【徹底比較】鳥取で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

【徹底比較】鳥取で過払い金請求を依頼すべき司法書士と弁護士の口コミ・評判

鳥取で過払い金請求を依頼すべき司法書士・弁護士事務所

鳥取で借金を払い終わって過払い金請求を考えてるかたや、借金を返済中だけど過払い金請求を考えてる方は数多くいます。
その多くの方がここで紹介する事務所に過払い金請求を依頼し、満足する金額を回収しています。

ここでは、各事務所の特徴を紹介しるので、ぜひ参考にしていただき相談してみてください。

今すぐ無料相談する!

弁護士に相談をしたいという方におすすめなのが、「西川総合法律事務所」(鳥取県鳥取市幸町22 マルニ幸町ビル200号)です。2名の弁護士が対応するこちらの事務所は、債務整理に関してもいろいろなケースを取り扱っています。現在返済中、または完済済みの借入金がある場合に、債権者と交渉してもらえるのが心強いところです。債務整理の場合は、1件の業者につき約2万円の着手金がまずは必要です。ただ、既に返済が完了している場合は、このような着手金もかかりません。過払い金請求では、返還された過払い金の約20パーセント、減額できた債務の約1割を、報奨金として事務所に支払うシステムになっています。債務整理の相談については初回無料で行っており、気軽にコンタクトをとりやすい法律事務所です。

鳥取市エリアから利用しやすい弁護士事務所としては「鳥取あおぞら法律事務所」(鳥取県鳥取市元魚町2-105 アイシンビル5階)なども挙げられるでしょう。こちらの事務所でも2名の弁護士が、依頼者からの相談にのっています。公認会計士の資格を持つ弁護士もいるため、お金の問題に関する適切なアドバイスが得やすい法律事務所と言えるでしょう。この法律事務所で過払い金請求を依頼する時にかかるのは、約2万円の着手金、減額できた金額の約1割、戻ってきた金額の約20パーセントです。調停等、他の業務も合わせて依頼している場合は、こういった基本的な金額が変わることがあります。

「やくも司法書士法務事務所」(鳥取県米子市加茂町2-180 国際ファミリープラザ608)も、鳥取県で過払い金請求の相談をしたい方にはおすすめです。この司法書士事務所では、過払い金請求など、債務に関する相談にのる相談会を鳥取県や島根県内で頻繁に開催しています。相談会の利用は完全に無料になっていますので、気になることがある時にすぐに利用ができる便利さがあります。事務所を利用する際の相談料や着手金も無料で、初期費用がほとんどかからないのがこちらの「やくも司法書士法務事務所」の魅力と言えます。基本報酬の3万円、取り戻した過払い金の約20パーセントが、依頼をした時に発生する主な費用です。特別調停が必要になった場合は、1社につき3万円程度の費用がかかります。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

知っておくべき過払い金請求の情報

過払い金請求のトラブル

過払い金請求に向けて行動する時には、トラブルを避けることが大切です。弁護士や司法書士などのプロに依頼をしても、トラブルが発生するケースがありますので、手続きが完了するまではしっかりと状況を見ておきましょう。

自身で過払い金請求を行う場合は、債権者と交渉の中でトラブルが発生する可能性があります。法律知識に疎い素人が過払い金請求を行うと、債権者から甘く見られてしまい、思うように交渉が進まないといったことも少なくありません。自分サイドでどのくらいの過払い金が発生するかを把握しておくことは、自身の立場を主張する上でも非常に大切です。対応が悪いなどの問題があれば、早めに第3者である弁護士や司法書士に相談した方が良いでしょう。

弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求を依頼する時にも、やはりトラブルに対する注意は必要です。実のところ、このような弁護士や司法書士とのやり取りの中でトラブルを抱える方もいます。例えば、過払い金請求を依頼して着手金などを払ったにもかかわらず、なかなか動いてくれる気配がないといったパターンです。多忙な弁護士や司法書士の場合は、同時に複数の案件を抱えていることも少なくなく、若干対応のスケジュールが遅れることはあり得ます。しかしながら、余りにも長く待たされているような時には、進捗状況などを尋ねる必要が出てきますね。誠意のある事務所であれば、途中経過などを丁寧に説明してくれるでしょう。

また、料金に関するトラブルも増えています。多くの弁護士事務所や司法書士事務所では、過払い金請求にかかる費用を大まかに紹介しています。費用の目安がホームページなどに公開されていれば、利用する側にとっても比較的安心です。しかしながら、中には費用について積極的に公開していない事務所も見られます。このような事務所を利用する時は、料金について詳しく問い合わせるのがベストでしょう。弁護士や司法書士の報酬は、事務所によって異なることが多々あります。基本的な料金がある程度決まっていても、各事務所の裁量で決定できる部分があるため、料金も一律にならないのが利用者にとっては少し分かりにくいところです。妥当な料金設定であるかどうかは、他の事務所の料金と比較することである程度見えてきます。口コミなども見ながら、誠意を持って対応してくれる事務所を探しましょう。料金の安さに惑わされず、評判や実績、サービスの質などをきちんとチェックしておくのが良い方法です。

過払い金請求には時効がある

完済してからどのくらいの時間が経っているか、過払い金請求をする時にはまず確かめておく必要があります。過払い金請求ができるのは、完済後10年間です。10年経過をすると時効になり、過払い金請求ができなくなってしまいますので注意をしましょう。返済中の場合は、このような時効についての心配はありませんが、完済している方の場合は最後の返済から10年以上過ぎてしまっていることもあり得ます。早めに気ががつけば時効になる前に過払い金請求ができますので、過去に借り入れを行っていた方は当時の書類などを改めてチェックしておくと良いですね。

過払い金請求について広く知られるようになってからは、時効に関してもいろいろなうわさが飛び交うようになっています。こういったうわさに影響されてしまうと、不本意な結果になってしまうこともあります。例えば、10年という時効を初回の借入時期からの年数と捉えていると、過払い金請求ができる状況にもかかわらず、既に権利がないものと諦めてしまい、請求の手続きを進めずに過ごしてしまうことがあるでしょう。10年以上にわたりコツコツと返済を続けている方も、このようなパターンに陥いる可能性があります。返済が継続している期間は、時効の10年には含まれません。いまだ時効の年数にカウントされていないため、初回の借入時期から10年以上経過していても、過去の過払い金については請求することができます。10年という時効を正確に理解しておくことが、過払い金請求のポイントになりますね。

誤った解釈で時効を捉えていると、その方の状況によっては徒に焦ってしまうことが考えられます。スピードを重視してしまった場合、債権者との交渉が不利な結果に終わってしまう可能性も。あと1歩のところで粘れず、低い金額で安易に妥協してしまうといった状況もでてきますので、情報を正確に捉えて焦らずに手続きを進めていきましょう。

弁護士や司法書士といったプロは、このような時効についても熟知していることから、通常は相談をした時点で正しい情報を教えてくれます。時効について聞いても曖昧な返答しか返ってこないといった時には、他の事務所に再度相談をするなどの対処が求められます。時効で焦らないためにも、過払い金請求を考えている時にはできるだけ早く信頼できるプロに相談をしましょう。インターネット上の情報サイトなどからも、過払い金の時効についての情報は得られるようになっています。

鳥取県での過払い金請求について

ここ数年で消費者金融や銀行などのカードローンサービスや各クレジットカード会社の提供しているキャッシングサービスがより身近に、手軽にお金を借りることができるようになりました。
また、お金を借りることに対するイメージが以前よりもクリーンで安全なイメージへと変わり、主婦や学生、単身者など数多く方が利用していると思います。
そんな借りやすい環境が多くの借入金を抱えてしまい、返済する流れの中で過払い金請求の問題も増えています。
そこで今回は、過払い金請求の概要、メリット・デメリットなどをご説明します。

まず、過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社の提供するキャッシング、カードローンサービスの利用による返済で借入額と支払い利息を超えた超過金額、不正請求を指します。
通常のキャッシングやカードローンでは、借入額と返済期間に応じて決められた利息と借入額を返済で終了するはずなのに、隠れた多額の過払い金が出てくる問題が多発しています。
その大きな原因として、カードローンなどの貸付における出資法、利息制限法などの法律の規制が緩く、常識ではありえない高い金利でサービスが提供されていた実態にあります。
あまりにも高い金利や長期返済によろり問題となった裁判による最高裁の判決でグレーな金利の設定を認めないとされました。その裁判での判決以降、2010年に利息制限法によって金利が一定となる結果となり、過払い金の実態が明らかになり、過払い金請求問題が浮上しました。
現在の利息制限法では、
借入額10万未満…金利(年利)20%まで
借入額10万円〜100万円未満…金利(年利)18%まで
借入額100万円以上…金利(年利)5%まで
となっています。
しかし、利息制限法が定められる以前は、年利20%以上での貸付などが当たり前に行われていたので、2006年以前、2006〜2010年に返済をすでに終えた方は、特に過払い金の可能性があり、場合によっては、取り戻すことができるでしょう。

過払い金の概要や原因を理解した上で、次に実際に過払い金請求をするメリットとデメリットについてお話しします。

まず、得するポイントは、過去に返済した金額に過払い金が含まれる場合は、請求することで回収することができます。過去の無法地帯状態のキャッシングで高すぎる金利によって、常識では考えられない返済金額を要求されていました。借入額が高額で返済期間が長いほど、それに比例して返済額も跳ね上がっていました。
返済完了してから過去10年までの取引についての過払い金請求ができるので、心当たりのある方は、最寄りの弁護士事務所などに相談するといいです。
また、過払い金請求によって、返済を命じされた場合に貸付サイドに不利益が生じます。
もし、逆恨みのように金融期間などの取引に影響出る信用情報に傷がついたり、ブラックリストに登録されるなどの心配をされる場合があります。
その点に関しては、返済完了している請求については対象外となるので安心できます。

おかしな返済金額に疑問持ちながら返済完了した方にとっては、長年疑問や後悔を抱きながら精神的にもツライです。ですが過払い金請求によって過払い分が返ってくることで精神的にも楽になり、消費者金融などの借入がいかにリスクのあるものです。
過払い金額や金利の高さに驚いて、利用すべきでないと認識するきっかけにもなります。
また、戻ってきた過払い金で自分のやりたいことや貯金するなど活用できます。

大抵のケースで過払い金が戻ってきてハッピーですが、いいことばかりではないです。
過払い金請求した消費者金融や他の貸付業者から請求後に再びキャッシングサービスの利用が難しくなります。業者とっては、正当な手続きでの過払い金請求でもいい気分はしないです。また、同じようなケースで請求されるリスクを避けるためにも対象者へサービス利用を断る可能性が高いです。

過払い金請求は、返済完了した取引での請求では、何もダメージがないです。
しかし、過払い金の可能性があっても、今も返済期間中の場合は、ブラックリストに登録される可能性がありまうす。
また、いかに多額な過払い金であっても、返済完了後10年以上経過した取引については請求できないので注意したいです。

過払い金請求の概要やメリット・デメリットについてお話ししました。
過払い金の心当たりのある方は、10年以上経過していなければ取り戻せる可能性があります。
過去のことだからと諦める前に専用の相談窓口や弁護士に相談するといいです。
請求することで取り戻せるケースが多いです。
業者の悪質な罠によって、取られた金額を取り戻して、自分の未来のために役立てましょう。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

借金で失敗する人はルーズな人!!
借金をする事じたいは別に大した問題にないと思っている時点で危険です。どうして、借金をしなくてはいけないのでしょうか?今までは普通に借金無しで生活が何の問題もなく出来ていたわけです。それが借金をしないと生活が厳しいと言うのは、その人のお金の使い方に問題があります。

借金をする人・しない人は性格面でも直ぐにわかります。几帳面な人は部屋もキレイで、お金に関しても非常にシビアです。その為、借金に頼る事は先ずなく、貯金も毎月ドンドン貯まっていきます。貯金が貯まると嬉しいですよね。この気持ちが皆さん持っていれば良いのですが、現実問題はそうは甘くありません。

待ち合わせの時間に平気で遅れてくる人は、借金に関して非常に危険因子が高いです。待ち合わせですら遅れるのです。待ち合わせはノンプレッシャーです。それを平気で20分・30分遅れて来る。これはかなり時間にルーズです。ここでルーズと言うキーワードが借金と重なりましたね。

時間にルーズな人は、先ず間違いなくお金に関してもルーズです。一方、待ち合わせに20分前に来ているタイプの人は借金も必要な分だけ借りて、直ぐに返済するタイプなので危険因子は小さいです。危険因子が高くなればなる程、借金でドツボに嵌ります。

今回のテーマはルーズです。ルーズな人は仕事においても問題があります。1カ月無遅刻無欠席なら皆勤手当1万円が支給される会社も少なくはありません。私の感覚では、何でこんな当たり前の事でお金を1万円も多く貰えるのだろうです。こんな事は全員出来て当然の事です。しかし、寝坊癖のある人がいます。完全に仕事を甘く考えています。こういう人は断言します。何をやってもダメです。その為、借金したら結果が見えています。

私がカウンターで消費者金融時代に接客している際にサラリーマンの人は当然スーツを着て来るのですが、必ず注目する事がありました。それは何だと思いますか?答えは髪型です。几帳面な方は髪型も決まっている。しかし、ぐーたら生活をしている人は寝ぐせをつけたままだったりします。こういう人にお金を貸したら結果は見えています。

確かに他社借入はなく、収入がある程度あるので、審査上は楽勝で合格ラインです。ここでお金を幾ら貸すかが最大のポイントです。無難に行きたいなら否決です。しかし、営業のノルマもありますから、全く貸さない訳にはいかず、50万円OKの人なら20万円まで落とし込んで貸します。

同業他社も大体同じような視線で見ていると思います。ここで困った事にそういう髪型に無頓着なスタッフがいると言う事です。べつ無頓着なのは構いませんが、万が一お金が返ってこなかった場合は私が回収に行く羽目になるのです。その為、貸したいだけ貸してしまいます。絶対に20万円が限界と言う人に私以外のスタッフが対応すると50万円貸してしまうのです。

昼休みなどは同僚と外食で済ます事が多いですが、昼食中は一切仕事の話は出来ません。個人のプライバシーの問題もありますし、私たちは消費者金融の社員と言う事を隠しておかなければいけません。どうしてか?ここで消費者金融の社員だと言う事が分かってしまうと、他の人に〇〇←(私が勤務していた消費者金融の名前)は審査基準が甘いとかそういう情報を与えてしまうと、属性の低い人がやってきます。

決して審査は甘くありません。そうならない為に、昼食の時間は、仕事の話は外では一切禁止です。誰が話を聞いているかわかりませんからね。休憩室で食事をとる分には何を話しても問題はありません。この感覚を外に持っていってしまうと大変な事になりかねません。結局自業自得となってしまいます。これだけは避けたいですね。避けられる事なので避けなければいけません。

意外に重要な事です。手の内を明かさないと言う事は。それにしても時間にルーズな人は本当にお金にもルーズです。もう癖になってしまっています。1日位返済が遅れてもいいだろう・・・。これが元凶です。1日遅れても良くありません。確かに1日程度であれば延滞履歴がつくことはありませんから、安心なのか知れませんが、遅延損害金は勿体ないですし増枠の対象から真っ先に外されます。

お金を借りている人、本人にとってもいい事はありません。正直悪い事だらけです。たかが1日されど1日です。たった1日しか違わないのです。給料日にATMに立ち寄れば良いだけの話です。これが出来ない人は意外に多いです。今は銀行振込がありますから、かなりこのタイプに方は減っていると思います。給料日になると嬉しさと共にどっと疲れがたまりますよね。これが1ケ月頑張った証です。

大抵、歩合給がつかない方は、毎月の給料は同じです。歩合給が付く人は大きいですね。その月々によって固定給プラス歩合給の加算があります。これは非常に給料日が楽しみになりますね。この歩合給が固定位級プラスならお金を貸すのにそれ程抵抗はありませんが、フルコミッションの人はお金を貸しづらいです。非常に判断に悩みます。前月80万円でも今月0の可能性もありますからね。給料体系は十人十色。後はルーズでない事。今回のテーマは消費者金融から見たルーズの人でした。

過払い金請求に強い司法書士法人杉山事務所

過払い金返還額NO.1司法書士!相談も過払い金の計算も無料

大阪・東京・名古屋・福岡・岡山・広島・仙台に事務所があり全国対応!無料相談・着手金無料で、過払い金の計算も無料でできる!自分に過払い金があるかわからない方にも柔軟に対応してくれる事務所です。

「消費者金融が恐れる司法書士」日本一にも選ばれ実績豊富な司法書士事務所に依頼すれば楽して過払い金が回収できる。

過払い金請求をお考えの鳥取在住の方

山陰地方の1つである鳥取県は日本海に面しており、典型的な日本海側気候を有しているのが特徴です。冬には雪が多く積雪量もかなりの規模になりますが、気温は関西地方とほぼ同じレベルであり、冷え込みはさほど厳しくありません。横に長い鳥取県の場合、東部と中部、西部の3つのエリアに大きく分かれます。兵庫県に隣接している東部エリアには、県庁所在地である鳥取市などがあります。全国的に有名な鳥取砂丘は、この鳥取市に位置する観光スポットです。中部エリアにあるのが、倉吉市や東伯群三朝町。こちらのエリアには、三朝温泉などの温泉街が見られ、全国から温泉を目当てに訪れる観光客が多いという特徴が。米子市がある西部エリアは島根県と接しており、大山の美しい山並みが楽しめる地域としても評判が高いです。

鳥取県には、「西川総合法律事務所」や「鳥取あおぞら法律事務所」のある鳥取市や「やくも司法書士法務事務所」が拠点を置く米子市など、4つの市があります。このような市の他に5つの郡に分かれた15の町が設けられており、地方自治が進められています。市町村合併によって、鳥取県も以前より自治体の数は大分減りました。時代の流れにのって行政のスリム化が進んでいるのが、現状と言えるでしょう。鳥取県は面積が小さく、人口が少ないのも1つの特徴に挙げられます。米子市のある西部エリアは古来より隣の島根県とのつながりが強く、鳥取県もかつては出雲文化の一端を担う地域の1つでした。このような鳥取県は、独自の文化を有することでもたびたび注目されます。因州和紙などの伝統工芸品も生産されており、かつての文化が今なお継承されています。民話や伝説の宝庫としても有名で、語り継がれている名話が多く残る地域です。鳥取砂丘や浦富海岸などは、言わずと知れた景勝地の1つ。また、鳥取城址や米子城址などの古い城跡も残ります。鳥取県の景勝地は、小説やアニメの舞台としてたびたび起用されていることもあり、県内には若い観光客の姿も見られるようになっています。

こういった特徴を持つ鳥取県で過払い金請求を行う場合、いろいろな司法書士・弁護士事務所に相談ができます。県内の登録弁護士は約67名、この中には10名以上の女性弁護士が含まれています。弁護士事務所の数は約34となっており、県内各地で利用ができる状況です。ちなみに鳥取県にある司法書士事務所は約60、登録する司法書士は約100名です。70名以上の司法書士は認定司法書士としての資格を有しており、簡易裁判所での訴訟にも対応できる態勢になっています。司法書士・弁護士事務所は、鳥取市や米子市などの都市部に集中する傾向が見られますが、出張に対応してくれる事務所を利用すれば、都合の良い場所で相談ができるでしょう。

司法書士・弁護士が多く集まる鳥取市や米子市には、貸金業者も多いです。例えば、鳥取市に本拠地を構えて営業をしているのが扇信販や日本海信販株式会社などです。また、米子市に本社を置く貸金業者としては、オリオンリースや山陰信販株式会社などが挙げられます。県内の貸金業者名は、鳥取県のホームページなどを経由して調べることも可能です。貸金業者としてサービスを提供する場合、公的機関に登録をすることが必要になっています。登録を済ませている業者の場合は、上限金利についても一定のルールを守っていると考えられますが、登録のない業者に関しては、利用する際にも注意が必要になりますね。住所などを明らかにしていない貸金業者から、万が一違法な利率で融資を受けると、後の過払い金の請求も難しくなる可能性が。貸金業者を利用するに当たっては、消費者側にも慎重さが求められてくるわけですね。

アコムやプロミスといった大手の消費者金融も、鳥取市や米子市、倉吉市などに点在しています。このような消費者金融に対する過払い金の請求は、多くの司法書士・弁護士が請け負っています。アコムやプロミスなどは全国で営業を行う消費者金融であるだけに、過払い金請求の件数も多く、実績のある司法書士・弁護士事務所も少なくありません。鳥取県でも、いろいろな事務所が力になってくれるでしょう。もちろん、地元の貸金業者や他の地域の貸金業者を利用した場合でも、相談は可能です。状況によって適切な対処法が変わってくるため、まずは法律のプロの視点からアドバイスを受けてみましょう。鳥取県でも無料相談サービスを提供する事務所が多く見られるようになり、プロから直接意見を聞ける機会は増えています。相談した司法書士・弁護士によって意見が異なるといったことも考えられますので、幾つかの事務所を利用して見解を比べてみるのも1つの方法になるでしょう。過払い金について内容を詳しく知りたいという方は、情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。プロのサービスを上手に利用すれば、納得できる形で過払い金の問題を解決することも夢ではありません。

鳥取県で過払い金請求の相談が多い地域

鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、岩美郡、岩美町、八頭郡、若桜町、智頭町、八頭町、東伯郡、三朝町、湯梨浜町、琴浦町、北栄町、西伯郡、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日野郡、日南町、日野町、江府町

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME