大阪府の債務整理や任意整理の口コミ・評判と依頼すべき司法書士や弁護士

大阪府の債務整理や任意整理の口コミ・評判と依頼すべき司法書士や弁護士

大阪府で債務整理をした方の口コミ・評判

大阪府堺市 42歳 男性

悪徳な商売に引っ掛かりました。

商品を売れば1個当たり高額な収入が入ってくるっちゅう誘い文句で、人をその気にさせて、ようさん商品を買わされました。

商品買うのに、わざわざ借金してまで頑張ったのに、物が届くや否や、その相手はドロン。

携帯も事務所にも電話繋がらへんねや。

警察にも相談してみたけど、手の打ちようがない言うし、正直参ったわ。

売れない商品を持っててもしゃーないし、とりあえず処分して、借金は債務整理や。

任意整理して、今でも返済してるけど、納得がいかんわ。

借金額は少し減って助かったけど、今度あの相手にあったら容赦せんから覚えとけよ。

大阪府大阪市 30歳 女性

旦那のギャンブル癖が仇となり、旦那が債務整理しました。

個人再生です。

正直、離婚まで考えましたけど、とりあえず離婚は一旦保留しました。

妻として、少しでも救ってあげられなかったのは、自分にも少し悪いところがあったんやと思ってます。

個人再生は、家計簿とかをつけて、これから、今の収入で月々しっかり返済出来るという事を弁護士に相談しなければなりません。

妻の私にも、当然その手伝いをする必要が発生しました。

無事個人再生が出来たのでよかったですが、個人再生の場合は財産を換価する必要があります。

買ったばかりの車は、直ぐに売らなければならなくなりましたし、正直辛い事だらけ。

だけど、もう少しだけ旦那を信じてみます。

次同じ事をしたら、即離婚ですね。

大阪府大阪市 35歳 男性

キャバクラに嵌ったアホな一サラリーマンです。

佐々木望風でかわいいキャバ嬢に嵌ってしまいまして、たくさん貢がされました。

自分では多分騙されてるんだろうなという意識はあるにも関わらず、あの笑顔が見たくて、やはり貢いでしまいます。

その結果、いくらでしょうね。

かれこれ300万円くらいの借金をしました。

そして、ある日突然、そのキャバ嬢は店からいなくなりました。

一身上の都合だそうです。

残ったのは、虚しさと借金です。

こんな借金を無くそうと、債務整理をしました。

個人再生をして、借金総額は100万円まで落とす事が出来ました。

担当してくれた弁護士先生、ありがとうござしました。

大阪府で任意整理をした人の口コミ

「司法書士に任意整理を依頼したらすぐに督促がなくなって驚いた」という口コミがあります。

司法書士が貸金業者との交渉にあたると、まずは「返済の督促」をストップしてくれるよう手筈を整えてくれます。

債務者のストレスや経済的負担から解放されるため、落ち着いて債務整理の手続きを整えられるでしょう。

「司法書士が業者と話をしてくれて楽だった」との声も見られました。

債務整理では、貸金業者相手に交渉しなくてはいけません。

業者に恐怖を抱いてしまっている債務者にとっては大きな苦痛となるでしょう。

また、知識の面でも一般人は業者に太刀打ちできません。

任意整理に成功して生活を変えるには、司法書士や弁護士のスキルに頼るのが理想です。

大阪府で債務整理を行った人の口コミ

債務整理を行った人からは好意的な口コミが寄せられています。

「過払い金請求を行った結果、すぐに借金問題が解決した」「半信半疑だったが、任意整理を持ちかけたら貸金業者も対応してくれた。

返済がかなり楽になり、生活の負担が減った」などの声からは、債務整理の重要性が伝わります。

一方で、「自力で債務整理を行おうとしたが、まったく方法が分からなかった」といった口コミもありました。

大阪府には債務問題に特化した司法書士事務所が数多くあるので、まずは相談をしてみましょう。

債務整理には欠かせない返済状況の確認や貸金業者との交渉は素人の技量だと困難です。

確実に債務整理を成功させるためには、プロフェッショナルの力を借りましょう。

今すぐ無料相談する!

大阪府で利用者の多い任意整理の特徴や口コミ

任意整理で利息をカットしてもらおう

任意整理の特徴は「利息を帳消しにしてもらえる点」にあります。

まず、取引履歴などをもとにして債務者は返済状況を確認します。

そして、貸金業者に「このままでは完済が困難」「元金のみに絞ってくれれば返済は可能」という2点を伝えます。

貸金業者の承諾があれば任意整理は認められ、債務者は元金の返済を3年から5年かけて行うのが一般的です。

貸金業者が任意整理に応じてくれる理由は「最悪の事態を逃れるため」です。

あまりにも債務者を追い込んで個人再生や自己破産を決意されると、貸金業者には損失しか残りません。

それならば、せめて元金だけでも確実に回収できる任意整理を認める価値はあります。

任意整理のメリットとデメリット

大阪府で多くの債務者が行っている任意整理には「社会的なダメージが少ない」というメリットが見られます。

債務整理では「信用情報機関でブラックリスト入りする」デメリットがあり、今後のローン審査などに大きく影響します。

しかし、任意整理は比較的、ブラックリストに入る確率の低い債務整理です。

同じ貸金業者から借入ができなくなるケースこそ多いものの、他社であれば再び融資してもらえることも珍しくありません。

一方で、任意整理には「返済状況の算出」「業者との交渉」など、素人の知識では難しいプロセスが数多く発生します。

司法書士や弁護士のサポートがなければ、スムーズに任意整理は行いにくいといえるでしょう。

今すぐ無料相談する!

大阪での債務整理や任意整理は司法書士と弁護士どちらに依頼してもOK

大阪府で起こりえる債務問題

大阪府は西日本有数の都市であり、多くの企業がマーケットを拡大しています。

もちろん、貸金業者も例外ではありません。

大手消費者金融から「闇金」と呼ばれるグレーな営業法で知られる業者まで、大阪府にはさまざまな借金の誘惑がひしめいています。

債務問題ではまず、「返済」にまつわるトラブルが大部分を占めます。

「利息が高すぎて返済が終わらない」「月々のローンを用意できなくなった」「多重債務で返済額をすでに把握できていない」といった問題を抱えた債務者は、往々にして生活に支障をきたしてしまうでしょう。

債務問題は、債務者本人の手には負えなくなりがちです。

そこで、司法書士や弁護士の力を求めるのがおすすめです。

司法書士と弁護士の特徴

司法書士は弁護士の人手不足を補うために設置された職業です。

弁護士は民事事件や刑事事件について、制限なく手がけられるのに対し、司法書士には「140万円を超える民事事件を扱えない」などの制限がかけられています。

しかし、司法書士は弁護士よりも特定の分野に特化した活動をしているなどの特徴があり、決して「弁護士は司法書士よりも優れている」とはいえません。

債務整理を行いたい人は「司法書士」「弁護士」という括りにこだわらないようにしましょう。

肩書き以上に、親身になって相談に乗ってくれる相手と出会う方が重要です。

大阪には数多くの司法書士事務所、弁護士事務所があり、じっくりと吟味する必要があります。

信頼できる事務所を見つけよう

司法書士や弁護士にかかわらず、法律事務所は相談したうえで選ぶのがベストです。

多くの事務所が「無料相談」制度を設けており、初回は気軽に事務所を訪れるようにしています。

無料相談を通じて、債務者は事務所側の対応を見極めましょう。

「親身になってくれるか」「債務者の希望を優先してくれるか」「料金体系は分かりやすいか」などが主な事務所選定のポイントです。

「評判のいい事務所に行ったが、相談の態度が悪くてがっかりした。

逆に、小さな事務所でも良心的に対応してくれた」という口コミもあります。

事務所の良さは実際に会ってみなければ分かりません。

知名度や広告を鵜呑みにするのではなく、自分の目で事務所の実力を確かめましょう。

今すぐ無料相談する!

債務整理の手続きが多い大阪府の特徴

東京に次ぐ大都市、大阪。

商売人になるには、まずは大阪で成功を上げる事が近道だと言われるほど、話し方、商売の仕方がうまいと言える人が多いと言える場所です。

また、お笑いの原点も大阪です。

現代のお笑い文化は大阪から始まったと言えるのではないでしょうか。

とにかく、コミニュケーションの取り方がうまい場所、それが大阪と言えます。

たこ焼き、お好み焼きなどのソースものも、大阪を代表する食べ物。

また、アミューズメントでは、ユニバーサルスタジオジャパンがあり、国内外を問わず、多くの観光客が訪れる場所です。

関東人の印象では、大阪には住めないという意見が多いですが、一度は訪れてみたい魅力あふれる土地である事は確かです。

大阪府で債務整理をするなら?任意整理がおすすめな理由とは

大阪府は関西を代表する経済都市であり、多くの企業が拠点をかまえています。

また、レジャー施設や繁華街なども多く、お金にまつわるトラブルも後を絶ちません。

貸金業者の視点も多いので、債務問題に悩まされている人も多いでしょう。

大阪府で借金苦を抱えているなら、任意整理によって解決することが可能です。

そのためには、司法書士や弁護士の力を借りるのが効果的です。

この記事では、大阪府の債務整理について解説すると同時に、口コミも紹介していきます。

今すぐ無料相談する!

債務整理って何?債務者の状況に応じた種類を選ぶ

債務整理とは借金減額制度

債務問題の中には、債務者の「自己責任」と言い切れないケースがたくさんあります。

たとえば、かつては「グレーゾーン金利」と呼ばれる高い利率が横行していました。

利息制限法の改定によって利率は引き下げられたものの、いまだに昔の不当な利率で借金を返し続けている人もいます。

また、「病気で借金を返せない」「事業が倒産して返済能力が無になった」など、これ以上返済を迫ることが酷なケースもありえます。

どうしても返済を続けられないなら、債務者の救済措置としての債務整理に踏み切るのがおすすめです。

ただし、債務整理は正しい手続きで行わなければ却下される可能性も出てきます。

また、代償もあるので債務者は十分に注意しましょう。

債務整理のさまざまな種類

債務整理ではまず、「グレーゾーン金利」を正しい金利に直して過払い分を算出する「過払い金請求」が有名です。

過払い金請求に成功すれば、過払い分の利子が返還されるため、残債に充当して借金を大幅に減らせます。

次に、債務者と貸金業者の間で「返済可能」な条件にまで債務状況を見直してもらう「任意整理」がおすすめです。

任意整理で決着を見なかった場合は、「特定調停」に踏み切らなければいけません。

特定調停は簡易裁判所に仲裁してもらい、債務を大幅に減額してもらいます。

さらに、「3年以内の完済」という条件付で、より大きく残債を減額してもらう方法が「個人再生」です。

これらの債務整理でも対応できないほど借金がふくらめば、「自己破産」により、残債を帳消しにしてもらいます。

今すぐ無料相談する!

大阪府の過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

とにかく軽率

必ず借金のツケは回ってくる。

カードローンでお金を借りて、贅沢三昧をすると必ず大きなツケが回ってきます。

1番怖いのは、幾ら債務があるのか分かっていない人です。

とにかく出金するだけ出金して、贅の極みを突き進む。

別にお金をキチンと返済出来れば問題は何一つありません。

しかし、このタイプの人は大雑把な人が多く、自分の借金の合計を把握していない人が多いです。

その為、今80万円位かなと思っていたら実際は軽く100万円オーバーしていて130万円だったりする事がよくあります。

まるっきり計画性がないので、借金は膨らむ一方です。

こんな状態で借金が減る事そのものがあり得ない事です。

借金はドンドン増えていくでしょう。

このままのライフスタイルでは、自分で自滅しているようなものですね。

一言で言ってしまえば考え方が非常に軽率です。

このお金の使い方は非常に不味いです。

先ず金銭感覚がおかしい上に、金銭管理が全くできていません。

こうなってくると、残りの借入可能な残高が天井に達するのも時間の問題と言えます。

天井に達したら、流石にもうこれ以上お金を借りるのは危険です。

既に現段階でもかなり危険です。

恐らく、天井までお金を使って審査は2:8、若しくは1:9の確率で否決になるでしょう。

消費者金融なら100%否決。

銀行系カードローンなら、借りられる可能性ありです。

もうここまで来たら、これ以上の借金ははっきり言って破綻を意味します。

自分が幾ら借りているか分からないのは一番、金貸し側からしても困った問題です。

金貸しは、大体自分の借金は把握しているだろうと判断します。

実際はどんぶり勘定では困ったものです。

毎月幾ら返せばいいのかすら、分かっていない可能性があります。

これが非常に危険な考え方です借金はどこから幾ら借りているかが分からないと返済の要領も分かりませんからタチが悪いです。

借金体質からの脱出

とにかく現状のままでは不味い。

先ずは借金体質から抜け出す事。

その為にはこれ以上の借金は禁物。

後は、返済するだけ。

絶対にこれ以上借りない。

借りると債務整理が現実味を帯びてきます。

債務整理などしないにこした事はありません。

ここは何とか抜け出したいところです。

傷口に塩を塗る様な事だけは避けたい。

その為にはもうお金を借りない事。

この1点。

この1点が守れるか守れないかで大きく状況が変わって来る。

なにがあっても守らなければいけない事。

ここを強く認識して今後は行動すればいい。

この1点が守れないようだと、ますます自堕落な生活に陥ってしまう。

そうなってしまうと最早、反転攻勢の力は残っていない。

その先にあるのは債務整理と言う暗い道。

そんな暗い道には誰だって行きたくない。

行きたくないならもうお金は絶対に借りない事。

本人が1番強く分かっている事。

ここを通過すれば、後は返済にシフトチェンジ出来る。

返済と借入では大きな違い。

お金を返済していけば借金は減っていく。

借りない限り借金は増えない。

このポイントをしっかりつかんでおけば問題はない。

分かっていて守れないのであれば完全に借金依存症。

こうなってくると、一般論では通じない。

心療内科等で治療が必要。

場合によっては精神科に入院しなければいけないケースもある。

このお金の借り方は普通に考えて尋常ではない。

明らかに異常と言える。

借金依存症も十分考えられるが、確定ではないので、先ずは今後の行動でどうでるかによって答えはおのずと分かってくる。

借金依存症だった場合。

事態はかなり深刻。

借金依存症だった場合

これはもう一般論を幾ら話しても無駄なので、専門医の診察を受け、債務に関しては債務整理するしかない。

恐らく自己破産になる可能性が極めて高い。

そして、精神科に入院する事になる。

お金を使いたくても使えない状況を作るしかない。

その為の入院。

精神科に入院してしまえば、通常の入院とは大きく異なる。

精神科専門の病院なら閉鎖病棟があり、外には簡単には出る事が出来ない。

至る所にカギがかかっている。

その為、外には自分の意思では絶対に出る事が出来ない。

この様な空間に閉じ込めてしまうのが1番手っ取り早い。

後は返済するのみ。

但し、仕事との絡みがあるので、なかなかその辺りが上手く噛み合わないのが現実。

当然入院となれば収入源は断たれる。

そして医療費がかかる。

ここをどう判断するかだ。

現実的に借金依存症を治すには入院がベスト。

しかし、肝心の収入が入って来ないのもこれまた問題。

身内が面倒を見るのならいいがそうでない場合はかなり厳しい選択を求められる。

決断するのは自分自身。

収入を取るなら通院加療を選択する事になって来る。

通院加療でも一定の効果はある。

後は如何にお金を使わない生活をするか?ここが1番大きな問題。

今まで月に20万・30万と自由に使っていたのを1万・2万の世界にしないといけない。

かなり息苦しい生活になってしまいが背に腹は代えられない。

厳しい言い方をしてしまえば自業自得。

無茶苦茶なお金の使い方をしてきたツケが回ってきたと言う事。

それを受け止めるだけのパワーが後は残っているかどうかの勝負。

ここで押し返せば債務整理から免れる事が出来る。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME