三重県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

三重県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

三重で債務整理をするのにお勧めの司法書士や弁護士はどんなところ?

お金のやりくりに困って軽い気持ちで借金をしてしまったけれど、気がつけば返済が追い付かなくなっていたという悩みを人知れず抱えている人もいるでしょう。

借りたものは返すというのが筋ですが、どうしても返済が難しくなってしまったときに負担を軽減させる方法はあります。

いわゆる債務整理と呼ばれる方法ですが、債務整理にはいくつか種類があり、状況によって最適な方法を選ばなくてはなりません。

そこで、力になってくれるのが法律の専門家である司法書士や弁護士です。

そこで、債務整理にはどのような方法があるのか、どんな事務所に相談すればいいのかについて説明します。

今すぐ無料相談する!

三重県で債務整理をした方の口コミ・評判

親の借金を被りました。自営業を営んでいた実家が、不景気のあおりで業績が悪化。銀行からも借入を拒否されて、破たん寸前にまで追い込まれました。父親から、助けて欲しいという要望もあり、OLだった私は消費者金融で借りられるだけ借入、父へ援助を行いました。結果、経営は上向く事なく、破たん。返す目途が立たなくなった私も、この消費者金融で借りたお金を返済する事が難しくなり、債務整理を行いました。私の場合は、任意整理です。結局、父親は自身が行っていた自営業を活かせる企業に就職。収入は激減しましたが、今では立派に会社勤めをしています。私はそんな父親を恨みません。ここまで育ててくれた親ですから、私が借金で少しくらい苦労しても親を責めたりする気持ちは一切ありません。
今は月々の返済額のうち、半分程度を父親からもらい、私が半分返済するといった形で借金返済をしていますが、正直任意整理をしてよかったなと思います。そして、父親にはこれからも一生懸命生きて、人生を全うして欲しいなと思います。

三重県津市 30歳 女性

今すぐ無料相談する!

海外旅行が大好きな私は、お金を借りて旅行に行き、楽しんだ後に返済をする生活を送っていました。しかし、ある時、人生の窮地に立たされました。リストラです。会社経営が危なくなり、会社側は経営を立て直すためにリストラを強行してきたのです。その対象に私も含まれました。歳も歳なので、その対象に入っても不思議ではない話。このまま給料を下げて、今の会社に在籍するか、それとも小額の退職金上乗せと共に、この会社を辞めるかの選択を余儀なくされました。私は、その会社にそこまで未練はなかったので、退職という選択を選びました。しかし、次の勤め先が決まりません。手にした退職金は生活資金に消費されて行き、海外旅行で借り入れた借金返済がどんどんと苦しくなる。しかたなく、私はコンビニバイトで何とか生計を立てていますが、やはり生活がやっていけません。幸い、家族がない身ですので、誰かに迷惑をかける事はありませんが、自分の生活も出来ない程の状態になり、あえなく自己破産です。次の職を手にするまでも苦しい生活になりますが、自己破産をした事によって借金がなくなったので、それだけでも生活は楽になりました。
三重県四日市市 48歳 男性

ギャンブルで重ねた借金。債務整理で借金軽減に成功。世の中、ギャンブルがある限り、ギャンブルで借金を重ねる人は山ほどいる。でも、それを助けてくれる救済処置、債務整理がある!これを利用しない手はない。人生1度切り。思いっきり楽しんでやる。この借金返済が終われば、またギャンブルをしてやる。今度は大儲けしてやるから見ておけ!その前に、弁護士さん、ありがとう。債務整理をしてよかったよ。助かった!
三重県松坂市 27歳 男

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

悪魔の囁きに騙されるな!!
◆悪魔の囁き
消費者金融から増枠の案内が来ても決して乗らない事。これが1番重要です。悪魔の囁きで【借りちゃえ借りちゃえ】と聞こえても完全ブロックで、お金は間に合っていますで直ぐに電話を切る事。消費者金融に今、仕事で忙しいと言うと夜電話がかかってきます。これはかなりうざいので、キッパリと必要ありませんと返答しておけば問題はありません。いらないお金を借りるととんでもない結末が待っています。

それでは、最悪のシナリオをご紹介しましょう。僅か2カ月で200万円を使い切った人がいます。私もその1人です。どうしていきなりこんな金額を使ってしまったのか、普通に暮らしている人には分かりませんよね。実はここに増枠のトラップが仕掛けてあります。これが非常に厄介です。普通の人はお断りなどして難を逃れます。それが堅実で1番良いことは分かっているのですが、ついつい振るつもりなかった外角のスライダーに手を出してしまいます。

野球に詳しくない人はゴメンナサイ。要するに使う予定がないお金を借りてドンドン使ってしまう事です。増枠の営業が来た時にピシャリと完封してしまえば問題はありません。しかし、私を含め、増枠をお願いしますと言った人達は非常に危険な立ち位置います。何が危険かと言うと、A社が増枠を賭けると連動してB社も増枠の営業をかけてくると言う事です。この波状攻撃で、どんどんお金を借りてしまいます。意思が弱い人が嵌る典型的なパターンです。

◆タイミング
お金を借りている人はもう少し借りたいなと思っている時に増枠の営業がかかってきたら、その話に飛びつきます。飛びつかない人はいないのではないかと思います。お金を借りたい。それでは50万円増枠しましたので、ご利用下さい。間違いなく50万円を一気に下ろしますよね。そしてB社からも30万円増枠したので、是非ご利用ください。これも30万円一気に下ろす人が多いと思います。大半がそうだと思います。

50万円と30万円で80万円。気持ちはかなり大きくなっています。私は競馬で使い果たしてしまいました。自分のお金と錯覚して借金と言う感覚が全くないのです。これには困ったものです。自覚症状がこの時点ではありません。これが最終的に致命傷になってしまいます。自分のお金だと思ってポンポン使っています。最初の1週目はマイナス10万円でも大丈夫。まだ70万円もあるのだから、今週また勝負。どうにかしていますよね。こんな事をしていたら破滅するのは目に見えていますよね。

冷静になってみると簡単に分かる答えでも、この様な増枠の波状攻撃を受けてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。増枠を断れば良いだけのはなしなのですが、なかなか、断りにくいものです。そして、丁度資金的にピンチの時に増枠の案内がきたら、乗らない手はないと思ってしまいます。ここが大きな間違いです。乗る必要はありません我慢をするのが上手く生きて行く為のコツです。

時には辛い時もあるでしょう。土壇場・修羅場・正念場この人生の3場をくぐり抜けた時に一筋の光が入ってきます。修羅場を潜り抜けた人は強い人間になります。もう向かう所敵なしと言ったところと言った感じです。少し大げさに書きましたがそれ位、この人生の3場は際どい所を潜り抜けています。

◆人生の3場
土壇場で逆転し、修羅場を潜り抜け、正念場で踏ん張る。この3つが出来るとかなりその後の生活が楽になります。借金返済を上手くするのも時として正念場になりますが、ここは如何にして正念場を切り抜ける事が出来るかが重要になってきます。お金を借りたからと言って全てが正念場ではありません。

私が、ドツボに嵌ったのは増額50万円がA社からきて、追っかける形でB社が30万円。一気に80万円です。今考えたら絶対に借りないですけどね。当時は若気の至りとでも言ったところではないでしょうか?80万円あっという間に溶けました。

80万円借りるのは難しくても80万円使うのは簡単です。当然、今までの返済額に80万円がプラスされ、益々、支払いが厳しくなっていきます。私は富裕層でもなんでもないですからね。普通のサラリーマンです。そんなに給料を貰っている訳ではありません。

結局身の丈にあったお金の借り方をしないと痛い目に遭うと言う事です。自分にはこれ以上は見合っていないと言う金額は、成人なら誰にでも分かる事で数。しかし、少し位大丈夫と言う甘い考えを悪魔の囁きが見逃しません。答えは2択です。お金を借りるか?我慢するか?この2つしかありません。究極の2択です。お金を借りないを選べば、人生が狂う事はないでしょう。住宅ローン以外は現金生活をしていくわけですから、私の場合は会社が誰もが知っている会社だった為に増枠の審査があっさり通ってしまうのです。

支払いも多めに返済していました。ここから先が無限ループ地獄です。結局お金を借りてしまった時点で自分の負けなのです。ここを分かっていながら、もう途中では引き返せない心理状況にあります。もうここまで来たら、引くに引けないと言った所です。これが非常に重荷となってのしかかってきます。借金で競馬をするな!の格言通りになってしまいました。まさか消費者金融で働いて自分がこんな事になるなんて夢にも思いませんでした。

債務整理の手続きが多い三重県の特徴

三重県は海や山の豊富な自然に恵まれ、農業、漁業が盛んな県です。有名なものが伊勢海老、松坂牛ですね。また、伊勢神宮は全国でも有名で、数々の著名人や芸能人も訪れる、観光地としても知名度の高いと言えます。鈴鹿サーキットなどを見てもお分かりの通り、車の生産も非常に盛んで、三重県無くしては車産業の発展はなかったのではないでしょうか。

県民性としては、温厚で感性豊かな人が多く、訪れる人を優しく出迎えてくれます。そんな気質の人が多い事もあってか、近年ではNPO法人やボランティア活動が盛んな県としても有名となってきています。

大都市の生活に疲れたら、三重県に住んでみては如何でしょうか。

今すぐ無料相談する!

三重で行う債務整理や任意整理!司法書士と弁護士どちらに依頼すべき!?

弁護士は刑事事件や民事事件をはじめ、さまざまなトラブルに対応してくれる法律の専門家です。

法的な面から見てどうすればいいのかをアドバイスしてくれるのはもちろん、調停や裁判になった場合、依頼者の代理人として相手方との交渉を行ってくれます。

一方、司法書士の仕事で中心となるのは土地・建物に関する不動産登記や会社設立にまつわる法人登記や商業登記などの業務です。

そのため、司法書士は難しい書類の作成代行をする仕事というイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。

2002年に行われた司法書士法の改正により、認定司法書士制度が取り入れられるようになったのです。

司法書士として資格を所有している人が所定の研修を受け、簡裁訴訟代理能力認定考査に合格すると法務大臣から認定司法書士として認定を受けることができるようになりました。

認定司法書士になると簡易裁判所で簡裁訴訟代理等関係業務を行ったり、示談交渉をしたりすることが可能です。

また、裁判を行う以外の和解手続きや支払い督促手続き、証拠保全手続きなども可能な業務に含まれています。

では、債務整理の依頼をするのは司法書士がいいのか、それとも弁護士でないといけないのかというと、実はどちらでも大丈夫なのです。

認定司法書士が在籍している事務所なら、簡易裁判所で債務整理にまつわる業務を担当することができます。

ただ、認定司法書士がかかわれるのは140万円以下の訴訟事件に限られています。

また、簡易裁判所で決着がつかず、控訴することになったときや相手方が決定した支払いに応じない場合に強制執行するときなどについても、認定司法書士では対応できないため注意が必要です。

それなら、最初から弁護士に依頼すればいいのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、弁護士だから必ず債務整理の問題を最善の方法で解決してくれるとは限りません。

弁護士にしても司法書士にしても、それぞれ自分の得意分野があるからです。

司法書士事務所でも債務整理に力を入れているところならば、しっかりしたノウハウを積んでいます。

そのため、単に弁護士か司法書士かということではなく、債務整理に強い事務所かどうかを見極めて選ぶことがポイントです。

また、依頼者の悩みに親身になってくれるかどうか、ある程度話をしてみると感じ取れるものがあるでしょう。

債務整理を任せるなら、信頼できる事務所に依頼するのがベストです。

今すぐ無料相談する!

4種類ある債務整理の方法!その違いとは?

本来返済すべき借金を減らすことに後ろめたさや不安を感じる人もいることでしょう。

しかし、債務整理は国が認めた借金減額制度であり、正当に借金を減らすことができる方法です。

ただ、債務整理といっても方法は1つではなく、大きく分けて4つあります。

自己破産がそのひとつで、裁判所の手続きを通して行う方法です。

借金返済のための財産がなく、裁判所に支払いが不能であることを認めてもらう手続きを行います。

手続きは裁判所に対して破産申立書を提出し、免責許可が下りると債務の返済義務が免除され、借金がゼロになるというのが最大のメリットです。

ただ、自宅や自家用車など高価な財産を所有している場合、債権者に配当されることになるため、手放さなくてはなりません。

また、信用情報に一定期間事故情報が残ったり、官報に名前が掲載されたりするデメリットもあります。

しかし、自己破産後の生活に最低限必要な分は残してもらうことは可能です。

裁判所を通じて借金問題を解決する方法としては、個人再生という方法もあります。

自己破産のように裁判所に対して申し立てをするという点は同様ですが、自己破産のように借金を全額免責するというわけではなく、債務を減らして一定の期間分割で支払うというような返済計画を提出するのです。

状況にもよりますが、自宅や自家用車を手放さずに済むことも多いのがメリットです。

ただ、自己破産と同様に信用情報には事故情報が載ったり、官報に名前が掲載されたりするのは同じです。

また、個人再生後に返済を続けていけるだけの収入がなければ手続きはできません。

自己破産や個人再生は通常弁護士や司法書士などに依頼し、申し立てを行ってもらいますが、裁判所を通して債務者が自分で手続きできる方法もあります。

特定調停といわれる方法で、裁判所が直接債権者と債務者の間に入って和解の支援をする制度です。

弁護士や司法書士を通さずに行うため、申立書の作成や提出などはすべて自分で行い、裁判所に出廷する必要もあります。

また、過払い金の取り戻しができないことや債権者が同意せずに調停が不成立になるというリスクもあるのがデメリットです。

ただ、個人再生と同じように借金が減額されるうえ、直接自分で手続きを行う分、費用が安く済むというメリットがあります。

ほかには、債務整理の中でも裁判所を通さずに解決できる方法として任意整理があります。

任意整理は弁護士や司法書士などが債務者に代わって債権者と交渉し、借金を減額できるようにする方法です。

裁判所がかかわらないため、手続きが簡単だというメリットがあります。

今すぐ無料相談する!

三重県で利用者の多い任意整理の詳細は!?

任意整理の手続きは自己破産など他の債務整理の方法とは違って、手続きに裁判所を通さない方法です。

弁護士か司法書士に依頼して直接債権者と交渉してもらいます。

長年借金をしていると、高い金利で借り続けている場合が多く、取引開始時までさかのぼって利息制限法による引き直し計算をしてみると、過払い金が発生していることが多いのです。

そのため、取引のあった金融業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしてもらい、まず本来支払うべき借金の額を確定させます。

その後、無理のない金額で返済できるよう和解交渉をしてもらうことになります。

借金の減額が可能になれば、残りの債務は原則利息をカットして分割で返済することになります。

手続きの途中で過払い金のあることが判明した場合、過払い金の返還を受けることができるという点はメリットのひとつです。

また、任意整理は自己破産や個人再生などの手続きをした場合のように、官報に名前が掲載されるということはありません。

そのため、会社や近所など第三者に債務整理したことが知られないというのもメリットです。

また、自己破産した場合、破産手続きが開始されると弁護士や税理士をはじめとした仕業や警備員など、資格制限で仕事ができなくなります。

しかし、任意整理ならば資格制限を受けるようなデメリットはありません。

ただメリットばかりではなくデメリットもあるため、注意はしておく必要があります。

裁判所を通さないというだけで、任意整理も債務整理のひとつの方法には違いないからです。

任意整理の手続きを行うと、信用情報に事故情報として載ってしまいます。

そのため、一定期間新しいクレジットカードが作れなかったり、ローンを組めなかったりします。

また、借金がすべてなくなるわけではないため、ある程度の収入があり、3~5年程度で残りの債務を返済できる人でないと任意整理を行うことが難しいということも言えます。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME