島根で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

島根で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

島根で過払い金請求するならこの事務所に依頼すべき!

島根で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

島根県での過払い金請求について

個人で過払い金請求をする時は、業者とのやりとり以上に過払い金がいくらあるか計算する作業が大変だと想像する方が多いと思います。
特に、普段から数字を扱う仕事などしていないと、金額を見ただけでもやる気をなくしてしまうでしょう。
そこで今回は、初心者でもできる過払い金の計算方法などについてお話しします。

まず、過去の取引内容に過払い金がいくら潜んでいるか計算するには
●過去の取引内容(返済完了後10年経っていないもの)
●過払い金を出すための計算ツール
が最低限必要になります。
過去の取引内容は、正確な金額を計算するのに必要になります。
手持ちのクレジットカードや返済した証明、支払いレシートなども使えますが、ばらけてたり、欠落していると計算にかかる時間や手間が増えてしまいます。
キャッシングに関する法律、会計などの知識のある方は、簡単に計算可能性ですが、個人で全くわからない素人には難しいので、計算ツールの活用が必要不可欠です。

業者から自宅に取引内容が届いたら、実際に計算していきます。
計算には利息制限法に基づいた金利と過去の契約時の金利を元に引き出し計算をします。

簡単な例として、過去のキャッシングで金利25%、借入額100万円、1年に25万円の分割返済していたと仮定します。
この場合では
過去の違法金利 25%
1年目 借入額100万円+利息25万円−返済額25万円=100万円
2年目 借入額100万円+利息25万円−返済額25万円=100万円
利息制限法による金利 15%
1年目 借入額100万円+利息15万円−返済額25万円=90万円
2年目 借入金額90万円+利息13万5千円−返済額25万円=78万5千円
過払い金は…
25万円(違法金利)− 15万円(利息制限法設定金利) = 10万円(過払い金)
25万円(違法金利)− 13万5千円(利息制限法設定金利息)=12万5千円(過払い金)
極端な例ですが、1年目、2年目だけでこれだけの過払い金が浮き彫りになります。
これが返済期間が長く、借入額が増えるとさら余分な金額を返済していたことになります

上記で挙げた例のように簡単な取引ではなく、月々の返済や高額な借入、長期間の返済となると電卓の計算では細かすぎて、大変です。
そこで役立つのが過払い金計算専用ツールになります。
これは、 該当する違法金利、返済方法、支払い期日と支払い金額などを入力することで、簡単に過払い金額を計算してくれるものです。
パソコンで専用サイトからダウンロードするエクセルのスプレットシートやアプリケーションをダウンロードする必要ながあります。
最近ではパソコン以外にもスマートフォンの専用アプリやサイト上でタッチ入力で細かな計算ができるので非常に便利です。

過払い金を全額取り戻すためには、計算方法に要注意です。
過払い金を計算する上で利息充当方式と無利息方式がポイントとなります。
●利息充当方式
過去の取引内容に何度から借入している場合に過払い元金に利息を合わせて計算する方法
大抵の計算ツールや弁護士、司法書士などもこちらを採用している
●無利息方式
過去の取引内容にある過払い元金から何度か借入してい場合に利息と元金を別にして計算する方法
この計算方式の大きな違いは、前者が返済期間中にさらに借入していた場合に元金と合わせ上で利息計算するか、別で計算するかで合計した金額に差が出てしまいます。
実際にこちらが利息充当方式で計算したデータを提示しても、業者が無利息方式のによるデータを出して、過払い金の返還金額を故意に減らそうとしてくるので注意しましょう。
法律ではすでに禁止されいますが、いまだに姑息な手を使って、逃れようと業者もいるので、ついでに覚えておきましょう。

自分で過払い金計算をする場合は、過去の返済期間が長く、返済回数が多くて取引が細いものほど見落としに注意が必要です。
ほとんどの方が社会人として働いてたり、家事に追われるなど忙しい時間の合間で計算作業をするのでミスが生じやすいです。
計算する時は、取引年ごとに入力→確認を繰り返すことでミスなくできます。
使うツールによって、フォーマットや入力項目、名称が違う場合もありますが、基本的に計算ツールの説明順序に従って入力すれば問題ないです。

どうしても自分で計算ができない方は、債務整理に知識があり、事情を知っている周りの人に頼むか、弁護士、司法書士などの債務整理の専門家に相談しましょう。
何よりも過払い金を取り戻すことが大事なので、手段を選ばずに行動を起こす必要です。

過払い金請求の計算は、取引内容のわかるデータや書面を用意して、無料の計算ツールを活用して、正確に計算しましょう。
忙しくて、時間がない中で作業するのは大変だと思いますが、確実に過払い金を取り戻すために行動しましょう。

依頼する前に無料・匿名で過払い金を計算!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

自己破産の流れ。
◆依頼するならスペシャリスト
先ず、自己破産を申し立てるには弁護士事務所に行って弁護士さんに仕事を引き受けてもらわなければいけません。弁護士さんもお医者さんと同じで専門分野があります。スポーツをして怪我をしたら、病院では主に整形外科の先生が診察します。それと同じで弁護士さんにも、刑事裁判が得意な先生もいれば、民事裁判で、金銭問題のスペシャリストもいます。刑事裁判が得意な弁護士さんでも六法全書を頭の中に叩き込んでありますから、勿論対応は可能です。

但し、やはり専門スキルを持っている金銭問題のスペシャリストの先生の方が依頼はしやすいです。これは精神的な問題ですね。やはり金銭問題を専門分野にしている先生の方が依頼はしやすいのは人間の心理面からして仕方がないでしょう。もっとわかりやすく書くと、内野手が外野を守る様な違いです。一抹の不安はあると言う点を私はここで書きたかったのです。万全を期すなら金銭問題のエキスパートの弁護士さんに依頼しましょう。

◆それでは自己破産の手続き
弁護士さんに受任してもらうと、直ぐに債権者に弁護士が介入した通知が行きます。この時点で債権者は、一切、催促の電話や手紙を出す事が出来なくなります。催促してしまった場合は違法行為となります。弁護士が介入すると流石の闇金も大人しくなります。中にはイケイケドンドンでそんなの関係なしと言った闇金業者もあります。

基本的に闇金にまで手を出してしまっていると状況はかなり深刻ですね。流石に私は闇金は怖くて手が出せませんでした。これが普通の感覚ですが、金銭感覚が麻痺しているので、闇金が鬼のはずなのに神に見えてしまう人がなかにはいます。

そんな状況の中でも弁護士が介入した事によって催促は止まります。これが精神的には非常に大きいのです。ここから、先が少し大変です。戸籍謄本などを取らなければいけません。戸籍謄本は役場の本庁に行かないと取れません。出張所では取れない書類です。

弁護士さんが必要な書類を揃えて下さいと言ってきますから必要な書類を揃える必要があります。書類を揃えるのは大変かもしれませんが特に難しい事はなく、普通に揃える事が出来ます。この弁護士さんから指示された書類が揃って漸く1歩前に進みます。弁護士さんは全ての通帳のコピーを見て、お金の出入りをチェックして、戦略を立てていきます。

ここで競馬等を在宅投票システムで購入した人は少し厄介になります。競馬は明らかな浪費ですからね。弁護士さんが作戦を練って裁判所に行き、裁判官に意見を求められた時に常識の範疇ですと答えられるレベルなら問題ありませんが、あまりにも浪費が顕著だと管財人裁判になります。私の場合は競馬で借金が膨らみましたが、全て競馬場で買っていたので、証拠が通帳には残らず助かりました。

あれだけの金額が通帳に載っていたら完全にアウトだったかもしれませんね。在宅投票の人は不公平に感じるかも知れませんが、所詮、自己破産しなければいいだけの話です。予算をしっかり守っていればそれ程問題はないでしょう。しかし、競馬をしている限り、いつ危ないスイッチが入ってしまうか分かりません。それを経験しらのが私です。

◆裁判所に破産を申し立てしたあと。
破産宣告を受ける事になります。この破産宣告は誰でも自己破産を申し立てれば、宣告を受ける事ができますが、自己破産の目的は免責決定を勝ち取る事です。破産宣告を受けた後は、担当の裁判官達が弁護士から提出を受けた、書類を元にこの人は免責が妥当か?浪費などはないか?ここを中心に調べていきます。また、債権者(消費者金融など)から意見書を提出されていた場合はその内容も考慮されます。

意見書に書かれている事は、自己破産にすべきではないと言った内容です。私も、消費者金融で勤務していた時にたくさん書いてきたので、中身は知っています。私の自己破産のケースは、競馬で浪費した証拠がないので、その点は問題なくクリアすると思っていました。しかし、最終的に判断するのは私ではなく、裁判官ですからね。分かってはいてもかなり緊張した期間があったのも事実です。

◆40度の高熱があっても審尋は出廷しないといけない。
自己破産で裁判所側が免責で問題ないと判断した時に、審尋と言う物があります。基本的に集団です。裁判所に行って指定された法廷に行くと、番号札を渡されます。ここで聞かれるのは氏名と職業だけです。この審尋に出廷すれば自己破産で免責になる確率は99%です。その為、破産の審尋だけは熱が40度あっても我慢して裁判所までいかないといけません。この時に弁護士さんも同行してくれます。

◆審尋から約1カ月
審尋から約1カ月が経過すると、弁護士事務所に免責決定の通知が届きます。その免責決定通知の用紙が弁護士事務所から送られてきます。免責不許可事項に該当しないので免責とすると言う一文が入っています。これでようやく、借金が帳消しになります。大体ここまで、3カ月から6カ月です。私は4カ月でした。

島根県で過払い金請求の相談が多い地域

松江市、浜田市、出雲市、益田市、大田市、安来市、江津市、雲南市、仁多郡、奥出雲町、飯石郡、飯南町、邑智郡、川本町、美郷町、邑南町、鹿足郡、津和野町、吉賀町、隠岐郡、海士町、西ノ島町、知夫村、隠岐の島町

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME

過払い金請求・債務整理の体験談

現役弁護士が教える!過払い金請求のまとめ情報