福岡で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

福岡で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

福岡市でバレずに債務整理をするにはどの司法書士・弁護士事務所に依頼したらいいかわからない。報酬や費用を比べてみて安い法律事務所が良いのか?大手事務所で実績が豊富な事務所がいいのか、福岡市でおすすめできる司法書士・弁護士を紹介します。

福岡市の司法書士・弁護士事務所の特徴

なぜ福岡市の司法書士・弁護士がいいのか?

司法書士や弁護士に相談するのって敷居が高い・・・相談しにくいと思われている方が多くいます。
確かに、士業全体で高い相談料が設定されており、法律という難しい内容もあり、そういうイメージが仕方があってもありませんでした。

しかし、現在では昔と違い、司法書士・弁護士がある程度自由に報酬を設定できるようになり、専門家の数自体が増えてきたこともあって業界内の競争率があがり、相談者に対する対応の仕方などのサービスの向上や、価格の引き下げなどが積極的にされています。

借金の悩みは個人の状況によって大きく違い、解決方法が様々あります。そして、その全てに対応アドバイスができるのが司法書士であり弁護士です。相談料が無料の事務所もたくさんあるので気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

今すぐ無料相談する!

過払い金請求をするとブラックリストにのるのか?

借金を返し終わったあとで過払い金請求をすれば、ブラックリストにのることはありません。借金を完済した後の過払い金請求は「返済能力の有無には影響しないため、信用情報には明記すべきではない」という方針が金融庁からも出されているのでご安心ください。

いくつかの貸金業者からお金を借りている場合、完済している貸金業者だけを選んで過払い金請求することもできます。絶対にブラックリストにのりたくないという方は、過払い金請求したい貸金業者の借金を払い終わってからにしましょう。

引用:過払い金請求でブラックリストを回避するためには@杉山法律事務所

今すぐ無料相談する!

福岡市で債務整理をした方の口コミ・評判

この前私も過払い請求を専門家に依頼し行いました。

最初私も事務所選びに悩みました。何件も電話し、本当に対応が良さそうだと思った事務所に依頼しました。

地方にも関わらず、面談にも来てくれ、

すごく親切に応対してくれ、過払い金も満額取り返して頂きました。

依頼して良かったと思います。

この前私も過払い請求を専門家に依頼し行いました。

アヴァンス法務事務所の紹介アヴァンス法務事務所は2007年に、債務整理に特化した司法書士事務所として、中ノ島総合法務事務所から分離・独立する形で設立されました。かつては、京都、福岡、名古屋に支店を構えていた時代もありましたが、現在は大阪の本店、及び東京の支店の2つの拠点で業務を行っています。アヴァンス法務事務所の口コミと評判50代 女性・女性専用の相談窓口があり、債務整理を相談したものか、と迷って…

アヴァンス法務事務所でする債務整理・過払い金請求の口コミと評判

今すぐ無料相談する!

福岡で債務整理をするなら!相談するなら司法書士?弁護士?と口コミ・評判

債務整理は、やろうと思えば自分でもできる手続です。しかし、手続の内容によっては複雑な書類を期限内に作成する必要があったり、債権者と直接交渉をしなければならなかったりするなど、初めて債務整理をする人にとっては能力的だけではなく、精神的にも難しすぎる手続をこなさなければなりません。複雑で難しい債務整理は、司法書士や弁護士に依頼することで、債務者にとって適切な方法を提案してもらえるだけではなく、迅速に手続きを進めることができます。今回は、福岡で債務整理をしようと考えている方のために、口コミ・評判に基づいたおすすめの債務整理方法についてご紹介します。

福岡で債務整理をする場合、司法書士と弁護士どちらに依頼すべき?

司法書士や弁護士は、法的問題を解決する専門家であるとともに、手続きのエキスパートでもあります。ただ、両者にはできる仕事の範囲に違いがあります。
まず、弁護士は法に関わるトラブルや手続きをオールマイティーにこなすことが可能です。訴訟を提起するイメージの強い職業ではありますが、実は相続税の申告や行政庁に対する不服申立てなど、税理士や行政書士の仕事も引き受けることができます。もちろん、不動産登記などの司法書士の仕事も行うことが可能です。

これに対して、司法書士は法に関わるトラブルや手続きの中でも一部の仕事をすることが認められています。司法書士はもともと登記の作成とそれに関わる手続き、裁判所に提出する書類の作成を代理することが認められた職業です。これは、司法書士のできる債務整理手続きが自己破産と個人再生に限られていたということを意味します。しかし、2000年代に入り、多重債務者が増えすぎて弁護士だけでは対応できなくなってしまうという事態が発生したことを受け、司法書士のできる債務整理手続きの幅が拡げられるよう法律改正がされました。これにより、司法書士は自己破産と個人再生の手続きに加え、争いになっている問題の金額が140万円以下ならば弁護士のように訴訟代理ができるうえ、相手方との和解・交渉(任意整理)ができるようになったのです。

以上のように、司法書士は弁護士よりも依頼を受けられる範囲が狭いです。しかし、だからといって債務整理手続きの能力が弁護士よりも劣るわけではありません。債務整理を専門とする司法書士に依頼すれば、豊富な経験に基づいて迅速に手続きを進めてもらうことが可能です。また、弁護士にも専門があり、債務整理を得意としている事務所や、債務整理専門の部署やチームを用意している事務所もあります。したがって、司法書士にお願いするのも弁護士にお願いするのも大きな違いはありません。ただし、債務整理を依頼する際には、整理してもらう借金額のうちの何割が司法書士や弁護士の報酬になるのかを必ず聞き、借金額よりも多く報酬額を取られてしまわないように気をつけましょう。また、債務者・債権者の言い分を無視して強引に手続きを進めようとするような事務所ではないかもチェックしてください。まずは実際に事務所へ足を運び、相談をしてみてこちらの言い分を親身に聞いてくれるような信頼できる事務所に依頼しましょう。債務整理については相談料無料としている事務所が多いので、数か所に相談をしてみるというのもおすすめです。

今すぐ無料相談する!

そもそも「債務整理」ってなに?

「債務整理」とは借金を減額してもらったり、支払いの義務を免除してもらったりといった手続きの総称です。これらの手続きは法律上認められている、つまり国が認めている方法になります。借金を減額することを国が認めているのは、債務者が借金を抱えすぎて生活に困ってしまうよりも、借金額を減らすなどして返済しやすくすることで早期の生活再建を図る方が良いと考えられているためです。
債務整理は、裁判所を介して行う手続きと裁判所を介さず行う手続きに大きく分けることができます。裁判所を介するのと介さないのとでは大きな違いがあるうえ、それぞれにメリットとデメリットがあるので、債務者にあった方法を選択しなければなりません。以下に、3つの債務整理方法について紹介します。

1つ目に、債権者に交渉をして借金額を減らしてもらったり利息をゼロにしてもらったりなどをする「任意整理」です。任意整理は基本的に債権者・債務者間の交渉になり、裁判所を介さないので、会社や近所の人などに知られることがほとんどありません。その他の詳細については後で紹介しますが、人整理は一番利用者が多く、かつ、デメリットも少ない手続きです。

2つ目に、大幅に借金を減額してもらいながらもマイホームを手放さなくてすむ「個人再生」があります。個人再生は、マイホームやマイカーを売却しなくても済むだけではなく、既に自己破産をしている人でも利用可能です。ただし、裁判所を介するので手続きが複雑になるだけではなく、利用できる人の条件が厳しいため、限られた人しか利用できません。

3つ目に、借金の返済義務を免除してもらう「自己破産」があります。自己破産は、マイホームやマイカーなどの財産をほぼ全て処分した上で、返済しきれなかった借金については裁判所を介して返済義務を免れる手続きです。ただし、財産を全て手放すと生活していけなくなってしまうので、一定の生活資金は手元に残すことが許されます。自己破産のデメリットは、「官報」という誰でも見ることのできる政府の抗告文書に載るため、周囲の人に知られる、保証人・連帯保証人に取り立てが行われる可能性があることです。
福岡では「任意整理」を利用する人が多い!「任意整理」ってなに?

口コミによれば、福岡で債務整理をする場合は任意整理を選択する人が多いようです。先ほども任意整理については軽く紹介しましたが、ここではより詳しく紹介します。
任意整理の特徴は、債権者との交渉によって返済しやすい条件を整えることができる点です。任意整理のメリットとしては官報に載せられることがないので、周囲の人に知られることがありません。さらに、利息を減額あるいはカットしてもらうよう交渉する場合が多いので、残りの借金を返済しやすくなります。また、司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合には、債権者からの督促を止めてもらうことが可能です。これに加えて、借金額と返済額を専門家にチェックしてもらうと、場合によっては利息を払いすぎていることもあり、この過払い金分を残りの借金額から減額してもらうことができます。基本的には利息の減額か免除をする代わりに借金を返済する約束を結ぶことになるため、マイホームやマイカーを手放さずに済む点もメリットと言えるでしょう。以上に対し、任意整理のデメリットは、ローンやクレジットカードの利用が一定期間できなくなってしまうことです。また、交渉によって返済義務を免除してもらえることはほとんどないので、全額がチャラになるわけではありません。さらに、裁判所を介した手続きではないため、強制的に借金額を減らしてもらうことも不可能です。場合によっては、債権者側が和解や交渉に一切応じてくれないこともあります。このようにいくつかのデメリットも存在しますが、個人再生や自己破産に比べると、他人に知られずに、かつ、債権者に恨まれずに借金を返していくにはベストな方法なのです。

任意整理は、直接債権者と話し合いをして交渉することになります。その際、債務者は司法書士や弁護士に「代理交渉」を頼むことができるので、話し合いに立ち会う必要はありません。ただし、任意整理を含めた債務整理は、基本的には「本人が」行わなければならない手続きです。弁護士や司法書士に任せっぱなしにしておけば借金が整理されるわけではありません。借金を片づけるのはあくまでも「本人」であることを肝に銘じて任意整理などの債務整理を行いようにしましょう。

債務整理をバレずに解決できる法律事務所がある福岡市

福岡市は九州にある人口約155万人の福岡県の県庁所在地です。

とんこつラーメンや辛子明太子など食べ物が美味しい地域であり、九州に旅行に行く!となれば博多によるのが定番のようになっています。福岡といえば博多!というイメージがありますが、博多は博多区であり、福岡市内にあります。ちなみに福岡ソフトバンクホークスの本拠地も当然福岡市にあります。

福岡市内には博多区のほかに城南区・中央区・南区・早良区・西区・東区などがあります。街自体がコンパクトにまとまっていて非常に過ごしやすくなっているのに加え、食べ物の旨さや物価のやすさから人気がある都市です。

出身芸能人には

森田一義(もりたかずよし、タモリ)タレント
武田鉄矢(たけだてつや) 俳優
田中れいな(たなかれいな) アイドル、モーニング娘。
橘慶太(たちばなけいた) 歌手、w-inds.
椎名林檎(しいなりんご) 歌手、東京事変*3
山川紗弥(やまかわさや) アイドル、美少女クラブ31
川嶋あい(かわしまあい) 歌手
浜崎あゆみ(はまさきあゆみ) 歌手

などがいます。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME