さいたま市で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

さいたま市で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

さいたま市で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

さいたま市で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

さいたま市での過払い金請求について

過払い金請求では、どれだけ経過した業者との取引でも取り戻せるわけではなく、時効があります。
これを知っておかないと 、時効を過ぎてしまい不当な利息分を取り戻すことができず、非常にもったいないです。
そこで今回は、過払い金請求における時効に焦点を当てて、ご説明します。

過払い金の可能性がある取引は、返済完了後10年に以内の取引のみと請求できるとされいます。厳密に言うと、キャッシング利用していた業者での返済が利息も含めて、一円も残らず完全に返済した状態を指します。ですので、返済のケースによっては、まだ過払い金請求が間に合う可能性があります。

過去の過払い金請求による裁判訴訟による最高裁の判決(昭和55年1月24日)によって過払い金請求権(不当利得返還請求権)の時効が10年以内とされました。
その判決以降、過払い金請求における時効の基準となっています。
では実際にどのタイミングからで10年となるのか見てみます。

時効10年をカウントするタイミングは、一般的に業者との取引終了日以降となります。
正確に言うと最後の返済(振込)が確認できた期日、業者との契約が終了した期日をスタートとして10年以内なら請求できることになります。
ですので、別途取引がある場合や利息制限法施行前平成12年6月18日)以前の取引の返済中の場合では請求できるケースもあります。

通常では、返済完了から10年経過した取引では、素直に諦めるしかないですが、時効が成立しないケースがあります。
それは、一度返済完了してから、一定期間経過してから同じ業者、契約内容で借入していたい場合です。
分かり易く説明すると、仮に一度返済完了日が平成15年5月5日だった場合に請求可能な期間が平成25年5月5日で時効が成立してしまいます。ですが、この返済後、同業者から別の借入などをしていて、平成20年5月5日に返済完了後に契約が終了した場合は、一回目の取引終了期日からではなく、2回目の取引からスタートして平成30年5月5日まで請求できることになります。
これは、平成21年1月22日最高裁の事例で取引終了期日が新たな債務が発生しなくなった期日(契約終了、返済完了)とされたからです。
ただ、どこまで期間が空いた取引までがOKなのか、基準が曖昧なために、一回目の取引から経過しすぎた取引があると、対象外となる可能性もあります。
ですので、過去で複数回目、週払いによる取引があった場合などの複雑なケースによっては認められない場合もあります。

過払い金請求による時効は、裁判訴訟などで消滅、変化する場合があります。
これは、取引終了日から10年経過してしまう前に訴訟や支払い催促など裁判に基づいた手続きや要求した時に、経過した時効が消滅して、また一からのスタートになります。
時効のあるケース全般に言えることですが、過払い金請求においても該当します。
他には、催促という形で業者へ内容証明などの書面を送ることでその後6ヶ月以内に裁判で訴訟を起こせば、請求できる可能性があります。
業者によっては、時効が近い取引の請求だと情報開示などを拒む場合がありますが、法律上で請求する権利があります。時効間近の遅延行為は、業者側の悪質な行為として、時効が切れていても情報開示要求から3年以内なら損害賠償請求として取り返すことができます。
ですが、この場合は、要求している全額を回収できるか不確定で、より長期間での争いとなる恐れもあります。

実際に過払い金請求をする場合に時効について以下のポイントを確認しましょう。
●過去の取引の最終的な契約終了、返済完了日いつだったか
●期間を空けて、複数回の取引があったか
心当たりのある方は、この2点を早急に確認しましょう。もし、手元に過去のデータや書類などが見たらない場合は、弁護士や司法書士などに相談すれば、丁寧に教えてくれると思います。個人でやる場合には、業者へ過去の取引データを要求して、先に確認しましょう。

もし、時効である10年が経過していた場合でも諦めるのはまだ早いです。
時効経過か間近や業者による違法な遅延行為や妨害など特定のケースでは、取り返すチャンスがあるかもしれないです。
その場合は、個人での判断が難しいので、専門家である弁護士等の意見を聞きましょう。

過払い金請求における時効は、過去の取引終了から10年以内なら可能です。
取引ケースによっては、一部時効の終了タイミングに違いがあったり、訴訟を起こすことで経過していた時効期間をなくすこともできます。
まず、諦める前に情報収集をするか、弁護士などに依頼するなど行動を起こしましょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

正に雪だるま式に増える借金減る事はなかった。
◆ブレーキがない。
最初の頃から、某スポーツ新聞社の競馬担当言う仕事の性質上馬券を全く買わないと言う訳にはいかないのも分かっていましたが、中には夏のローカル開催は馬券は買わない人など、毎週馬券を買っている人は全員ではありません。しかし買わないと決めていても買ってしまうのです。ギャンブル依存症です。完全に。

もう自分の事は自分で決めなければいけないのですが、ここらへんで止めておけと言うブレーキがないのです。効かないを通り越してないレベルまで行ってしまいます。ギャンブル依存症と同時に借金依存症です。これには困ったものですが、自分でなってしまったのですからどうにもなりません。

最初は自己破産するなんて誰も思いません。ここが盲点。心の隙です。お金を借りた以上自己破産に陥る可能性は0ではないのです。自制心が強い人はしっかり計画的にお金を借りるので、自己破産と言う転落人生を歩む事はありません。

職場の環境や、ストレスの具合によって大きくお金の使い方は変わってきます。そういった面では私の職場は最悪だった事になりますが、他の社員は普通に生活しているわけですから如何に私が暴走したかが分かると思います。自己破産の詳しい話は別の記事で改めて書きますが、私の場合は防げたと思います。

お金は使う為にあるものとは誰が最初に言ったのでしょうか?確かにお金は使う為にあります。しかし、そう簡単な問題でもないです。お金を貯めると言う非常に重要な事を忘れています。お金をしっかりコントロールが出来ないと私の様に社内の雰囲気に飲まれてしまいます。

◆消費者金融時代との違い
消費者金融時代は、融資をする際、この人危ないな~でも売り上げのノルマ的にはここまでがストライクゾーンか等と考えたものです。それが今度は自分がストライクゾーンなのかを判定される立場になってしまったのです。凋落ぶりは激しかったですね。

自分でも審査を待っている際はこのラインまでは大丈夫と言うのが分かっていますから、妙な自信があって困ったものですが、実際に融資を受けてみると最初は複雑な気持ちにはなります。しかし、どうにかなるだろうと言う気持ちが転落人生をドンドン進めて行ってしまいます。審査を自分がお客さんにしていた時はお客さんはこういう気持ちで審査の結果を待っていたのかなど、普通なら考えなくていい事まで考えるようになります。

◆借金を借金で返す負のスパイラル
これは絶対にしてはいけない事なのです。自転車操業ですから必ずいつかお金の流れが止まる時がきます。しかし、分かっていてもお金は返済日に返さないといけない。

どうゆう手順で返済が遅れた場合催促が来るか分かっていますから、絶対に返済日だけは遅らせる訳にはいかないのです。結構、1日位遅れてもいいやと思っている人がいますが、その考えは捨てた方が賢明です。1日位と言う事は明後日でもいいか?となりかねません。

これが心の綻びです。こういう考えを持っている人は債務整理予備軍です。
◆弁護士事務所に行くと
私が弁護士事務所に相談に行った時、最初に受任してもらったあとに契約していた全社のカードにハサミをいれるのです。知ってはいましたが、これはもう絶対に借金はしませんと言う意思表示でもあるのです。2度と借金をしない為にカードにハサミを入れます。

後は無駄な抵抗はやめる事です。この会社だけ残したいなあと思って申告しないと、免責不許可事項に該当してしまい、自己破産の宣告は受ける事は出来ますが、免責決定を得る事が出来ません。自己破産の裁判で一番重要な事は自己破産の宣告を受ける事ではなく免責決定を取る事です。

◆逃げ得はない。
借金の時効は5年間です。5年間債権者から、返済に関して一切催促されなかった場合です。後1カ月で時効成立の時に返済の催促がきたら、またそこから5年間です。結局無駄な抵抗はやめろと言う事です。逃げ得はありません。一家で海外に高飛びでもしない限りは無理です。日本国内にいる間は逃げ切りが不可能です。もう自分でどうにもならないと思ったら逃げるのではなく、弁護士または司法書士に早急に相談する事です。

専門家に相談する事によって、事態は前向きに動きだします。結局逃げ切りは先ず今の消費者金融の事情からすると無理です。じたばたしないで俎板の鯉になるのが1番です。専門家に任せておけば悪い様にはなりません。後は、どの債務整理にするかは弁護士さんなどが収入とのバランスを鑑みて決めます。勿論、自分の希望を言う事も出来ます。弁護士さんの実力は侮る事は出来ません。味方につければかなり強いです。

こそこそ逃げ回っているのが馬鹿らしく思えてきます。無駄な時間を過ごす位なら、早目に専門家に相談して事態を自身の良い方向へ持っていってもらうのが1番良いです。そこらへんは百戦錬磨の弁護士さんですからいい仕事をしてくれます。弁護士費用がかかっているわけですからね。その分は仕事はしてもらわないと勘定が合いません。

さいたま市で過払い金請求の相談が多い地域

岩槻駅 浦和駅 浦和美園駅 大宮駅 (埼玉県) 大宮公園駅 大和田駅 (埼玉県) 加茂宮駅 北浦和駅 北大宮駅 北与野駅 今羽駅 さいたま新都心駅 指扇駅て 鉄道博物館駅 土呂駅 中浦和駅 七里駅 西浦和駅 西大宮駅 日進駅 (埼玉県) 東岩槻駅 東浦和駅 東大宮駅 東宮原駅へ 別所信号場 南浦和駅 南与野駅 宮原駅 武蔵浦和駅 吉野原駅 与野駅 与野本町駅

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報