兵庫県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

兵庫県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

兵庫県で債務整理をした方の口コミ・評判

付き合って5年の彼女がいますが、彼女にひそかに秘密にしている事があります。実は彼女に内緒で90万円という借金をしています。返済を続けていますが、なかなか減りません。もう結婚までは近づいてきており、このまま隠し通すのものどうかと思い、思い切って弁護士に相談しました。任意整理を進められました。やっぱり、秘密毎を持って結婚するのは嫌ですし、嘘つくのも嫌です。しっかりと自分にけじめをつけてから結婚したいと思います。正直、任意整理を実施して、自分自身、肩の荷が少し下りた気分です。これから、彼女に真実を告げに行こうと思います。この事で結婚が破棄になるかもしれませんが、それでも彼女に嘘つくよりはましですよね。
兵庫県川西市 29歳 男性

今すぐ無料相談する!

パチンコ、競馬など、ギャンブルに溺れ、金に困り果てて債務整理をした最低男です。パチンコや競馬で儲けようと思っている人は、そんな事を考えないようにして下さい。結局、負けるようになっているのです。私の場合、お金が増えるどころか、結局180万円の借金を背負いました。これらすべてを返済するのはさすがに無理です。と、いう事で弁護士に相談しました。個人再生を進められましたが、手続き上、少し面倒な部分があったので、最終的には任意整理をしました。借金総額は劇的ではないにしろ、少しは下がりました。それを3年で返済していきます。(現在返済中です。)もうほんと、こりごりです。この任意整理をきっかけに、ギャンブルからはきっぱり手を引きます。
兵庫県神戸市 28歳 男性

父が債務整理をした事を明かしてきました。正直、息子の私に言われても・・・という気分ですが、その事で何か迷惑がかかる事があるかもしれないという事で、話しを受けました。ただ、債務整理というのをあまり明確に知りません。でも、債務整理をした事で、父の性格は少し明るくなったと思います。多分、債務整理をしてよかったのだと、客観的に見ていて思います。
兵庫県田辺市 35歳 男性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

最初は5万円気が付いたら200万円。
◆最初は遊び感覚
最初の借金は50万円の枠だったが、実際に使ったのは5万円だけ。直ぐに完済も出来た。ここまではよくある話。最初は遊び感覚でお金を借りるのです。問題はここからです。1度完済して解約すれば良いところ、解約せずにそのまま使える状態にしておくと、お金は直ぐに借りる事が出来ます。借金をする人によくある傾向ですが、非常に安易に借金をします。本当にその借金は必要?と思うお金を借ります。

審査に通った上でお金を借りる訳ですから、別に他人がとやかく言う事ではありません。私も自分で借りた借金が自分以外は関係ないので何かを言われる筋合いはありませんし、私も他人の借金をとやかくいうつもりもありません

。但し、借金をする人の全体像を見た時に余りにも安易にお金を借りているなあと言うのが正直な感想です。最初は皆さん遊び程度で借ります。5万円から10万円です。この金額なら余裕で完済は見えています。しかし、1年後借金にどっぷり浸かった結果、その借金が一気に200万円まで膨れ上がっている事も珍しくはありません。

どうして、最初は5万円だった借金が200万円に膨れあがるのでしょうか?借金は一時的にお金が増えるのでとても楽に感じてしまいます。この感覚を忘れられない人は深みに嵌っていきます。そうなってくると返済も大変になってきます。50万円位なら、返済はさほど問題はありませんが、200万円になると年収によってかなり厳しいラインの人も出て来ます。

◆総量規制の範囲内でも返済は厳しい?
2010年6月に貸金業法が改正され、年収の1/3以上はお金を借りる事は出来なくなりました。年収400万円の人なら133万円以上は借りる事が出来ません。総量規制の範囲内の借金でも返済が厳しいと言う人がいます。総量規制の範囲内と言っても厳しくなる人は総量規制ギリギリまで借りている人が殆どです。ギリギリまで借りてしまうのです。これが人間のメンタル面の弱さです。

それはさておき、どうして、返済が厳しく感じるのか?実は借金が増えているにも関わらず、今までの生活レベルを維持しようとするからです。そうなると当然、借金返済が厳しく感じてしまいます。生活の質は落とした方が賢明ですね。生活の質が落ちた所で、大きく何かが変わるものでもありません。外食が少なくなる程度です。ここがポイントですね。生活の質を落としたからと言って、何かが変わる訳でもありません。

この様に自分で蒔いた種ですから自分で収穫しましょう。少し外食などを控えるだけで、2万円は浮きます。その2万円を返済に回せば、かなり返済は楽になると思います。食事を少し安上がりにすれば良いだけです。別に家も変わらないですし、携帯も使えます。何も影響はありません。少しの我慢をすればいいだけです。我慢したくなければ不要な借金はしないことです。借金は癖になります。1度借りたらその楽な感覚が忘れられなくなります。

◆何が何でも返す
自分で借りたお金ですから、何が何でも返済しましょう。債務整理などの方法がありますが、債務整理をしてしまうと、しばらくカードローンなどが使えなくなり非常に不便になってきます。そうならない為にも自力で返済しなければいけません。

返済は簡単な物ではありませんが、借入をしたのですから、返済もしないといけません。何が何でも返済する。これ位の気持ちが必要です。絶対にお金を完済してやると思っていれば必ずいい方向に進みます。

借入は簡単。返済は大変。これは借金を借りたら宿命とも言えますね。借りるのは簡単なのです。審査に通ってしまえば、後は決められた枠の中でお金を借りる事が出来ますから、あとはどこまでお金を借りるかです。

殆どの方が計画性のない借り方をします。その為、返済が大変に感じるのです。10万円借りるつもりが30万円借りたりするので、返済が大変になるのです。しかし、先述の通り、生活の質を少し落とせば返済はそれほど厳しくは感じないはずです。

返済に関しては多少ムキになっても良いと思います。それ位の気持があれば返済もトントン拍子で進んでいきます。勢いをつけてしまえば後はその流れで返済をしていけば意外に早く返済出来る可能性もあります。

返済の仕方は色々あります。皆さん価値観がありますから、それぞれ返済しやすい方法で返済していけば良いと思います。今回のケースはそんなに借金にどっぷり浸かった状態ではありません。その点が恵まれていますね。

少し借り方は雑ですが、巻き返しの効く範囲内でのお金を借りていますから、それほど無茶苦茶な事はしていません。総量規制の範囲内ですからね。ここをオーバーしていない事も重要なポイントです。銀行系カードローンを使うとオーバーしますからね。

そこら辺のさじ加減は借りる人しだいですが、基本的に借金は完済するものです。いつまで経っても使っては返してを繰り返していては永遠に借金が消えません。こうなってしまうと消費者金融の思うつぼです。

その辺りは良く考えて、出し入れを借金でするのではなく、自分のお金で出し入れできる環境を作りましょう。要するに貯金を増やして動きやすくすると言う事です。

今すぐ無料相談する!

兵庫県の債務問題は任意整理で解決!口コミで見る任意整理の特徴

兵庫県には西日本を代表する都市、神戸市があり経済活動がさかんです。そのため、貸金業者の数も多く、手軽にカードローンなどで借入できる環境があります。中には、返済状況が苦しくなって生活に支障をきたしてしまった債務者もいるでしょう。返済を楽にするには任意整理をはじめとする「債務整理」がおすすめです。司法書士や弁護士に依頼すると債務整理はよりスムーズに行えます。この記事では、債務者の口コミも交えながら兵庫県の債務整理について解説します。

今すぐ無料相談する!

兵庫での債務整理を行おう!任意整理は司法書士と弁護士どちらに依頼する?

債務整理は自力だと難しい

債務整理を司法書士や弁護士に依頼することをネガティブに捉える人も少なくありません。確かに、司法書士・弁護士に頼むと費用がかかるのが事実です。しかし、口コミを見ていくと、むしろ自力で債務整理を行うデメリットの方が浮き彫りになりました。「まったく法律の知識がそなわっていなかったので、債務整理のために何を準備するのか分からなかった」「債務整理に必要な書類を書き間違えてしまい、手続きが遅れた。貸金業者が間違いを指摘してくれるわけではないので、間違ったままずっと放置されていた」というような口コミから分かるように、自力で債務整理を行おうとすると味方がいない状態に放り出されます。信頼できる専門家の協力を求めましょう。

司法書士と弁護士の特徴は?

債務問題の専門家として有名なのが司法書士・弁護士です。司法書士は弁護士と同じく法律のプロフェッショナルであり、債務問題においても依頼人の代理で書類制作や交渉を進めてくれます。ただし、140万円以上の民事事件については司法書士だと対応できません。ただし、それ以外の条件だと、司法書士と弁護士に大きな差はないといえます。むしろ、弁護士は幅広い案件を取り扱っているため、債務問題について特化したノウハウがないケースも目立ちます。債務問題に詳しい司法書士の方が親身になってくれるときもあるので、「司法書士だから」「弁護士だから」というポイントで依頼先を決めないようにしましょう。大切なのは「信用できる相手かどうか」です。

司法書士・弁護士を選ぶ際のポイント

実際のトラブルを見ていくと、司法書士・弁護士を見極めるポイントがはっきりしてきます。「有名な事務所に依頼したが、対応が雑だった」「料金の話ばかりでこちら側の話を聞いてもらえなかった」といった口コミからは、法律事務所の中には「自分の利益優先」で動いているところも少なくない事実が分かります。知名度優先でこうした事務所にあたってしまうと、債務者にとって大きなストレスが生まれるでしょう。兵庫県は司法書士・弁護士の数が比較的多い都道府県です。まずは、無料相談のシステムを利用して話を聞きに行きましょう。そこでの感触を頼りに事務所を選ぶと、納得できる債務整理が行えます。

今すぐ無料相談する!

債務整理とは何をする?借金が楽になるとは本当なのか

債務整理で返済は簡単になる

債務整理とは「債務者に対する救済措置」のことです。借金苦におちいった債務者の全てが「自業自得」とは言い切れません。事実、不当な金利によって利益を上げている貸金業者は絶えません。また、利息制限法改正によって利率の上限は定められているにもかかわらず、改正以前の利率をいまだに適用している業者もあります。また、病気など債務者自身ではどうしようもない理由で返済困難に陥ったケースもありえるでしょう。そこで、利息や残債を見直しして、債務者が自力で完済できるまでに債務状況を整えてくれるシステム、「債務整理」が定められています。完済の目処が立たない借金については、債務整理を本格的に検討してみましょう。

債務整理の種類とは

債務整理の中でも、手軽に行えるのが「過払い金請求」と「任意整理」です。過払い金請求は、グレーゾーン金利によって払いすぎた利息の返還を求める方法です。また、任意整理では貸金業者と交渉を重ね、返済可能な条件にまで残債を減らしてもらいます。ただし、「過払い金がない場合」「任意整理に業者が応じなかった場合」には次のステップへ進まなければいけません。「特定調停」「個人再生」といった手段では、裁判所に仲介してもらって債務を減らす決定を下してもらいます。特定調停や個人再生で出た判決には法的な執行力があるため、貸金業者もしたがわざるをえません。さらに、返済能力がまったくなくなってしまった債務者については、残債を帳消しにする「自己破産」が適用されます。

債務整理についての口コミ

兵庫県で債務整理を行った人の口コミを見ていきましょう。「任意整理を行った結果、完済できないと思っていた借金をすぐに返せた。任意整理の存在を知らなかったので司法書士に相談してよかった」「過払い金の算出が自力ではできなかったので司法書士にお願いした。予想以上に多額の返済金が得られて、借金が楽になった」「自分の会社が倒産し、個人再生に踏み切った。3年で返せる額にまで借金が減った」などの口コミを分析すると、債務整理を正しく理解していなかった人は多いようです。しかし、債務整理は決められた手続きを踏んで行えば、受け入れてもらえるシステムです。自分の債務状況に合った種類の債務整理で借金を減らしましょう。

今すぐ無料相談する!

兵庫県で利用者が多いのは任意整理!そのメリットは?

任意整理の詳細

兵庫県では債務整理の際、任意整理を選ぶ人が大勢います。任意整理の特徴は「貸金業者と直接交渉して借金を減らしてもらう」点にあります。基本的には金利をカットしてもらい、3年以内の完済を目指す方法です。もちろん、貸金業者からすれば払ってもらえるはずの金利がなくなるので、得にはなりません。一方で、「返済に困って自己破産されるよりはいい」と考える業者もいます。任意整理は貸金業者にとっての妥協点でもあり、正しく交渉をすれば取り合ってもらえる確率は高いでしょう。そのためには、法律の専門家である司法書士や弁護士に交渉を任せるのがおすすめです。一般人ではこじれがちな交渉も、司法書士ならスムーズにやり遂げてくれます。

任意整理のメリットとデメリットは?

任意整理のメリットとして「話が決着するまでが早かった」「任意整理を行った後でも、クレジットカードを作れた」などの声が見られました。債務整理を行うと、信用情報機関にマイナスな履歴が残ります。そのため、債務者の経済活動に支障をきたすケースも少なくありません。しかし、任意整理であれば信用情報機関に傷がつかない可能性も残されるのです。一方で「クレジットカードが作れなくなった」「新たに借入ができなくなった」などの声もありました。信用情報機関に履歴を残すかどうかは貸金業者の裁量に委ねられます。任意整理でも、ネガティブな評価を機関に報告する業者はあるので、「絶対に今後の影響がない」とは言い切れません。

任意整理の方法ってどうやるの?

任意整理ではまず、取引履歴を貸金業者から取り寄せ、債務状況を見直します。そして、業者と「これだけ金利をカットしてくれたらいつまでに完済できる」と交渉します。しかし、そもそも取引履歴を渡すことを渋る業者もいますし、債務状況を把握しきれなくなっている債務者だと、交渉もまともに行えません。司法書士や弁護士に代行してもらうのが無難でしょう。司法書士が出てくると、貸金業者も強気には出られなくなります。また、交渉が始まった時点で、いったん返済をストップしてもらうことも司法書士なら可能です。兵庫県は司法書士や弁護士の選択肢が豊富なので、債務者の希望に合わせた理想的な相談先が高確率で見つかるでしょう。

債務整理の手続きが多い兵庫県の特徴

1995年1月17日の阪神・淡路大震災によって、大きな被害を被ったのが、この兵庫県です。直下型大震災により、6,400人を超える命が奪われました。家、鉄道を始め、ライフラインなどの電気、ガス、水道なども壊滅的な状態になり、この震災からの復旧に、かなりの時間がかかりました。今では、その面影が無いほど街は綺麗に整備されていますが、人々の心の中に深くその傷跡を残したでしょう。

今では550万人の人が兵庫県に住んでおり、日本の主要な県である事が伺えます。また、夏に感動を与えてくれる高校野球。この高校野球が熱く繰り広げられる甲子園が、まさしく兵庫県にあるのです。

また、兵庫県の中でも神戸市は、品のある人が多く住む印象が高く、日本の中でも富裕層の方が多く住んでいるといった印象が強い県ですね。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME