滋賀で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

滋賀で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

滋賀で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

滋賀で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

滋賀県で過払い金請求について

貸金業者に支払いすぎた利息を取り戻すため、「過払い金請求」を考えている人も多いでしょう。
弁護士や司法書士に依頼してもいいのですが、自分で行えば請求に伴う出費も抑えられます。
しかし、自分で過払い金請求を行なう際に、最も面倒な作業と言えば「引き直し計算」。
具体的に、引き直し計算とはどのように行なうのでしょうか。

消費者金融などからお金を借りる際、貸金業者は利息制限法の適用を受けることになります。
利息制限法では元金の金額に応じて、以下のように上限金利が定められているのです。

・元金10万円未満→年20%
・元金10万円以上100万円未満→年18%
・元金100万円以上→年15%

ところがもう一つ、「出資法」という法律があり、2010年までは年29.2%を越えない限り罰則がありませんでした。
利息制限法で定められた上限金利と29.2%の間の金利は、法律違反ではあるが罰則がない「グレーゾーン金利」と呼ばれており、かつて多くの貸金業者はグレーソーン金利で貸付を行なっていました。
これが、過払い金の原因となったのです。
ちなみに、現在では出資法の上限金利が年20%に改正されたため、グレーソーン金利は撤廃されています。

グレーゾーン金利によって多く支払ってしまった利息、つまり過払い金を確定させるのが「引き直し計算」です。
具体的にどのような計算をするのか、もっとも単純な例を見てみましょう。
ここでは、100万円を年29%のグレーゾーン金利で借りたと仮定します。

①年利29%での利息→年29万円
②利息制限法(年利15%)による利息→年15万円
②-①=年14万円

以上のような計算となり、14万円が過払い金となります。

しかし、実際の過払い金請求はこんなに単純ではありません。
返済は一括ではなくリボ払いなどの分割で行っていくことが多く、しかも返済途中に再び借り入れをするケースもあります。
もっと実情に即した計算として、100万円を年29%のグレーゾーン金利で借りて1年に29万円ずつ返す場合の計算例を挙げてみましょう。

・1年目:利息が付いて借金総額129万円→29万円返済して残高100万円
・2年目:利息が付いて借金総額129万円→29万円返済して残高100万円
・3年目:利息が付いて借金総額129万円→29万円返済して残高100万円

これは貸金業者の計算ですが、これですといつまでたっても借りた100万円は減っていきません。
これを利息制限法に基づいた引き直し計算で計算すると、以下のようになります。

・1年目:利息が付いて借金総額115万円→29万円返済して残高86万円
・2年目:86万円に年利15%の利息で借金総額99万円→29万円返済して残高70万円
・3年目:70万円に年利15%の利息で借金総額80万円→29万円返済して残高51万円

以上のように計算を繰り返していくと、6年目の借金総額は7万円となって、7万円返済すれば完済できる計算となります。
しかし、6年目も律儀に29万円返済していると、22万円余計に支払いすぎている計算となり、この「22万円」が過払い金となります。
それに気づかずに7年目以降も29万円ずつ返済していけば、以降は毎年29万円が過払い金にプラスされていくのです。
ただし、実際は毎月返済している場合が多いので、この場合には年利を日割り計算します。

以上、簡単に書きましたが、業者から紙の取引履歴を取り寄せて、それを見ながら電卓を叩いていくのはなかなか過酷な作業です。
単純作業ゆえ、計算ミスの可能性も否定できません。
過払い金請求をする業者が1社であれば、これで計算完了なのですが、請求する業者が複数ありますと、業者ごとに同様の引き直し計算をしなければなりません。
そこで役に立つのが、過払い金の計算ソフトです。
表計算ソフト「エクセル」の入ったパソコンとインターネット環境があれば、誰でも計算ソフトをダウンロードできます。
しかも、無料でダウンロードできますので、少しでも費用を浮かせたい方にはおススメです。

確かに、過払い金の計算ソフトがあれば、計算は自動的にソフトが行なってくれます。
しかし、エクセルへの数字入力は自分で行わなければなりません。
貸金業者は利用履歴をわざわざ紙で送ってよこしますので、数字をコピペすることもできませんので、いちいち手入力です。
入力ミスをしたり、計算ソフトの操作ミスをしたりすると、正しい過払い金が産出されません。

計算ソフトを使えば多少の労力低減は図れるでしょうが、それでも大変な作業には違いありません。
だからといって弁護士や司法書士に全てを依頼すると、かなりの報酬をとられてしまいます。
そんなときは、過払い金の引き直し計算のみを引き受けてくれる弁護士や司法書士がおススメです。
数千円程度で利用できますし、気が変わって過払い金請求の和解交渉もお任せしたいとなれば、そのまま依頼してもいいでしょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

自己破産をしたデメリット。
◆カードローンが作れない
私はそれほど、デメリットを大きく感じた事はありませんが、一般的なデメリットとしてはローンが組めない。これが結構大きいですね。自己破産した場合カードローンに関しては最低7年。10年はカードは作れないと思っておいた方がいいでしょう。私が大きくデメリットに感じなかった点は、カードを作る気持ちはもうなかったからです。

その為、全て現金決済で生活を組み立ていましたので、カードローンなど眼中にありませんでした。しかし、自己破産した人の多くは再び復権し、カードを作れるのを待ちに待っている人が非常に多いです。1回大失敗をしていてまたカードを作って大丈夫なのかと私なんかは思ってしまいます。1度失敗してますから流石に2度失敗はしないとは思いますがそれでも、カードを持つのは危険です。

その点を踏まえてカードを復権した時に作るのであれば問題はないと思いますが、かなり危険な賭けに私は感じてしまいます。その為、私はカードは今後一切不要なのです。銀行のキャッシュカードがあればいいです。自分の裁量の中でお金を上手くコントロールする。これが出来れば、カードローンなど必要ありません。今後、私がローンを使う時は住宅ローンだけだと思います。後は、ローンは組む事がないと思います。

◆ショッピングのローンも
意外な事かも知れませんがショッピングのローンも通りません。私はカードローンは作る気持ちは全くありませんでしたが、パソコンを買い替えの時期が来たので、家電量販店に行き、24回払いで購入しようとした時に信販会社の審査が通りませんでした。店員さんが浮かない顔で審査に通りませんでした。申し訳ありませんと言ってきたので、それなら一括で買いますと言って仕方なく一括で買いました。

通常のローンも厳しいのかとその時痛感しました。しかし、救われたのは私は弁護士さんに言われた通り、お金を貯めて買いなさいを守っていたので、一応、分割払いにしましたが、一括で買えるお金を持っていたので、直ぐに対応出来ました。これが準備をしていないで買いに行くと、分割払いが出来ないので一括でしか買えません。そのお金を持っていれば問題ありませんが、中々準備出来る人はいないようです。

その為、その日からお金を貯める事になり、パソコンを手に入れるのが遅くなります。通常のローンが組めないのは大きなデメリットと言っていいでしょう。後は、その人がどの様に考えているかだけです。考え方一つで大きく変わってきます。基本的にはお金を貯めて一括で買う事になるのでお金をしっかり貯めておくことが大きなポイントになります。なかなかお金を貯めるのは大変です。

◆審査があるものは基本的に全て落ちる。
審査があるものは先述の通り全て落ちます。奇跡はおこりません。ここが非常に辛い所です。商品をローンで購入する事すら出来ないのですから非常に痛手に感じる人もいます。しかし、これは自己破産した時点である程度分かっていた事です。その審査が落ちるのが、カードローンだけと思い込んでしまっている人が多いです。

その為、カードローンの申込をする人は少ないです。それでも奇跡を信じて申し込む人もいます。奇跡が起きる事はありません。そんなに世の中甘くないと言う事です。自己破産で借金が帳消しになっているのです。こんな大恩恵を受けておきながら、直ぐにカードローンが作れるわけがありません。

これでカードローンが作れてしまったらとんでもない世の中になってしまいます。そのような事は起こりません。ここはきちんとしています。何せ、物品購入の審査にも通らないのですから、それよりもハードルの高い、カードローンの審査が通る訳がありません。

これは、自己破産をしたペナルティとも捉える事が出来ます。当然、借金帳消しの大恩恵を受けた訳ですから、信用状態は著しく悪化します。この状態でカードローンは絶対に作れません。もし、カードローンに申し込んだら、5分で、審査否決のお知らせが届きます。厳しいですがこれが自己破産をした人の現実です。そうなりたくなければ、しっかりお金を返しておく事ですね。

◆デメリットをメリットに変える。
ローンが出来ないのは、一般的に考えればかなりのデメリットです。しかし、ローンが出来ないのであれば、ローンに頼らない生活をすれば良いのです。弱点をいつまでも持っていても仕方がありません。この場合、現金主義の生活にシフトチェンジする事が重要になってきます。そんなに難しい事ではありません。普通に現金で生活をすれば良いだけですから、無駄使いなどをしなければ問題はないと思います。

普通に現金でしっかり生活を立て直していけば、良いだけです。誰にでも収入があれば出来る事です。ローンのことばかり考えるのはこの辺りで終わりにした方が賢明です。ダメなものはダメなのです。賢い選択をするなら現金主義の生活をしていく事です。

滋賀県で過払い金請求の相談が多い地域

大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡、日野町、竜王町、愛知郡、愛荘町、犬上郡、豊郷町、甲良町、多賀町

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報