広島で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

広島で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

広島市でバレずに債務整理をするにはどの司法書士・弁護士事務所に依頼したらいいかわからない。報酬や費用を比べてみて安い法律事務所が良いのか?大手事務所で実績が豊富な事務所がいいのか、広島市でおすすめできる司法書士・弁護士を紹介します。

今すぐ無料相談する!

広島市で債務整理をした方の口コミ・評判

広島市在住 50代 男性
広島市で長年消費者金融に返済を続けていて、相談前には残金は小額でした。
そこで過払い金請求のことを知り先生にご相談させていただきました。
結果的に想像以上の額が返ってきて、ピークで300万ほど借金がありましたが、
過払い金請求で同額程のお金が戻ってきて、貯金ができました。
そのお金で妻と旅行なども行けることができました。

過払い金請求口コミ@広島市

広島市在住 40代 女性
広島市で土木の仕事に旦那が就いていたんですが騙されて
100万円くらい消費者金融から借金しました。
なんとか返すために消費者金融で他2社からお金を借りたんですが
自転車操業でした。当時月10万円ほど返済に充てていて首が回らなくなり、
弁護士さんに相談したところ、即日取立てを止めてもらえ、
過払い金請求も通り、3社全ての借金がなくなりました。
スピーディーな対応で本当に助かりました。

過払い金請求口コミ@広島市

当時、広島市から少し外れたところから仕事の関係上で広島市へ引っ越す事になり、働き始めだった事と車のローンの返済に少し追われていたのでお金に余裕は全くありませんでした。しかし、当時の私はモテたい願望も強くて車は当時流行っていた高級車をドレスアップするような事でした。ホイールを変えて車高を落としてエアロを付けてシートを変えたり色々とお金にキリがないぐらいでした。せっかくカッコいい車に乗っているんだから助手席には可愛い彼女を乗せたいと思っていた私は、乗せたいと言ってきた女性には遠慮なく乗せてあげて豪華にお金を使っていました。お金は当然余裕なんかないのでキャッシングして用意していました。もう気が付けばキャッシング中毒者です。しかし、そんな生活が長く続くわけでもなく終わりが近づいていたことは分かっていました。そこである日弁護士に相談しようと思い、色々と調べました。すると弁護士や司法書士のどちらでも良さそうな事が分かり、まずは広島市で対応してくれそうな事務所へメールから問い合わせてみることに。そして電話がかかってきて色々と相談をしてみました。すると私には過払い金が発生しているらしく過払い金の返還額によっては借金が完済されるとの事で依頼しました。無事過払い金は返還され借金との相殺で完済ということになりました。相談した事によってお金について学べる事が出来たし、これからのお金についての考え方が変わりました。

広島市のおすすめ弁護士・司法書士

広島市の司法書士・弁護士事務所の特徴

なぜ広島市の司法書士・弁護士がいいのか?

司法書士や弁護士は怖い・・・敷居が高いと思っていませんか?
費用が高くなりそう?と思っていませんか?

確かに一昔前まではは、士業全体で高い相談料が設定されてお、法律という難しい内容もあいまり、そういう事務所が多くありました。

しかし、現在では、司法書士・弁護士がある程度自由に報酬を設定できるようになったことや、専門家の数自体が増えてきたこともあって業界内の競争率があがり、サービスの向上や、価格の引き下げなどが積極的におこなわれており、相談料を無料でやっている所も多く、価格競争もあるため比較的安い金額で依頼を受けてもらえます。

個人の状況によって大きく違う借金の悩みは、解決方法が様々です。その全てに対応やアドバイスできるのが司法書士・弁護士です。怖がったりせず気軽にメールやフリーダイヤルから相談してみてはいかがでしょうか?

今すぐ無料相談する!

広島で債務整理をする場合のおすすめ司法書士・弁護士事務所は?口コミと一緒にご紹介

広島で債務整理を考えているけれども、具体的にどうしたらいいのかわからないという悩みを抱えている人もいるでしょう。「債務整理」をすれば借金がなくなる代わりに、社会的な信用をまるっきり失ってしまうといった、あいまいなマイナスイメージが先行しているのが原因だと考えられます。債務整理によって、借金の返済苦から抜け出すためには、まずはそういった不安を解消することから始めなければいけないでしょう。そして、そのためには、債務整理という制度がどういった制度なのか、どういった選択肢が用意されているのかなど、制度の内容をすみずみまで理解することが重要です。ここでは、広島で債務整理を行いたい人が知っておくべき債務整理の基本情報をご紹介します。

今すぐ無料相談する!

広島で債務整理や任意整理をするなら、司法書士と弁護士のどちらに依頼するべき?

そもそも司法書士と弁護士はどう違うのか

弁護士というとドラマなどのテレビ番組で目にする機会も多いため、その仕事内容についてもイメージがしやすいのではないでしょうか。もちろん、テレビなどでよく見かける、大がかりな「裁判業務」だけが弁護士の職務内容ではありません。しかし、弁護士を「法律的なトラブルの解決人」として理解している人は多いですし、そのイメージはあながち間違ってもいないといえるでしょう。法律を駆使して依頼人の権利を守ることが、弁護士の仕事なのです。そして、その業務のひとつとして、個人の「債務整理」が含まれます。これに対して司法書士はというと、弁護士と比べてメディアなどに取り上げられる機会が少ないので、職務内容が一般的に知られていないと言えるかもしれません。なぜなら、司法書士は法務局に提出する登記申請書などの文書の作成代理を主として行っているからです。しかし、司法書士も「債務整理」の手続き依頼を受けることができますが、弁護士のように直接本人を代理して業務を行うことができるわけではありません。司法書士は、依頼者の代わりに「債務整理」の必要文書を作成するというかたちで業務を遂行します。このように説明すると「司法書士は文書を作成するだけで、実質的なサポートは行ってくれない」と思われるかもしれませんが、それは間違いです。書類作成だけでなく、本人の利益にかなうように、手続きの最後まできっちりとサポートしてくれます。

弁護士と司法書士、どちらに依頼したらいいのか

弁護士は直接本人を代理して業務を遂行し、司法書士は本人に代わって書類を作成することでサポートを行うという違いはあります。しかし、どちらを選択したとしても「債務整理」という目的を達成できることには変わりありません。到達するまでの道のりが異なるだけで、目指すゴールは同じなのです。ただし、注意しておきたいのは、債務整理などの過程で「多額の過払い金返還請求」などの手続きを行う可能性があるケースです。司法書士が依頼を受けることができる過払い金返還請求手続きの額は140万円までと法律で定められています。過払い金の額が140万円以上になるだろうと予想される場合には、金額の制限がない弁護士へ依頼するのがよいでしょう。

信頼できる事務所を選ぶのが一番

つまり、「債務整理」を行う際には、人それぞれの事情に合わせて弁護士か司法書士を選ぶのがよいといえるでしょう。司法書士事務所でも、弁護士事務所でも、まずは相談してみて、信頼できそうな先生に依頼することをおすすめします。ですから、いくつかの事務所に相談してみて、自分のケースにぴったりの、安心感を得られる司法書士または弁護士を見極めてはいかがでしょうか。

今すぐ無料相談する!

そもそも債務整理とはどういった手続きで、どのような種類があるのか

債務整理とは、公的な「借金減額」の手段

ここでいう債務というのは、「借金」のことです。つまり、債務整理とは「借金を減らすために、法律で定められた制度」です。借金が積み重なり、利息や遅延損害金などの支払いで苦しむ人を救うために国が定めた手続きなのです。債務整理と聞くと、マイナスの印象を受けやすく、また、債務整理をすることでデメリットを被るのではないかと心配する人も多いでしょう。本当に苦しい生活から抜け出せるのか不安だとして、なかなか一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。しかし、心配や不安が生じるのは、「債務整理」という制度を詳しく知らないからではないでしょうか。「知らない」「分からない」という理解不足が、一歩をふみだす勇気を妨げているのであれば、まずは債務整理の内容や種類、メリットやデメリットをしっかりと理解する必要があります。理解したうえで、債務整理という選択肢を選ぶかどうかは個人の自由ですが、自分を助ける方法の1つとして知っておくことは重要です。

債務整理の種類

債務整理は自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の4種類です。このうち、任意整理以外の手段はすべて裁判所が関わる手続きなので、任意整理だけ少々毛色が異なります。ですので、まずは任意整理以外の手続きについて、1つずつ簡単に説明していきます。まず自己破産ですが、これは裁判所に対して「破産」の申し立てをし、「免責許可」を出してもらうことで借金をなくすという手続きです。次に個人再生は、こちらも裁判所に申し立てを行うことで、債務を大きく減らすことができます。特定調停は、裁判所が仲裁人となる「債権者との話し合いの場」を設けてもらい、返済方法や条件などを、債務者の返済がしやすくなるように軽減してもらう制度です。

債務整理のメリット、デメリット

4種類の債務整理は、どれも似ているように見えて、メリットやデメリットの面で違いがあります。自己破産のデメリットとしては、ブラックリストに載ってしまうこと、免責の決定があるまでは一部の職業(士業など)に就くことができないことが挙げられます。また、住所や氏名などの個人情報が「官報」に載ってしまうというのもデメリットでしょう。また、ブラックリストに載ると、5年以上10年以下の期間中は、新たな借り入れができなくなってしまいます。しかし、そういった大きな代償を支払うかわりに、すべての債務から解放されるという最大のメリットを得ることができるのです。また、一定額以下の財産(預金など)であれば手元に残すこともできますし、債権者から給料の差し押さえなどを受けることもなくなります。個人再生のデメリットは自己破産と似ていて、官報への個人情報の記載、5年以上10年以下の新たな借り入れ不可が挙げられるでしょう。また、一定の収入を継続して得られる見込みがあることなど、手続きを受けるための条件が自己破産よりも厳しいといえます。しかし、自己破産と違って、不動産や自動車などの高額な財産を手放さずに債務を減らすことができる可能性もある、というのは大きなメリットではないでしょうか。給料の差し押さえなどの強制執行からの解放といったメリットは自己破産と同様です。特定調停は、自己破産や個人再生ほどの大きなデメリットは考えなくでもよいでしょう。ただし、メリットも同様で、債務からすべて解放されることはほとんどありません。また、特定調停においては、話し合いをする債権者との間の取引履歴(明細)などを自分で用意するといった煩雑な手続きを行う必要があります。

今すぐ無料相談する!

広島で選ばれやすい「任意整理」をもっと詳しく

任意整理とは?

任意整理は他の3つの方法とは異なり、裁判所が介入しないという特色があります。そういう意味では、他の3つよりも気軽に相談しやすいといえるかもしれません。任意整理では、司法書士や弁護士から債権者に連絡をとり、交渉を行います。それによって、債務者にとって現状より有利な返済条件(利息制限法による引き直し計算後の利息の支払いや、分割払い)をとりつけることを目的としているのです。

任意整理のメリットとは?

任意整理の魅力は「自由度の高さ」です。債務を縮減したいといっても、すべての債務をなくしたいわけではないし、そのままにしておきたい債務があるからそれは手をつけずにおきたいというケースは珍しくありません。任意整理では、対象とする債務を選ぶことができるので、依頼者の状況や価値観に合わせた柔軟な交渉が可能となります。また、任意整理では、手続きが終わったあとの利息を支払う必要がなくなるといったメリットもあります。

任意整理のデメリットとは?

任意整理も自己破産などと同様に、新規の借り入れが5年から10年制限されます。また、自己破産のような大きな財産を手放すデメリットがない代わりに、債務を完全になくしたり、大きく減額したりといったメリットも受けられません。さらに、最近では、任意整理に応じない債権者も増えてきています。広島で任意整理をスムーズに進めたいのであれば、やはり、任意整理を専門とする経験豊富な司法書士や弁護士を厳選して依頼する必要があるでしょう。任意整理をすると決めたときは、まずは司法書士および弁護士選びに力を注ぐことをおすすめします。評判や印象、安心感、手続きの説明のわかりやすさ、どれだけ親身になってくれるかなどの判断ポイントを踏まえて「この先生なら安心して任せられる」という事務所を選びましょう。

今すぐ無料相談する!

債務整理をバレずに解決できる法律事務所がある広島市

広島市は広島県の県庁所在地で、人口約120万人の政令都市です。

中国、四国で最大の人口を有しており、修学旅行の場所としても有名で毎年たくさんの修学旅行生がおしよせます。その大きな要因としては、第二次世界大戦で被害をうけた原爆ドームがあることが大きいでしょう。

そのほかで広島といえばプロ野球チームの広島カープがあることです。そのほかにもサッカーのサンフレッチェ広島などもありスポーツが盛んな地でもあります。

広島出身の有名人は女性では、樫野有香(Perfume)、加藤紗里、岸谷香(プリンセス・プリンセス)、木村文子、京野ことみ、栗原恵、中元すず香(BABYMETAL)、中元日芽香(乃木坂46)、西山喜久恵、西脇綾香(Perfume)、西脇彩華(9nine)など。男性では、有吉弘行(猿岩石)、岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、矢沢永吉(CAROL)、山口良一、山根良顕(アンガールズ)、浜田省吾、原田泰造(ネプチューン)、張本勲、平岡拓晃、HIRO(EXILE)などがいます。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME