平方キロメートルあり、近畿地方で兵庫に次いで大きい地域です。人口は2017年10月時点で約180万人を記録し、滋賀・奈良・岐阜・愛知などさまざまな地域と隣接しています。近畿地方に分類されている地域ですが、中部地方(東海地方)に含まれているケースもあります。愛知を中心に発展している中京工業地帯には三重の北部も含まれ、産業において中部地方と関係性が深いです。方言に関しては近畿地方の要素が強く、京阪式アクセントが主流になっています。しかし、中京工業地帯の三重北部では東京式アクセントを用いる人も多く、県内でも方言に大きな違いが見られます。

三重で最も有名な観光スポットは、天照大神を祭っている伊勢神宮です。毎年多くの参拝者が訪れ、年始には内閣総理大臣が参拝しています。伊賀忍者に関するスポットもあり、歴史を感じられることが魅力です。世界遺産に登録されている熊野古道以外にも、有形文化財建造物など貴重なスポットが数多く残っています。その他にナガシマリゾート・鈴鹿サーキット・志摩スペイン村など、レジャー施設を整備していることが特徴です。昔ながらの三重と現代的なレジャー施設を両方楽しめるため、さまざまなプランを立てることができます。特にレジャー施設で遊んで周辺の宿泊施設に泊まり、翌日は歴史スポットを巡るプランが人気です。同じ三重でも違った楽しみ方があるので、観光客から圧倒的人気を誇ります。歴史スポットは外国人観光客から人気が高く、海外からも多くの人々が訪れています。

行政では観光事業だけではなく、産業に力を入れていることが特徴です。ろうそく・自動販売機・電化製品の生産量が多く、日本の経済に貢献しています。どのような行政を行っているかは「県政だより みえ」で毎月公開し、地域住民に情報を発信しています。カラーの新聞のような雰囲気で、非常に読みやすいレイアウトです。防災やグローバル人材の育成など、トレンドを取り入れながら行政を進めています。文章だけではなく、写真を使って行政を説明しているので県民から「分かりやすい」と高く評価されています。情報を発信した後は県民意識調査で県民の意見を聞き、行政に生かしているようです。

昔は伊勢と伊賀などの地域があり、歴史に深く関わっていました。戦国時代には南北朝時代で活躍した北畠氏が伊勢国を治め、織田信長と大河内城の戦いで争いました。最終的に織田信長が勝利し、三重は織田信長の力が及ぶことになります。その後織田信長に反発する人々が現れて長嶋一向一揆や天正伊賀の乱を起こしましたが、大河内城の戦いと同じように織田信長が勝利を収めています。ちなみに、この頃三重で有名な伊賀忍者は徳川家康に協力した者達です。織田信長の侵攻によって楠氏や毛利氏をはじめとする有力な権力者が次々に敗れ、時代が変わるきっかけとなりました。徳川家康が江戸幕府を開くと三重にはさまざまな藩が置かれ、多くの城が誕生しました。伊賀忍者も徳川家康の手足となって、江戸時代に活躍しています。近年は廃藩置県によって8つの県が存在し、合併によって三重県が誕生しました。関西鉄道や東海道本線などの交通整備が進められ、三重は急激に成長していきます。1960年に四日市ぜんそくが発生したことも有名です。現在は産業が発展している三重ですが、環境問題や人体への影響に対して細心の注意を払っています。そして、地域住民と観光客が安心・安全に楽しめる地域を目指して、次々にレジャー施設を開園しました。最近では日本の中央に位置している特性を生かして「日本まんなか共和国」を名乗り、国の重要なイベントの開催を促しています。実際に2016年には先進国首脳会議が開催されていますよ。

県内には14市7郡15町あり、5つの地域に分けられることが多いです。北勢は名古屋の影響を強く受けていることや緑茶を栽培している特徴があり、三重の中でも産業や住宅街が特に発展しています。中勢には県庁所在地の津市が含まれ、南勢は伊勢市や志摩市などの観光都市が存在します。伊賀は伊賀忍者が有名な土地で、現在も昔ながらの風景や自然が残っているエリアです。最後の東紀州には熊野古道が存在し、三重の観光スポットはさまざまな地域にあることが分かるでしょう。このように中規模地域が点在し、それぞれの地域で独自の発展を遂げていることが三重の特徴です。

司法書士・弁護士事務所は四日市市などの人口が多い地域に集中しています。2016年には司法書士が261人、三重県司法書士会に在籍している法人会員は3社です。一方の弁護士は185人・100社を記録しています。ちなみに、三重は愛知や岐阜と同じ中部弁護士会連合会に分類されています。女性弁護士の割合が高く、全体の約16.2%を占めていることが特徴です。少な過ぎず多過ぎない司法書士と弁護士が揃っているので、事務所を選びやすくなっています。

三重の貸金業者名として『株式会社ダイナーズ』(三重県鈴鹿市白子町2938番地の1)や『株式会社ユーアイ』(三重県四日市市諏訪栄町5番4号 ニューヨッカイチビル1F)が挙げられます。近畿地方と中部地方の両方をターゲットにできるため、貸金業者が比較的多いです。小規模な貸金業者に対して過払い金請求する時も三重の事務所を利用できるので、是非活用してください。勿論、アコムやレイクなど、大手貸金業者から過払い金を返還して貰う方法もアリです。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME