滋賀県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

滋賀県で債務整理をした方の口コミ・評判とおすすめ司法書士・弁護士事務所

借金返済に苦しむ人必見!滋賀で債務整理を依頼するのにいい弁護士や司法書士は?

お金を借りるとき、だれでも最初は問題なく返済できると考えているはずです。

しかし、予想以上に実際の負担が大きかったり、経済的な状況が変化したりして、計画通りに返済できなくなってしまうケースもあるでしょう。

なんとか完済しようと頑張っても、どうしても無理な場合、借金をなくす方法や減額する方法はあります。

弁護士や司法書士に相談してみれば、各自の状況に合った債務整理の方法を一緒に考えてくれるはずです。

そこで、債務整理にはどのような方法があるのか詳しく紹介します。

滋賀で債務整理を依頼するのに迷っている人!司法書士と弁護士どちらがいいのか!?
弁護士というと、テレビや映画などで裁判にかかわり、被告人の弁護をしているというイメージを持っている人も多いでしょう。

もちろん、フィクションの世界と同様に、刑事事件で被告人の弁護をすることも業務のひとつです。

しかし、その他にも、民事事件や借金問題など幅広い範囲で代理人として依頼者のために活動し、法的観点からアドバイスもしてくれます。

依頼者の利益を考えて相手方との示談交渉も行ってくれるため、信頼できる弁護士に依頼できれば安心できます。

一方、司法書士も「くらしの法律家」や「街の法律家」と呼ばれることがあるように、法律に携わる専門家です。

司法書士の業務としては登記業務のほか、身近な法律問題に関して裁判所に提出する書類の作成などを行っています。

一般的によく知られている司法書士の仕事としては、土地・建物の売買や相続の際に当事者に代わって不動産登記手続きを代行する業務でしょう。

ほかにも、会社を設立するときの法人登記、商業登記なども行い、企業の法務にまつわるコンサルタントを行っている事務所もあります。

また、供託業務や外国人の帰化申請の手続きなども司法書士が行える業務であるほか、2002年に成年後見制度が整えられたことにより、専門家として成年後見に関する業務も行っています。

さらに、2002年に司法書士法が改正されたことによって、司法書士が担当できる業務が広がりました。

法務大臣の認定を受けた認定司法書士ならば、簡易裁判所で扱われる民事訴訟の代理人としての活動や、裁判所外で行う和解の示談交渉を手がけることが可能になったのです。

債務整理の関する業務に関して弁護士と司法書士どちらに依頼すればいいのかというと、弁護士でも司法書士でもどちらでも対応することができます。

ただ、債務整理は裁判所を通して手続きする方法や相手方と示談交渉をする必要がある問題であるため、司法書士の場合は認定司法書士でなければ担当できません。

また、認定司法書士でも扱えるのは140万円以下の訴訟に限られ、140万円を超える場合は弁護士でないと扱うことができないため注意が必要です。

ただ、弁護士と司法書士どちらに依頼する方がいいかは、単純に扱える金額だけの問題ではなく、事務所の得意分野が何かによって違ってきます。

弁護士事務所も司法書士事務所もそれぞれの職種で扱うことが可能な業務はもちろんすべて引き受けることが可能です。

ただ、事務所によってどんな業務を得意とし、どのくらいの実績を持っているかが違います。

そのため、債務整理に関する依頼をする事務所を選ぶときは、弁護士でも司法書士でも債務整理に長けた事務所を選ぶことが大切です。

今すぐ無料相談する!

滋賀県で債務整理をした方の口コミ・評判

サラリーマンである傍ら、どうしても音楽活動を辞める事が出来ず、給料を自己投資に回し、音楽の道を進んできました。なかなか芽の出る分野ではありませんが、それでも夢を捨てる事が出来ず、しまいには消費者金融で借金をしてまで、活動を進める生活をしていました。しかし、無理が祟ってか、体調を崩し、病に侵されました。音楽活動が出来ないほどの病です。正直、参りました。勤めていた職場も、病のせいでろくに出社出来ない日が続きました。それでも勤め先からは解雇されず、自分が出来る範囲での仕事を与えてもらっています。本当に助かっています。しかし、募った借金の返済に充てられるお金が捻出出来ず、債務整理を行う事にしました。個人再生という手段を使い、借金を軽減。3年かけて元金を返済しています。今は、自分の体調回復と、職場で出来る限り役に立とうと必死に頑張っています。債務整理をして本当によかったです。


滋賀県野洲市 29歳 男性

今すぐ無料相談する!

私は3社の債権者のうち、2社に対し任意整理を行ったものです。任意整理は、相手を選んで実施出来るのですね。これにより、自分が持っているクレジットカードをそのまま使える状態にしています。借金をした私が悪いのですが、それでも仕事柄クレジットカードを失う事はどうしても避けたく、弁護士さんに相談した結果、任意整理を行う債権者を絞りました。これなら何とか生活をしていけそうです。任意整理をした業者には悪い事をしましたが、生活を守るために出来た手段です。任意整理をお考えの皆さん、やり方によっては自分のクレジットカードを残す事ができますよ
滋賀県守山市 34歳 男性

親の入院費がどうしても必要で、借金をしました。何の保険も入っていなかった母親が病に倒れ、治療費を捻出するために止む無く消費者金融から借入を行いました。母の病気は、何とか回復し、今なお入院中ではありますが、順調に回復しています。しかし、残った問題は、借入した借金150万円です。当然、親に請求するわけにもいきませんよね。しかし、これらをすべて返済するのは私にとっても厳しい話し。そんな時、債務整理という手段を教わりました。弁護士に相談し、今の借金を何とか減らしたいと打ち明けました。結果、任意整理という手続きで、借金の総額をわずかですが減らす事が出来ました。これからしっかりと返済していこうと思います。
滋賀県大津市 28歳 男性

今すぐ無料相談する!

過払い金請求・債務整理・借金返済体験談

勇気を出して特定調停。
◆しばらく、借金を放置
今までは普通に返済をしていました。特に変わった事はありませんでした。この調子で返済していけば完済もしっかり出来るなと思っていた矢先、会社が吸収合併され、給料が今までの2/3まで落ち込んでしまいました。数字をだすと33万円の給料が22万円になりました。11万円ダウンは流石に大きいですね。

しかし、そうは言っても会社に残れた訳ですから、その分は感謝しないといけません。しかし、問題は借金の返済です。33万円の収入の時は最後1万円か2万円残る感じでした。しかし22万円だと単純計算ですが、マイナス8万円と言う事になってしまいます。これは非常に痛手です。かなり厳しいです。

会社に残れたのまでは良かったのですが、この減俸は本当に響きました。消費者金融の返済の日になっても返済が出来ませんでした。それから、携帯や手紙で催促がきましたが全て無視をしていました。借金を放置する事は危険な事ではあるのは勿論知っていました。

それでも放置してしまったのです。しかし、日にちが経つごとにこのまま借金を放置していたら、最悪給与差し押さえもあると不安が心の中の大部分を支配するようになってきました。借金をそのままにしていて良いわけがありませんよね。そろそろ潮時だと思いました。

そこで色々考えたのですが債務整理をすると言う結論には達したのですが、どれにするのが1番有利なのかが分かりません。そこで私は特定調停を選択し、裁判所に申し立てをしました。物凄く緊張したのを覚えていますその日は朝から落ち着きがありませんでした。漸く裁判所で書類が受理されて大分落ち着きを取り戻しました。借金を滞納して良いことはありませんね。

◆特定調停の日
暫くして、裁判所から特定調停の行われる日と時間が郵送されてきました。いよいよここで返済の意思を示し、返済金額を減額してもらう調停が行われるのか・・・。消費者金融の人はどんな人が来るのだろうなど不安で一杯。安心できる部分は一切ありませんでした。これには困ったものですが、自分で蒔いた種ですから自業自得です。借金から逃げて良いことは何一つありません。これは結果論ですが、特定調停をもっと早くしておけば良かったと思いました。

そして期日がきて、スーツをきて裁判所に向かいました。予定の時刻より30分程早く着きました。裁判所には色々な人が来ていて、みんななんの要件何だろうと思わず思ってしまいました。まだ精神的に余裕がありました。調停が行われる指定の場所に行くと、既に調停委員の人と、消費者金融の人はきていました。

意外と時間には厳密のようです。消費者金融の人たちは。遅刻する事はまずないようです。よくよく考えればそうですよね。双方が時間通りに来ないと始まらない訳ですからね。ここで私が到着したので、部屋のドアを閉めていよいよ特定調停がスタートします。どんな条件を出されるのか、非常に緊張しました。

先ず、私が、連絡を取らなかった事へ謝罪の言葉からスタートしました。こういう事も非常に重要な事ですからね。謝るべき所はしっかり謝罪する。そこから話の本題に入るのは交渉において非常に重要な事です。そういった事はしっかり分かっておきながら、放置してしまった私。最初から素直にしておけば良かったと思いました。

消費者金融の人は至って冷静で、落ち着いた感じの人でした。なんとなく場数は踏んでいるのが分かりました。私の債務は50万円です。本当に50万円の債務が1カ月以上も音信不通状態にしてどうにかなるの?と内心思っていました。恐らく私と同じ立場の人なら同じ事を皆さん考えると思います。

消費者金融の方が提示してきた、条件は、35万円で利息無し、と言うものでした。何よりも一番大きかったのは利息がカットされた事です。35万円を純粋に分割払いしていけば、借金が完済になります。この利息がないと言うのは物凄く大きかったです。

勿論50万円が35万円になったのもかなり大きいです。直ぐに条件交渉に入り、私はその条件で納得していたので、後は返済方法です。毎月2万円の17回払いで最後の1回だけ3万円と言う事で話は合意しました。本当に安心しました。こういう方法もあるのかと改めて身をもって痛感しました。

◆支払いを開始。
毎月決まった口座に振り込みを2万円ずつ返済していく日々が始まりました。特にもうここまでくれば緊張する事はなかったですね。毎月2万円で丸々その金額が残金として減っていく訳ですから大きいですね。決して小さい話ではありません。効果覿面といった所ですね。ドンドン債務が減っていくので、非常に私としても返済のし甲斐があります。

返済をしていると言う確かな感触がありましたから非常に大きかったですね。利息がないとこんなに楽なのかと思いました。本来なら利息を支払わなければいけないのですが、特定調停で利息はカットと決まったので、利息を払う必要はありません。返済条件が非常に私に取っては有利な条件だったので、しっかり17回で完済に辿りつきました。以後借金は一切せず、自分のお金でやりくりしています。

債務整理の手続きが多い滋賀県の特徴

滋賀県は日本一の水瓶、琵琶湖がある県として有名です。その大きさは滋賀県の1/6を占める大きさになります。琵琶湖の水は、京都、大阪の飲料水として利用されており、京都、大阪の方はこの琵琶湖に頼るよりほかありません。また、以外に知られていないのが、若者が多いという実態です。

滋賀県は、平均年齢が43.1歳で年齢の若い県としては全国3位です。15歳未満の人口割合は、14.6%で全国2位です。出生率に関しては、全国2位となっており、この結果から見ても、子育てに最適な県と言えるのではないでしょうか。京都、大阪にもアクセスがよく、1時間もあれば都会に出られます。
ほどほど田舎で、ほどほど都会、まさに住むには打ってつけの県です。

今すぐ無料相談する!

債務整理ってしても大丈夫?どんな種類があるの!?

返済が難しいほどの借金を背負ってしまっても、本来は借りたお金はすべて返済するのが筋です。

しかし、本当に返済が難しい状況に陥ってしまったら、生活や人生そのものに影響を及ぼしてしまうことにもなりかねません。

そこで、国が認めた借金減額制度として債務整理があるのです。

ただ、債務整理といっても方法はいくつかあり、債務の状況に応じてどの方法が適しているかは違います。

債務整理の手続きとしては裁判所を通して行う方法が複数あり、本当に返済に充てられる財産がないようなケースなら自己破産を選ぶことになります。

自己破産は破産申立書を提出して、裁判所に返済が不可能であることを認めてもらう方法です。

裁判所では申立人の借金の状況や財産支払い能力などから総合的に検討し、支払いが不可能だと判断できれば免責許可を出します。

借金の返済義務が免除されるため、それ以後借金に苦しむことはなくなります。

ただ、本来は返さなければいけないお金ですから、借金をゼロにしてもらったといっても手放しで喜んではいられません。

もし、生活に必要な最低限の財産は残してもらうことができますが、家や車など高価な財産を所有している場合は、返済分に充てられるため手放す必要があります。

また、裁判所を通して債務整理をした場合、官報には破産手続きを行ったことが掲載されてしまいます。

また、信用情報にも事故情報が載ってしまうため、一定期間は新しいクレジットカードを作ることができない、ローンを組めないなど金融機関の利用に制限を受けることがあり、注意が必要です。

自己破産と同様に裁判所を通して行う方法の中でも、借金をゼロではなく減額する方法として個人再生という手続きがあります。

個人再生の場合は、裁判所に対してその後どのように借金を返済していくかという再生計画を提出します。

通常は借金を5分の1に減額し、3~5年程度で残債を返済していくというものです。

きちんとした仕事に就いているなど、ある程度の収入が見込まれる人でないと採用できない方法ですが、認められれば大幅に減額された借金を無理なく返せるようになります。

自己破産とは異なり、家や車を残した再生計画を立てられる可能性もあり、日常生活を大きく変えずに債務整理ができる方法だといえます。

ただ、官報や信用情報に掲載されるのは自己破産と同様で、まったくデメリットがないわけではありません。

自己破産や個人再生の手続きを現実に行うには、法律の知識や実務経験がないとなかなか難しいのが現実です。

通常は弁護士や司法書士に依頼することになりますが、弁護士報酬や司法書士報酬にある程度の費用がかかってしまうのがデメリットのひとつだといえるでしょう。

そこで、裁判所で行える債務整理の方法のひとつとして特定調停があり、個人再生と同じように大幅な借金の減額が可能です。

特定調停は弁護士や司法書士などの代理人を立てず、申立人自らが手続きを行うことができます。

つまり、裁判所が債権者との間で和解できるよう支援してくれる制度なのです。

もちろん、代理人を立てない手続きであるため、申立書などの書類作成から、裁判所への出廷まですべて自分で行わなければなりません。

裁判所での手続きは原則平日にしかできないため、平日に時間がとれる人でないと特定調停は利用しにくいというデメリットもあります。

また、弁護士や司法書士など法律の専門家が対処する自己破産や個人再生に比べて相手方の同意を得られず調停が不成立に終わるリスクが大きいのもデメリットです。

しかし、自分で手続きするのが可能だという人ならば、大きく借金が減額され、手続きにかかる費用も抑えられるというメリットがあります。

債務整理は必ずしも裁判所で手続きを行わなければいけないというわけではありません。

裁判所を通さずに弁護士や司法書士などが相手方と直接交渉し、借金を減らすことができる「任意整理」という方法があります。

今すぐ無料相談する!

滋賀県で利用者の多い借金減額の方法!任意整理とは!?

自己破産や個人再生など、裁判所を通して債務整理を行うと、官報に名前が載るなど公に債務整理をしたことが知られる可能性があります。

一般の人が官報を毎日見ているかどうかといえば、必ずしもそうとはいえません。

ただ、周囲の人に知られないとは言い切れませんし、自己破産して自宅が競売にかけられた場合は知られてしまう可能性が高まるのも事実です。

その点、任意整理の場合は弁護士や司法書士が直接相手方と交渉を行うため、周囲に知られずに債務整理を行うことができます。

また、自己破産すると借金がゼロになるのは大きなメリットですが、仕業や警備員、保険外交員など資格制限があり、一部の職業では仕事に差し支えてしまうデメリットがあります。

しかし、任意整理の場合は特に資格制限などはなく、債務整理を行っても通常通りに仕事が続けられるのがメリットです。

ただ、返済すべき借金を返済できないという状況に陥っているわけですから、任意整理にもデメリットはあります。

信用情報には債務整理を行ったことが事故情報として掲載され、金融面での信頼が落ちてしまうのは仕方ないでしょう。

実際どのような手続きで任意整理が行われるのかというと、まずは弁護士や司法書士が借金した金融業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法による引き直し計算をします。

なぜなら、長年借金をしていると、支払う必要がなかった利息、いわゆる過払い金が発生しているケースが多いからです。

引き直し計算をして本来支払うべき借金の額が確定すると、現実に返済可能な金額になるよう弁護士や司法書士が直接和解交渉をしてくれます。

任意整理後は原則的に利息をカットして返済することができ、過払い金があった場合は取り戻すことも可能です。

ただし、個人再生の場合と同じように、減ったとはいえ残債を返済している必要があるため、3~5年程度で計画的に返済が可能なケースでないと利用することができません。

過払い金請求・債務整理おすすめ事務所ランキング

HOME