千葉県の債務整理や任意整理の口コミ・評判と依頼すべき司法書士や弁護士

千葉県の債務整理や任意整理の口コミ・評判と依頼すべき司法書士や弁護士

千葉県は首都圏に近いうえ、大型レジャーランドがあるなど、住民の消費活動が盛んです。

そのため、貸金業者の支部も数多く存在しており、金銭トラブルを招いています。

利子がふくらんで借金が返せなくなった債務者は、本格的に債務整理を検討してみましょう。

債務整理は正しい手順で行う必要があるため、司法書士・弁護士に依頼するのがおすすめです。

この記事では、千葉県で債務整理を行う際の方法や、信頼できる法律事務所の口コミをまとめました。

千葉県で債務整理をした方の口コミ・評判

千葉県千葉市 30代女性

友だちが過払い金請求して借金がなくなり、30万円もお金が戻ってきたと喜んでいました。

私も長い間借金返済してきているので、過払い金が発生しているかも?と法律事務所へ行き相談してみました。

すると、結構な額の過払い金が発生することが判明!さっそく過払い金請求の手続きをしてきました!

千葉県船橋市 40代女性

ついつい借金を重ねてしまい、気が付けば毎月支払えなくなってきました。

そこで、CMでよく見かける弁護士事務所で任意整理をしてもらうことになりました。

任意整理なら裁判所を通さずに債務整理できるので、少し気が楽になりました。

千葉県市川市 30代男性

今度彼女と結婚することが決まりましたが、同時に法律事務所で自己破産の手続きをしました。

お金が足りない時に気軽にキャッシングをしていたのですが、大きな額になってしまったので結婚する前に整理したいと思い、決断しました。

ちなみに彼女は借金のことも自己破産のことも知りません。

結婚前にキレイにして、一生の秘密にするつもりです。

今すぐ無料相談する!

千葉での債務整理は司法書士や弁護士に依頼すべき

なぜ債務整理を司法書士・弁護士に頼むのか

司法書士・弁護士に債務整理を依頼するのは「専門家に任せるのが安全」だからです。

債務整理は手続きが複雑であり、専門的な知識を要します。

もしも間違った方法で手続きを進めると、債務整理が先延ばしになるばかりか、裁判所から却下されてしまう可能性もあるのです。

司法書士・弁護士は債務整理のプロフェッショナルであり、正確に手続きを行ってくれます。

また、依頼人にも「債務整理に必要なもの」をはっきりと説明してくれるので、不安なく債務整理を実現できるでしょう。

何より、司法書士・弁護士は依頼人の疑問にすぐ答えてくれます。

借金苦で疲れ果てた人も、相談相手ができることで気持ちを強く持って前に進めます。

司法書士と弁護士はどちらがおススメ?

司法書士は、弁護士の人員不足をカバーするためにできた資格です。

そのため、司法書士を「弁護士よりも下」と見ている人は少なくありません。

実際、司法書士は弁護士と違って手がけられる案件に制限がかかっています。

債務問題においても、140万円を超える案件を引き受けることはできません。

しかし、だからといって司法書士・弁護士に優劣をつけるのは無理でしょう。

司法書士には弁護士以上に、ある部門に特化してノウハウを蓄積している人もいます。

深い知識と経験が必要とされる債務問題では、「専門性」は重要なポイントです。

司法書士・弁護士といった肩書きで事務所を選ぶのではなく、相談してみたときの対応で選ぶようにしましょう。

千葉県の司法書士事務所の口コミ

千葉県には債務整理について深い知識があり、債務者の信頼を得ている事務所がたくさんあります。

司法書士事務所の口コミを見ていきましょう。

「相談に行ったとき親身になってくれたので依頼を決めた」
「闇金に手を出してしまい、しつこい督促にあった。司法書士事務所には債務整理だけでなく、督促を止めるように働きかけてもらえた」
などの意見がありました。

地域密着型の活動を展開している司法書士事務所なら、依頼人の自宅に訪問して相談に乗るサービスも行っています。

「親の介護で家を離れられない。訪問相談サービスがあってよかった」
との声もあり、忙しくて事務所にまで足を運べない人にはぴったりでしょう。

今すぐ無料相談する!

債務整理は国が認めた借金を減らすための制度<

債務整理は、「返済が困難になった債務者を救済するための制度」です。

債務整理に成功すれば借金が減り、完済へと大きく近づけます。

債務整理の対象になるのはまず、何らかの理由で収入がなくなってしまった人です。

健康を害したり、事業に失敗してしまったりした人は、多額の借金を返していくだけの能力が残されていません。

また、「グレーゾーン金利」に悩まされている人も債務整理を受けられます。

借金の利率は「利息上限法」によって上限が定められています。

しかし、上限を無視して利率を設定している業者も少なくありません。

不当な貸付条件で、利息をふくらませてしまった債務者は債務整理を行い、正しい利率に修正してもらえます。

千葉県では「過払い金請求」と「任意整理」の利用者が多い

債務整理では「過払い金請求」や「任意整理」を行う人が多数派です。

過払い金請求は「グレーゾーン金利によって生じた過払い」を返還してもらう制度です。

債務者は過払い金を算出し、貸金業者に返還を請求します。

返還された過払い金を残債に充当すれば、借金が大幅に減額することもありえます。

「任意整理」は、債務者側と貸金業者が交渉を行い、返済可能な条件にまで業者に妥協してもらう制度です。

貸金業者がもっとも避けたいのは、債務者が自己破産したり、返済を滞らせたまま行方をくらませたりする事態です。

任意整理を行えば、少なくとも元金は支払ってもらえるので赤字にはなりません。

そのため、任意整理に応じてくれる業者は多いのです。

多額の借金も債務整理で解決可能

過払い金請求や任意整理では追いつかなくなった借金も、債務整理で解決を図れます。

簡易裁判所に仲介してもらう「特定調停」、裁判所に仲介してもらう「個人再生」などは、司法の力を借りて債務者を救済してもらう措置です。

これらの債務整理が成功すると、財産の差し押さえを回避できるだけでなく、借金の総額が数分の1にまで減るので、生活を守ることができます。

しかし、債務者にまったく返済能力がなくなっているケースでは「自己破産」するしかないといえるでしょう。

自己破産を行うと、借金は利息、元金関係なくすべてが帳消しになります。

債務者はもう返済を行わなくて許されます。

そのかわり、社会的なダメージも大きいので気軽に選べる方法ではありません。

今すぐ無料相談する!

千葉県で利用者の多い任意整理の特徴と手続き

任意整理は「返済能力が残されている」「条件さえ整えば完済の目処が立つ」といった人におすすめの債務整理です。

任意整理は貸金業者と直接交渉して、貸付条件を見直してもらうところに特徴があります。

多くの場合では「金利のカット」「およそ3年以内での借金完済」などを条件に、借金を減額してもらうのがセオリーです。

任意整理を行うには、貸金業者から取引履歴を送ってもらう必要があります。

そして、債務者自身の返済状況を把握したうえで、業者との交渉は始まります。

業者によっては、条件をあまり下げてくれない恐れもあるので、任意整理の成否は交渉力にかかっているといえるでしょう。

そのため、任意整理は司法書士・弁護士に依頼するのが得策です。

任意整理にはどんなメリットがあるか

任意整理では返済が楽になる以外にもさまざまなメリットがあります。

まず、裁判所などの司法を介さないため、自宅や職場に連絡がそれほど来ません。

債務者の中には周囲に問題を話せない人もいます。

秘密のまま債務整理を進めたいなら、任意整理を行いましょう。

司法書士に依頼すると、書類の取り寄せなども事務所を介して行えるため、より安全です。

また、任意整理は「ブラックリスト入り」のリスクが低い手段でもあります。

債務整理を行うと、一定期間は信用情報機関のブラックリストに加えられるため、クレジットカードが作れなくなるなどの弊害を受けます。

しかし、任意整理だと信用情報機関の履歴に傷がつかない可能性が残されるのです。

任意整理にはデメリットもある

任意整理のデメリットを挙げるとすれば、「貸金業者に歓迎されないことも多い」点でしょう。

多くの貸金業者は債務整理の対策を考えているため、任意整理を持ちかけても取り合ってくれないケースが多いのです。

また、取引履歴をすぐには開示しない、任意整理の交渉が始まっても返済の督促を止めないなどの問題も往々にして起こります。

こうしたデメリットを解決するために、司法書士は活躍します。

司法書士を介して取引履歴を請求すれば、業者は先延ばしができません。

また、月々の返済もすみやかにストップします。

千葉県にはキャリアの深い司法書士事務所がたくさんあるので、任意整理を行うなら力強い味方をつけましょう。

今すぐ無料相談する!

千葉県の過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

後味の悪い友人からの借金

お金を借りる方法はたくさんありますが、一番バツが悪いのは友人からの借金です。

小学生からの付き合いの親友と言えなかなかお金を貸してくれとは言えません。

しかし、尻に火が付いた状態ではそんな事は言っていられません。

借金が原因で友人関係が破綻したと言う話はよく耳にします。

友人に事情を説明して借金を頼むのまではいいのですが、仮に50万円借りたとしましょう。

これで、金銭問題は解決したとします。

ここから後が問題です。

当然返済していく事になります。

この返済期間中が非常にきまずいのです。

お金を借りた友人の前では、他の友人の前とは立ち振る舞いが違います。

お金を借りた友人の前では素朴にせいかつしていると言った雰囲気を出さなければいけません。

当然、返済が最優先ですから、野球を観に行く事も誘えません。

ここで誘うと話がおかしくなってきます。

野球観に行くお金あるなら返済してくれよとなります。

当然の事ですね。

野球を観に行く事も誘えないのです。

その為、全く関係のない友人を誘う事になります。

競馬場にみんなで行くと決まった時も、その日は都合が悪いと言って参加は出来ません。

ギャンブルに使うお金があるのなら、お金をその分返して欲しいと言われるのが関の山です。

当然、この様な楽しいはずの集まりもいけません。

かなり友人からお金を借りると制約が多いです。

その分利息はありませんが、随分高い無利息と言ったところでしょうか?友人からは出来ればお金を借りたくはないですね。

本当に最後の最後のジョーカーです。

このカードを切るとお金を借りる事は出来る可能性が非常に高いですが、その分反動も大きいです。

反動が大きいのは痛いですね。

消費者金融なら月1回返済すれば後は何にお金を使っても文句を言われる事はありません。

しかし、友人の場合はそうはいきません。

50万円借りて、毎月2万円返しの25回払い。

最後の2カ月は金額を調整して、24カ月払いにして2年で完済する。

このプランが普通の返済プランだと思います。

2年は長く感じますね。

実際は、2年はあっという間に過ぎます。

お金を返済が終わったら、月日の流れが早いのを嫌でも痛感する事になります。

お金を返している時は長く感じると思います。

なるべく友人から借りたお金は繰り上げ返済していった方が賢明です。

この50万円を返済するまでは、今まで通りの事が出来なくなります。

これが一番辛い所ですね。

友人はお金を貸してくれますが、親しき中にも礼儀ありで、お金を借りた以上、少し大人しくしていなければいけません。

結構、お金を借りるのに手間がかかったと思います。

そうでなければ友人からお金はかりないと思います。

このケースは完全に借りた友人との行動に制限がかけられてしまっています。

これは自動的にかかるものですから仕方がありません。

友人は消費者金融ではありません。

利息を取って貸してくれるなら、話は違ってきますが、利息を取ってお金を貸す友人など先ずいません。

逆に利息を取ってくれた方が変な話ですが精神的には楽になります。

利息も払ったから今月は自由となります。

現実問題、利息を取る友人がごく稀と言っていいでしょう。

全くいないとは言いませんが、先ずいないでしょう。

友人にお金を貸して利息を取る。

完全に商売の範囲に入りますね。

友人は消費者金融ではありません。

無利息・無担保は同じでも信用貸しの意味合いが違います。

別に友人が利息を取っても借りる人はいるでしょう。

何故なら友人が、暴利を取る事はないからです。

せいぜい、毎月プラス1000円位でしょう。

このくらいのレートなら余裕でお金を借りる事が出来ます。

2年間で24000円なら安い物です。

友人からお金を借りる時は利息を取らない友人が多い為、借りた後が非常に気まずい雰囲気になります。

友人も付き合いが長いからお金を貸してくれているわけです。

消費者金融以上の究極の信用貸しです。

何の身分証明証もいらない、審査もないこんな条件でお金を貸してくれるのは、身内と友人だけです。

お金を貸してくれるのは間違いなく有り難い事なのですが、友人との間に沈黙の溝が出来てしまいます。

お金を返し終わるまでは仕方がない事ですね。

結構これが辛い問題です。

しかし、背に腹は代えられないです。

頑張って、繰り上げ返済するしかありませんね。

借金を早く返して元通りの関係に戻るのが理想的です。

しっかりお金を返していく事ですね。

もう毎月とにかくお金を返して静かな生活を送る事です。

息抜きに野球を別の友人と観に行くのはいいと思います。

お金を返済する事だけを考えて生きて行くと本当につまらない人生になってしまいますよ。

適度な息抜きは必要です。

野球を観に言ってもチケット代金が1人5000円として、夕食等を食べてかえって来ても1万円で十分収まるでしょう。

これ位の出費は良いと思いますよ。

ただ、お金を借りた友人には声をかける事は出来ません。

そこが一番辛い所ですね。

本当なら最初に誘うはずの友人に声をかけられない。

これは痛いですが致し方ありません。

とにかく、友人からお金を借りたら、繰り上げ返済ドンドン返していく事です。

早目に完済して1日も早く何事もなかったかの様ないつも通りの友人関係に戻る事です。

これが1番重要な事だと思います。

債務整理の手続きが多い千葉県の特徴

千葉県は海と川に囲まれた地形で、夏でも涼しく過ごせることが特徴です。

東京都と神奈川県を合わせた面積よりも広い面積(5,157.65平方キロメートル)があり、自然も多く緑豊かな暮らしやすい県であるといえるでしょう。

県人口は1983年には500万人を、2002年には600万人を突破しました。

全国でみると、人口が6番目に多い県が、千葉県となります。

千葉県は農林水産業が活発な県でもあります。

温暖な気候や高い技術力に支えられ、様々な農林水産物を県内、県外の消費者に提供しています。

特に千葉県の落花生は特産品として有名です。

現在、落花生は中国産などの輸入品が9割を占めています。

日本製の落花生は少ないですが、国内の落花生の約7割を千葉県産で占めています。

千葉県産の落花生は輸入品の落花生とは全く違い、とても味が良いと評判です。

輸入品よりも値段は高くなりますが、おいしい千葉県産の落花生は多くの人から支持され、愛されています。

また、千葉県内の物価や土地の高さは世界的にも有名です。

東京で一人暮らしをするのはなかなか大変だという声がよく聞かれます。

なんでも揃っていて暮らしやすい千葉県ですが、実際に暮らすとなるとワンルームを借りるにも他の都市部に比べるとかなりのお金がかかってしまいます。

生活費の水準が高くなってしまうため、色々と便利な反面、暮らすには不向きと考える人も多いです。

ちなみに、千葉県の最低賃金は平成27年10月の時点で時給908円となっています。

時給700台の都道府県が多いことからも、千葉県で生活するためには多くのコストがかかることが理解できるでしょう。

千葉県には有名な観光地がたくさんありますが、一番有名なのはなんといっても東京ディズニーランド、ディズニーシーでしょう。

一歩足を踏み入れれば、子どもはもちろん大人も楽しめる、夢の世界が広がっています。

千葉県浦安市では東京ディズニーランドで成人式を行うことが恒例となっています。

ミッキーマウスやミニーなどディズニーのかわいいキャラクターが祝福してくれ、新成人からも好評となっています。

舞台では華麗なダンスもあり、一生の思い出となる楽しい成人式がと用意されているといえるでしょう。

もちろん、新成人は、無料でディズニーランドに入園することができます。

成人式が終わった後は、自由にディズニーランド内を楽しむことができます。

浦安市の成人式は魅力があり、太っ腹な成人式であるといえるかもしれませんね。

千葉市浦安市美浜区には、幕張メッセがあります。

幕張メッセは日本最大クラスのコンベンション施設となっています。

今や、国内のみならず世界的にも有名となっている同人誌即売会であるコミックマーケットも幕張メッセで開催されています。

ライブや商品展示など様々なイベントが催されており、人気の高い施設となっています。

千葉県千葉市美浜区には千葉ロッテマリーンズの本拠地があります。

ファンを大切にする球団であり、様々なファンサービスを打ち出しています。

夏の2試合においては、「360度全席自由席」というサービスを実施しており、その日程においてはどの席のチケットも自由席と同じ値段に割り引かれるので人気を集めています。

その他、東京ドイツ村やマザー牧場、ふなばしアルゼンチン公園など、楽しめるスポットが千葉県にはたくさんあります。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME